ファーウェイを叩くアメリカの戦略(「雨のち晴れの記」さん)

https://ameblo.jp/hagure1945/entry-12464107837.htm

※ 元記事、及び元画像は、確かここだと思うんだが…( https://diamond.jp/articles/-/203400 )

※ 今見ると、もう画像なんかは、見られないようだ…。「大人の事情」で、削除されたかな…。例によって、著作権法的には相当アレなんで、削除されたら、悪しからず…。

※ ファーウエイとZTEが狙い撃ちされた…。

※ 取引先である日本企業は、100社以上に上る…。

※ 供給を禁じられると、総額で2.2兆円の打撃を被るという試算もある…。

※ ファーウエイは、あまり知られていないが、巨大IT企業だ…。

※ R&D支出額、世界第3位の積極投資を行っている企業だ…。

※ 上には、アマゾンとアルファベット(グーグルの親会社)があるだけだ…。日本勢は、やっとトヨタとホンダが20位以内に入っているだけだな…。

※ トランプ政権は、そういう企業を絞め上げて、中国政府を譲歩させ、自国に有利に交渉事を持っていこうとしているわけだ…。

中国共産党指導部の顔ぶれ

※ 米中貿易摩擦とか、ファーウエイ制裁とか、米中の対立が激化してるわけなんだが、中国側の顔ぶれは、今ひとつ見えてこない(せいぜい、劉鶴氏くらいのものだ)。

※ それで、今日の日経に「習近平体制、ビジュアルでわかる権力の人脈」というデータが載っていて( https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/chinese-communist-party-leaders/ )、これが非常に分かりやすかったんで、紹介しておく。

※ 例によって、削除されたら、悪しからず。

共産党員、約1億人もいるんだな…。人口13億人とした場合、13分の1か。小学校のクラス(26人とした場合)の2人が共産党員というイメージだな。もちろん、一族郎党の末端に至るまでの経歴が、調べられるんだろうがな…。

※ その頂点に立っているのが、この人なわけだ…。

※ この面々が、いわゆる「チャイナ・セブン」だ。2期目の習体制においては、王岐山氏が実質セブン入りしていると言われているんで、それも加えると、「チャイナ・エイト」になる…。

真ん中の人が、王岐山氏

※ ジジイ的には、やはり王滬寧氏が気になるな。江沢民、胡錦濤、習近平の三氏に仕え、「帝王師」とまで言われた人だ。習近平氏のスピーチ原稿は、ほぼこの人が執筆していた…、とも言われている。

 それだけでは無い…。習近平氏の外国訪問にも同行し、耳元で受け答えをささやいていた…、という噂があった…。なにかと話題の、「中国製造2035」も、この人が中心になってまとめたものだという風評がある…。一部には、「王滬寧黒幕説」もあった…。

 昨今の米中対立激化を受けて、保守派や長老連中からの批判が集中し、最近さっぱり動向を、聞かなくなった…。どうしているんだろうな…。

※ この面々が、次期チャイナ・セブン入りの候補者と言うわけだ。劉鶴氏とか、楊潔篪氏とかいるな…。共青団のライジング・スターたる胡春華氏の芽は、あるんだろうか…。内規で、68才定年制(「七上八下」と言うらしい)が採られていると言われているんで、5年後は、李克強氏、汪洋氏も厳しいだろうな…。陳敏爾氏は、ダークホースという噂がある。米中交渉が行き詰まって、習近平氏が退任せざるを得ない状況になったとき、ワンポイント・リリーフで起用され、習近平院政の手駒として登場する芽は、ある…、と言ってる人がいる…。

さすが、アメリカさんは、攻め所が判っている。(机上空間さん)

『アメリカの部品メーカーからの供給を止めるだけだと、台湾や韓国、日本へ仕入先を変えて代用する事も可能ですが、SOCの技術提供を止めた場合、今後ファーウェイ製のスマホは、性能面で立ち遅れる可能性が大きいです。つまり、アメリカのファーウェイ潰しは、ポーズや威嚇ではなく、本気モードであり、相手のアキレス腱を良く理解した上で行動して、効果的な戦術で攻めているという事です。企業として潰す気かどうかは別にして、背後にいる共産党・軍を含めて、総括的な妥協を引き出さない限りは、この制裁の手を緩める気は無いでしょう。』
http://blog.livedoor.jp/goldentail/archives/17261078.html

米大統領は「実力を過小評価」=5G技術に自信-ファーウェイ創業者

『任CEOは次世代通信規格「5G」開発をめぐり、米制裁の影響を受けないと言明。「5G技術で、他社が2~3年内にファーウェイに追い付くことはあり得ない」と自信を示した。』
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052100573&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

トランプ政権の脅しには屈しない-ファーウェイ創業者インタビュー

※ 『「私は明日の米国製テクノロジーを盗んだのだ。米国はそうしたテクノロジーを持ってさえいない」と語った上で、「われわれはすでに米国の先を行っている。もしわれわれが後れを取っているなら、トランプ大統領が執拗(しつよう)にわれわれを攻撃する必要はないだろう」と指摘した。』
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-27/PS5PA16JTSE801?srnd=cojp-v2

独も中国離れか…

ドイツが中国新華社の記者3人を調査、NATO演習取材巡り-関係者       ※ 『ドイツのメルケル首相が北大西洋条約機構(NATO)の部隊演習を今月視察した際、取材に参加した中国人記者3人がどのような情報を集めたかをドイツ軍が調べている。安全保障に関わる問題だとして関係者が匿名を条件に語った。軍による調査は、中国国営の新華社通信に対する不信感の高まりを示唆している。』
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-27/PS55N16JIJUP01

ファーウエイ離れ、ジワジワ拡大(その3)

<独占報道>日本・住友電工の光ファイバー技術、ファーウェイ経由で中国軍に渡った=米国防省筋
https://www.epochtimes.jp/p/2019/05/38602.html

米AMD「今後しない」 中国合弁先への技術移転
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45346180Y9A520C1FFE000/

※ 普通の人は、AMDと言われても、「何それ?」と言う反応が多いんじゃないか…。

※ ましてや、Xeon(ジーオンと読む)とか、EPYC(エピックと読む)とか言われても、「?」という感じだろう…。

※ まあ、興味のある人(そういう人も、いないだろうが)は、リンクを辿って、見ておいてくれ…。

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (Advanced Micro Devices, Inc. / AMD)
https://ja.wikipedia.org/wiki/アドバンスト・マイクロ・デバイセズ

「CPU」の基礎から見方、比較、選び方まで徹底解説
https://pcpedia.biz/cpu/

Xeonを駆逐する最大32コアCPU「AMD EPYC」のスペックまとめ
 ※ 「EPYCが安価な理由」『その理由が製造方法である。「Ryzen 3 / 5 / 7」に使われているCPUダイは「Summit Ridge」と呼ばれるもの。このダイは良い具合に出来上がると最大8コアとして使えるようになる。
この8コアダイを2つ組み合わせて作ったのが「Ryzen Threadripper」(最大16コア)で、4つ組み合わせたものが4つの「Zeppelin」ダイを搭載してこの「EPYC」(最大32コア)というわけだ。
要するに、Zenラインナップはすべて、たった1種類のダイ「Ryzen 3 / 5/ 7」「Ryzen Threadripper」までは「Summit Ridge」ダイで、EPYCは「Zeppelin」ダイなので使われているダイは2種ですね。
それでもダイの種類が少ないほど製造に必要な設備は最小限に抑えられるし、不良化してしまっても寄せ集めてマルチコアにすればいい(つまり歩留まりが良好)。だから安価に作れる。というイメージで大丈夫。』と言う辺りは、興味深い(ジジイにとってはな)。
https://chimolog.co/bto-cpu-amd-epyc/(2017.06.17)

AMDーアドバンスト・マイクロ・デバイスー独自路線を歩む半導体銘柄の株価は?配当利回りは?
https://amkabu.com/analysis-amd

半導体の米AMD株が大幅高 データセンター向け新型CPU発売で期待(2017/6/22)https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21HJJ_R20C17A6000000/

AMDが32コア/64スレッドのCPU「EPYC」とグラフィックカード「Radeon Vega Frontier Edition」を発表(2017年05月17日)https://gigazine.net/news/20170517-amd-epyc/

AMDは新プロセッサ「EPYC」と新ロードマップで市場奪還を目指す(2017年5月23日)https://japan.cnet.com/article/35101430/

6兆円市場で対決 王者インテルvs. AMD「新世代CPU争い」 —— 再びシェアを獲れるのか?
https://www.businessinsider.jp/post-35027

Zenコアの「EPYC」でサーバー市場奪還を目論む AMD CPUロードマップ
https://ascii.jp/elem/000/001/485/1485192/

中国半導体受託生産最大手SMIC、米NY上場廃止
 ※ 2017年のファウンドリ・ランキング第5位の企業だ( 2017年の半導体ファウンドリランキング – 売上高10億ドル超は8社 https://news.mynavi.jp/article/20180427-622956/ )
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45318480X20C19A5FFE000/

ファーウェイのスマホ、シェアが3分の1に激減、経済制裁決定後1週間で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00119771-bcn-sci

米議会、中国人留学生“排除”に本腰 「ビザ発給禁止」共和党議員が法案提出…日本に同じ措置要請も? 最先端技術の流出阻止へ
http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/190524/soc1905240002-s1.html

中国ハイテク企業の実力

※ 中国ハイテク企業と言うと、やたら技術窃盗とか言う側面ばかり強調されがちだが、決して侮れない実力を備えているんだ、という観点からの記事があったんで、紹介しておく。

さわりの部分を、紹介する。

中国ハイテク 魅せられる欧米(The Economist)
 ※ 『欧米企業が入手しようと考えている技術は、他の国からは入手できない場合もある。自動車の内装で世界大手の仏フォルシアは17年、車と人がコミュニケーションするためのヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)開発の江西好幇手電子科技(本社は中国南東部の江西省)を買収した。フォルシアは江西好幇手電子を見いだすまで1年間、世界各国で同様の技術を探し求めていたため、中国で同社を発見した時、「フォルシアは感嘆の声を上げた」と内情に詳しい情報筋は言う。フォルシアは江西好幇手電子の技術に価値を見いだしたからこそ、買収の提案をしたのだった。』
『そうした直近の典型例が米半導体大手ザイリンクスが昨年7月、北京に本社を置く機械学習スタートアップのディーファイ・テック(深鑑科技、編集注、中国の人工知能関連の3大ユニコーンの一つとされる)を買収し、大きな関心を集めた件だ。買収金額は公表していない。ザイリンクスの半導体向けにディーファイがソフトを開発した時はまだ創業間もなかったが、ディーファイは創業からわずか19カ月で総額3億ドル(約327億円)近くの資金を調達した。ザイリンクスは買収を公表した際、ディーファイの技術力を「業界の最先端を行く」と評した。』
(なぜか買収阻止に動かない中国政府)『中国における外国企業による投資が禁じられている分野の数は昨年、63から48に減少した。ディーファイの買収について、中国の規制当局が、同社の米国企業による買収を審査しなかったことは多数の関係者を驚かせた。ディーファイの技術は軍事転用が可能であり、従って国家の安全保障にかかわるとして、外国企業による買収は認められないとすることは容易だからだ。』
※ 欧米企業に買収させて、欧米の皮をかぶせて、アメリカの制裁を掻い潜る…、という高等戦術かもしれないな…。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45317660X20C19A5TCR000/