「諸外国のエネルギー事情 ~イギリス~」

「諸外国のエネルギー事情 ~イギリス~」
http://www.3r-net.com/info/pdf/MM045.pdf

 ※ ここ(イギリス)は、「北海油田」があるんで、エネルギー自給は安泰かとおもっていたが、違っていたな…。

 ※ 『イギリスは、1975年頃まで全エネルギーの約40%以上を海外から輸入していましたが、北海油田の発見・開発により現在はエネルギー輸出国になっています。

しかし、北海油田の英国側における石油生産量は1999年の290万バレル/日をピー
クに減少しており、2001年の生産量は250万バレル/日となっています。

確認可採埋蔵量も2000年末で50億バレル、2001年末が49億バレルと減少し始めています。これは可採年数として5.6年に相当します。

同様に天然ガスの可採埋蔵量は7,300億 m3、可採年数で6.9年とやはり豊富な資源とは言えない状況にあります。』…、ということだ…。