〔RPAとは…。〕

※「RPA」…。語句は聞いていたが、「なんか、業務を自動化するしかけなんだろう…。」程度しか、知らんかったので、ちょっと調べた…。

ロボティック・プロセス・オートメーション
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

RPAを導入しなさい!とトップに言われたら?
働き方改革を成功させる
「業務自動化」「業務改善」実現コラム
https://www.hulft.com/special-column/rpa-01

10分で理解する「RPA」、今求められるRPA人材の教科書
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37189

※ 大体イメージは、掴めた…。

※ 要するにだ、ExcelやWordのVBA使ったマクロ組んでたみたいなことを、もっと大がかりにやろう…、という話しのようだ…。

※ しかし、言うは易く行うは難しだろう…。

※ 大体、業務で使っている「各ソフト」は、そういう「自動化」に対応していないものが多くあるだろう…。

※ そういうものは、どうするのか…。

※ Windows上の共通のプラットフォームと言っても、.NETフレームワークあたりまで降りて行って、構築するのか…。そうなると、殆んど「新しいソフトを開発する」と言うに等しい話しになるんじゃないのか…。

※ そうでは無く、スクリプトみたいなもので、昔(むかし)のバッチファイルみたいなものを作成する…、という程度だったら、狙った業務の自動化は達成できるのか…。

※ 上記の「RPA」製品は、そこら辺をうまく繋いでくれるのか…。

※ 何でも、出来上がったものを「使う」のは容易いが、自分で「作成する」のは、大変だ…。

※ 今の「会社員」は、大変だな…。そういうこともできないと、「給料」貰えないのか…。昔(むかし)に生まれて、良かったよ…。

3800人を1人で管理、新卒採用にRPAの効果

https://newswitch.jp/p/23650

『ユナイテッドは新卒採用にRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)を導入した。夏期インターンシップでは3800人の応募者の進捗(しんちょく)管理を、ほぼ1人で担当できるようになった。1カ月当たり36時間分の工程削減につながった。こうした自動化を在宅勤務のリモート環境で実現。コロナ禍であっても業務の見直しと効率化を続けている。

「RPAは便利。使っていいことしかない」と、タレント&ストラテジー本部人材開発部の林由里恵マネージャーは目を細める。同社の夏期インターンシップは学生が七つの方法で応募する。学生向けメディアや応募時期によって書類審査や面接、グループワークのいずれかが免除されるなど応募方法により学生ごとにインターンシップの進捗が変わる。これまで手作業で学生のデータをまとめて管理していた。この作業を自動化した。

担当の加古晴香さんは「忙しい時期は管理作業だけで1日が終わっていた。自動化されて他の仕事ができるようになった」と振り返る。リアルタイムに情報が共有され、ミスもなくなる。学生の選考離脱率は33・1%から15・5%に半減した。

こうした自動化を在宅のリモート環境で進めた。RPAのサポート担当者にはビデオ会議でフォローしてもらう。以前は日時を決めて出向いてもらっていた。加古さんは「リモートは効率がいい。困ったところを尋ねると、その日のうちにミーティング時間を設定し、その場で問題が解消される」と説明する。

コロナ禍で在宅勤務が広がり、仕事の進捗状況を共有しづらくなった。手作業でも5分で済むが、その小さな作業をしないと周囲に情報が伝わらない。ただ、5分間の作業のために自分の仕事を止めたくない。このような作業の自動化にRPAは向く。林マネージャーは「次は面接のスケジューリングを自動化したい。RPAで1人分の時間を生み出す」と力を込める。(取材=小寺貴之)

日刊工業新聞2020年9月2日』