Xtechから警告のメール来た…。

※ まあ、丸々転載は、著作権法上、まかりならんということだ…。

※ いつかは、来るかもな…、と思っていた…。むしろ、今までよく、見逃してくれていたよ…。

※ そのうち、「各方面」から来るかもな…。まあ、その時はその時だ…。対応は、その都度考えよう…。

※ まかりならんと指摘されたのは、以下のものだ…。何かの参考になるとも思うから、掲げておく…。

※ 指摘されたんで、仰せの通り「画像」と「記事内容」の転載は、削除した…。タイトルとURLは、そのままだ…。それも「問題だ。」と言うのなら、その時に、また考えよう…。

https://http476386114.com/2020/06/24/lixil%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AF%E6%B8%8B%E6%BB%9E%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%80%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AF%E8%84%B1vpn/

https://http476386114.com/2020/08/13/%e7%b1%b3%e3%82%b0%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%81%af%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%a7vpn%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%84/

https://http476386114.com/2020/11/10/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%82%e3%81%8d%e3%82%89%e3%82%81%e3%80%81%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e8%a6%8b%e9%99%90%e3%81%a3%e3%81%9f%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8b%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%ab%e3%83%bc/

https://http476386114.com/2020/10/17/%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e5%a4%b1%e6%95%97%e5%9b%9e%e9%81%bf%e3%81%b8%e3%80%81%e6%95%85%e9%9a%9c%e6%a4%9c%e7%9f%a5%e3%81%a8%e5%87%a6%e7%90%86%e5%bc%95/

※ この他にも、まだあった…。全部で11個あった…。修正するのも、大変だった…。

https://http476386114.com/2020/06/24/lixil%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AF%E6%B8%8B%E6%BB%9E%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%80%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AF%E8%84%B1vpn/

https://http476386114.com/2020/08/13/%e7%b1%b3%e3%82%b0%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%81%af%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%a7vpn%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%84/

https://http476386114.com/2020/11/10/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%82%e3%81%8d%e3%82%89%e3%82%81%e3%80%81%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e8%a6%8b%e9%99%90%e3%81%a3%e3%81%9f%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8b%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%ab%e3%83%bc/

https://http476386114.com/2020/10/17/%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e5%a4%b1%e6%95%97%e5%9b%9e%e9%81%bf%e3%81%b8%e3%80%81%e6%95%85%e9%9a%9c%e6%a4%9c%e7%9f%a5%e3%81%a8%e5%87%a6%e7%90%86%e5%bc%95/

https://http476386114.com/2020/11/10/%e9%9a%9c%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%aa%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%96%93%e4%bb%95%e5%88%87%e3%82%8a/

https://http476386114.com/2020/11/10/%e5%9c%b0%e4%b8%8a140m%e3%81%ab%e3%80%8c%e5%b7%a8%e5%a4%a7%e5%ba%ad%e5%9c%92%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc%e3%80%8d%e6%8c%81%e3%81%a4%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab/

https://http476386114.com/2020/11/18/%e8%80%b3%e6%89%93%e3%81%a1%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%81%e8%aa%a4%e8%a7%a3%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%80%80%e3%81%95%e3%81%95%e3%81%84%e3%81%a7%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%83%aa/

https://http476386114.com/2020/11/18/%e7%b5%b1%e5%90%88ecu%e7%8b%99%e3%81%86%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%80%81%e5%8d%8a%e5%b0%8e%e4%bd%93%e3%81%ae%e6%9c%80%e9%81%a9%e8%a7%a3%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%84%e3%81%a0%e3%81%9b/

https://http476386114.com/2020/11/18/%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%ab%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%81ai%e9%96%8b%e7%99%ba%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e6%82%a9%e3%81%be%e3%81%99%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e6%a5%ad/

https://http476386114.com/2020/11/18/%e7%8f%be%e5%a0%b4%e7%9b%a3%e7%9d%a3%e3%82%92%e6%94%af%e6%8f%b4%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%ba%e5%9e%8b%e3%83%ad%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%b8%e3%80%81%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%af/

https://http476386114.com/2020/10/10/%e3%80%8c%e5%88%87%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%81%88%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%80%8d%e3%81%af%e3%82%88%e3%81%8f%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e6%9d%b1%e8%a8%bc%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e9%9a%9c%e5%ae%b3/

WHY INVESTIN HOLLAND?

※ 今日は、こんなところで…。

※ 一連のPCトラブル騒ぎで、雑用がだいぶ溜まってしまった…。

※ このところ、少し落ち着いてきたんで、少しずつ片付けていかんとな…。

※ 以下の情報は、「英仏間 物流 ルート」なんかで検索していたら、当たったものだ…。非常に参考になったんで、画像を貼っておく…。

WHY INVESTIN HOLLAND?
オランダが、きわめて有利なロジスティクス環境を提供しているからです。
https://japan.investinholland.com/wp-content/uploads/2015/05/WHY-INVEST-HOLLAND-%E7%89%A9%E6%B5%81-2019_%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88.pdf

トヨタ、英仏工場22日から停止 変異種で物流混乱

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2202B0S0A221C2000000

『【ロンドン=佐竹実】トヨタ自動車の欧州現地法人は、英国とフランスの工場の操業を22日から止めると明らかにした。新型コロナウイルスの変異種の広がりを受けて英・仏間の物流が止まっているため。24日から冬期休業に入る予定だったが、2日早めて混乱に備える。

英国ではエンジン工場を22日から、完成車工場を23日から閉める。フランス工場も22日に操業を止める。いずれも24日から1週間強の冬季休業に入る予定だった。部品在庫は多めに確保しているため生産自体に問題はないが、英仏間の物流が止まることによる様々な影響を警戒した措置だ。

フランス政府は21日から48時間、英国からの渡航を制限した。フランス側から英国には出られるが、フランスのトラックは英国から戻れず、ドーバー港周辺にはトラックの長蛇の列ができた。英・欧州連合(EU)の通商交渉が決裂することに備えて企業が在庫を増やしているためトラックの量は通常よりも多い日が続いており、混乱に拍車がかかった。

ジョンソン首相は21日記者会見し、フランスのマクロン大統領と解決に向けて協議していることを明らかにした。ジョンソン首相は「変異種に対する不安はよく分かるが、車内に一人で座る人からの感染リスクはとても低い。進展があると信じている」と述べた。』

30歳未満17%が仕事失う 報われぬ世代、渇望を力に

30歳未満17%が仕事失う 報われぬ世代、渇望を力に
パクスなき世界 大断層(3)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO67448710Y0A211C2SHA000

『あなたは、自分の親よりも豊かになれる自信がありますか――。

「高齢者のような貯蓄など私たちにはない」。英国のイングランド北西部に住むジュリア・フリーマン(29)さんはくじけそうだ。大卒でも定職はなく、幼い2人の子を抱える。新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)の影響で、夏に法律事務所を解雇された。やっと得た販売員の仕事も11月の初出勤の日に再び都市封鎖が決まり、失った。

【関連記事】
「富める者」襲う恐怖 「バイデノミクス」土俵際の出発
「巨大ITが秩序」現実に デジタル化、国家置き去り
先進国・高齢世代… コロナが突きつけた課題 サコ氏

そこから約7千キロ離れたケニアのナイロビでもチャールズ・ソンコ(30)さんが「人生が振り出しに戻った」と嘆いている。ガイドとして月200ドル(約2万円)以上を稼いでいたが、3月に旅行会社を解雇された。結婚の予定も延期した。

国際通貨基金(IMF)の報告書によると、世界で働く18~29歳の17.4%がコロナ禍で失業・休業し、42%の収入が減った。30~34歳も失業・休業は10%を超えた。米国で親と同居する若者は5割超と1930年代の大恐慌以来の高水準だ。

コロナ禍は世界共通の時代体験として「コロナ世代」を生む断層を刻んだ。「#ブーマー・リムーバー」。高齢者ほど重症化や致死のリスクが高いコロナについて「戦後生まれのベビーブーマー世代を取り除くウイルス」と評する心ない造語がネット上で流行した。

閉塞感をより深めているのは、20世紀後半の高度成長時代が遠ざかり、若者の憤りが時間とともに薄れると期待しにくくなっていることだ。すでに手にした富は高齢世代に偏る。米国で46~64年生まれの保有資産は約60兆ドル。65~80年生まれの2倍、81~96年生まれの10倍に上る。

さらに、子が親より豊かになる階段も壊れた。経済協力開発機構(OECD)によると、米欧14カ国の43~64年生まれは20代で7割が中間層に属した。80年代から2000年代初めに生まれた世代だと6割に細る。ドイツ銀行のジム・リード氏は「若者が怒りの矛先を誤って資本主義に向け、経済をさらに傷つけかねない」と警戒する。

米政治専門紙ヒルの8月の調査では社会主義に「親しみがある」と答えた米国民は50歳以上で3割前後。これに対し18~34歳は52%、35~49歳は59%に上る。この20年、世界金融危機やコロナ禍など相次ぐ激動にさらされ、このままでは報われないとの怒りを引きずる世代が拡張した。

次期米大統領に就くジョー・バイデン氏の得票をみても、18~49歳の支持が現職のトランプ大統領を上回った。「現状変革を望む世代」の広がりが新たなリーダーを選んだ。だが成長というパイの拡大がないまま再配分だけ求めても、経済社会が停滞した旧ソ連のような「社会主義の失敗」を繰り返しかねない。

米哲学者エリック・ホッファーは成長を続ける創造的な人間を「永遠の青年」と呼んだ。旧弊を壊し、理想をめざすためには、新たな創造につながる教育という土台が要る。知識や技術、そして考える力。教育という社会全体の将来を支える投資を厚くしてこそ、「失われた世代」の連鎖を食い止める道を描ける。

閉塞への憤りをただ抑えれば社会不安を招く。1人ではできない変革への推進力へとどう変えていくか。危機は次の飛躍への起点にもなる。』

米、1人600ドル現金給付 93兆円対策の詳細決定

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN211KG0R21C20A2000000

『【ワシントン=河浪武史】米議会は9000億ドル(約93兆円)の新型コロナウイルス対策を21日に採決する方針だ。3月に決定した前回のコロナ対策に続き、国民1人あたりに最大600ドルを支給する「現金給付第2弾」を盛り込んだ。中小企業の雇用維持策にも3250億ドルを充てる。

【関連記事】
米議会、93兆円追加対策で最終合意 上下両院で採決へ

ペロシ下院議長(民主)らが追加対策の詳細を公表した。米経済は1000万人強が失職したままで、コロナ対策として失業給付の特例加算を延長する。3月に発動したコロナ対策では週600ドルを上積みしてきたが、今回は加算額を週300ドルに減額して2021年3月まで期限を延ばす。高所得者は除外するものの、大人、子供問わず1人600ドルの現金も支給する。

ワクチンの普及などにも690億ドルの資金枠を設けるほか、学校の支援に820億ドルを充てる。旅客減が深刻な航空会社にも150億ドルを支援する方針だ。失業者は家賃の支払いなどが困難になり、住居の立ち退きを迫られる可能性がある。連邦政府は12月末まで一部の住宅に強制退去の猶予措置を適用してきたが、追加法案では同措置も延長する。

上下両院は最終法案の確定を急ぎ、21日に採決する方針だ。関連法案はトランプ大統領の署名を経て成立する。』

[FT]かろうじて持ちこたえた米制度の行方(社説)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM212GK0R21C20A2000000

『きわどい戦いだった。ジョー・バイデン氏が先月の大統領選を明らかに制し、今月14日には次期大統領を正式に選出する手続きである選挙人による投票で当選に必要な過半数を獲得した。にもかかわらず、上院共和党トップのマコネル院内総務が選挙結果を認めるまでに41日を要した。大半の共和党員はまだ認めていない。最後まで認めない者も何人かいるだろう。12月半ばには共和党下院議員の半数以上がバイデン氏勝利の決め手となった4つの激戦州での結果の無効を求めて、連邦最高裁判所に請願を提出している。

上院共和党トップのマコネル院内総務が大統領選の結果を認めるのに41日かかった。多くの共和党員はまだトランプ氏の敗北を認めていない=ロイター
テキサス州で発起されたこの法廷闘争には、共和党支持派の19州の司法長官が名を連ねている。司法クーデターでトランプ氏の敗北をひっくり返そうとしたこの計略を、最高裁はあっさりと棄却した。だがトランプ氏自身はまだ負けを認めていない。同氏の生来の「敗北」受け入れアレルギー体質を考えれば、最後まで受け入れない可能性がある。結果的に、共和党支持者の4分の3程度が選挙が盗まれたと信じている。米国システムに備わるガードレールは持ちこたえた。だが支持者に真実を伝えるのを拒む政党のせいで、ガードレールはひどく傷んでしまった。

1月6日が次の試練に
次なる試練は1月6日、連邦議会が選挙人の投票結果を確定する日だ。マコネル氏は共和党議員らに対し、バイデン氏の勝利を示す選挙人名簿に異を唱えないよう促している。多くの議員はそれを無視しそうだ。下院は民主党が押さえており、議会で結果がひっくり返るおそれはまずない。だがバイデン氏がどのような形で大統領に就くかは、米国政治の将来の姿を左右する。

一方で、マコネル氏はトランプ氏を権力の座に就かせ続けるための努力には意味がないことを理解しているようだ。とはいえ、選挙が「盗まれた」という説明から少しでも外れるものは反逆者とみなすトランプ氏に対立しているとは見られたくない。上院でリーダーシップを握り続けるためには、他に道はないと同氏は考えているのだろう。

米国システムは1月20日、バイデン氏の大統領就任式の日に改めて試されることになる。トランプ氏は対抗して、フロリダで集会を開いて2024年大統領選立候補に向けた運動を旗揚げし、就任式ボイコットに従わない共和党議員を裏切り者とみなすとほのめかしている。

ここでも共和党員は選択を迫られることになる。トランプ氏に従う共和党員は永遠に反民主主義者のレッテルを貼られるだろう。多くの共和党議員とトランプ氏に任命された裁判官が過去数週間、勇気をふるって法の支配のために立ち上がってきたのは前向きなニュースだ。アリゾナ州のデューシー知事やジョージア州のラッフェンスペルガー州務長官をみればわかるが、そうした態度はその個人に重大なリスクをもたらす。トランプ氏は彼らを投獄せよと繰り返している。右翼メディアもまた、14日に辞任を表明したトランプ氏の腹心・バー司法長官を糾弾している。バー氏は選挙不正が広がっていた証拠は見つからなかったと発言した。

トランプ氏に従うか、リセットするか
バー氏が悟りマコネル氏も気づきつつあるように、過去の忠誠がトランプ氏による報復から身を守ってくれるわけではない。守ってくれるものは何もない。共和党全体が、向こう見ずなトランプ氏に付き従うか、バイデン氏の勝利を機にリセットするかの選択に直面している。奇異さを増すばかりのトランプ氏の不正選挙論を支持し続ければ、自らを選出した選挙の信頼性を揺るがせる結果になる。

24年の大統領選リベンジの現実味はともかく、トランプ氏が2024年大統領選に立候補する意欲を示しているのは、党の手綱を握り続けるためのツールにすぎない。そんな状態の放置が長引けば、後のしっぺ返しも大きくなる。米国システムは2020年をなんとか切り抜けた。それを良しとするかどうか、共和党が決断するのはこれからだ。

(2020年12月17日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2020. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

英フィナンシャル・タイムズ(FT)と日経新聞の記者が、アジアのテクノロジー業界の「いま」を読み解くニュースレター「#techAsia」の日本語版をお届けします。配信は原則、毎週金曜。登録はこちら。
https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=B009&n_cid=BREFT053』

コロナワクチン接種始まる 開発レースと3つの課題

コロナワクチン接種始まる
開発レースと3つの課題
CORONAVIRUS-VACCINE
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-vaccine-race/

〔関連記事〕

ファイザー、日本でコロナワクチン承認申請 国内初 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ180HR0Y0A211C2000000/
2020/12/18

米、モデルナのコロナワクチン承認 2例目 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN180DY0Y0A211C2000000/
2020/12/19

英アストラゼネカのコロナワクチン、70%の効果確認 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66544480T21C20A1EAF000/
2020/11/23

多士済々の新型コロナワクチン、新タイプ登場で開発加速 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64141930T20C20A9TJN000/
2020/9/24

貧困国の9割、来年接種できず ワクチン格差広がる https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGS075V60X01C20A2000000/
2020/12/12

「9割効果」ファイザーのワクチン 仕組みや供給方法は https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66025470Q0A111C2I00000/
2020/11/10

コロナワクチン接種無料に 改正予防接種法が成立 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66892740S0A201C2MM0000/
2020/12/2

新型コロナワクチン、米国民4割が接種に抵抗感 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0807R0Y0A201C2000000/
2020/12/8

新型コロナのmRNAワクチン、実用化の課題を聞く https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66600120U0A121C2XB0000/
2020/11/25