ついに、「春のアプデ」を適用した…。

※ 長いこと様子見していたが、ついに適用した…。
 というか、あの時の「期間の延長」は、最大35日間だった…。
 その期間が過ぎて、自動的にダウンロードされてしまった…。
 「通知」があって、迷ったが、このところ「不具合情報」も鳴りを潜めていたし、「まあ、よかろう…。」と思って、適用した…。
  それは、いいんだ…。
  よくなかったのは、ブラウザのレンダリング・エンジンが「クロミウム」にされてしまったことだ…。
  話しには、聞いていた…。「エッジ」から「クロミウム」にすると、別の「ブラウザ」と認定されて、「本人認証」のやかましいサイトでは、ハジかれることがあると…。


  まんまと、それにハマってしまった…。
  「本人確認情報の初期化」を、オンラインで行おうとすると、「秘密の質問に、答えなさい。」とか言われるんだよ…。
  オレは、「死にかけて」から、相当に「頭が悪く」なった…。元々、「記憶」は良い方じゃなかったが、それに輪をかけて「記憶が悪く」なった…。
  心覚えの「答え」を入力したが、「違います。」とか冷たく言われた…(抜かったことに、紙に書き留めてもいなかった…)。
  仕方なく、別のルートから、「初期化」を試みた…。
  すると、今度は、「一定時間内に入力が無かったため、最初からやり直してください。」とか、言われるんだよ…。
  いろいろと手元の資料なんかを見ながら、ポツポツと、拙く(つたなく)入力しているんだ…。時間がかかるのは、やむを得んところだろう…。
  それで、進退窮まって、サポートに電話した…。
  「これこれだ。」と事情を話して、ようやく週明けの月曜日に、「関係部署とも連携の上、ご連絡差し上げます。」という段取りになった…。
  しかーし、ひょんなことで、問題は解決した…。
  それは、「最新バージョン」(バージョン83.0.478.58)を適用したことだ…。
  これで、試しにアクセスしてみると、難なくクリアできた…。
  おそらく、クロミウムの中に、「怪しい者では、ありません。私は、旧エッジであります。」という「情報発信」する「仕掛け」を施したんだろう…。
  銀行とか、お役所とかで、免許証とか保険証とかの本人確認情報の提示を求められて、「怪しい者では、ありません。私が、「本人」です。間違いありません(本人が言っているから、間違いないです)。」と力説しているオジサンを見かけたことがある…。ブラウザ(レンダリング・エンジン)も、そう力説しているのか…。
 サポートには、丁重に礼を言って、問題解決した旨を連絡しといた…。
 ただ、反省点は、そのサポートとのやり取りの中で、MSへの「不満」を、ちょっとグチってしまったことだ…。「ちょっと、ムカついてます。」とか、言わずもがなのことを、口走ってしまった…。
 そういうことは、言うべきじゃなかった…。
 まだまだ、人間修行、「修養」が足りないな…。
 「三省堂」じゃないが、「吾、日に三たび吾が身を省みる」だ…。「省みる」だけじゃなく、そのことによって、徐々に「自分の感情や、行動へのコントロール力」を、増大させていかないとな…。

win10不具合情報…。

Windows 10で記憶域スペースが“未割り当て”になる不具合
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1259769.html

※ これは、前から言われていたヤツだ…。今回が初登場じゃ、無い…。

Windows 10で印刷時にエラーが出る問題が一部バージョンで修正
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1259534.html 

※ これも、前から言われていたな…。

※ たぶん、あれこれ対策して、落ち着いていたものが、大型アプデ(どっか、根本的に変更したところがあるんだろう…)を機会に、再燃しているものと思われる…。

Windows 10 2004のSSD最適化に不具合か

Windows 10 2004のSSD最適化に不具合か
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1259130.html

『Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)適用後のPCにおいて、「ドライブの最適化」機能の不具合と思われる挙動が見られるとMicrosoftコミュニティ内でユーザーから報告が上がっている。

 投稿によれば、ドライブの最適化内でSSDのTrimを手動で実施したあと再起動し、再度同ツールを確認すると、最適化が実施されていないと表示されてしまうという。また、ドライブの最適化を表示したまま、コントロールパネル内のセキュリティとメンテナンスの項目から手動でメンテナンスを開始したところ、SSDがデフラグされたあとTrimが実行されたという。なお、ドライブの最適化内から最適化を実行した場合はTrimのみが行なわれるとしている。

 現時点ではMicrosoftからの声明は出ておらず、OS側が要因かどうかについては不明。May 2020 Update以前から同様の問題が存在しているとの報告も一部上がっている。最適化を実施したことが正常に表示されない問題については、Insider Previewでも報告されていた。』

※ まだまだ、不具合情報は続くだろう…。

※ ある程度、落ち着くまで、待った方が良さそうだ…。

やっぱりな…。

「Windows 10 May 2020 Update」への更新には注意! ~Microsoftが10件の問題を調査中
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1255407.html

※ 様子を見ながら、ゆるゆると行く方が、良さそうだ…。

※ ただ、上記の環境に当てはまらなければ、OKだし、不具合の内容が「自分にとって、致命的」で無いならば、「更新」してかまわない…。

※ ただ、まだまだ「隠れている不具合」は、あると思うぞ…。

Windows 10大型更新「May 2020 Update」が提供開始

Windows 10大型更新「May 2020 Update」が提供開始
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1255256.html

『標準的な入手方法はWindows Updateによる自動更新からだが、段階的なリリースとなるため表示されない場合がある。手動でいち早くインストールしたいなら、MicrosoftのWindows 10ダウンロードサイトにアクセスし、アップデートファイルをダウンロードして実行するか、同じサイト上で入手できるMedia Creation Toolを介してアップデート可能。

 May 2020 Updateでは、Cortanaアプリの独立化、Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)のパフォーマンスアップ、検索機能の強化など、あまり大がかりな更新内容は含まれていないが、Windows 10の使い勝手を向上させる改良がいくつか行なわれている。このほか、新グラフィックスAPIとなるDirectX 12 Ultimateが導入されているようだ。』と言うことだ…。

※ 散々、ひどい目に会ったので、「更新を一時停止」にした…。

※ 「設定」から、「更新とセキュリティ」に入る…。

※ そこから、「詳細オプション」に入る…。

※ 「更新の一時停止」「一時停止期間」で、最大35日間「更新の一時停止」ができる…。

※ 不具合情報なんかも見ながら、ゆるゆると「更新」していくことにしよう…。

win10、2020年4月のアプデ…。

Windows 10 更新プログラムで不具合が多発。 アンインストールを推奨:まとめニュースちゃんねるぷらす
http://blog.livedoor.jp/ainbekker-news2/archives/9501081.html

※ こういうものなんだ…、と諦めよう…。マメに、バックアップだけは取っておこう…。そうやって「データ」を守りつつ、いつでも「環境復活」できる体制だけは、整えておこう…。

Microsoft Windows10アップデート「KB4535996」に不具合か スリープ関連の問題など報告相次ぐ : PCパーツまとめ

http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/56523439.html

『「KB4535996」を適用したユーザから大量の不具合報告が行われているのだ。ユーザーから寄せられている主な不具合は次のとおり。

PCがスリープ状態から復帰するとブラックスクリーンになるようになった
PCがスリープ状態に入ることができなくなった
PCがランダムに再起動するようになった
PCがランダムにクラッシュするようになった
PCが起動しなくなった
ログイン後にディスプレイがちらつくようになった
アプリケーションおよび管理者権限でのPowerShellが起動しなくなった
Cortanaを使ったカレンダーエントリの作成ができなくなった
ノートPCのキーボードが機能しなくなった
ディスクに用途不明の書き込みが行われていた
オーディオが機能しなくなった
印刷できなくなった
デスクトップデータが削除された』
『マイクロソフトってテストやってないだろw』
『今やってんじゃん
お前ら使って』
 ※ ほんコレ…。

Windows 10最新BuildでWindows7のAero Glass復活!

Windows 10最新BuildでWindows7のAero Glass復活!デフォルト採用も – こぼねみ( 2015-04-30)
https://www.kobonemi.com/entry/2015/04/30/Windows-10-Aero-Glass-Returns

※ エアロ、そう言えば復活していたんだな…。スタート→設定→個人用設定→色→透明効果(オン、オフ)で、設定できる…。
 同じように、… 色→タイトルバーとウインドウの境界線(オン)にした… 。これで、ずいぶん見やすくなったぜ…。

 大体、Windowsは、どんどんスマホ、タッチパネルユーザー寄りになって行って、デスクトップ・キーボード&マウス組は、置き去りにして行ったんだが、オフィス・ユーザーや、パワー・ユーザー組には、評判が悪くなって行った…。それの、揺り戻しだろうな…。

Windows Updateの話し…

※ 今日は、Windows Updateで悩まされた…。

※ いきなり、「アップデートする!」とか言い出して、「もはや、ダウンロードしてあるから、再起動しろ!」とか、吐かすんだよ…(今、オレのPCは、「コールド・スタート」から起動すると、バイオス保存できません状態なんで、「再起動」はなるべく回避したい…)。

※ 仕方なく付き合ったが、えんえん小一時間もかかった…。

調べたら、2月の重要アプデは、26日から28日だったようだ…。それに当たったのか…。

※ ここのサイトが、詳しかった…。

【アプデ】 2020年のWindowsUpdate月例配信スケジュール
https://www.nichepcgamer.com/archives/1068244768.html

【Windows10】 WindowsUpdate 2020年2月度 セキュリティ更新プログラムの不具合情報 [Update 6: Microsoft、KB4524244を撤回]
https://www.nichepcgamer.com/archives/windows10-windows-update-2020-10.html

※ こういう風に、「セキュリティに穴があるから、アプデしろ!」とか言っておいて、「やっぱ、アプデ自体に不具合あったから、撤回する!」とかいうものも、あるんだぜ…。

※ 全く、このイラストにある通りだ…。「NO,MS! NO!」だ…。勘弁してほしいよ…。

※ これでまた、半年に一回は、「大型アプデ」なるものが、あるんだぜ…。ヤレヤレだ…。

ドライバーソフトなしでSDカード/マイクロSDカードをPCに読み込ませるデバイスの情報を求む…

兵頭二十八氏のサイトからだ…( https://st2019.site/?p=13626 )

『エディターソフトの情報御礼、ならびに、SDカードをドライバーソフトなしでUSB接続する方法についての、さらなる別件の質問。
  みなさま、いろいろありがとうございました。』
『じつはこういう障害がありました。
 子供のデジカメから画像データを有線でPCへ抽出コピーすることが、マニュアル通りにやってもできないため、これはSDカード/マイクロSDカードを直接ぬきさしして読み取らせるしかないと思い、バッファロー社の高速カードリーダー「TurboPC EX」というやつを、ヤマダ電機の売り場の人に勧められるまま購入しました。それを、通信用のPCで使おうと思ったら、これにはドライバーソフトのダウンロード&インストールが必要だとわかりました。

 そのドライバーソフトを入れて(デジカメ写真データの全枚コピーには成功しました)からというもの、こんどは、メールに貼付されてくるPDFファイルやZIPファイルを、PC本体にもUSBサムチップにも、コピーすることができなくなってしまいました。
 バッファローのソフトが介在して、コピーしようとすると、エラーメッセージを出してくるのです。ほとほと参りました(PDFの場合は、一回開いて、保存コマンドを使えばなんとかUSBに移せるのですが……)。

 それで、この迷惑なドライバーのアンインストールに、ついさっきまで苦闘していました。「ウインドウズ10」は、コントロールパネルをどこから開けたらいいのか、画面を見ただけではちっともわからないので、ほんとうに不愉快です。

 むかしの「MS-DOS」時代には、「羽根のように軽い」テキストエディターがあって、一回買ったらコピーし放題で、ずいぶん愛用していたんですが、あれがなつかしいです。CDまたはDVDに入ったパッケージ商品として(つまりオフラインのブツとして)、ああいうのをどこかで市販していないんでしょうか? あったら、買いたい。

 それで別件で皆様におたずねしたいことがあります。「TurboPC EX」のような余計なドライバーソフトのインストールがいっさい不要で、デジカメのSDカードやマイクロSDカードの写真データをPCへコピーできるハードウェアは、どこかで売ってないのか、それが知りたい。商品名を教えてくだされば、それを購入しようと思っています。』と言うことだ…。

ざっと検索したが、アマゾンだったらこんな感じだ…。

外付メモリカードリーダー の 売れ筋ランキング(※ 1時間毎に、入れ替わるらしい…。)
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/computers/2151953051/ref=psdczbs_2151950051_t4_B078NWLBV3

インターフェースは、USB2とUSB3のものがあるようだが、それよりも重要なことは、自分が読み込ませたいSDカードの種類にチャンと対応しているのかだ…。
SDメモリーカード
https://ja.wikipedia.org/wiki/SD%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

調べたら、けっこうな数の種類があるようだ…。
まあ、「大きさ」の違いは、「アダプター」を使えば解消されるようだが…。「転送速度」の違いの問題は、どうなっているのかな…。

形状は、「ケーブル付き」のものと、「直か挿し(USBメモリみたいに、直で挿す)」のものがあるようだ…。

「ドライバ」の問題は、win10対応ならば、「プラグ・アンド・プレイ」で、接続すれば自動でインストされる感じになっているものが、殆んどだと思うがな…。
対応カードの種類の問題は、心配だったら、最寄りの量販店に「メディア」を持参して、対応しているか店員さんに聞いたらいい…。

トラブルになった「TurboPC EX」は、ちょっと調べたら、「キャッシング・ソフト」のようだ…( https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=60906 )。バッファロー製のカードリーダーを使うと、インストールして、読み書きを「高速化」するソフトのようだ…。けっこう、こういう「高速化」ソフトでトラブるケースは、多い…。しかも、一旦インストすると、アンインストで難儀する…。
そういう「高速化ソフト」は、インストールしないで、「素」のままのwin10付属のドライバのみを使うデバイスの方が、殆んどだと思うがな…。

あと、Win7からwin10への乗り換えで、一番不満が多いのが、コントロール・パネル関係の話しだ…。
7までは、そういう「システム関係(特に、外部のデバイス関係)」の操作は、コントロール・パネルに集約されていて、「ちょっと、何かやろう。」と思った時は、そこから操作すればよかった…。
しかし、10になったら、「コントロール・パネル」と「設定」の2本立てになったんだよ…。
しかも、「設定」の方が、より深い操作が可能な作りにしてある…。どうしてそうしたのかは、分からない…。おそらく、セキュリティー対策とかの問題が、絡んでいるかでもするんだろう…。
「設定」へのアクセスは、「スタート」→(表示される画面の左側に並んでいるアイコンの、下から2番目。「電源」の一つ上)「設定」をクリック…、で出てくる…。
「コントロール・パネル」は、「スタート」→「Windowsシステムツール」の中に入っている…。しかし、この「リボンUI」は、アルファベット順になっているから、「Windows…」は、ずっと下のほうにあって、相当スクロールしないと出て来ない…。しかも、「Windowsアクセサリ」「Windows簡単操作」「Windows管理ツール」「Windowsシステムツール」「Windowsセキュリティ」と、紛らわしいものがあまたある…。「コントロールパネル」は、「Windowsシステムツール」の中に入っている…。行き着くまでに、イライラするんだよ…。
 だから、「タスクバーにピン止め」すればいい…。
 それと、これは言っている人があまりいないようだが、7までの「キーボード・ショートカット」が、殆んど使えなくなっている感じだ…。「セーブ」「コピー」「ペースト」くらいのものじゃないか…。各ソフトに固有の「キーボード・ショートカット」は、使えなくしたようだな…。これも「セキュリティ対策」か…。「トロージャン」とか、喧しいからな…。「キー操作」を記録しといて、どっかのサーバに送信するとか、容易い話しになっているからな…。

まあ、慣れて行くしかないんだが…。