ロシアはただ武力だけで世界から尊敬されていた大帝国であった。

ロシアはただ武力だけで世界から尊敬されていた大帝国であった。それが連戦連敗、奉天でも大敗走におわったものだから、いよいよ隣接小国までがロシアを侮り始めた――(セルゲイ・ウィッテ著『ウイッテ伯回想記』
https://st2019.site/?p=20635

『今こそこの不気味な「前史」が再注目される価値があるのに、どの出版社もそこに気が付かぬとは……。なにからなにまで同じパターンであの国は「崩壊」へ向っている。

 ウイッテによれば、ロシアが破滅するときには、ロシアの朝野に「オカルト」言説が満ちるという。それが兆候であるそうだ。』