Michael R. Pompeo at the Hudson Institute’s Herman Kahn Award Gala

The China Challenge

Speech
Michael R. Pompeo, Secretary of State
New York City, New York
Hudson Institute’s Herman Kahn Award Gala

October 30, 2019

MR MURDOCH: Ladies and gentlemen, I’m delighted to be here with you tonight to honor a man of many, many achievements and titles: Captain Pompeo, Editor Pompeo, Chief Executive Pompeo, Representative Pompeo, Director Pompeo, Secretary Pompeo, Senator Pompeo. (Laughter and applause.) President Pompeo. (Laughter and applause.) That’s really for the speech in 2025. I’m sorry. (Laughter.)

Your founder, Herman Kahn, was an extraordinary scholar whose provocative insights challenged conventional wisdom and helped shape the destiny of our nation and the world. Mike Pompeo is also unafraid to confront the status quo, dauntless in dealing with intractable problems. Secretary Pompeo is meeting the great challenges of our time with an extraordinary background in public and military service, in private sector success, and, well, he’s certainly the Renaissance man. You cannot get any better than first in your class at West Point. As a cavalry officer, he served along the Iron Curtain, of course, which Herman Kahn worked so hard to tear down. From his time in the military, Secretary Pompeo went to Harvard and later founded Thayer Aerospace and was president of Sentry International, before being elected to Congress from Kansas. His time in the House and as CIA director no doubt serve him very well as America’s 70th Secretary of State.

He has been at President Trump’s side during many historic moments on the international stage, offering advice and steadfast principles in grappling with the complexities of the Middle East, of China, and, of course, of North Korea. It’s reassuring to know that a man in whom so much responsibility is placed is someone who himself has spoken so clearly about the value of humility. Wisdom comes from a humble disposition, he has said, warning that pride can get in the way of what he calls an honest analysis of the facts.

There is no doubt Mike Pompeo – of his strong faith, and which informs him, his outlook, and he’s certainly helped inspire its work for religious freedom around the world, and also propelled his commitment to protect the dignity of every human soul.

In that regard, Secretary Pompeo has warned of the danger of totalitarianism not only for our security, but of our basic freedoms. When the state rules absolutely, he said, moral norms are crushed completely.

As accomplished as Mike Pompeo has been in his illustrious life, I’m sure there’s much more to come. Secretary of states usually do quite well once they move on. (Laughter.) I haven’t – and actually I’ve got a good publishing house if he wants to decide to write a book. (Laughter.)

And of course, look what happened to secretaries of state. I remember Jefferson, Monroe, Adams, Van Buren, and Buchanan. So who knows what the future holds. What I do know is that you deserve this Herman Kahn Award tonight, and I’m honored to introduce you here. Thank you. (Applause.)

SECRETARY POMPEO: Thank you, that’s very kind. I always prefer if I get the applause after I speak – (laughter) – because then you know how – then you know how you did. And Rupert, you reference the Senate race and book publishing. I’m pretty sure those are both felonies if I talked about them – (laughter) – so I’m not going to mention either tonight.

Thank you so much for those kind words, Rupert, for your generous introduction.

Distinguished guests, ladies and gentlemen, it’s great to be with you all tonight. It’s remarkable I’m sitting at the table with Dr. Kissinger and Hank Greenberg, the Sterns – amazing people who have done amazing things for America. Thank you all so much for your remarkable service. I’ve been fortunate to get a chance to know Dr. Kissinger. He’s in his mid-90s. Secretary Shultz is mid-90s. I’ve got a lot of runway left. (Laughter.) Must be something about Foggy Bottom that keeps you going.

Thanks, too, Ken, and the board of trustees here for taking such good care of us. I’m humbled by your generosity and the receipt of this award tonight. My son often reminds me there’s much for me to be humble for. He – I actually told him about this, and he got online, he looked up all the previous recipients, and he wondered if the institute hadn’t might lost its way. (Laughter.)

He’s also famous for having sent out a note to the entire team that takes care of me when I travel saying, “When my dad got off the plane tonight, he looked like he was half dead. Would somebody put makeup on him?” (Laughter.) It was like 3:00 in the morning in some far-off place.

I thought I’d take you back just a minute to talk about something that’s very much on my mind. I remember I had hoped to be sworn in on January 20th, 2017 as America’s CIA director right – a few hours after President Trump’s inauguration. But Senator Wyden had a different idea about timeline, and so I was held up on that Friday.

But I had asked the President to come out to CIA headquarters on Saturday morning, out to Langley. So when I showed up there that day and the President showed up there that day, I was still the congressman from the 4th District of Kansas hoping that I could scrounge 51 votes on Monday.

I mention that because I will never forget what President Trump was focused on. Literally less than 24 hours after he had been sworn in, he was sitting with me and the senior counterterrorism team at the CIA, and he told – he said three things. He said: I’m going to give you everything you need to do; I’m going to give you the authorities you need to conduct this campaign in a way that will keep Americans safe; I want to make sure that we destroy the caliphate, and I want to get the guy who’s the leader of ISIS. And – (applause) – and we worked for two and a half years – the team was fantastic. The work that was done will absolutely make an important contribution to America’s national security. The President led that effort. He was committed to it. He supported everything that I did and then my successor, Director Haspel, and the amazing work of the Department of Defense and all the teams that brought Baghdadi to eternal justice. (Applause.)

I hope you all know when you – when you get a chance to see someone who is in uniform or someone who is an intelligence officer, you wouldn’t know. There’s actually some of you all sitting out here tonight. You wouldn’t know. Please thank them. It was amazing work that they did and important.

There’s still much work to do. The threat from radical Islamic extremism certainly is not gone, but the work that was done to lead that shows the excellence, the uniqueness, and to the point that was mentioned earlier, the exceptionalism that we have here in the United States of America.

I think it’s true that we can think long about history. Half a century ago your founder charged your institution to think about the future in unconventional ways. President Trump, when he selected me to be the Secretary – the director of the CIA was certainly thinking about something unconventional. Who would have predicted that this kid from Southern California would have this amazing privilege?

He also knew – Herman knew – that in the interest of furthering and protecting this great and noble experience that we call the United States of America, that there was no higher mission than to getting that right.

That’s why I thought I’d focus in the few minutes today before I take some questions, I thought I’d focus on something that is central to what the Trump administration is working on that is different from previous administrations. That’s not political, we have just – we have taken on the challenge from the People’s Republic of China in a way that the time is calling for.

Look, we have a long-cherished tradition of friendship with the Chinese people. We continue to do so today. We have a Chinese American community here in America that we love and treasure. I’ve known them through business and personal ties; I’ve known many of them.

But I must say that the communist government in China today is not the same as the people of China. They’re reaching for and using methods that have created challenges for the United States and for the world.

And we collectively, all of us, need to confront these challenges from the PRC head-on, and along each of the many facets.

There are many opportunities, to be sure, but it is no longer realistic to ignore the fundamental differences between our two systems and the impact, the impact that those two systems have, the differences in those systems have on American national security.

This is a departure, for sure. It might be viewed as unconventional. It’s not what you’ve heard from leaders for the last two decades plus. Frankly, we’ve been slow to see the risk of China – the risk that it poses to American national security, because we wanted friendship with the People’s Republic from the very start. And because we, as Americans, always continue to hope for that.

But frankly, in our efforts to achieve this goal, we accommodated and encouraged China’s rise for decades, even when – even when that rise was at the expense of American values, Western democracy, and security, and good common sense.

We downgraded our relationship with our long-time friend, Taiwan, on the condition that the “Taiwan question” would be resolved peacefully, to normalize relations with Beijing.

We all too often shied away from talking directly about the human rights issues there and American values when they came into conflict, and we downplayed ideological differences, even after the Tiananmen Square massacre and other significant human rights abuses.

We encouraged China’s membership in the World Trade Organization and other international organizations, premised on their commitment to adopt market reforms and abide by the rules of those organizations. And all too often, China never followed through.

We hesitated and did far less than we should have when China threatened its neighbors like Vietnam, and like the Philippines, and when they claimed the entire South China Sea.

Frankly, we did an awful lot that accommodated China’s rise in the hope that communist China would become more free, more market-driven, and ultimately, hopefully more democratic.

And we did this for a long time.

There’s another reason we adopted these policies: We didn’t realize how China was evolving. Frankly, the American people didn’t get the full story.

I’ve talked to so many business leaders. U.S. companies that invested heavily in China were forced to comply with China’s terms. This includes just about any topic that the Chinese Communist Party deemed controversial.

Beijing’s intransigence creates a permanent class of China lobbyists in the United States. Their primary job is to sell access to Chinese leaders and connect business partners.

And frankly, whenever there was a dispute or tension in the relationship, many of our scholars blamed the United States for misrepresenting the nature of the Chinese Communist Party.

Meanwhile, Beijing controlled and limited access to our diplomats, journalists, and academics to the main – when they were traveling to mainland China. They still do that today. If you saw the difference – if you saw the difference in how Chinese diplomats are treated and how American diplomats and the access they have, you too would find the absence of reciprocity deeply inconsistent with American values.

And China’s state-run media and government spokespeople filled the gaps, routinely maligning American intentions and policy objectives. They still do that today. They distorted how Americans view the People’s Republic and how they review General Secretary Xi.

These bad outcomes were all too predictable. They were predictable byproducts of dealing with a secretive regime that doesn’t respect fairness, the rule of law, and reciprocity.

Today, we’re finally realizing the degree to which the Chinese Communist Party is truly hostile to the United States and our values, and its worse deeds and words and how they impact us. And we’re able to do that because of the leadership of President Trump.

The President sounded this issue, this alarm, since his very first day. I remember one speech he gave back in Pennsylvania when he called China’s WTO membership “the greatest job theft in history.” A lot of people laughed. I don’t think so many of them are laughing now that they can see the reality.

It’s the case that now we know China weakens America’s manufacturing base by conducting massive intellectual property theft. I had a group of Fortune 500 CEOs in my office last week. The stories are staggering.

Now we know too that China threatens American freedoms by demanding our companies self-censor to maintain access to that Chinese market. We’ve all seen the stories recently of the NBA. The truth is Beijing ought to be free to run its own PR campaign; they’re a sovereign nation. But if we disagree, our companies ought to be permitted to have that disagreement. Silencing dissent simply is not acceptable.

And now we know – now we know that China threatens America’s national security by developing asymmetric weapons that threaten our strategic assets too.

The list goes on.

And these aren’t just our problems. They’re problems for all nations that share our values.

When we see Beijing use coercion as a preferred tool of statecraft, it’s not good for those of us who believe in democracy and sovereignty as the fundamental norms that ought to dominate world commerce and the way nations interact. These ideas, they threaten the free and open international order by making extrajudicial territorial and maritime claims in places like the South China Sea and the Taiwan Strait.

We know too that Beijing entwines its neighbors and others in its state-led economic model, often closing deals with bribes, often trapping many in debilitating debt levels, threatening their own sovereignty.

And now we know too and we can see China’s regime trampling the most basic human rights of its own citizens – the great and noble Chinese people. We’ve seen this in Hong Kong, where they need to live up to their promises and commitments, and we’ve seen it in the gross human rights violation of ethnic minorities in Xinjiang.

We know too that the Chinese Communist Party is offering its people and the world an entirely different model of governance. It’s one in which a Leninist Party rules and everyone must think and act according to the will of the Communist elites. That’s not a future that I want, I think it’s not a future that anyone in this room wants, it’s not a future that other democracies want, and it’s not a future that the people of China – the freedom-loving people of China everywhere don’t want this model.

President Trump’s National Security Strategy lays this out. It recognizes China as a strategic competitor. That means there’s challenges and there’s real opportunities, and we hope that we can engage with them in ways that are constructive. But it’s reality. It’s the truth.

It’s also the case that we didn’t choose some of these issues. China forced them upon us.

In the coming months, I’m going to give a series of sets of remarks. I’m going to talk about each of these in some more detail.

I’ll talk about the competing ideologies and values and the impact that has on America and the world. The Chinese Communist Party is a Marxist-Leninist Party focused on struggle and international domination. We need only listen to the words of their leaders.

I’ll discuss too how they interfere with the things we take most for granted here in the United States. The party’s intelligence agencies, the United Front Work, and its propaganda outlets have embarked on a global campaign to change public opinion in favor of Beijing. We want to preserve our freedoms – our freedom of speech and we want to make sure that information flows freely everywhere.

And I’ll discuss too the impact on the international order. Beijing is actively creating its own international space and it participates in international organizations to validate its authoritarian system and spread its reach. We in the United States, and I think the good people who are part of the Hudson Institute, want to preserve the existing free and open international order that the United States has helped create and continues to lead.

And I’ll too – talk too about the economy. China has engaged in unfair predatory economic practices and it’s utilizing state assets to build its economic footprint all around the world. We want China to be successful. We want it to have a successful economy. We want a transparent, competitive, market-driven system that is mutually beneficial for all involved.

You can see the first steps towards that in the Phase 1 deal that we are close to signing. I’m optimistic we’ll get there. It’s a good thing, a place that we can work together. We want to make sure that we get that right and we want to make sure that the economic relationships are fair, reciprocal, and balanced as between us as well. I think this will show that there is common ground to be had, and the Trump administration will work tirelessly to find it wherever we can.

And I’ll get a chance too to talk about how our militaries compete and the capabilities that China has built up that far exceed what they would need for self-defense.

There’s lots of discussion, lots of think-tank discussion, lots of academic discussion about what the relationship will look like between the United States and China in the years and decades ahead. I’ll be clear about what the United States wants: We don’t want a confrontation with the People’s Republic of China. In fact, we want just the opposite.

We want to see a prosperous China that is at peace with its own people and with its neighbors.

We want to see a thriving China where the Chinese business community transact business with the rest of the world on a fair set of reciprocal terms that we all know and understand.

And we want to see a liberalized China that allows the genius of its people to flourish.

And we want to see a China that respects basic human rights of its own people, as guaranteed by its own constitution.

But above all, it’s critical that as Americans, we engage China as it is, not as we wish it were.

Herman Kahn used to remind us, he would urge us to think unconventionally to create persuasive arguments for policy and make those arguments consistently to the American people.

We have to think anew, and unconventionally, about the People’s Republic of China.

I hope you will all join me in that. We will learn together and we will develop a strong relationship between these two nations.

I’m going to now stop and take a few questions from mister – Ken.

Thank you. God bless you all. (Applause.)

MR WEINSTEIN: Mr. Secretary, always an honor and a pleasure to be with – wait, am I – Mr. Secretary, always an honor and a pleasure to be with you. I guess the World Series isn’t going to be the big news headline tomorrow morning. Well, what a —

SECRETARY POMPEO: Depends if the Nationals win. (Applause.)

MR WEINSTEIN: Let me just throw out a few questions. That was a truly remarkable speech, clearly the first of several, as you indicated, on this important theme of the competition between the United States and China, the future of China, the future of our relations, and the future also of freedom in China. You said – that was an incredibly rich speech. Let me pick out one theme and ask you about it first, which is the question – you talked about how freedom-loving people everywhere reject the Leninist model – including in China – reject the Leninist model of the Chinese Communist Party, and you drew a distinction between the Chinese people and the Chinese Communist Party. How do you think about these issues?

SECRETARY POMPEO: Well, I always start with a fundamental proposition that President Trump speaks to very directly: Every nation is sovereign. They get to lead their nation in the way they want. We respect Chinese sovereignty; they have the right to lead it. I always – I stare at this and think about the – I think about this as we’ve seen governments with ideologies like this before. This is not new in terms of how countries operate in the world. And while I know what America wants, what we’d like our relationship with China to be, I’m always reminded – and we talk about this an awful lot of times in counterterrorism. In the counterterrorism world, when do you get to stop doing this? The answer is the enemy gets to vote, right?

We think about that. Our adversaries get a choice on how this will proceed. And I think we need to try to help China make good choices, because we – and if we do that well, we’ll create a set of incentives that will reward those choices. And when I say good, good choices for the world – this is a billion and a half people that they’re going to be an important, powerful country in the world. This is a certainty. We don’t reject that, we don’t think that’s improper. We want them – we want them to be successful and grow and prosper.

But there’s been this notion – there’s been this notion that the Chinese put forward about win-win, that every transaction can be win-win. And that’s true when you do a business deal, when I give you 50 cents and you give me a Snicker bar, you’re happier with the 50 cents, I’m happy with the Snicker. But it’s – right, that’s – right, it’s basic market underpinnings.

It’s not been the case that these have all been win-win. It’s been the case that we’ve had U.S. companies go in there and they have been given commercial access. I was pleased they made decisions on banking and insurance regulations that they’re – that are changed. These are really good signs. I’m encouraged by that. I hope they’ll continue to do that. I hope we’ll continue to open markets for them as well. The President has said if we can get to where there are no barriers – right, no – we want this to be fair, and we want there to be even more trade between the two countries. When you think about that, you have to lay it against the ideological overlay inside the country, and decide whether that is something that you can achieve, and more importantly, what are the things that we can do so that we’re more likely to achieve that outcome?

MR WEINSTEIN: So stay tuned for future speeches on this subject, surely.

SECRETARY POMPEO: We – President Trump has made clear this is a central relationship for the United States for the next 50 or 100 years. We are all still figuring out the right tactics and strategy to deliver against the objectives that I set out here tonight: a strong, connected relationship with China. How do you get there? How do you think about this? We’ll learn as we go along. The United States will iterate; it’s what we do best. We’re creative, we will adapt. But we think it’s absolutely essential that we do so in a way that reflects what’s really happening, and the risks attendant with that.

MR WEINSTEIN: Let me ask you about Hong Kong quickly. How – what should the United States be doing?

SECRETARY POMPEO: It won’t surprise you I think we’ve got our policy right. (Laughter.) Look, we’re hopeful that – the Chinese made a commitment that – we hope they’ll live up to that. And at the same time, we’re telling everyone that we interact with we don’t want violence. We want this – we think there should be a political solution to the conflict that’s taking place there. We say this to – I say this to my Chinese counterparts, I say this publicly when we want the protesters to hear this too. We don’t want them to engage in violence either. We hope they can find a path forward that is consistent with the idea of “One Country, Two Systems.” That’s the commitment that the Chinese Government made. We hope they’ll live up to it.

MR WEINSTEIN: And lastly, let me ask you about as you – as you balance your incredible responsibilities as Secretary of State and you look at the unbelievable turmoil around the world – I mean, we’re living in one of the most tumultuous periods certainly in recent history or if not in the last – certainly in the last few decades. How do you as Secretary of State set your priorities on a strategic level? You’ve got China, North Korea. You’ve got Iran. You’ve got the need for our allies to step up further, to do more. But we also need to make sure that we keep them engaged because of this geostrategic competition with China. How do you – at the – how do you balance these things?

SECRETARY POMPEO: Ken, that’s a long list. I feel bad for coming to New York tonight. (Laughter.) I need to get back to work. So a couple things. First of all, the President set out a framework and continues to set out a framework for how we think about these issues and prioritize them. It’s also a blessing that we have a country that is wealthy enough to support a State Department team that’s capable of doing many things at one time.

As for my time and attention, I try to spend my days pushing along those projects where it looks like I can get a high ROI on my time, while also making sure that I invest in the things that I know I’ll leave behind, sort of the institutional things at the State Department so that this team is in a place where we’ve got the right leaders and the right training and the right human capital inside the U.S. Department of State, so that when my time is up, the next set of – the next set of leaders will come along and have a talented, capable workforce that’s ready to engage and deliver American diplomacy around the world.

MR WEINSTEIN: Well, thank you very much, Mr. Secretary. It’s really been an immense honor. I’ll turn it over to our great board chair Sarah Stern. (Applause.)

MS STERN: Wow. I think he gets a standing O for that. He asked how about the – about the – (applause.)

Mr. Secretary, you said it would depend on the applause afterwards. I think that was an incredible talk. I think we in this room are all now insiders about what’s about to happen. I can’t wait to listen to the rest of your talks as they are unrolled. You certainly have paid attention to the views of our Hudson experts on China, so thank you for that. (Applause.)

I think freedom-loving people around the globe, starting in China but moving on to some of those other places like Venezuela, Iran, other places that are living under nondemocratic governments, would thank you for that. And I think that people who live in democratic governments, and particularly Americans, and particularly the people in this room, would say thank you. (Applause.)

So we give Hudson Institute’s award to celebrate farsighted leaders who have made exceptional contributions to the security, prosperity, and freedom of the United States and its allies. I cannot imagine anyone better suited than you to address the complex set of challenges that faces our country today.

Last week, on Hudson’s podcast, The Realignment, you mentioned that in dealing with China it is important to speak without emotion and with great clarity. As we heard tonight, these two characteristics do define your approach to China and also to other world affairs. As we’ve also heard tonight, you bring a powerful intellect informed by an understanding of history and fueled by creativity. In fact, I can think of no greater praise than to say you sound and act downright Hudsonian. (Laughter and applause.)

So it is my great honor to present you with the Herman Kahn Award.

SECRETARY POMPEO: Thank you. Thank you. (Applause.) Thank you.

By U.S. Embassy Montevideo | 8 November, 2019 | Topics: News, U.S. Secretary of State | Tags: China, Herman Kahn Award Gala, Michael R. Pompeo』

〔グーグル翻訳にかけたもの〕
『中国の挑戦

スピーチ
マイケル・R・ポンピオ、
ニューヨーク州務長官、ニューヨーク・
ハドソン研究所のハーマン・カーン賞ガラ(※ ガーラ。「祝祭」)

2019年10月30日

MR MURDOCH:ご列席の皆様 、今夜、多くの多くの功績と称号を授与されたことを光栄に思います。キャプテンポンペオ、エディターポンペオ、チーフエグゼクティブポンピオ、ポンペオ代表、ポンペオ局長、ポンペオ書記、ポンペオ上院。(笑いと拍手)ポンペオ大統領。(笑いと拍手)それは本当に2025年のスピーチのためです。ごめんなさい。(笑い。)

あなたの創設者、ハーマン・カーンは、挑発的な洞察が従来の知恵に挑戦し、私たちの国と世界の運命を形作るのを助けた並外れた学者でした。マイク・ポンペオはまた、現状に立ち向かうことを恐れず、難治性の問題に対処することを恐れません。ポンペオ長官は、公共および軍務、民間部門での成功における並外れたバックグラウンドで私たちの時代の大きな課題に対処しており、まあ、彼は確かにルネッサンスの男です。ウェストポイントでのクラスで最初より良くなることはできません。騎兵隊の士官として、彼はもちろん鉄のカーテンに沿って仕え、ハーマン・カーンは解体するために一生懸命働いた。ポンピオ長官は軍隊にいた頃からハーバードに行き、後にセイヤーエアロスペースを設立し、セントリーインターナショナルの社長を務めた後、カンザス州から議会に選出されました。

彼は国際舞台で多くの歴史的な瞬間にトランプ大統領の側にいました。中東、中国、そしてもちろん北朝鮮の複雑さと取り組む上で助言と確固とした原則を提供しました。これほど多くの責任を負う人は、謙虚さの価値についてはっきりと語った人だということを知って安心です。知恵は謙虚な性質に由来する、と彼は言った、プライドは彼が事実の正直な分析と呼ぶものを邪魔することができると警告した。

マイク・ポンペオは、彼の強い信念に疑いの余地はありません。それは彼に彼の展望を知らせてくれます。

その点で、ポンペオ長官は、私たちの安全だけでなく、私たちの基本的な自由に対する全体主義の危険性を警告しています。国家が絶対に支配するとき、彼は言った、道徳的規範は完全に押しつぶされる。

マイク・ポンピオが輝かしい人生を歩んできたように、これからもっとたくさんあると思います。国務長官は通常、彼らが先に進むと非常にうまくいきます。(笑い)持っていません。実際、彼が本を書くことに決めたなら、良い出版社があります。(笑い。)

そしてもちろん、国務長官に何が起こったのかを見てください。ジェファーソン、モンロー、アダムス、ヴァンビューレン、ブキャナンを覚えています。それで、誰が未来が保持するかを知っています。私が知っていることは、あなたが今夜このハーマン・カーン賞に値するということであり、ここで紹介できることを光栄に思います。ありがとうございました。(拍手。)

事務次官: ありがとうございます、とても親切です。私が話した後に拍手が得られるなら、私はいつも好む(笑)。そうすれば、あなたはどうやってそれを知っているのか。そして、ルパート、あなたは上院の人種と本の出版を参照します。私がそれらについて話していれば、それらは両方とも重罪だと確信しています-(笑)-それで、私は今夜も言及しません。

親切な言葉、ルパート、寛大な紹介をありがとう。

著名なゲスト、ご列席の皆様、今夜あなたと一緒にいることは素晴らしいことです。キッシンジャー博士とスターンズのハンク・グリーンバーグと一緒にテーブルに座っているのは驚くべきことです。すばらしいサービスをありがとうございました。キッシンジャー博士と知り合う機会を得たのは幸運でした。彼は90年代半ばです。シュルツ長官は90年代半ばです。滑走路がたくさん残っています。(笑い)フォギーボトムについて何かを続けてください。

ケンとここにいる理事会も、私たちを大事にしてくれてありがとう。あなたの寛大さと今夜のこの賞の受賞に私は謙虚です。私の息子はしばしば私に謙虚であることがたくさんあることを思い出させます。彼–私は実際にこれについて彼に話しました、そして彼はオンラインになり、彼は以前のすべての受取人を調べました、そして彼は研究所がその道を失ったのではないかと思いました。(笑い。)

彼はまた、旅行中に面倒をみてくれるチーム全体にメモを送り、「今夜、父が飛行機から降りたとき、彼は半死んでいるように見えた。誰かが彼に化粧をしますか?」(笑い)遠く離れた場所での朝の3時のようでした。

私は私の心に非常にある何かについて話すためにあなたをほんの一分連れて帰ると思いました。トランプ大統領の就任の数時間後、2017年1月20日にアメリカのCIAディレクターとして宣誓されることを望んでいたことを覚えています。しかし、ワイデン上院議員はタイムラインについて別の考えを持っていたので、私はその金曜日に開催されました。

しかし、私は大統領に、土曜日の朝にCIA本部に出て、ラングレーに行くように頼んでいました。その日に私がそこに現れ、大統領がその日にそこに現れたとき、私はカンザス州第4地区の議員であり、月曜日に51票を集められることを望んでいました。

トランプ大統領が注目したことを決して忘れないので、私はそれについて言及します。彼が宣誓されてから文字通り24時間も経たないうちに、彼は私とCIAの上級テロ対策チームと一緒に座っていた、と彼は言った-彼は3つのことを言った。彼は言った:あなたがする必要があるすべてをあなたに与えるつもりです。アメリカ人を安全に保つ方法でこのキャンペーンを実施するために必要な当局を提供します。私はカリフ制を確実に破壊し、ISISのリーダーである男を獲得したい。そして–(拍手)–そして2年半働きました–チームは素晴らしかったです。行われた作業は、アメリカの国家安全保障に絶対に重要な貢献をします。大統領はその努力を主導しました。彼はそれにコミットしました。彼は私がしたすべてをサポートし、その後継者のハスペル監督は、そして国防総省とバグダディを永遠の正義に導いたすべてのチームの素晴らしい仕事。(拍手。)

ユニフォームを着ている人やintelligence報員である人に会う機会を得たとき、あなたが知っていることを願っています。今夜ここに座っている人もいます。知らないだろう。彼らに感謝してください。彼らがしてくれた重要な仕事でした。

まだやるべきことがたくさんあります。過激なイスラム過激主義からの脅威は確かに消えていませんが、卓越性、独自性、および前述のポイント、つまりアメリカ合衆国で私たちが持っている例外主義を示すリードするために行われた仕事です。

歴史について長く考えることができるのは本当だと思います。半世紀前、あなたの創始者はあなたの機関に型破りな方法で未来について考えるように命じました。トランプ大統領が私を長官に選んだとき、CIAのディレクターは確かに型破りな何かについて考えていました。南カリフォルニアのこの子供がこの驚くべき特権を持つと誰が予測したでしょうか?

彼はまた、私たちがアメリカ合衆国と呼ぶこの偉大で高貴な経験を促進し保護するために、それを正しくすること以上の使命はないことをハーマンは知っていました。

だから、質問をする前に今日数分集中するつもりだと思ったのです。トランプ政権が取り組んでいることの中心にある何かに集中するだろうと思いました。それは以前の政権とは異なります。それは政治的なものではなく、私たちが持っているのは、まさにその時が求めている方法で中華人民共和国からの挑戦を引き受けたということです。

見て、私たちには中国人との友情の伝統があります。今日もそうし続けています。ここアメリカには、私たちが愛し、大切にしている中国系アメリカ人のコミュニティがあります。私はそれらをビジネス上および個人的な関係を通して知っています。私はそれらの多くを知っています。

しかし、今日の中国の共産主義政府は中国の人々と同じではないと言わなければなりません。彼らは、米国と世界に課題をもたらした方法に手を伸ばし、使用しています。

そして、私たち全員が集合的に、これらの課題に中国の正面から、そして多くの側面のそれぞれに沿って立ち向かう必要があります。

確かに多くの機会がありますが、2つのシステムとその2つのシステムの影響、それらのシステムの違いがアメリカの国家安全保障に与える影響の根本的な違いを無視することはもはや現実的ではありません。

これは確かに出発です。それは型破りなものとみなされるかもしれません。過去20年以上にわたってリーダーから聞いたことではありません。率直に言って、最初から人民共和国との友好を望んでいたため、中国のリスク、つまり米国の国家安全保障に与えるリスクを確認するのが遅かったのです。そして、アメリカ人として、私たちは常にそれを期待し続けているからです。

しかし、率直に言って、この目標を達成するための努力において、私たちは、たとえその上昇がアメリカの価値、西洋の民主主義、安全、そして良識を犠牲にしても、数十年間中国の台頭に対応し、奨励しました。

私たちは、北京との関係を正常化するために、「台湾問題」が平和的に解決されることを条件に、長年の友人である台湾との関係を格下げしました。

私たちはしばしば、人権問題やアメリカの価値観が紛争に直面したときに直接話し合うことを避け、天安門広場の虐殺やその他の重大な人権侵害の後でもイデオロギーの違いを軽視しました。

我々は、中国が世界貿易機関やその他の国際機関に加盟することを奨励し、市場改革を採用し、それらの機関の規則を順守するというコミットメントを前提とした。そして、あまりにも頻繁に、中国は決して後を追いませんでした。

中国がベトナムやフィリピンのような隣人を脅したとき、そして南シナ海全体を主張したとき、私たちはheし、私たちが思っていたよりもはるかに少ないことをしました。

率直に言って、共産主義の中国がより自由になり、市場主導になり、最終的にはより民主的になることを期待して、中国の台頭に対応するためにひどいことをしました。

そして、私たちはこれを長い間行いました。

これらのポリシーを採用したもう1つの理由があります。中国がどのように進化しているかがわかりませんでした。率直に言って、アメリカの人々は完全な物語を手に入れませんでした。

私は非常に多くのビジネスリーダーと話をしました。中国に多額の投資をした米国企業は、中国の条件を遵守することを余儀なくされました。これには、中国共産党が議論の余地があるとみなしたトピックが含まれます。

北京の非妥協は、米国に恒久的な階級の中国ロビイストを生み出します。彼らの主な仕事は、中国のリーダーへのアクセスを販売し、ビジネスパートナーをつなぐことです。

そして率直に言って、関係に論争や緊張が生じたときはいつでも、私たちの学者の多くは中国共産党の性質を誤って伝えたとして米国を非難した。

一方、北京は外交官、ジャーナリスト、学者の本土へのアクセスを制限し、中国本土への旅行中に制限していました。彼らは今日もそうしています。違いを見たなら、中国の外交官の扱い方とアメリカの外交官とそのアクセス方法の違いを見たなら、相互主義の欠如がアメリカの価値と深く矛盾していることに気付くでしょう。

そして、中国の国営メディアと政府のスポークスマンは、ギャップを埋め、日常的にアメリカの意図と政策目標を悪化させました。彼らは今日もそうしています。彼らは、アメリカ人が人民共和国をどのように見ているのか、そして書記の習近平をどのように見ているのかを歪めました。

これらの悪い結果はすべてあまりにも予測可能でした。それらは、公平性、法の支配、相互主義を尊重しない秘密主義体制を扱うことの予測可能な副産物でした。

今日、私たちはついに中国共産党が米国に対して真に敵対している度合いと私たちの価値観、そしてそのより悪い行為と言葉、そしてそれらが私たちに与える影響に気づきました。そして、トランプ大統領のリーダーシップのおかげでそうすることができます。

大統領は、彼の非常に最初の日以来、この問題、このアラームを鳴らした。彼がペンシルベニアで中国のWTOメンバーシップを「歴史上最大の職の窃盗」と呼んだときに彼が返したスピーチを覚えています。多くの人々が笑いました。彼らの多くが今は笑っているとは思わないので、彼らは現実を見ることができます。

中国が大規模な知的財産の窃盗を行うことによりアメリカの製造基盤を弱体化させていることは今や私たちが知っていることです。先週、オフィスにフォーチュン500社のCEOがいました。物語は驚異的です。

今、私たちも中国がアメリカの自由を脅かしていることを知っています。それは、その中国市場へのアクセスを維持するために企業に自己検閲を要求することです。私たちは皆、最近NBAの物語を見てきました。真実は、北京が独自のPRキャンペーンを自由に実施すべきであるということです。彼らは主権国家です。しかし、私たちが同意しない場合、私たちの会社はそのような意見の相違を認められるべきです。反対意見を黙らせることは単純に受け入れられません。

そして今、私たちは知っています。私たちは、戦略的資産をも脅かす非対称兵器を開発することによって、中国がアメリカの国家安全保障を脅かすことを知っています。

リストは続きます。

そして、これらは私たちの問題だけではありません。彼らは私たちの価値観を共有するすべての国の問題です。

北京が国家技術の優先ツールとして強制を使用するのを見ると、世界の商取引と国家の相互作用を支配するべき基本的な規範として民主主義と主権を信じる私たちにとっては良くありません。これらのアイデアは、南シナ海や台湾海峡などの場所で超法規的な領土と海事を主張することにより、自由で開かれた国際秩序を脅かしています。

北京は国家主導の経済モデルに隣人や他の人を巻き込み、しばしば賄briとの取引を閉じ、多くの人を債務レベルの衰弱に陥れ、彼ら自身の主権を脅かすことも知っています。

そして今、私たちも知っており、中国の政権が自国民である最も偉大な高貴な中国人の最も基本的な人権を踏みにじっているのを見ることができます。これは、彼らが約束と約束を果たす必要がある香港で見られており、新weの少数民族の総人権侵害でも見られています。

中国共産党が国民と世界に全く異なるガバナンスのモデルを提供していることも知っています。それは、レーニン党が支配し、誰もが共産主義エリートの意志に従って考え、行動しなければならないものです。それは私が望む未来ではない、この部屋の誰もが望む未来ではない、他の民主主義が望む未来ではない、そして中国の人々、どこでも自由を愛する中国の人々がする未来ではないこのモデルは必要ありません。

トランプ大統領の国家安全戦略はこれを示しています。中国を戦略的競争相手として認識しています。つまり、課題があり、本当のチャンスがあることを意味します。建設的な方法で取り組むことができることを願っています。しかし、それは現実です。それが真実だ。

また、これらの問題の一部を選択しなかった場合もあります。中国は彼らを私たちに押し付けました。

今後数か月で、一連の発言を行います。これらのそれぞれについて、もう少し詳しく説明します。

競合するイデオロギーと価値、そしてアメリカと世界に与える影響についてお話します。中国共産党は、闘争と国際支配に焦点を当てたマルクス・レーニン主義党です。彼らの指導者の言葉に耳を傾けるだけです。

ここで私たちがアメリカで最も当たり前のことと思っていることを、彼らがどのように妨げるかについても議論します。党のintelligence報機関、ユナイテッド・フロント・ワーク、およびその宣伝手段は、北京に有利な世論を変えるための世界的なキャンペーンに乗り出しました。私たちは自分の自由、つまり言論の自由を守り、情報がどこにでも自由に流れるようにします。

また、国際秩序への影響についても説明します。北京は積極的に独自の国際的なスペースを作成しており、独裁体制を検証し、その範囲を広げるために国際機関に参加しています。米国の私たち、そしてハドソン研究所の一部である善良な人々は、米国が創造し、リードし続けている既存の自由で開かれた国際秩序を維持したいと考えています。

そして私も-経済についても話します。中国は不当な略奪的経済慣行に従事しており、国の資産を活用して世界中に経済的足跡を築いています。中国が成功することを望んでいます。経済の成功を望んでいます。関係者全員に相互に利益をもたらす、透明で競争力のある市場主導型のシステムが必要です。

あなたは私たちが署名に近づいているフェーズ1取引でそれに向けた最初のステップを見ることができます。楽観的です。それは私たちが一緒に働くことができる良い場所です。私たちはそれが正しいことを確認し、経済関係が私たちの間でも公正で、相互的で、バランスが取れていることを確認したいと思っています。これは共通の根拠があることを示しており、トランプ政権はどこでもそれを見つけるためにたゆまぬ努力をするだろうと思います。

そして、私たちの軍隊がどのように競争し、中国が築いた能力が自衛に必要なものをはるかに超えているかについて話す機会もあります。

今後数十年の間に米国と中国の関係がどのようになるかについて、多くの議論、シンクタンクの議論、多くの学術的な議論があります。私は、米国が何を望んでいるかについて明確にします。中華人民共和国との対立は望ましくありません。実際、正反対が必要です。

私たちは、自国民と隣国と平和にある繁栄した中国を見たいと思っています。

私たちは、中国のビジネスコミュニティが、私たち全員が知っている、理解している公正な相互条件のセットで、世界の他の国々とビジネスをやり取りする繁栄した中国を見たいと考えています。

そして、私たちは、国民の天才が繁栄することを可能にする自由化された中国を見たいと思っています。

そして、私たちは、独自の憲法によって保証されているように、自国民の基本的人権を尊重する中国を見たいと思っています。

しかし何よりも、アメリカ人として、私たちが望んでいたのではなく、そのまま中国に関与することが重要です。

ハーマン・カーンはかつて私たちに思い出させてくれましたが、政策に対して説得力のある議論を作り、アメリカの人々に一貫してそれらの議論をするために、型破りに考えるように勧めました。

私たちは、中華人民共和国について、型破りに改めて考えなければなりません。

皆さんが私と一緒に参加することを願っています。私たちは一緒に学び、これら2つの国の間に強い関係を築きます。

私は今、立ち止まってミスターからいくつか質問を受けます。ケン。

ありがとうございました。神様のお恵みがありますように。(拍手。)

ワイン・スタイン 氏:秘書さん、いつも名誉と喜びを–待って、私–秘書さん、いつもあなたと一緒に名誉と喜びを。明日の朝、ワールドシリーズがビッグニュースの見出しになるとは思わない。さて、何—

事務局長: 国民が勝利するかどうかによります。(拍手。)

ワイン・スタイン氏: いくつか質問を投げてみましょう。それは本当に注目に値するスピーチであり、明らかにあなたが示したように、米国と中国の競争、中国の未来、私たちの関係の未来、そして中国の自由の未来の重要なテーマに関するいくつかの最初のものでした。あなたは言った-それは信じられないほど豊かなスピーチだった。ひとつのテーマを選んで最初に質問します。それは質問です。あなたはどこでも自由を愛する人々が中国を含むレーニン主義モデルを拒否する方法について話しました-中国共産党のレーニン主義モデルを拒否し、中国人と中国共産党の区別。これらの問題についてどう思いますか?

秘書室: まあ、私は常にトランプ大統領が非常に直接話す基本的な提案から始めます:すべての国は主権者です。彼らは彼らが望む方法で彼らの国をリードするようになります。中国の主権を尊重します。彼らにはそれを導く権利があります。私はいつも-これをじっと見つめ、考えます-以前にこのようなイデオロギーを持つ政府を見てきたので、私はこれについて考えます。これは、各国が世界でどのように活動しているかという点で目新しいものではありません。そして、アメリカが何を望んでいるのか、中国との関係がどうあるべきかを知っている間、私はいつも思い出します。そして、私たちはこれについて、テロ対策において非常に多くの時間を話します。テロ対策の世界では、いつこれをやめるのですか?答えは、敵が投票するようになることですよね?

それについて考えます。敵はこれをどのように進めるか選択できます。そして私たちは中国が良い選択をするのを助ける必要があると思います。なぜなら、私たちがそれをうまく行えば、それらの選択に報いる一連のインセンティブを作り出すからです。そして、私が世界のために良い、良い選択を言うとき、これは彼らが世界で重要で強力な国になるだろうという10億人半の人々です。これは確実です。私たちはそれを拒否せず、それが不適切だとは思わない。私たちは彼らを望んでいます。彼らが成功し、成長し、繁栄することを望んでいます。

しかし、この概念がありました-中国が双方にとって有利であるという考えがありました、すべての取引が双方にとって好都合であることができるということです。そして、それはあなたが商取引をするとき、私があなたに50セントを与え、あなたが私にスニッカーバーを与えたとき本当です、あなたは50セントに満足しています、私はスニッカーに満足しています。しかし、それは-そうです-そうです、それは基本的な市場基盤です。

これらがすべて勝ち組だったわけではありません。米国の企業をそこに入れて、商業的なアクセスを許可したのは事実です。銀行や保険に関する規制について、彼らが変更されたという決定を下したことを嬉しく思いました。これらは本当に良い兆候です。それに励まされています。彼らがそれを続けてくれることを願っています。私たちも彼らのために市場を開き続けることを願っています。大統領は、障壁のないところに着くことができたら、そうだ、そうだ、我々はこれを公平にしたいと思っており、両国間の貿易をさらに増やしたいと言っている。あなたがそれについて考えるとき、あなたはそれを国内のイデオロギーのオーバーレイに対して置き、それがあなたが達成できるものであるかどうか、そしてもっと重要なことには私たちができることは何であるかを決定しなければなりませんその結果を達成しますか?

MR WEINSTEIN: ですから、このテーマに関する今後のスピーチにご期待ください。

秘書室: 私たち–トランプ大統領は、これが今後50年または100年の米国の中心的な関係であることを明らかにしました。私たちは皆、今夜ここで設定した目標、つまり中国との強力でつながりのある関係に立ち向かうための適切な戦術と戦略を考えています。どうやってそこに行きますか?これについてどう思いますか?進むにつれて学習します。米国は繰り返します。それが私たちの最善です。私たちは創造的であり、適応します。しかし、実際に何が起きているのか、それに伴うリスクを反映した方法でそうすることが絶対に不可欠だと考えています。

ワイン・スタイン氏: すぐに香港についてお聞きします。どのように–米国は何をすべきでしょうか?

事務次官: 驚くことではありませんが、私たちの政策は正しいと思います。(笑い)見てください、中国人がそれを約束したことを望んでいます。彼らがそれに応えることを望んでいます。そして同時に、私たちは、私たちが相互作用することは暴力を望まないことを皆に伝えています。私たちはこれを望んでいます。そこで起こっている紛争に対して政治的な解決策があるべきだと思います。私たちはこれを言います-私はこれを私の中国のカウンターパートに言います、抗議者にもこれを聞いてほしいときに私はこれを公に言います。私たちも彼らに暴力をさせたくありません。彼らが「1つの国、2つのシステム」という考え方と一致する前進の道を見つけられることを願っています。それが中国政府のコミットメントです。彼らがそれに応えることを願っています。

MR WEINSTEIN: 最後に、国務長官としての信じられないほどの責任のバランスを取り、世界中の信じられないほどの混乱を見て、あなたについて質問させてください。つまり、私たちは最も激動の時代に住んでいます。最近の歴史の中で、あるいは最後ではないなら、確かに過去数十年で。国務長官として、戦略的レベルでどのように優先事項を設定していますか?中国、北朝鮮があります。あなたはイランを持っています。あなたは私たちの同盟国がさらに一歩踏み出し、より多くのことをする必要があります。しかし、中国とのこの地戦略的競争のために、私たちは彼らを引きつけておく必要もあります。どのようにして、これらのことをどのようにバランスさせますか?

事務次官: ケン、それは長いリストです。今夜ニューヨークに来るのは気分が悪い。(笑い)仕事に戻る必要があります。いくつかのこと。まず、大統領はフレームワークを設定し、これらの問題についてどのように考え、優先順位を付けるかについてのフレームワークを設定し続けます。また、一度に多くのことを行うことができる国務省のチームをサポートするのに十分な裕福な国があることも幸運です。

私の時間と注意については、自分の時間に高いROIを得ることができると思われるプロジェクトに沿ってプッシュしながら日々を過ごすようにします。国務省の制度的なもののようなもので、このチームが米国国務省内で適切な指導者、適切な訓練、適切な人的資本を確保できる場所にいるようにしています。次のセット–次のセットのリーダーがやって来て、世界中でアメリカの外交に従事して、提供する準備ができている有能で有能な労働力を持っています。

ワイン・スタイン氏: どうもありがとうございました、秘書官。それは本当に計り知れない名誉でした。私たちの偉大な取締役会の議長であるSarah Sternに引き渡します。(拍手。)

MS STERN: わあ。私は彼がそのためにスタンディングOを取得すると思います。彼は–について–(拍手)

秘書さん、それはその後拍手にかかっているとおっしゃいました。それは信じられない話だったと思います。この部屋にいる私たちは皆、これから何が起こるかについてのインサイダーだと思います。展開されている残りの講演を聞くのが待ちきれません。ハドソンの中国の専門家の中国の見解に確かに注意を払ってきたので、ありがとう。(拍手。)

中国で始まり、ベネズエラ、イラン、非民主的な政府の下に住んでいる他の場所に移動する世界中の自由を愛する人々はあなたに感謝すると思います。そして、民主的な政府に住んでいる人々、特にアメリカ人、特にこの部屋の人々は、あなたに感謝すると言うでしょう。(拍手。)

そこで、米国とその同盟国の安全、繁栄、自由に特別な貢献をした先見の明のあるリーダーを称えるために、ハドソン研究所の賞を授与します。今日私たちの国が直面している複雑な一連の課題に対処するのに、あなたよりも適した人は誰も想像できません。

先週、HudsonのポッドキャストThe Realignmentで、中国に対処する際に、感情を持たず、非常に明瞭に話すことが重要だと述べました。今夜聞いたように、これらの2つの特徴は、中国へのアプローチと他の世界情勢へのアプローチを定義しています。今夜も聞いたように、あなたは歴史を理解し、創造性に支えられた強力な知性をもたらします。実際、私はあなたが健全なハドソニアンのように聞こえて行動すると言うことよりも大きな賞賛は考えられません。(笑いと拍手。)

ですから、ハーマン・カーン賞を授与することができて光栄です。

事務次官: ありがとうございます。ありがとうございました。(拍手)ありがとうございます。

することで、米国大使館モンテビデオ | 2019年11月8日| トピック:ニュース、米国務長官 | タグ:中国、ハーマンカーン賞ガラ、マイケルR.ポンピオ』