Remarks by Vice President Pence at the Frederic V. Malek Memorial Lecture

https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-vice-president-pence-frederic-v-malek-memorial-lecture/?fbclid=IwAR1oE4hb4J5qOHIwWn_HS9WtY98EYEe6FSScq6MRYXIyRSgntjh0mk2SfFo

 ※ 衝撃的だった、ペンス副大統領の演説(2018年版)から、早や一年経ったか…。オレは、去年の3月に、中国が「人民元建て石油先物取引市場」を開設した…、という話しを聞いた時、「虎の尾を、踏んだんじゃ…。」と思ったんだが、当たったな…。まあ、それ以前から、危険視しては来たんだろうが…。米国は、ナンバー・ツーが自国のGDPの60%まで達した時は、危険視して、叩きに行く…。日本の時が、そうだった…、と聞いていたが…。中国は、散々「中国2049」とか、「中国製造2030(最初は、2020)」とかで、挑発したからな…。いずれ、「長期戦」になるのは、避けられまい…。今般の「貿易対立・高関税合戦」が一段落ついたとしても、「覇権国の米国 vs.それに挑戦する中国」という対立の図式は、全く変わることは無いからだ…。
 ペンス副大統領の演説2019年版は、以下のサイトに滑らかな全翻訳版が、載っている…。オレの方は、全英文(ホワイトハウスのサイトで、見ることができる)と、それをグーグル翻訳にかけたものを、載せておく…。

【米国:必読スピーチ】フレデリック・V・マレック記念講演でのペンス副大統領の発言(全文翻訳)
https://www.newshonyaku.com/17869/

Remarks by Vice President Pence at the Frederic V. Malek Memorial Lecture
Conrad Hotel
Washington, D.C.

11:51 A.M. EDT

THE VICE PRESIDENT: Well, thank you all for that warm welcome. And to your new chairman, Governor Scott Walker; former Congresswoman Jane Harman; and to all the members of the board at this historic center; and to all the fine scholars: It is an honor to be here at the Wilson Center, named after a President that was a great champion for America leadership and for freedom on the world stage.

And in that same spirit, allow me to begin this morning by bringing greetings from another President who’s a champion for freedom here at home and across the wider world. I bring greetings from the 45th President of the United States of America, President Donald Trump. (Applause.)

I come before you today at the end of a momentous week. In the wake of Turkish forces invading Syria, thanks to the strong economic and diplomatic action of the President of the United States, and thanks to the cooperation by our Turkish and Kurdish allies, Syrian Defense Forces were able to safely withdraw from the border area that’s currently under Turkish military control.

And yesterday, Turkey’s Ministry of Defense confirmed a permanent cease-fire and a halt of all offensive military operations. (Applause.)

Our troops are coming home. And I am pleased to report that through this ceasefire, Turkey and our Kurdish allies have now created an opportunity that the international community can create a safe zone that we believe will restore peace and security for all the peoples of this war-torn region. It is progress, indeed.

So thank you again for the honor of being here today, and it’s a particular honor to deliver the inaugural Frederic V. Malek Memorial Lecture.

Anyone who knew Fred would tell you that he was a proud son of West Point and that he lived his life by the words “duty, honor, and country.” When counseling others, I’m told, he often quoted his alma mater’s Cadet Prayer and urged them to, as he would say, “Choose the harder right instead of the easier wrong.”

Fred understood that no one — least of all, nations — can defend their interests by forsaking their values. So in honor of Fred’s memory, I come here today to discuss a subject on which much of the destiny of the 21st century will hinge: the United States relationship with China.

Since the earliest days of this administration, President Trump has been determined to build a relationship with China on a foundation of candor, fairness, and mutual respect, in order to achieve, in his words, “a more just, secure, and peaceful world.”

One year ago this month, I spoke about many of Beijing’s policies most harmful to America’s interests and values, from China’s debt diplomacy and military expansionism; its repression of people of faith; construction of a surveillance state; and, of course, to China’s arsenal of policies inconsistent with free and fair trade, including tariffs, quotas, currency manipulation, forced technology transfer, and industrial subsidies.

Past administrations have come and gone, and all were aware of these abuses. None were willing to upset the established Washington interests who not only permitted these abuses, but often profited from them. The political establishment was not only silent in the face of China’s economic aggression and human rights abuses, but they often enabled them. As each year passed, as each factory closed in the heartland of America, as each new skyscraper went up in Beijing, American workers grew only more disheartened, and China grew only more emboldened.

In less than two short decades, we’ve seen, as President Trump has said, “the greatest transfer of wealth in the history of the world.” Over the past 17 years, China’s GDP has grown more than nine-fold; it has become the second-largest economy in the world. Much of this success was driven by American investment in China.

Beijing’s actions have contributed to the United States’ trade deficit with China that last year ran to more than $400 billion — nearly half of our global trade deficit. As President Trump has said many times, we rebuilt China over the last 25 years. No truer words were spoken, but those days are over.

As history will surely note, in less than three years, President Donald Trump has changed that narrative forever. No longer will America and its leaders hope that economic engagement alone will transform Communist China’s authoritarian state into a free and open society that respects private property, the rule of law, and international rules of commerce.

Instead, as the President’s 2017 National Security Strategy articulated, the United States now recognizes China as a strategic and economic rival. And I can attest firsthand, a strong majority of the American people, in the city and on the farm, are behind President Trump’s clear-eyed vision of the U.S.–China relationship. And the President’s stand also enjoys broad bipartisan support in the Congress as well.

Over the past year with that support, President Trump has taken bold and decisive action to correct the failed policies of the past, to strengthen America, to hold Beijing accountable, and to set our relationship on a more fair, stable, and constructive course for the good of both of our nations and the world.

When our administration took office, China was on track to become the largest economy in the world. Experts predicted that China’s economy would surpass the United States’ economy in just a few short years. But thanks to bold economic agenda advanced by President Trump, all that has changed.

From early on in this administration, this President signed the largest tax cuts and tax reform in American history. We lowered the American corporate tax rate to mirror other corporate rates around the world. We rolled back federal regulation at record levels. We unleashed American energy. And President Trump has stood strong for free and fair trade.

The result? America has the strongest economy in the history of the world. (Applause.) And the strongest economy in our own history.

Unemployment today is at a 50-year low. There are more Americans working today than ever before. Median household income in the last two and half years has risen by more than $5,000. And that doesn’t even account for the savings from the President’s tax cuts or energy reforms for working families.

Because of the President’s policies, America has added trillions of dollars of wealth to our economy while China’s economy continues to fall behind.

To level the playing field for the American worker against unethical trade practices, President Trump levied tariffs on $250 billion in Chinese goods in 2018. And earlier this year, the President announced we would place tariffs on another $300 billion of Chinese goods if significant issues in our trading relationship were not resolved by December of this year.

To protect intellectual property rights and the privacy of our citizens and our national security, we’ve taken strong steps to curtail illegal behavior of Chinese companies like Huawei and ZTE. And we’ve urged our allies around the world to build secure 5G networks that don’t give Beijing control of our most sensitive infrastructure and data as well.

And as we’ve grown stronger economically, President Trump has also signed the largest increases in our national defense in more than a generation: $2.5 trillion of new investment in our national defense just in the last three years. We’ve made the strongest military in the history of the world stronger still.

And to make it clear to Beijing that no nation has a right to claim the maritime commons as territorial seas, the United States, in the last year, has increased the tempo and scope of our freedom of navigation operations and strengthened our military presence across the Indo-Pacific.

To uphold the values of freedom-loving people every year [everywhere], we’ve also called out the Chinese Communist Party for suppressing freedom of religion of the Chinese people. Millions of ethnic and religious minorities in China are struggling against the Party’s efforts to eradicate their religious and cultural identities.

The Communist Party in China has arrested Christian pastors, banned the sale of Bibles, demolished churches, and imprisoned more than one million Muslim Uighurs.

We’ve held Beijing accountable for its treatment of Muslim minorities in Xinjiang when, just last month, President Trump imposed visas restrictions on Chinese Communist Party officials, as well as sanctions on 20 Chinese public security bureaus and 8 Chinese companies for their complicity in the persecution of Uighurs and other Chinese Muslims. (Applause.)

And we’ve stood by Taiwan in defense of her hard-won freedoms. Under this administration, we’ve authorized additional military sales and recognized Taiwan’s place as one of the world’s great trading economies and beacons of Chinese culture and democracy.

And as millions have taken to the streets in peaceful protest, we’ve spoken out on behalf of the people of Hong Kong. And President Trump has made it clear from early on that there must be a peaceful resolution that respects the rights of the people of Hong Kong, as outlined in the 1984 Sino-British Joint Declaration.

These are all historic actions. And no President before has so vigorously advanced America’s interests in our relationship with China.

In response to America’s actions and resolve, some multinational corporations say our economic policies are too tough and that advancing our interests and our values runs contrary to better relations with China.

Needless to say, we see it very differently. Despite the great power competition that is underway, and America’s growing strength, we want better for China. That’s why, for the first time in decades, under President Donald Trump’s leadership, the United States is treating China’s leaders exactly how the leaders of any great world power should be treated — with respect, yes, but also with consistency and candor.

And in that spirit of candor, I must tell you that in the year since my Hudson speech, Beijing has still not taken significant action to improve our economic relationship. And on many other issues we’ve raised, Beijing’s behavior has become even more aggressive and destabilizing.

On the trade front, this past May, after months of painstaking negotiations resulted in mutual agreement on many key matters, at the last moment, China backed away — backed away from a 150-page agreement, sending both sides back to square one.

Now, President Trump still believes Beijing wants to make a deal. And we welcome the support for American agriculture in the new phase one agreement and hope it can be signed as soon as the APEC Summit in Chile this week. But China knows there’s a whole range of structural and significant issues between our two countries that also must be addressed.

For instance, despite a 2015 promise in the Rose Garden by China’s leader to cease and desist, China continues to aid and abet the theft of our intellectual property.

Last July, the director of the FBI told Congress that of his agency’s 1,000 active investigations into intellectual property theft, the majority involve China. American enterprises continue to lose hundreds of billions of dollars each year in intellectual property theft.

Behind these statistics are not just businesses, but people, families, and dreams threatened by the violation of their rights and the theft of their genius. Free enterprise depends on the ability of risk-taking citizens to pursue their ambitions and reap the rewards of their sacrifice. When the product of their labor is stolen, when the sweat of their brow is made futile, it undermines our entire system of free enterprise.

Last year alone, there’s been case after case of intellectual property theft involving China. In March, Tesla filed suit against a former engineer who’s been accused of stealing 300,000 files related to its own American-developed autopilot system, before bolting for a job at a Chinese self-driving car company.

And last December, the Justice Department revealed that it had broken up a nearly four-year operation by a notorious hacking group within China’s Ministry of State Security. These Chinese government officials stole the names and data of 100,000 U.S. Navy personnel, as well as ship maintenance information, with grave implications for our national security.

Despite China’s promises to crack down on Chinese fentanyl and other synthetic opioids, the truth is, those deadly drugs also continue to flood across our borders, claiming the lives of thousands of Americans every month.

And today, China’s Communist Party is building a surveillance state unlike anything the world has ever seen. Hundreds of millions of surveillance cameras stare down from every vantage point. Ethnic minorities must navigate arbitrary checkpoints where police demand blood samples, fingerprints, voice recordings, and multiple angle head shots, and even iris scans.

And China is now exporting to countries in Africa, Latin America, and the Middle East the very same technological tools that it uses in its authoritarian regime: tools that it’s deployed in places like Xinjiang; tools that it’s deployed often with the help of American companies.

And Beijing has also smashed the barriers between civilian and military technological domains — a doctrine that China calls “military-civilian fusion.” By law and presidential fiat, companies in China — whether private, state-owned, or foreign — must share their technologies with the Chinese military.

And China’s military action in the region and its approach to its neighbors over the past year has also remained increasingly provocative.

While China’s leaders stood in the Rose Garden in 2015 and said that its country had, and I quote, “no intention to militarize” the South China Sea, Beijing has deployed advanced anti-ship and anti-air missiles atop an archipelago of military bases constructed on artificial islands.

And Beijing has stepped up its use of what they call “maritime militia” vessels to regularly menace Filipino and Malaysian sailors and fishermen. And the Chinese Coast Guard has tried to strong-arm Vietnam from drilling for oil and natural gas off of Vietnam’s own shores.

In the East China Sea, in 2019, our close ally, Japan, is on track to scramble more fighter aircraft sorties in response to Chinese provocations than in any previous year in history. And China’s Coast Guard has sent ships for more than 60 days in a row into the waters around the Senkaku Islands, which are administered by Japan.

China is also using its “One Belt, One Road” Initiative to establish footholds in ports around the world, ostensibly for commercial purposes, but those purposes could eventually become military. We see now the flag of Chinese ownership flying today in ports from Sri Lanka to Pakistan to Greece.

And earlier this year, it was reported that Beijing had signed a secret agreement to establish a naval base in Cambodia. And it is reported that Beijing is even eyeing locations on the Atlantic Ocean that could serve as naval facilities.

And while our administration will continue to respect the One China Policy — as reflected in the three joint communiqués and the Taiwan Relations Act — through checkbook diplomacy, over the past year China has induced two more nations to switch diplomatic recognition from Taipei to Beijing, increasing pressure on the democracy in Taiwan.

The international community must never forget that its engagement with Taiwan does not threaten the peace; it protects peace on Taiwan and throughout the region. America will always believe that Taiwan’s embrace of democracy shows a better path for all the Chinese people. (Applause.)

But nothing in the past year has put on display the Chinese Communist Party’s antipathy to liberty so much as the unrest in Hong Kong.

Hong Kong has served as an important gateway between China and the wider world for 150 years. Hong Kong is one of the freest economies in the world, with strong, independent legal institutions and a lively free press, and it’s home to hundreds of thousands of foreign residents.

Hong Kong is a living example of what can happen when China embraces liberty. And yet, for the last few years, Beijing has increased its interventions in Hong Kong and engaged in actions to curtail the rights and liberties of its people — rights and liberties that were guaranteed through a binding international agreement of “one country, two systems.”

But President Trump has been clear, as he said in his words, “The United States stands for liberty.” (Applause.) We respect the sovereignty of nations. But America expects Beijing to honor its commitments, and President Trump has repeatedly made it clear it would be much harder for us to make a trade deal if the authorities resort to the use of violence against protestors in Hong Kong. (Applause.)

Since then, I’m pleased to observe that Hong Kong authorities have withdrawn the extradition bill that sparked the protests in the first place, and Beijing has shown some restraint.

In the days ahead, I can assure you, the United States will continue to urge China to show restraint, to honor its commitments, and respect the people of Hong Kong. And to the millions in Hong Kong who have been peacefully demonstrating to protect your rights these past months, we stand with you. (Applause.) We are inspired by you, and we urge you to stay on the path of nonviolent protest. (Applause.) But know that you have the prayers and the admiration of millions of Americans.

As China has exercised its influence across the region and across the world, as I said last year, the Chinese Communist Party is also continuing to reward and coerce American businesses, movie studios, universities, think tanks, scholars, journalists, and local, state, and federal officials to influence the public debate here in America.

Today, China is not only exporting hundreds of billions of dollars in unfairly traded goods to the United States, but lately China has also been trying to export censorship — the hallmark of its regime. By exploiting corporate greed, Beijing is attempting to influence American public opinion, coercing corporate America.

And far too many American multinational corporations have kowtowed to the lure of China’s money and markets by muzzling not only criticism of the Chinese Communist Party, but even affirmative expressions of American values.

Nike promotes itself as a so called “social justice champion,” but when it comes to Hong Kong, it prefers checking its social conscience at the door. Nike stores in China actually removed their Houston Rockets merchandise from their shelves to join the Chinese government in protest against the Rockets general manager’s seven-word tweet, which read: “Fight for Freedom. Stand with Hong Kong.”

And some of the NBA’s biggest players and owners, who routinely exercise their freedom to criticize this country, lose their voices when it comes to the freedom and rights of the people of China. In siding with the Chinese Communist Party and silencing free speech, the NBA is acting like a wholly owned subsidiary of the authoritarian regime.

A progressive corporate culture that willfully ignores the abuse of human rights is not progressive; it is repressive. (Applause.)

When American corporations, professional sports, pro athletes embrace censorship, it’s not just wrong; it’s un-American. American corporations should stand up for American values here at home and around the world. (Applause.)

And Beijing’s economic and strategic actions, its attempts to shape American public opinion, prove out what I said a year ago and it’s just as true today: China wants a different American President, which is the ultimate proof that President Trump’s leadership is working.

America’s economy is growing stronger by the day, and China’s economy is paying the price. The President’s strategy is correct. He’s fighting for the American people, for American jobs and American workers like no one has before. And I promise you this administration will not stand down. (Applause.)

That said, the President has also made it clear the United States does not seek confrontation with China. We seek a level playing field, open markets, fair trade, and a respect for our values.

We are not seeking to contain China’s development. We want a constructive relationship with China’s leaders, like we have enjoyed for generations with China’s people. And if China will step forward and seize this unique moment in history to start anew by ending the trade practices that have taken advantage of the American people for far too long, I know President Donald Trump is ready and willing to begin that new future — (applause) — just as America has done in the past.

When Deng Xiaoping’s “Reform and Opening” policy encouraged engagement and exchange with the outside world, the United States responded with open arms. We welcomed China’s rise. We celebrated the remarkable accomplishment of 600 million people lifting themselves out of poverty. And America invested more than any other nation in China’s economic resurgence.

The American people want better for the people of China. But in pursuit of that end, we must take China as it is, not as we imagine or hope it might be someday.

And people sometimes ask whether the Trump administration seeks to “de-couple” from China. The answer is a resounding “no.” The United States seeks engagement with China and China’s engagement with the wider world, but engagement in a manner consistent with fairness, mutual respect, and the international rules of commerce.

But, so far, it appears the Chinese Communist Party continues to resist a true opening or a convergence with global norms.

All that Beijing is doing today, from the Party’s great firewall in cyberspace or to that great wall of sand in the South China Sea, from their distrust of Hong Kong’s autonomy, or their repression of people of faith all demonstrate that it’s the Chinese Communist Party that has been “de-coupling” from the wider world for decades.

President Xi himself, I’m told, said in a once-secret speech shortly after his rise as Party General Secretary that China must “conscientiously prepare for all aspects of long-term cooperation and struggle between the two social systems.” He also told his colleagues at that time not to underestimate the resilience of the West. And there was wisdom in those words.

China should never underestimate the resilience of the freedom-loving people of America or the resolve of the President of the United States. (Applause.) China should know that the United States’ values run deep, that our commitment to these values remains as strong as it was for our Founding Fathers, and that there will never be a day when the bright light of democracy and freedom goes out in America. (Applause.)

America was born out of rebellion against repression and tyranny. Our nation was founded, settled, and pioneered by men and women of extraordinary valor, rugged determination, faith, and fiery independence and an iron will. And nothing has changed much in the centuries that have passed.

Americans believe that all men and women are created equal and we’re endowed by our Creator with certain inalienable rights: life, liberty, and the pursuit of happiness. And nothing will change these beliefs. (Applause.) They are who we are. They are who we will always be.

And we will continue to believe that the values of democracy — of individual liberty, of freedom of religion and conscience, the rule of law — serve American and global interests because they are, and will ever be, the best form of government to unleash human aspirations and guide the relations between all the world’s nations and peoples.

Despite the many challenges we face in the United States-China relationship, I can assure you that under the leadership of President Donald Trump, the United States will not allow these challenges to foreclose practical cooperation with China.

We will continue to negotiate in good faith with China to bring about long-overdue structural reforms in our economic relationship. And as I heard again from him this morning, President Trump remains optimistic that an agreement can be reached.

We’ll continue to forge bonds between our two peoples through education, travel, and cultural exchange.

China and the United States will also continue in a spirit of engagement to work together to secure the full, final, and verifiable denuclearization of North Korea.

And we will seek greater cooperation on arms control and the enforcement of U.S. sanctions in the Persian Gulf.

America will continue to seek a better relationship with China. And as we do so, we will speak plainly, because this is a relationship that both the United States and China have to get right.

America will continue to seek a fundamental restructuring of our relationship with China. And under the leadership of President Donald Trump, America will stay the course. The American people and their elected officials in both parties will stay resolved. We will defend our interests. We will defend our values. And we will do so in a spirit of charity and good will for all. (Applause.)

President Trump has forged a strong personal relationship with President Xi. And on that foundation, we will continue to look for ways to strengthen our relationship for the betterment of both of our peoples.

And we fervently believe the United States and China can and must work to share a peaceful and prosperous future together. But only honest dialogue and good-faith negotiations can make that future a reality.

And so, as I closed my speech a year ago, so I close today: America is reaching out our hand to China. And we hope that, soon, Beijing will reach back, this time with deeds, not words, and with renewed respect for America.

There is an ancient Chinese proverb that reads, “Men see only the present, but Heaven sees the future.” As we go forward, let us pursue a future of peace and prosperity with resolve and faith. Faith in President Trump’s leadership and vision for our economy and our place in the world, and faith in the relationship that he has forged with President Xi of China and in the enduring friendship between the American people and the Chinese people. And faith that Heaven sees the future — and by God’s grace, America and China will meet that future together.

Thank you. God bless you. And God bless the United States of America. (Applause.)

END

12:28 P.M. EDT

フレデリック・V・マレック記念講演会でのペンス副大統領の発言

コンラッドホテル
ワシントンDC

11:51 AM EDT

副学長:まあ、その温かい歓迎に感謝します。新しい会長のスコット・ウォーカー知事に。元下院議員ジェーン・ハーマン。そして、この歴史的中心部の理事会のメンバー全員に。そして、すべての素晴らしい学者へ:アメリカのリーダーシップと世界舞台での自由のための偉大なチャンピオンである大統領にちなんで名付けられたウィルソンセンターにここにいることは名誉です。

そして、同じ精神で、今朝、私がここで、そしてより広い世界で自由のためのチャンピオンである別の大統領から挨拶をもたらすことから始めさせてください。第45代アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプ大統領から挨拶をします。(拍手。)

今日は重要な週の終わりにあなたの前に来ます。米国大統領の強力な経済的および外交的行動のおかげで、またトルコとクルドの同盟国の協力のおかげで、トルコ軍がシリアに侵攻した後、シリア防衛軍は国境地域から安全に撤退することができました現在トルコの軍事支配下にあります。

そして昨日、トルコ国防省は、恒久的な停戦とすべての攻撃的な軍事作戦の停止を確認しました。(拍手。)

我が軍が帰ってきた。そして、この停戦を通じて、トルコとクルド人の同盟国は、国際社会がこの戦争で荒廃した地域のすべての人々の平和と安全を回復するだろうと信じる安全地帯を作ることができる機会を作り出したことを嬉しく思います。確かに進歩です。

ですから、今日ここに来て光栄に思います。フレデリック・V・マレック記念講演を初めて開催したことは特に光栄です。

フレッドを知っていた人なら誰でも、彼はウェストポイントの誇り高い息子であり、「義務、名誉、国」という言葉で人生を送っていたと言うでしょう。他の人にカウンセリングするとき、彼はしばしば母校のカデットを引用しました祈り、彼が言うように、「簡単な間違いではなく、難しい権利を選択してください」と彼らに促しました。

フレッドは、誰もが、少なくとも何よりも、国家は価値を放棄することによって利益を守ることができないことを理解していました。フレッドの記憶に敬意を表して、私は今日ここに来て、21世紀の運命の多くが左右される主題について議論します:中国との米国の関係。

この政権の初期の頃から、トランプ大統領は、彼の言葉で、「より公正で安全で平和な世界を達成するために、率直、公正、相互尊重の基盤で中国との関係を構築することを決意している」

今月一年前、私は中国の債務外交と軍事拡張主義から、アメリカの利益と価値に最も有害な北京の政策の多くについて話しました。信仰の人々の抑圧; 監視状態の構築; そしてもちろん、関税、割当、通貨操作、強制的な技術移転、産業補助金を含む、自由で公正な貿易と矛盾する中国の兵器庫に。

過去の政権は来て、去りました、そして、すべてはこれらの虐待に気づいていました。これらの虐待を許可しただけでなく、しばしばそれらから利益を得た確立されたワシントンの利益を混乱させようとはしなかった。政治体制は、中国の経済侵略と人権侵害に直面して沈黙しただけでなく、しばしば彼らを可能にした。毎年、アメリカの中心部にある各工場が閉鎖され、北京の新しい超高層ビルが上がるにつれて、アメリカ人の労働者はますます失望し、中国はより勇敢になりました。

トランプ大統領が言ったように、20年未満で「世界史上最大の富の移転」を見てきました。過去17年間で、中国のGDPは9倍以上に成長しました。世界で2番目に大きい経済となっています。この成功の多くは、中国へのアメリカの投資によるものです。

北京の行動は、昨年の中国との米国の貿易赤字に寄与しており、昨年は4,000億ドルを超えました。これは、世界貿易赤字のほぼ半分です。トランプ大統領が何度も言っているように、私たちは過去25年間で中国を再建しました。本当の言葉は話されていませんが、その時代は終わりました。

歴史が確実に言及するように、3年未満で、ドナルド・トランプ大統領はその物語を永遠に変えました。アメリカとその指導者たちは、経済的関与のみが中国共産主義の独裁国家を私有財産、法の支配、国際貿易の規則を尊重する自由で開かれた社会に変えることを望みません。

代わりに、大統領の2017年国家安全保障戦略が明確にしたように、米国は現在、中国を戦略的および経済的ライバルとして認識しています。そして私は、都市と農場のアメリカ人の大多数が、米中関係についてのトランプ大統領の明確なビジョンの背後にあることを直接証明することができます。また、大統領の立場も議会で幅広い超党派の支持を得ています。

過去1年間、トランプ大統領は過去の失敗した政策を修正し、アメリカを強化し、北京に説明責任を持たせ、私たちの関係をより公平で安定した建設的なコースに設定するために大胆かつ決定的な行動をとってきました私たちの国と世界の両方の善。

私たちの政権が就任したとき、中国は世界最大の経済になるための軌道に乗っていました。専門家は、わずか数年で中国経済が米国経済を上回ると予測しました。しかし、トランプ大統領が進めた大胆な経済的アジェンダのおかげで、すべてが変わりました。

この政権の初期から、この大統領はアメリカ史上最大の減税と税制改革に署名しました。世界中の法人税率を反映するために、アメリカの法人税率を引き下げました。連邦規制を記録的なレベルでロールバックしました。私たちはアメリカのエネルギーを解き放ちました。そして、トランプ大統領は自由で公正な貿易のために強力な立場をとってきました。

結果?アメリカは世界史上最も強い経済を持っています。(拍手)そして、私たち自身の歴史の中で最も強い経済。

今日の失業率は50年ぶりの低水準です。今日より多くのアメリカ人がこれまで以上に働いています。過去2年半の家計収入の中央値は5,000ドル以上増加しています。そして、それは大統領の減税や勤労家族のためのエネルギー改革による節約を考慮していません。

大統領の政策により、アメリカは私たちの経済に数兆ドルの富を追加しましたが、中国の経済は引き続き遅れをとっています。

米国の労働者が非倫理的な貿易慣行に対抗するために、トランプ大統領は2018年に2500億ドルの中国製品に関税を課した。そして今年初め、大統領は、弊社の取引関係は今年の12月までに解決されませんでした。

知的財産権と市民のプライバシーと国家安全保障を保護するために、HuaweiやZTEなどの中国企業の違法行為を抑えるための強力な措置を講じました。また、世界中の同盟国に、最も機密性の高いインフラストラクチャとデータも北京が制御できない安全な5Gネットワ​​ークを構築するように要請しました。

そして、経済的に強くなったので、トランプ大統領はまた、過去3年間で、国防への最大の増額である1世代以上で国防への2.5兆ドルの新規投資に署名しました。私たちは、世界史上最も強力な軍隊をさらに強力にしました。

また、領海として海上コモンズを主張する権利を有する国はないことを北京に明確にするために、米国は昨年、航海作戦の自由のテンポと範囲を拡大し、全米における軍事的存在感を強化しました。インド太平洋。

毎年 [どこでも] 自由を愛する人々の価値を維持するために、中国人の宗教の自由を抑圧するために中国共産党を呼びました。中国の数百万の少数民族および宗教的少数派は、宗教的および文化的アイデンティティを根絶しようとする党の努力に苦労しています。

中国の共産党はキリスト教の牧師を逮捕し、聖書の販売を禁止し、教会を破壊し、100万人以上のイスラム教徒のウイグル人を投獄しました。

先月、トランプ大統領が中国共産党の役人にビザ制限を課し、中国の20の公安局と8つの中国企業の共犯に対する制裁を課したとき、私たちは北京を新jiangのイスラム教徒の少数派の扱いに対して責任を負わせました。ウイグル人と他の中国のイスラム教徒の迫害。(拍手。)

そして、私たちは彼女の苦労して獲得した自由を守るために台湾を支持しました。この政権の下で、我々は追加の軍事販売を認可し、台湾の地位を世界の偉大な貿易経済と中国文化と民主主義の標識の一つとして認めました。

そして、何百万人もの人々が平和的な抗議で街に連れて行ったので、私たちは香港の人々に代わって話をしました。そして、トランプ大統領は、1984年の中英共同宣言で概説されているように、香港の人々の権利を尊重する平和的な決議が必要であることを早い段階から明らかにしました。

これらはすべて歴史的な行動です。そして、中国との関係におけるアメリカの関心をこれほど精力的に高めた大統領はいなかった。

アメリカの行動と決意に応えて、一部の多国籍企業は、私たちの経済政策は厳しすぎており、私たちの利益と私たちの価値を高めることは中国とのより良い関係に反していると言います。

言うまでもなく、私たちはそれを非常に異なって見ています。進行中の大規模な電力競争、および米国の成長力にもかかわらず、我々は中国のためにより良いものを望んでいます。だから、数十年ぶりに、ドナルド・トランプ大統領のリーダーシップの下で、米国は中国の指導者を、偉大な世界大国の指導者が敬意を持って、しかし一貫性と誠実さをもって、どのように扱うべきかを正確に扱っています。

そして、その率直な精神で、ハドソンの演説以来、北京は経済関係を改善するための重要な行動をまだ取っていません。そして、私たちが提起した他の多くの問題について、北京の行動はさらに攻撃的で不安定になりました。

貿易面では、この5月、数か月にわたる骨の折れる交渉の結果、多くの重要事項について相互合意が得られましたが、最終的に中国は後退し、150ページの合意から後退し、双方を平等に戻しました。

現在、トランプ大統領は北京が取引を望んでいるとまだ信じています。また、新しいフェーズ1協定における米国農業への支援を歓迎し、今週のチリでのAPECサミットの直後に署名できることを願っています。しかし、中国は、両国間にまた対処しなければならない構造的および重要な問題が広範囲に存在することを知っています。

たとえば、中国の指導者による2015年のローズガーデンでの中止と廃止の約束にもかかわらず、中国は引き続き知的財産の盗難を支援し、それを食い止めています。

昨年7月、FBIのディレクターは、知的財産の盗難に関する彼の機関の1,000件の積極的な調査のうち、大半は中国に関係していると議会に語った。アメリカ企業は、知的財産の盗難で毎年数千億ドルを失い続けています。

これらの統計の背後には、企業だけでなく、人権、家族、そして彼らの権利の侵害や天才の窃盗によって脅かされている夢があります。自由企業は、リスクを負う市民が彼らの野心を追求し、犠牲の報酬を得る能力に依存しています。彼らの労働の産物が盗まれるとき、彼らの額の汗が無駄になるとき、それは私たちの自由企業の全体のシステムを弱体化させます。

昨年だけでも、中国が関係する知的財産の窃盗事件が次々に発生しています。3月、テスラは、中国の自動運転車会社に就職する前に、アメリカが開発した自動操縦システムに関連する300,000個のファイルを盗んだとして非難された元エンジニアを提訴しました。

そして昨年12月、司法省は、中国の国家安全保障省内の悪名高いハッキンググループによるほぼ4年間の活動を中断したことを明らかにしました。これらの中国政府当局者は、10万人の米海軍要員の名前とデータ、および船舶の保守情報を盗み、国家安全保障に重大な影響を及ぼしました。

中国のフェンタニルおよび他の合成オピオイドを取り締まるという中国の約束にもかかわらず、真実は、それらの致命的な薬物も国境を越えて溢れ続け、毎月何千人ものアメリカ人の命を奪っています。

そして今日、中国の共産党は世界がこれまで見たことのないものとは異なる監視状態を構築しています。何億もの監視カメラがあらゆる視点から見下ろしています。少数民族は、警察が血液サンプル、指紋、音声録音、複数アングルのヘッドショット、虹彩スキャンなどを要求する任意のチェックポイントをナビゲートする必要があります。

中国は現在、独裁政権で使用しているものとまったく同じ技術ツールをアフリカ、ラテンアメリカ、および中東の国々に輸出しています。アメリカ企業の助けを借りて頻繁に展開されるツール。

また、北京は民間技術分野と軍事技術分野の障壁を打ち破りました。中国が「軍事と市民の融合」と呼ぶ教義です。中国軍と。

また、この地域での中国の軍事行動と過去1年間の近隣諸国へのアプローチも、ますます挑発的なものでした。

中国の指導者たちは2015年にローズガーデンに立って、その国には南シナ海を「軍事化する意図はない」と述べたが、北京は軍事基地の群島の上に高度な対艦ミサイルと対空ミサイルを配備した人工島に建設されました。

そして北京は、フィリピン人とマレーシア人の船員と漁師を定期的に脅かすために、彼らが「海上民兵」船と呼ぶものの使用を強化しました。そして、中国沿岸警備隊は、ベトナムの沿岸からの石油と天然ガスの掘削からベトナムを強力に武装させようとしました。

東シナ海では、2019年に、私たちの密接な同盟国である日本が、中国の挑発に応じて、過去のどの年よりも多くの戦闘機の出撃を奪い取るために順調に進んでいます。また、中国の沿岸警備隊は、日本が管理している尖閣諸島周辺の海域に60日以上連続して船を送りました。

中国はまた、「One Belt、One Road」イニシアチブを使用して、見かけ上は商業目的で世界中の港に足場を確立していますが、それらの目的は最終的に軍事になる可能性があります。現在、中国の所有権の旗がスリランカからパキスタン、ギリシャの港で飛んでいます。

そして今年初め、北京がカンボジアに海軍基地を設立するための秘密協定に署名したことが報告されました。そして、北京は、海軍施設として役立つ可能性のある大西洋上の場所にさえ目を向けていると報告されています。

そして、3つの共同コミュニケと台湾関係法に反映されているように、私たちの政権は小切手外交を通じてOne China Policyを引き続き尊重しますが、過去1年間、中国は台北から北京に外交的認識を切り替えるためにさらに2つの国を誘発しました台湾の民主主義に対する圧力。

国際社会は、台湾との関わりが平和を脅かすものではないことを決して忘れてはなりません。台湾と地域全体の平和を守ります。アメリカは、台湾の民主主義への抱擁がすべての中国人にとってより良い道を示すと常に信じます。(拍手。)

しかし、過去1年の間に、中国共産党の自由に対する反感を、香港の騒乱ほど展示したものはありません。

香港は150年間、中国とより広い世界との間の重要なゲートウェイとして機能してきました。香港は世界で最も自由な経済の1つであり、強力で独立した法制度と活気のある自由な報道機関があり、数十万人の外国人居住者が住んでいます。

香港は、中国が自由を受け入れたときに何が起こるかの実例です。それでも、ここ数年、北京は香港への介入を増やし、人々の権利と自由を削減する行動に取り組んできました。これは、「1つの国、2つのシステム」という拘束力のある国際協定によって保証された権利と自由です。 」

しかし、トランプ大統領は「米国は自由を象徴している」と彼の言葉で述べているように明確でした。(拍手)私たちは国家の主権を尊重します。しかし、アメリカは北京がそのコミットメントを尊重することを期待しており、トランプ大統領は、当局が香港の抗議者に対する暴力の使用に頼る場合、貿易協定を結ぶことははるかに困難であることを繰り返し明らかにしました。(拍手。)

それ以来、香港当局が抗議行動を起こした引き渡し法案を撤回し、北京が何らかの抑制を示したことに満足しています。

数日後、私はあなたに保証することができます、米国は抑制を示し、その約束を守り、香港の人々を尊重するように中国に促し続けます。そして、ここ数ヶ月あなたの権利を守るために平和的にデモを行ってきた香港の数百万人に、私たちはあなたと一緒にいます。(拍手)私たちはあなたに触発されており、非暴力的な抗議の道に留まることを強く勧めます。(拍手)しかし、あなたは数百万人のアメリカ人の祈りと賞賛を持っていることを知ってください。

昨年申し上げたように、中国が地域全体および世界全体に影響力を行使しているため、中国共産党もアメリカの企業、映画スタジオ、大学、シンクタンク、学者、ジャーナリスト、および地方、州に報い、強制し続けています、連邦政府の役人が、ここアメリカで公開討論に影響を与えています。

今日、中国は数千億ドルの不当に取引された商品を米国に輸出しているだけでなく、最近、中国も検閲を輸出しようとしています。これはその政権の特徴です。北京は、企業の強欲を利用することで、アメリカの世論に影響を与え、企業アメリカを強要しようとしています。

そして、あまりにも多くのアメリカの多国籍企業が、中国共産党に対する批判だけでなく、アメリカの価値観の肯定的な表現さえも口を閉ざすことによって、中国のお金と市場の誘惑に負けています。

ナイキはいわゆる「社会正義のチャンピオン」としての地位を高めていますが、香港に関しては、ドアで社会的良心をチェックすることを好みます。中国のナイキ店は、実際にヒューストン・ロケッツの商品を棚から取り除き、ロケッツのゼネラルマネージャーの7ワードのツイートに抗議して中国政府に加わりました。香港に立って。」

そして、この国を批判する自由を日常的に行使しているNBAの最大のプレーヤーと所有者の一部は、中国の人々の自由と権利に関して声を失います。中国共産党の側近であり、言論の自由を黙らせることで、NBAは権威主義体制の完全所有子会社のように行動している。

人権侵害を故意に無視する進歩的な企業文化は進歩的ではありません。それは抑圧的です。(拍手。)

アメリカの企業、プロスポーツ、プロアスリートが検閲を受け入れるとき、それはただ間違っているだけではありません。非アメリカ人です。アメリカ企業は、ここで、そして世界中でアメリカの価値に立ち向かうべきです。(拍手。)

そして、北京の経済的および戦略的行動、アメリカの世論を形作る試みは、1年前に私が言ったことを証明し、今日も真実です:中国は別のアメリカ大統領を望んでいます。これはトランプ大統領のリーダーシップが働いていることの究極の証拠です。

アメリカの経済は日ごとに強く成長しており、中国の経済は代価を払っている。大統領の戦略は正しい。彼はアメリカ人のために、アメリカの仕事とアメリカの労働者のために、これまで誰も持っていなかったように戦っています。そして、私はあなたにこの政権が立たないことを約束します。(拍手。)

とはいえ、大統領はまた、米国が中国との対立を求めていないことを明らかにした。私たちは、平等な競争の場、開かれた市場、公正な取引、そして価値観の尊重を求めます。

私たちは中国の発展を封じ込めようとはしていません。私たちは、中国の人々と何世代にもわたって楽しんでいるように、中国の指導者と建設的な関係を築きたいと考えています。そして、中国が前進し、歴史上のこのユニークな瞬間を捉えて、長い間アメリカの人々を利用してきた貿易慣行を終わらせることによって新たに始めるなら、ドナルド・トランプ大統領はその新しい未来を開始する用意があり、喜んで開始することを知っています-(拍手)—アメリカが過去にしたように。

eng小平の「改革と開放」政策が外界との関与と交流を促進したとき、米国は両手を広げて対応した。中国の台頭を歓迎しました。私たちは、6億人が貧困から抜け出したという驚くべき成果を祝いました。そしてアメリカは、中国の経済の復活に他のどの国よりも多くを投資しました。

アメリカの人々は中国の人々により良いものを望んでいます。しかし、その目的を追求するために、私たちは、中国がいつかそうなると想像したり期待したりするのではなく、中国を現状のままにしなければなりません。

そして、人々は時々、トランプ政権が中国から「分離」しようとしているのかと尋ねます。答えは圧倒的な「いいえ」です。米国は、中国との関わりと中国のより広い世界との関わりを求めていますが、公正、相互尊重、国際通商ルールと一致する方法で関わります。

しかし、これまでのところ、中国共産党は真のオープニングや世界的規範との収resistに抵抗し続けているようです。

サイバースペースの党の素晴らしいファイアウォールや南シナ海の砂の大きな壁から、香港の自治に対する不信、または信仰の人々の抑圧から、北京が今日していることはすべて、それが中国共産党であることを示していますそれは何十年もの間、より広い世界から「切り離され」てきました。

習近平大統領自身は、党書記長になった直後の秘密のスピーチで、中国は「2つの社会システム間の長期的な協力と闘争のすべての側面に真剣に準備しなければならない」と語った。当時の彼の同僚は、西洋の回復力を過小評価しないようにしました。そして、それらの言葉には知恵がありました。

中国は、アメリカの自由を愛する人々の弾力性や、アメリカ大統領の決意を過小評価してはなりません。(拍手)中国は、米国の価値観が深いこと、これらの価値観に対する私たちのコミットメントが建国の父たちのように強いままであること、そして民主主義と自由の明るい光が行く日が決してないことを知っておくべきですアメリカで。(拍手。)

アメリカは抑圧と専制に対する反抗から生まれました。私たちの国は、並外れた勇気、頑固な決意、信仰、燃えるような独立と鉄の意志を持つ男女によって設立、定住、開拓されました。そして、何世紀にもわたって大きな変化はありませんでした。

アメリカ人は、すべての男性と女性が平等に創造され、私たちは創造者に特定の不可侵の権利、生命、自由、幸福の追求を授けられていると信じています。そして、これらの信念を変えるものは何もない。(拍手)彼らは私たちです。彼らは私たちが常にそうする人です。

そして、私たちは、民主主義の価値-個人の自由、宗教と良心の自由、法の支配-がアメリカと世界の利益に役立つと信じ続けます。すべての世界の国々と人々の間の関係を抱き、導きます。

米国と中国の関係で私たちが直面する多くの課題にもかかわらず、ドナルド・トランプ大統領のリーダーシップの下で、米国はこれらの課題が中国との実際の協力を排除することを許可しないことを保証できます。

私たちは中国との誠実な交渉を続けて、経済関係に長期にわたる構造改革をもたらします。そして、今朝、彼から再び聞いたように、トランプ大統領は合意に達することができると楽観的です。

私たちは、教育、旅行、文化交流を通じて、私たち二人の絆を築き続けます。

また、中国と米国は、北朝鮮の完全かつ最終的かつ検証可能な非核化を確保するために協力するための取り組みの精神を継続します。

そして、我々は、ペルシャ湾における軍備管理と米国の制裁の実施について、より大きな協力を求めます。

アメリカは中国とのより良い関係を求め続けます。そして、私たちがそうするように、私たちは明白に話します。これは、米国と中国の両方が正しくしなければならない関係だからです。

アメリカは、中国との関係の根本的な再構築を引き続き求めます。そして、ドナルド・トランプ大統領のリーダーシップの下で、アメリカはコースを維持します。アメリカ人と両党の選挙で選ばれた役人は解決されたままです。私たちは利益を守ります。私たちは価値を守ります。そして、私たちは慈善とすべての人の善意の精神でそうします。(拍手。)

トランプ大統領は習近平大統領と強い個人的関係を築いてきました。そして、その基盤の上で、私たちは両国民の改善のために関係を強化する方法を探し続けます。

そして私たちは、米国と中国が平和で繁栄した未来を一緒に共有するために働くことができ、またしなければならないことを切に信じています。しかし、正直な対話と誠実な交渉によってのみ、その未来を現実のものにすることができます。

それで、1年前にスピーチを終えたので、今日締めくくります。アメリカは中国に手を差し伸べています。そして、まもなく、北京が、言葉ではなく行為で、そしてアメリカに対する新たな敬意をもって、戻ってくることを願っています。

「男性は現在だけを見るが、天国は未来を見る」と書かれた古代中国のproveがあります。私たちが前進するとき、平和と繁栄の未来を決意と信仰をもって追求しましょう。トランプ大統領のリーダーシップと私たちの経済と世界における私たちの地位に対する信念、そして彼が中国の習近平大統領と築いた関係とアメリカ人と中国人の永続的な友情への信頼。そして、天国が未来を見るという信仰—そして神の恵みによって、アメリカと中国は一緒にその未来に出会います。

ありがとうございました。神のお恵みがありますように。そして、神はアメリカ合衆国を祝福します。(拍手。)

終わり

12:28 PM EDT