IRGC Navy Commander Warns Enemies against Violation of Iranian Waters | Farsnews Agency

IRGC Navy Commander Warns Enemies against Violation of Iranian Waters | Farsnews Agency
https://www.farsnews.ir/en/news/14000901000203/IRGC-Navy-Cmmander-Warns-Enemies-agains-Vilain-f-Iranian-Waers

※ よく背景が分からん人が、多いと思う…。

※ イランの革命防衛隊の海軍の司令官の話しだ…。

※ あまり報道されていない話しだが、米軍及びその協力勢力は、イランの勢力を弱めるために、イラン側が石油を輸出したり、イランの各地方に搬入することを「妨害」する活動をしている…。それを「阻止」するために、イラン側も「ボート」で「英雄的な戦闘行動」を行っている…。それで、「戦果」として、「6回、平手打ちを食らわせた。」と語っている…。

※ 欧米系のメディアでは、殆んど報じられていない…。偶然見つけたんで、貼っておく…。

『(※ 翻訳は、Google翻訳)

IRGC海軍司令官はイラン海域の違反に対して敵に警告します

テヘラン(FNA)-イスラム革命防衛隊(IRGC)の司令官、アリレザタンシリ海軍少将は、イランの海軍がイランの領海への侵入を完全に阻止する準備ができていると敵に警告した。

海軍は、敵がイランの領海に侵入したり違反したりすることを許可しないことを誓った、とタンシリ少将は南西部の都市アバダンで開催された地元の儀式について述べた。

イラン南部海域でのイランと米軍の最近の遭遇に言及して、彼は、IRGC海軍が国の石油を盗むのを防ぐために(たった)3隻のボートで2隻の米艦に立ち向かったと述べた。

日曜日の関連する発言で、タンシリ少将は、イラン軍がペルシャ湾での対立中にアメリカ人を9回平手打ちしたことを強調し、過去18か月の6回を含む。

タンシリ少将は、テヘランの旧米国大使館でのバシジ学生の集会で、イランの反テロ司令官であるバグダッドのカセムソレイマニ中尉が米国に暗殺されてからの期間について言及しながら発言した。

提督は、IRGC海軍がペルシャ湾での米国との対決で9人の死者を出したと述べた。「そして神に感謝します。私たちは彼らに9回の忘れられない平手打ちを与えました。アメリカ人、その一部は特定の考慮事項のためにメディアに明らかにされていません。」

「彼らは海におけるイスラム共和制の優位性を認識するようになった」と彼は付け加えた。

IRGC海軍司令官はまた、これらの敗北のうち6つが1年半でアメリカ人によって支えられてきたと指摘した。

彼は先月、米軍がオマーン海でイランの石油貨物を盗むのを防ぐためのIRGC海軍の介入を引用し、イラン軍が船の甲板に懸垂下降するという劇的な作戦を行い、それを最新の平手打ちと呼んだ。

「タンカーはイランの石油を運んでいましたが、アメリカ人の支援を受けて、私たちの国への貨物の配達を拒否していました。もちろん、これは私たちが没収した2番目の船であり、前の船は報告されていませんでした」とIRGC海軍司令官は指摘しました。

その後、6隻のイランのスピードボートと2隻の船が現場に派遣され、イランのミサイルの標的になる可能性があると考えて、逃げるときにチャフを発射した米国のヘリコプターに警告した。

Fars News Agency は、 Creative Commons Attribution 4.0 InternationalLicenseの下でライセンスされています。』