〔チベットの地形、中国の地形、気候区分、土地利用の様子…。〕

 ※ チベットの地形・地理に関する画像を収集していたら、中国全体の地形、気候区分、土地利用の様子…、なんかの画像に当たったんで、貼っておく…。

チベットの地理
https://a-daichi.com/freetibet/geography.html

ヒマ ラヤ ・チ ベ ッ ト山塊 の隆 起 ・削 剥 過 程 と地 形 発 達
池 田 安 隆*
Erosion, Uplift, and Geomorphic Development of the Himalaya-Tibetan Plateau
Yasutaka IKEDA*

※ 一口に「チベット」と言っているが、「アムド」「ウ・ツァン」「ガム」と3つの地域に分かれるようだ…。

※ 「チベット高原」の成り立ちについての、「プレートテクトニクス理論」からの学術的な考察だ…。

※ 中国全土の地形(高低)の様子…。いわゆる「平野」は、思いのほか「少ない」な…。

※ 西部の高原地帯の衛星画像…。

※ ユーラシア全体の地形…。

※ 山地が多いのは、別に日本国だけの専売特許じゃ無いな…。

※ これで見ると、アラビア半島も「高原地帯」の範疇だな…。

※ 気候区分だ…。

※ 湿潤地域(耕作の適地)は、思いのほか「小さい」な…。

※ 中国の「土地利用の様子」…。

※ 高校の地理でやったな…。懐かしいな…。「春小麦地帯」とか、「冬小麦地帯」とか、テスト前に覚えた記憶がある…。

※ 華南は、水稲の二期作が可能なんだな…。

※ これは、低気圧や高気圧の発生の場所から、降雨の状況や前線の形成の様子を、考察したものだろう…。

※ 地球規模での「造山帯」の配置の様子…。

※ 「アルプス・ヒマラヤ造山帯」とか、懐かしいな…。

※ イランが「山岳国家」なのも、これに属するからなわけだ…。

※ 簡略化した図…。

※ チベット高原は、黄河と長江の二大大河の「水源」だということが、よく分かるな…。

※ お馴染みの帝国書院の「世界の歴史まっぷ」だ…。

※ これが、一番「直感的に分かる」感じがする…。

※ 偏西風の蛇行とオホーツク海高気圧の関係の考察…。

※ 夏の稲の開花期付近に「やませ」が吹くと、稲の生育不良の原因となり、稲穂が実らないから、東北地方の「大飢饉」の原因となる…。

※ 黄河が南に大きく蛇行しているのは、「黄土高原」が原因なのか…。

※ 確かに「原始的な灌漑農法」には、適地だったんだろう…。

※ ここで、「兵(=農民兵)を養えば」、四方八方に「出撃」できたわけだ…。

※ 有名な魏・呉・蜀の「三国志」の版図の様子…。

※ 意外なことに、黄土高原は、魏の支配領域じゃ無かったんだな…。

※ 「蛮族」の支配領域だったわけか…。

※ もう一度、各「耕作地」を確認しておこう…。

※ 蜀の農民は、何を耕作していたんだろう…。これだと、よく分からんな…。

※ スーチョワン稲作区、ユンコイ高原稲作区に該たるのか…。

※ もう一度ユーラシア全体の地形図…。

※ これで見ると、ベトナム北部、ミャンマー北部、中国の雲南省は、みんなヒマラヤ山脈、チベット高原につながる「高原地帯」なんだな…。

※ 蜀の支配領域も、そういうものの一部だったわけだ…。

※ 簡略化した図で、再度確認…。

※ なるほど、「大メコン」も、チベット高原に連なるここの「高原地帯」が、「水源」なわけだ…。

※ 衛星画像で確認…。盛り上がっている感じが、よく分かるな…。

※ ロシア方面を見れば、こんな感じ…。

※ シベリアなんか、平地というわけじゃ無いんだな…。

※ 山地が多い…。

※ ちょっと画像が粗くて、よく分からんが…。

※ 青い線は、降水量の分布線か…。

※ これだけ内部に「異民族」を抱えていては、大変だ…。

※ しかも、国境地帯では「領土紛争」も抱えている…。

※ 尖閣なんかも、その一例に過ぎない…。

※ 台湾併合にかかるんで、重大案件だ…。

※ 今、米国は台湾、香港、ウイグル、チベットと攻め立てている…。

※ それに加えて、「コロナの発生源」も付加される…。

※ 再度、気候区分の確認…。

※ これを、「人工的に気象コントロールする」という話しも、聞こえてくる…。

※ まあ、「テスト対策」で、こんな内容を覚えようとしていた頃が、一番平和で、ノンビリしていた時期だったわけだ…。