范蠡(はんれい)

范蠡(はんれい)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%83%E8%A0%A1

 ※ まず、読めんかったし(人名だ…)、知らんかった…。

 ※ 兵頭大先生のご高説(「哲学者ではないシナ人の理想の人生は「范蠡」である。これは政治家、軍人、商売人を問わない。」)なんで、調べた…。

 ※『狡兎死して走狗烹られ、高鳥尽きて良弓蔵(かく)る』の人だった…。

 ※ この故事自体は、あまりに有名…。

『范 蠡(はん れい、生没年不詳)は、中国春秋時代の越の政治家・軍人である。氏は范、諱は蠡、字は少伯。越王勾践に仕え、勾践を春秋五覇に数えられるまでに押し上げた最大の立役者とされている。』

『略歴

越の謀臣

范蠡がどこで生まれたのか、どのような経緯で越の允常(勾践の父)に仕えるようになったのか、彼の経歴による明確な確証がない。

隣国の呉王闔閭は伍子胥・孫武らの補佐を受けて強勢を誇っていた。越王允常は范蠡の補佐で国力を伸ばしていた。

しかし紀元前496年に允常が逝去し、太子の勾践が父の後を継いだ。允常の訃報を聞いて喪中に服している越に対して、闔閭は出る杭を先んじて叩いてしまおうと判断し、欈李の戦いを起こして攻め込んできた。

しかし、欈李(現在の浙江省嘉興市海寧市)で、范蠡はこれに対して奇計を持って迎えた。その奇計と言うのは決死隊(『左伝』では罪人。こちらが正確か)を集めて敵の目の前まで行かせてそこで自ら首をはねさせるという物で、呉軍が仰天している隙を付いて越軍は呉軍を撃破した。越の武将霊姑孚が射た矢で片足を破傷したのが原因で闔閭は陣没し、太子の夫差が立った。

夫差は伍子胥の補佐を受け、越への復讐(臥薪)を狙い、それを知った勾践は今のうちにと呉を叩こうと出兵しようとしたが、范蠡はこれを諌めた。

しかし勾践は聞き入れずに出兵し、大敗してしまった。勾践は夫差に対し平身低頭で命乞いをし、更に家臣の中の文種は夫差の側近伯嚭(嚭は喜否)に賄賂を贈って夫差に勾践を助けるように吹き込んだ。

この時に伍子胥は勾践を殺す事を強弁したが、夫差はこれを取り上げず、勾践を解放し夫差の馬役人にさせた(嘗胆)。

呉を滅ぼす

国に戻った勾践は国政を范蠡に任せようとするが、范蠡は「軍事なら種(文種)は臣に及びませんが、政治にかけては臣は種に及びません」と応え、文種を推薦した。

勾践は范蠡・文種の補佐を受け、復讐を狙っていたが、表面的には夫差に対し従順な姿勢を見せて、夫差を油断させた。

更に范蠡は伯嚭に賄賂を送り、伍子胥の悪口を夫差に吹き込ませて離間を狙った。

思惑通り、伍子胥は夫差に誅殺され、夫差を諌める者はいなくなった。夫差は調子に乗って北へ出兵して天下の事を争おうとし、越の事など気に止めなくなった。

夫差は呉軍の大半を率いて北の会盟に出かけて、国許を守るのは太子・友とごく僅かの兵になった。

勾践はその隙を衝こうとして、范蠡に訊ねた。范蠡は 「よいでしょう」 とこたえた。そこで越は大軍を発し、一気に呉を襲い、太子を殺して呉を占領した。

夫差は慌てて引き返してきた。勾践は、 「まだ呉の全土を占領するには力が不足している」と判断し、一旦和睦した。

その後も夫差は無理に北へ出兵して国力を消耗した。四年後、越は呉に決戦を挑み、遂に夫差を姑蘇山に追い詰めた。夫差は降伏して命乞いしたが、范蠡は後顧の憂いを断つべく殺すよう進言した。勾践は殺すことはためらい、舟山群島に島流しにしようとしたが、その命令を受けた夫差は自殺した。

引退

悲願が達成されて有頂天になる勾践を見て、范蠡は密かに越を脱出した。

范蠡は文種への手紙の中で「私は『狡兎死して走狗烹られ、高鳥尽きて良弓蔵(かく)る』(狡賢い兎が死ねば猟犬は煮て食われてしまい、飛ぶ鳥がいなくなれば良い弓は仕舞われてしまう)と聞いています[1]。

越王の容貌は長頸烏喙(首が長くて口がくちばしのようにとがっている)です。こういう人相の人は苦難を共にできても、歓楽はともにできないのです。どうして貴方は越から逃げ出さないのですか」と述べた。

そこで文種は災いを避けるため病と称して出仕しなくなったが、文種に謀反の疑いありと讒言する者が現われた。勾践は文種に剣を贈り、「先生は私に呉を倒す7つの秘策があると教えて下さいました。私はそのうちの3つを使って呉を滅ぼしました。残り4つは先生のところにあります。私のために先生は亡くなった父王のもとでその秘策をお試し下さい」と伝え、文種は自殺した。

伝説

范蠡は夫差の軍に一旦敗れた時に、夫差を堕落させるために絶世の美女施夷光(西施(せいし))を密かに送り込んでいた。思惑通り夫差は施夷光に溺れて傲慢になった。夫差を滅ぼした後、范蠡は施夷光を伴って斉へ逃げた。

越を脱出した范蠡は、斉で鴟夷子皮(しいしひ)と名前を変えて商売を行い、巨万の富を得た。

范蠡の名を聞いた斉は范蠡を宰相にしたいと迎えに来るが、范蠡は名が上がり過ぎるのは不幸の元だと財産を全て他人に分け与えて去った。

斉を去った范蠡は、かつての曹の国都で、今は宋領となっている定陶(現在の山東省菏沢市定陶区)に移り、陶朱公と名乗った。ここでも商売で大成功して、巨万の富を得た。老いてからは子供に店を譲って悠々自適の暮らしを送ったと言う。陶朱公の名前は後世、大商人の代名詞となった(陶朱の富の故事)。このことについては、史記の「貨殖列伝」に描かれている。

浙江省紹興市諸曁市内に陶朱山がある。

評価

范蠡の見事な活躍と出処進退は後世の憧れとなり、好敵手の伍子胥と共に長く語り継がれている。

范蠡は日本でも名臣として有名である。『太平記』巻第4「呉越闘事」(西源院本の事書)には、後醍醐天皇の臣児島高徳が「天勾践を空しゅうする莫れ 時に范蠡無きにしも非ず」という句を贈ったという話がある。後醍醐天皇を勾践にたとえ、名臣が出現しないわけではないのだから諦めないようにと励ましたのである。この逸話は「児島高徳」という文部省唱歌に詠み込まれ歌われた。

范蠡を題材とした作品
小説
『越女剣』(金庸)
テレビドラマ
燃ゆる呉越(中国語版)(2006年、演:リー・クワンジェ)
争覇-越王に仕えた男-(中国語版)(2006年、主演:チェン・クン)
復讐の春秋 -臥薪嘗胆-(2007年、演:ジア・イーピン)
孫子兵法(2008年、演:張暁瀟)
三国争乱 春秋炎城(2008年、演:劉長純)
女たちの孫子英雄伝(中国語版)(2012年、演:ケン・チュウ)
脚注
^ 前漢設立の功労者である韓信が失脚した際、皇帝である劉邦に対しこの手紙の語句をそのまま引用して伝えたとされている。
関連項目
范蠡公園
典拠管理 ウィキデータを編集
FAST: 1817975GND: 122864433LCCN: n86109227VIAF: 6417933WorldCat Identities: lccn-n86109227
カテゴリ: 兵家の人物春秋戦国時代の人物中国の亡命者生没年不詳 』

「Chinese HD-1 Supersonic Cruise Missile from the Zhuhai Airshow」

チャイナディフェンスブログの2021-9-25記事「Chinese HD-1 Supersonic Cruise Missile from the Zhuhai Airshow」
https://st2019.site/?p=17544

『※三代目の、誰がみても替え玉と分かる役者が、北鮮メディアで堂々と公表されていたが、あれは在韓米軍のリーパー、韓国の新型地対地弾道弾、および「斬首作戦」演習等を承けて《こっちには無数の影武者がいるので、三代目を殺そうとしても空振りにおわりますよ》と必死で宣伝をしているわけである。

わざとバレバレな役者でないと、影武者軍団のアピールにはならぬわけである。

このように、相手の心にストレートに届く装備を宣伝することが、一国の安全保障政策としては緊要である。

わが国の役人と政治家にはその「演出の才」が全くといっていいほど欠落しているので、ほとんど何の抑止にもならない無駄な高額装備ばかりが、遅すぎるタイミングで整備/研究されるので、敵はちっとも動揺することなく、侵略を諦める気にもならないのである。
具体的には、島に上陸した者は確実に帰路を遮断され、全員捕虜にされ、長期間、遠隔地の収容所にて洗脳を受け、スパイに仕立てられ、ソーシャルクレジットはゼロになる、という確信を、シナ兵に与えられる装備を、今すぐに、ズラリと揃えて誇示しなくてはいけない。

それには幾らもかからないのだ。ちなみにカナダで収監されていたファーウェイの女幹部は、米政府と司法取引したことでスパイになったと疑われ、帰国しても、うだつはあがらないだろう。

米国としては、中共人が二重国籍を取得しても北米で安楽な余生は送らせないよ、という強烈なメッセージを全シナ人エリートに与えたので、大成功だといえる。

哲学者ではないシナ人の理想の人生は「范蠡」である。これは政治家、軍人、商売人を問わない。最後の最後にシナ本土に送り返されて、二度と出国もできないであろうあの社長さんは、とうとう「范蠡」にはなれなかった失敗者の見本である。

これほどシナ人をガッカリさせる末路ストーリーはないのだ。米国務省は対支のプロスペクト心理戦術の要諦を掴んだ。』

ウルトラナショナリズム台頭で中国の台湾侵攻が現実味

ウルトラナショナリズム台頭で中国の台湾侵攻が現実味 在日米軍や自衛隊施設が攻撃される危険も
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/09240601/?all=1&page=1

『中国の普通のビジネスパーソンまでが

 衆議院選挙を間近に控え、新型コロナウイルスのパンデミック後、初の本格的な自民党総裁選挙が盛り上がりを見せている。コロナ対策が主要テーマになっているのは当然かもしれないが、評論家で合気道凱風館を主催している内田樹氏は、「総裁選より注視すべきは米中両国で喫緊のトピックである台湾侵攻だ」と警告を発している(9月15日付AERA)。上海で仕事をしている台湾出身の門人が一時帰国した際に、台湾出身である彼に向かって同僚の中国人たちが、悪びれることなく「もうすぐ台湾侵攻だ」と放言している、という話を聞いて衝撃を受けたからだ。

 中国政府が「台湾への軍事侵攻を辞さず」と公言し、共産党系メデイアがこれに追随する記事を書きまくるという状況が続いており、共産党員でもない中国の普通のビジネスパーソンまでが、「台湾侵攻は間近だ」と信じているというのだ。米国のアフガニスタンからのぶざまな撤退ぶりを見て、多くの中国人が「現在の米国なら台湾を見捨てるだろう。千載一遇の好機が訪れた」と、考えている可能性もある。

 中国では今、ナショナリズムが猛烈な勢いで台頭している。

支持を取り付けるためナショナリズムを利用

 意外と思われるかもしれないが、中国はもともとナショナリズムが強い国ではなかった。

 ソ連崩壊により「共産主義」という統治の根拠を失った中国政府が、国民の支持を取り付けるためにナショナリズムを利用したのがその始まりだ。

 中国では1996年、『ノーと言える中国』という本が出版された。米国の価値観に憧れる中国人を軽蔑し、「中国がいずれ超大国になる」と予測する内容であり、1990年代の中国のナショナリズムの台頭を示す一冊と言われた。

 中国の近代史は、「アヘン戦争以来一世紀にわたって外国の帝国主義勢力に蹂躙された」という「百年国恥」が刻まれている。植民地化されたという苦い経験が深く刷り込まれていることから、中国は欧米社会が確立した国際秩序に不信感を抱き続けてきた。

 中国のナショナリズムはこれまで防御的な色彩が強かったが、リーマンショック後に中国が世界経済を牽引するようになると、その性格が攻撃的なものに変わった。2012年に習近平政権が誕生し、「中国の夢」を語るようになってから状況はさらにエスカレートした。』

『「中国文明は世界で一番優れている」

 また、政府主導で奨励されてきたナショナリズムだが、最近では国民の方が過激になっている。特に留学経験のある若者たちに、ナショナリズムの傾向が強い。新型コロナウイルスのパンデミック封じ込めに成功したこともあって、「中国文明は世界で一番優れている」と信じるようになったのだ。だがこの偉大な国に対して、国際社会からそれ相応の尊敬が与えられていない。不満は募るばかりだ。

 言論統制が厳しい中国では、国民に世界の非難の声が届かないとの指摘もある。「相手が悪い、自分がちっとも悪くない」と思い続けていれば、非常に尊大なプライドが形成されるのは当たり前のことだ。

 2008年、精神分析学者の岸田秀氏は、こう危惧していた。

「深刻なトラウマを抱えた中国は、自分に対する攻撃者が実際以上に巨大だと誤解して被害妄想に陥る傾向が強いが、この被害妄想は何かの拍子で過剰なまでの排他的ナショナリズムに転じる危険がある」

 世界の強国に返り咲いたことで自国に誇りを持つことは自然なことだが、国際社会の意向を無視して、ひたすら自分のやり方で仕切ろうとしている行動を見るにつけ、国全体がウルトラナショナリズム(自国の利益を他の何よりも追求する極端なナショナリズム)に取り憑かれているのではないか、と危惧せざるを得ない。中国は、もはや単純なナショナリズムだけでは膨張する国家のアイデンティティーを維持できなくなっているとの印象が強い。

国民の不満をそらすために
 普通の中国人は「確実な抑止力を持っていない米軍は応戦しない」と考えているようだが、習近平指導部は、「台湾への軍事侵攻は米国との衝突につながるから著しく危険だ」と認識していると思う。世界有数の軍事力を有する中国だが、兵隊の士気は低い。「よい鉄はくぎにならない、よい人間は兵隊にならない」という言葉があるほど、軍人を軽く見る傾向がある。勝てる保証がない戦争に踏み切ることは、中国共産党にとって政権を失うリスクを冒すことにつながる。

 中国では、「懸命な指導者である習近平氏があらゆる正しい判断を下すはずだ」という個人崇拝が進んでいる。だが事態が悪化した場合、指導者は自らの誤りを認めることができない。ナショナリズムを扇動し、戦狼外交を展開してきた結果、ウルトラナショナリズムというパンドラの箱を開けてしまい、中国政府は制御不能になりつつあるのではないか。

 足元の経済にも赤信号が灯りつつある。不動産バブルが崩壊して苦境に陥れば、「国民の不満をそらすために対外的な強硬手段に出るのでは」との不安が頭をよぎる。

 米中関係に詳しい歴史家のニーアル・ファーガソン氏は、「第1次の(米ソ)冷戦でも早々に朝鮮半島で(軍事衝突を伴う)戦争があった。第2次冷戦が『熱戦』に転じる可能性は相当に高く、明白に起きそうな場所が台湾だ。極めて近い将来かもしれない」と警戒している(9月15日付日本経済新聞電子版)。

 筆者は軍事の専門家ではないが、中国が台湾に侵攻し米国が応戦する事態となれば、在日米軍や自衛隊の施設が攻撃されるリスクが高いと懸念している。このため中国軍の攻撃で致命的な損害を受けないよう、軍事基地などを強化するとともに、防空・ミサイル防衛能力を向上させることが不可欠だ。中国軍の台湾侵攻自体を抑止するため、日本に長距離巡航ミサイルを配備することを真剣に検討する必要がある。

 総裁選挙では安全保障について「敵基地攻撃能力」などが議論されているが、「台湾を巡り米中が衝突するリスクが飛躍的に高まっている」との認識が低い。はたして大丈夫なのだろうか。

藤和彦
経済産業研究所コンサルティングフェロー。1960年名古屋生まれ、1984年通商産業省(現・経済産業省)入省、2003年から内閣官房に出向(内閣情報調査室内閣情報分析官)。

デイリー新潮取材班編集 』

対米強硬、悩める中国 習氏も避けたい軍事衝突

対米強硬、悩める中国 習氏も避けたい軍事衝突  

本社コメンテーター 秋田浩之
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD227ER0S1A920C2000000/

『秋の訪れとともに、米中を取りまく攻防が熱を帯びてきた。

9月16日の中国に続き、22日には台湾も環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を申請した。バイデン大統領は24日、日本、オーストラリア、インドとの4カ国首脳による初の対面会議を開き、中国包囲網づくりを急ぐ。

冷え切った米中関係の行方はどうなるのか。表面だけみると、雪解けは難しそうだ。習近平(シー・ジンピン)政権は開き直った姿勢を決め込んでいるからである。
協力に条件付ける中国

米中間ではいま、気候変動や感染症なども含め、あらゆる協力が滞ったままだ。中国は連携に応じる前提条件として、まず米側が態度を改め、すべての対立の原因を取り除くよう迫っている。

この立場は7月下旬、中国入りしたシャーマン国務副長官に王毅(ワン・イー)国務委員兼外相が示した。外交筋によると、8月31日から訪中したケリー大統領特使にも同じ要求を突きつけた。

具体的には、①中国の体制転覆を企てない②発展を妨げない③主権を侵害しない――ことを要求。さらに共産党幹部や中国高官、企業への制裁撤回も迫っている。

つまり、協力してほしいなら、中国に敵対するのをやめなければならないというわけだ。
バイデン政権には到底、のめる要求ではない。米国はオバマ政権時代、気候変動対策への協力を得る代わりに、南シナ海で中国に厳しく対処できず批判を浴びた。

バイデン政権はこの反省から、中国が気候変動対策の協力に応じても、人権や安全保障問題の圧力は弱めない原則だ。米ジャーマン・マーシャル財団の中国専門家、ボニー・グレイザー氏は語る。

「中国は、あらゆる種類の協力に前提条件を付けることで、米国から譲歩を得られると思っている。特に、気候変動問題がそうだ。しかし、米国はそうした駆け引きには応じるつもりはない。グローバルな課題で協力を得るために、米側が中国に他の分野で譲歩することは考えられない」

実際、米政権は9月15日、米英豪による新しい安全保障枠組み「AUKUS」の創設を決め、さらに対中圧力に踏み込んだ。
米と全面対立の余裕はない

ただ、米中対立の基調は続くにしても、緊迫度は変わっていくかもしれない。舞台裏に光を当てると、強硬一辺倒とは異なる習政権の本音も浮かび上がる。これ以上、緊張が高まり、紛争の危険がさらに強まることは避けたいと考えているようなのだ。

興味深いのが9月10日、約7カ月ぶりとなったバイデン氏と習国家主席の電話協議だ。米側が申し入れ、90分間におよんだ。

会話の概要を知る米中双方の関係者によると、バイデン氏はインド太平洋への関与を深めるとしたうえで、米中衝突を防ぐため、両国が危機管理の枠組みづくりに取り組むよう説いた。

習氏は米国の対中政策に不満を示したものの、対話の推進に同意し、前回(2月)ほどには、とげとげしい態度をみせなかった。

バイデン氏、習氏はそれぞれ副大統領、国家副主席だったとき以来、約10年来の知り合いだ。両氏は電話で、米中の地方都市を一緒に訪れた思い出を語り合う一幕もあったという。
バイデン氏(左)と習氏は副大統領、国家副主席の時代からの知り合い(2011年、北京でのバイデン氏歓迎式典)=共同

中国の内政に目を向けると、習氏には米国と全面的に敵対している余裕はない。共産党内の権力を掌握したとはいえ、国内では格差への不満が広がる。米中対立で経済に大きな影響が広がれば、政治基盤も無傷ではすまされない。

習氏への表だった批判は聞かれないが、ここまで米国と敵対してしまったことに党内では不安や疑問の声も沈殿している。宮本雄二・元駐中国大使は分析する。

「習氏といえども今、米国と全面対立するのは避けたいのが本音だ。来年秋に任期延長をかけた共産党大会を控えるうえ、格差問題や巨大IT(情報技術)企業との摩擦も強まり、それどころではない。共産党幹部も、上から下までそうした実情は分かっている」

中国軍もあながち例外ではない。中国軍はオースティン米国防長官との電話協議になお難色を示しているが、8月下旬、局長級の軍事協議にひそかに応じ、対話のチャネルを開いた。

共産党の内情に詳しい中国の政治研究者は「中国軍首脳は今、台湾海峡などで米軍と全面戦争になったら勝ち目は薄いと分かっている」と解説する。

こうした内情を踏まえてか、習氏は9月21日(米東部時間)、国連総会でのビデオ演説で、海外で石炭火力発電所を新設しないと表明した。かねてバイデン政権が求めていた措置で、米国への明らかな秋波だ。

衝突を望まないのはバイデン氏も同じだ。21日の国連演説で「新冷戦を志向しない」と約束。米政権はその3日後、カナダで拘束された中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を解放した。
融和への転換は難しく

米中は激しい覇権争いのトンネルに入っており、ただちに対立が解け、融和に転じることはあり得ない。米主導の秩序を変えたい中国と、それを阻もうとする米国にはぬぐいがたい不信感がある。

それでも、厳冬ともいえる米中関係が、初冬や晩秋くらいに戻ることはあり得る。その見通しは、表面の攻防をながめるだけでは分かりづらい。厚いよろいに隠された習政権の悩める内実にも、貴重な手がかりが隠されている。

ニュースを深く読み解く「Deep Insight」まとめへDeep Insight

秋田 浩之

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

対米強硬、悩める中国 習氏も避けたい軍事衝突  (10:00)
米中対立、数十年続く 元米大統領補佐官が予測(25日 更新)』

(社説)米国とアジア 力の対抗より共存探れ

(社説)米国とアジア 力の対抗より共存探れ
https://www.asahi.com/articles/DA3S15056055.html?iref=pc_rensai_long_16_article

『「新冷戦や世界の分断は望まない」。バイデン米大統領が初めての国連演説で宣言した。

 その言葉どおり、大国間で陣営を争う外交ではなく、相互依存と信頼に基づく包摂の秩序づくりに尽力してほしい。

 クアッドと呼ばれる日米豪印4カ国の枠組みは、その試金石だ。中国を「最も重大な競争相手」とみる米国が主導し、今回は対面の首脳会議を開いた。

 国連でバイデン氏は、インド太平洋地域への関与を優先し、同盟国や友好国を重んじる方針を示した。4カ国の首脳会議はその結束を演出したものだ。

 トランプ前大統領は、アジアの国際会合にはほとんど出席しなかった。対照的に、米国が地域との関係を深める姿勢に転じたことは評価したい。

 一方、新たな「同盟重視」はどれほど真剣か、地域の安定に米国がどこまで責任を負う覚悟か、疑念もぬぐえない。

 それを痛感させたのが、アフガニスタンからの米軍撤退だった。同盟国との調整は乏しいまま強行され、結局、バイデン外交も「米国第一」ではないか、との不信を広げた。

 そんな折、米国は英豪との3カ国の安全保障枠組みも立ち上げた。豪州の原子力潜水艦建造への協力を発表したが、逆に契約を破棄されたフランスの怒りを買った。ここでも事前の調整がなかったようだ。

 米国がアフガニスタンで失った威信の挽回(ばんかい)を太平洋地域で急いでいるのならば、危うい。周到な意思疎通を欠く外交では、健全な同盟関係は保てない。

 中国への牽制(けんせい)に、前のめり感が目立つのも懸念材料だ。豪州の唐突な原潜配備は地域の軍事情勢に相当の影響を及ぼす。

 中国の軍拡と強引な海洋進出が緊張を高めているのは確かだが、対抗的な行動は慎重さを要する。単に力を競うだけでは、さらなる環境悪化と分断をもたらしかねない。

 多くのアジア太平洋諸国は、近接する大国・中国との対立を望まない。中国との共存共栄を最善のシナリオと考えるのは、日米豪印も同じである。

 バイデン氏は国連で「戦争の時代は幕を閉じ、外交の時代が始まった」とも述べた。ならばクアッドも軍事機構と一線を画し、地域の公益を求める連合体として活動していくべきだ。

 4首脳は今回、新型コロナのワクチン供給を筆頭に、気候危機やインフラ開発などへの取り組みを強調した。毎年首脳会議を開くことでも合意した。

 人権や法の支配などの原則の下でアジアの平和的発展をめざし、中国を巻き込む秩序を形成する。そんな建設的な枠組み運営を心がけてもらいたい。』

米中、駆け引き激化 ファーウェイ副会長を3年ぶり解放

米中、駆け引き激化 ファーウェイ副会長を3年ぶり解放
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN24DQG0U1A920C2000000/

『【ワシントン=鳳山太成、広州=川上尚志】バイデン米政権は24日、カナダで拘束された中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を解放した。中国も解放を前向きに捉えており、3年弱にわたる米中の懸案が1つ片付くことになる。もっとも、米は同社への制裁は続ける構えで、米中間の駆け引きが激しくなっている。

【関連記事】
・ファーウェイ副会長、中国へ出国 中国はカナダ人解放
・中国当局、カナダ人2人を解放 ファーウェイ幹部釈放で

米司法省は24日、誤りを認める代わりに起訴を猶予することで孟氏と合意し、米国への身柄の引き渡し要請を取り下げた。司法省は米国の制裁対象であるイランと違法に取引したとして、孟氏を銀行詐欺罪などで起訴していた。

孟氏はカナダで即日釈放され、中国へ出国し、25日夜に深圳宝安国際空港に到着した。孟氏は飛行機を降り立った後、中国メディアに対し「1000日以上の苦しみを経て、ついに祖国に帰ってきた。偉大な祖国と人民、共産党と政府の配慮に感謝する」と述べた。

カナダのトルドー首相は24日、中国当局に拘束されていた元外交官らカナダ人の2人が解放されたと発表した。拘束は中国の「報復」とみられ、中国とカナダの関係悪化にもつながっていた。

ブリンケン米国務長官は24日、カナダ人2人の解放について「中国政府の決定を歓迎する国際社会に賛同する」との声明を発表した。

中国外務省の趙立堅副報道局長は25日、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」で、孟氏の帰国を「お帰りなさい」と歓迎した。中国側にも今回の決定が米中の緊張緩和の糸口になることへの期待感があるとみられる。

25日夜、中国の深圳宝安国際空港に到着し、笑顔で手を振るファーウェイの孟晩舟氏=新華社・共同

孟氏の問題は米中間に長らく刺さったトゲだった。貿易戦争が激しくなるなか、ファーウェイ創業者の娘である孟氏が2018年12月にカナダで逮捕され、世界に衝撃を与えた。トランプ前政権はこれを機にファーウェイへの締め付けを一気に強めた。

司法省は19年1月、イランとの違法取引と米企業の秘密を盗み取った罪で孟氏とファーウェイを起訴した。商務省は同年5月に禁輸措置を発動。20年9月に制裁を強化し、半導体を調達しにくくなったファーウェイの経営は苦境に陥った。

バイデン大統領は中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席との首脳会談実現を探っている。中国側が訴えてきた孟氏の解放を認めることで、秋波を送る形になる。

米国は南シナ海や台湾、新疆ウイグル自治区の人権問題で中国に厳しく臨む一方、10月末に開幕する第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を前に気候変動対策では協力を求める。バイデン氏は9月中旬の電話協議でも習氏との意思疎通を深めたい意向を明確にした。

ただ、バイデン政権はファーウェイ自体への強硬姿勢は崩していない。司法省は24日、同社の違法性については引き続き公判で争うと表明した。商務省は「安全保障上の脅威」と断じ、禁輸措置の拡大も検討する。

米国の最大の目的はハイテク技術を抱えるファーウェイを締め付けて、中国の軍事力向上を阻止することだ。孟氏の解放はバイデン政権にとって切りやすい交渉カードの1枚だった。ただ議会の対中強硬派から批判を浴びる可能性がある。

一方、中国は孟氏の解放だけでなく、ファーウェイなど中国企業への制裁解除を求めている。ファーウェイは24日、米国の輸出規制によって21年のスマートフォン事業が300億~400億ドル(約3兆3000億~4兆4000億円)の減収になるとの見通しを明らかにした。米国側は強力な交渉カードを温存したままだ。

中国外務省の華春瑩報道局長は25日にホームページで「中国国民への政治的迫害事件で、中国のハイテク企業の弾圧が目的だ。孟氏に対する『詐欺』の告発は完全なでっち上げだ」と改めて米側を批判した。中国国営の新華社は孟氏の解放は「中国政府のたゆまぬ努力」の結果と伝え、習指導部の成果としてアピールした。

バイデン政権内では対中政策を巡り、硬軟両論が浮上する。強硬派は中国への新たな制裁を視野に入れた圧力強化を検討する一方、穏健派は脱炭素で中国との連携を優先する。米中が水面下で出方を探り合う展開が続く。

【関連記事】

・対中経済政策、米政権内で硬軟両論 「301条」も浮上
・米商務次官候補「ファーウェイ制裁を継続」 上院公聴会 』

中国スマホに監視機能か

中国スマホに監視機能か
リトアニア、不買呼び掛け
https://nordot.app/814019161127108608?c=39546741839462401

『【ベルリン共同】バルト3国のリトアニアの国防省は24日までに、国内で流通する中国スマートフォン大手、小米科技(シャオミ)の製品に「自由チベット」や「台湾独立万歳」など中国政府が警戒する用語を検出、監視する機能が内蔵されていたと発表した。中国製携帯の不買と購入済み製品の廃棄を市民に呼び掛けている。英BBC放送などが伝えた。

 発表は21日付。スマホはシャオミの「Mi 10T 5G」で、リトアニアのサイバーセキュリティー当局による調査で分かったという。』

対中経済政策、米政権内で硬軟両論 「301条」も浮上

対中経済政策、米政権内で硬軟両論 「301条」も浮上
産業界は「制裁関税撤廃を」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN21C3J0R20C21A9000000/

『【ワシントン=鳳山太成】中国に科す経済制裁の扱いを巡り、米政権内が揺れている。「通商法301条」に基づく新たな制裁関税の発動を視野に中国の産業補助金を調べる案が浮上。一方、気候変動対策で協力を得るため、強硬策を控えるべきだとの意見もある。産業界は制裁解除を求めており、バイデン大統領は慎重に判断する構えだ。

「強硬派と穏健派がそれぞれの提案を出している」。米政府関係者は政権内の現状をこう説明する。政権が発足した1月以降、対中政策を点検してきたが、まだ結論を出していない。

強硬派は圧力強化を主張する。新たな制裁発動に道を開く通商法301条に基づき、中国の補助金を調べる案が取り沙汰されている。トランプ前米政権は301条の調査で中国の知的財産権の侵害が不当だと認定し、2018年7月以降に制裁関税を課した。

米中ではトランプ前政権の20年2月、制裁緩和に向けた「第1段階の合意」が発効したが、補助金など構造問題は「第2段階」に先送りされていた。新たな制裁をちらつかせながら、中国を交渉の場に引き出し、不公正な貿易慣行の是正を迫る戦略だ。

一方、穏健派は圧力を強めれば、中国と温暖化対策で協調できなくなると主張する。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席はバイデン氏との9月上旬の電話協議で、米国の対中政策が関係悪化を招いていると述べ、修正を求めた。

ケリー米大統領特使(気候変動問題担当)は22日、米テレビを通じ、数週間内に中国を訪れると明らかにした。10月末からの第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を前に、脱炭素で中国の協力を引き出す狙いだ。

制裁緩和を求める米産業界は態度を明らかにしないバイデン政権に不満を募らせる。主な米経済団体は8月、中国との貿易交渉再開と制裁関税の撤廃を求める書簡を政権側に送った。

中国で事業を展開する米企業で構成する米中ビジネス評議会のクレイグ・アレン会長は「(制裁)関税は米国の損害だ。中国の補助金問題は世界貿易機関(WTO)で対処すべきだ」と強調する。

仮にバイデン政権が制裁緩和に動けば、22年秋の中間選挙を前に野党・共和党から「弱腰」と批判されるのは必至だ。301条調査を進めれば「(実際には)制裁を科さなくても、表面上、強硬姿勢を示せる」と、米政府関係者は解説する。

米企業は、中国以外からは調達が難しい特定品目に限り制裁関税の適用を免除する制度の復活を求める。バイデン政権がこれを受け入れれば、産業界の負担を減らしながら弱腰批判を避けられるとの見方はある。

バイデン政権は、日本や欧州連合(EU)と協調して対中政策を判断すると繰り返してきた。トランプ前政権はWTOで日欧と、中国の補助金問題に取り組んだ。米国が単独行動をとれば、日米欧の足並みが乱れる可能性もある。

中国と台湾は9月、環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を相次ぎ申請した。TPP復帰に慎重なバイデン政権はインド太平洋における通商の主導権争いで後れを取っている印象がある。対中で判断が遅れれば、同盟国が不信感を強めかねない。』

米、ネオジム磁石の輸入制限検討 中国依存のEV素材

米、ネオジム磁石の輸入制限検討 中国依存のEV素材
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN250A20V20C21A9000000/

『【ワシントン=鳳山太成】米商務省は24日、電気自動車(EV)のモーターなどに使われるネオジム磁石の輸入制限を検討すると発表した。輸入の増加で国内産業が弱り、安全保障上の脅威になっていないか調べる。中国への依存を減らしてサプライチェーン(供給網)を強化する狙いだ。

「通商拡大法232条」に基づき、ネオジム磁石の輸入が安保上の脅威となっていないか2022年6月までに調べる。同法では、輸入制限が必要と判断した場合に追加関税を課せる権限を大統領に与えている。

ネオジム磁石はミサイル設備や戦闘機など軍事用品のほか、EVや風力発電のタービン、磁気共鳴画像装置(MRI)、パソコンの記憶装置などに幅広く使われる。世界で生産地が中国に偏っており、バイデン政権は供給網の安定性の観点から問題視してきた。

バイデン政権が232条に基づく調査を実施するのは初めて。トランプ前政権はこの法律を活用して、日本など世界各国から輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課したほか、自動車への関税発動を検討した。欧州連合(EU)などとの貿易摩擦に発展した。

レモンド商務長官は声明で「商務省は米国の安保、技術のリーダーシップを守るため、サプライチェーンの強化に取り組む」と述べた。』

圧力か対話か ドイツの対中政策の行方

圧力か対話か ドイツの対中政策の行方
欧州総局編集委員 赤川省吾
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR240HL0U1A920C2000000/

『ドイツ連邦議会選(総選挙)が26日に行われ、4期16年の任期を終えてメルケル首相は退任する。次期政権の対中政策はどうなるのか。ドイツ政界における外交政策の論客への取材から考察してみる。

足元の各種世論調査では中道左派の社会民主党(SPD)が25%強の支持率で首位。僅差でメルケル首相の保守系のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が追う。メルケル政権では連立を組むSPDと保守系による接戦だ。続く主要政党では緑の党が15%強、中道・自由民主党(FDP)と極右・ドイツのための選択肢(AfD)が10%強、共産系の左派党が約6%という展開だ。

ドイツの総選挙は政党の得票率に応じて議席配分が決まる比例代表制がベース。過半数の議席を得るには5割近い得票率が必要となる。足元の情勢では左派・中道連立の「SPD+緑+FDP」もしくは保守・中道連立の「CDU・CSU+緑+FDP」という組み合わせが有力だとされる。

連立交渉のカギを握る緑の党とFDPはいずれも人権重視を党の看板に掲げ、中国に批判的な議員が多い。

例えば緑の党の外交担当、ノウリポーア連邦議会議員は対中強硬派の国際ネットワーク「対中政策に関する列国議会連盟(IPAC)」のメンバーだ。欧州連合(EU)の対中制裁を強力に後押しし、2022年開催の北京冬季五輪の外交ボイコットを訴える。取材に「中国と対話は続ける」と語ったものの、人権侵害には沈黙しないと何度も繰り返した。

FDPも中国に手厳しい。「近代的な独裁国家である中国への依存度を下げるべきだ」。同党の外交政策通、ラムスドルフ連邦議会議員(元欧州議会副議長)は取材に語ったことがある。

連立の組み替えで、これまで野党だった緑の党とFDPが与党入りすれば、強権国家により毅然とした姿勢で臨みそうだ。外交対話を探りつつ、非常にゆっくりとしたスピードで中国離れを進めていくことになると見られる。

ところが、そのシナリオが崩れかねない連立構想がある。SPDの党内左派が提唱する共産系の左派党との共闘だ。中道のFDPを外し、「SPD・緑の党・左派党」の左派連合で政権樹立を目指すべきだと党執行部に圧力をかけている。左派党は北大西洋条約機構(NATO)に懐疑的で、ロシアや中国など旧共産圏に郷愁を感じる党員も多い。

社会民主党の首相候補ショルツ氏(写真=ロイター)が党内左派を抑え込み、中道路線を歩めるかが焦点となる

SPDの首相候補ショルツ氏は党内右派の現実主義者。大きな政策変更は望んでいないが、党内左派に押し切られて左派党と組めば外交政策にも影響しかねない。NATO離脱などの激変はありえないが、強権国家には「制裁より対話」を意識したアプローチになるかもしれない。

そもそもSPDは冷戦時代、共産圏との融和を狙った「東方外交」を繰り広げたことがあり、その伝統が勢いを盛り返す可能性がある。

対中政策における論客のひとりが同党のシャーピング元党首だ。EUが対中制裁を発動すると同じSPDのガブリエル元副首相と連名で「破壊的な対立よりも協調の道を選ぶべきだ」と独紙に寄稿した。中国を孤立させるのではなく、対話で自由貿易の世界につなぎとめることが大切だと訴えたのだ。

シャーピング氏に取材すると「難しい関係であればあるほど、対話を続けなければならない」と強調した。制裁で脅すのではなく、むしろ「気候変動やテロ、大量破壊兵器(の削減)などのグローバルな課題」で中国と協力すべきだとも語った。

欧州議会が審議を凍結した中国との投資協定は「批准すべき」だという。中国寄りというよりドイツ企業の利益を代弁した発言のようにも聞こえる。ドイツ国内には中国との投資協定を求める声がそれなりにある。

結局のところ「SPD・緑の党・左派党」のなかでは緑の党の対中強硬色は薄まり、対中政策を巡る米国との温度差が際立つようになるのは間違いない。ドイツからすれば「全方位外交」のつもりでも、中国との対決姿勢を強める英米豪などからみれば「ドイツは弱腰」と映るかもしれない。

危ういのは民主主義陣営の亀裂が強権国家のチャンスになりかねないことだ。欧州の未来を左右するドイツの連立交渉から目が離せない。

【関連記事】「中国との投資協定批准を」ドイツ社民党元党首に聞く 』

「中国との投資協定批准を」ドイツ社民党元党首に聞く

「中国との投資協定批准を」ドイツ社民党元党首に聞く
欧州総局編集委員 赤川省吾
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2409I0U1A920C2000000/

『ドイツ国防相や、全欧州の社民勢力のとりまとめ役などを歴任したドイツ社会民主党(SPD)のシャーピング元党首はドイツで対中関係の論客として知られる。欧州連合(EU)が中国の新疆ウイグル自治区における人権侵害を問題視し、対中制裁に踏み切ると、同じSPD出身のガブリエル元副首相と連名で「破壊的な対立よりも協調の道を選ぶべきだ」と独紙に寄稿した。人権を重んじる欧州で、なぜ中国配慮ともとれる発言をするのか。真意を聞いてみた。

――EUは中国を体制上のライバルと見なしていますが、あなたは対話にこだわります。SPDの伝統的な東方政策(共産圏融和策)の立場ですか。

「SPD出身のブラント首相(在任1969~74年)のデタント政策はドイツだけでなく、北大西洋条約機構(NATO)内でも激しい論争を巻き起こした。だが(共産圏との)平和的共存への扉を開き、欧州に平和をもたらし、最終的には欧州統合を可能にした。これは(ブラント氏の)東方政策と、(東西ドイツ統一を決断した)コール首相の断固とした判断のおかげだといえる」

「私と中国の接点は1980年代初頭にさかのぼる。飢餓の恐ろしさ、文化大革命の恐怖を知る人たちに会った。それから中産階級は着実に増えた。重要なのは鄧小平氏の改革開放路線で平均余命がほぼ倍に伸び、教育と医療制度が大きく改善されたことだ。これを尊重しなければ、法の支配、公正な競争、あるいは知的財産の保護など我々が解決したい問題について話し合うことができない」

――ドイツ政府はインド太平洋にフリゲート艦を派遣しました。明らかに中国への政治的警告です。

「そう思わない。平和構築を願う意志のシンボルだ。(欧州という)価値観共同体は対極をつくることで存在意義を示すものではない」

――オーストラリアがフランスとの契約を破棄し、英米と協力して原子力潜水艦を配備します。

「どのように安全保障上の利益を追求するか、誰をパートナーに選ぶのかはオーストラリアに決める権利がある。ただ契約済みのものが尊重されなかったことは憂慮すべきだ。これを教訓に欧州は外交・安全保障政策で統合を深めるのが望ましい」

――今後の対中政策のあるべき姿は。

「東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)で世界最大級の自由貿易圏が生まれる。ドイツおよび欧州はうまい戦略を描かないといけない。環境などを含めた共通ルールが世界経済には必要で、そのためにはパートナーがいる。だからこそ欧州議会は(審議を棚上げした)中国との投資協定を批准すべきだ」

「対中政策では自らの利益を明確に順序づけるべきだ。気候変動やテロ、大量破壊兵器(の削減)などのグローバルな課題で共通の答えを見つける必要がある。これは中国と一緒でしかできない」

――EUは中国を含めた強権国家に人権や法の支配を尊重するよう求めています。この路線に反対ということですか。

「優先順位を間違えてはならない。グローバルな課題、例えば気候変動ではアフリカや南米、そしてアジアと協力して効果的な改善策を見つける必要がある。(中国などと対立に動く)ドイツ、そして欧州は優先順位が曖昧で不完全だ。変わることを期待したい。あらゆる場所で人権と法の支配は守られるべきだ。だが対等な対話とは相手の視点を知り、尊重することでもある。そうでなければ会話が成り立たない」

――EUは人権侵害を理由に中国に制裁を科しました。

「誤った対応だ。難しい関係であればあるほど、対話を続けなければならない。時には明確で厳しい対応が必要だが、外交は(有権者におもねる)内向きの動機でなされてはいけない」

――主要7カ国(G7)で対中制裁に加わっていないのは日本だけです。しかしジャーナリストとして中国における報道の自由には問題があると言わざるを得ません。

「(欧米諸国と日本の)人権や法の支配などを巡る見解の違いはよく知られている。だが日本の方が、相手のメンツを傷つけない外交センスを持ち合わせているかもしれない。1990年代初頭に天皇が訪中した際、第2次世界大戦中の出来事について(直接的な表現を避け)極めて丁寧な言葉遣いをしたが、これは欧州にとって理解しがたいものだった。歴史的、政治的な問題は多面的だ」

――習近平(シー・ジンピン)体制で中国は強権化しました。もはや以前の中国とは違います。私は対話だけで歯止めになるとは思えません。

「少なくとも試してみることはできる。対話と競争、そしてリアリズムに基づいてだ。中国について語るとき、(欧米列強の侵略による)19世紀の屈辱や20世紀の日本の役割、つまり第2次世界大戦中の残虐行為を忘れてはならない」

――欧州はアフガニスタンで民主主義を定着させようとして失敗しました。軍事介入は誤りだったのでしょうか。あなたは介入開始時、国防相でした。

「駐留は間違いではなかった。(米国とイスラム主義組織タリバンが2020年に結んだ)ドーハ合意が決定的な誤りだった。当時のトランプ米大統領が見返りなしに具体的に(撤兵を)約束した。過去最悪の国際合意だ。アフガンでは長年にわたり戦乱が続き、氏族などが入り乱れ、汚職がはびこり、武器があふれ、麻薬(の原料)が栽培されている。法の支配と人権で進展があるには、現地の人たちが望むように長期の包括的な対策が必要だった」

――軍事作戦がこれほど長く続くと予想していましたか。

「20年以上かかると想定していた。民間復興と法の支配の確立が早く進むと思っていたが、残念ながら予想が外れた」

――バイデン米大統領が撤兵を撤回しなかったのが間違いでは。

「評価を避けたい。バイデン氏はトランプ氏のせいで深く分裂した国の大統領になった。彼は政策に優先順位をつけないといけない。それを考慮すれば(撤兵は)理解できる。これは欧州への警鐘だ。欧州はより強く、より包括的なグローバルプレーヤーになるべきだ」

――世界は分断され、強権的な国が増えています。民主主義陣営は、人権や報道の自由、民主主義、男女同権といった価値観をどう守るべきですか。

「(強権国家とは)協力、対話、競争が必要で、どうしても必要な場合には紛争に備える必要がある。対立や見解の相違も指摘できるようにしないといけない。ただ、これは軍事的な衝突を意味しない。非常に丁寧に、できれば外交的に、共通の利益を求めるべきだ。民主主義には絶え間ない闘いがあり、天から与えられるものではない。つねに民主主義の強化を図り、時には防衛することが必要になる」

(聞き手は欧州総局編集委員 赤川省吾)

Rudolf Scharping 社会民主党(SPD)の元党首で、独西部の州首相やシュレーダー前政権の国防相などを歴任した。現在はコンサルティング会社を立ち上げ、ドイツ企業の中国ビジネスを支援する。 』

米、ファーウェイ副会長の中国帰国を容認

米、ファーウェイ副会長の中国帰国を容認 司法取引で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN24CVW0U1A920C2000000/

『【ワシントン=鳳山太成】カナダで拘束された中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を巡り、米司法省は24日、中国帰国を容認することで同氏と合意した。司法取引が成立し、即日釈放された。米中対立の懸案が1つ解消する。

孟氏は24日、米東部ニューヨーク州の裁判所にオンラインで出廷した。米司法省によると、同氏は米国の制裁対象であるイランとファーウェイの取引を続けるため、金融機関に誤った説明をしたことを認めた。同省は代わりに起訴を猶予し、米国への身柄引き渡し要請を取り下げる。同氏はカナダ西部バンクーバーで即日釈放された。

孟氏は2018年12月、米政府の要請に基づき、バンクーバーの空港で逮捕された。米司法省は19年1月、同氏とファーウェイを銀行詐欺罪などで起訴した。後に保釈され、米国に身柄を送還すべきか判断する審理がカナダの裁判所で続いていた。同氏は一貫して無罪を主張してきた。

ファーウェイは日本経済新聞の取材に「コメントできない」とした。

ファーウェイの創業者の娘である孟氏の身柄を巡って米中は対立してきた。トランプ前政権は米国法で同氏を裁くため、米国に身柄を送還するようカナダに求めた。

中国の習近平(シー・ジンピン)指導部は、孟氏を中国に帰国させるよう繰り返し要請してきた。中国は元外交官らカナダ人2人を拘束し、中国とカナダの外交問題にも発展した。

バイデン政権はファーウェイを安全保障上の脅威と断じ、トランプ前政権が課した禁輸措置を続ける構えをみせている。孟氏が中国へ帰国しても、ファーウェイを中心とした米中のハイテク摩擦は終わらない。

【関連記事】米中、駆け引き激しく ファーウェイ副会長を3年ぶり解放
この記事の英文をNikkei Asiaで読む 』

【寄稿】クジラ同士の戦いでエビはまたとばっちりを受けるのか

【寄稿】クジラ同士の戦いでエビはまたとばっちりを受けるのか
米中の包容時代は終わった

ホワイトハウス・国務省のアジア担当部局に中国専門家
香港・ウイグル・北朝鮮人権・貿易など
重要経済分野で中国に圧力、対立予想
(記事入力 : 2021/02/14 07:14)
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/02/10/2021021080191_3.html

 ※ 非常に良い分析だ…。

 ※ 米中対立の構造を解析しようとする場合の、鋭い視点を提示している…。

 ※ 「潜在的モデル」と言っているが、むしろ、「層構造」と捉える方がいいだろう…。

 ※ 米中は、そういう「層構造」の中で、対立したり協調したりして行く…。

 ※ そうして、「周辺国」は巻き込まれ、「対応」「立ち位置」を決定して行くことを迫られることになる…。

『韓国には「クジラの喧嘩にエビの背中が裂ける」ということわざがある。このことわざは韓国が米国、中国の競争を懸念する際によく使われる。中国と米国が衝突すると、韓国もとばっちりで不利な状況に置かれることを指した表現だ。トランプ政権でもそうだった。南シナ海での航行の自由、香港の民主主義と人権、5Gネットワークからの華為(ファーウェイ)外し、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題などで韓国は選択を強要された。

 バイデン大統領はまだ確定的な政策を発表していないが、それでもいくつか確実な部分がある。まず、米国が中国を「責任ある利害関係者(responsible stakeholder)」として扱った時代は終わった。オバマ政権でアジア担当補佐官だったカート・キャンベル、エリー・ラトナーの両氏は中国を「包容対象」から「戦略的ライバル」へと転換した最初の人物たちだった。彼らは中国が自由貿易秩序を利用するばかりで、政治的に開放することも、国際システムに実質的に寄与することもなかったことから、包容政策は失敗に終わったと宣言した。

 第二に、トランプ前大統領とは異なり、バイデン大統領の外交・安全保障チームは中国を相手にした経験が豊富だ。ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)でインド太平洋調整官に就任したカート・キャンベル氏はオバマ政権で「アジアへの中心軸の移動(Pivot to Asia)」政策を立案した人物だ。NSCのアジア担当部局には中国の専門知識を備えた外交官エドガー・ケーガン氏、国務省とNSCで中国を担当した経歴を持つローラ・ローゼンバーガー氏がいる。国務省のアジア担当部局はベテランの中国専門家であるダニエル・クリテンブリンク駐ベトナム大使が率いるといううわさだ。』

第三に、それでもトランプ政権当時のように鋭く刃を立てることはできないとみられることだ。政策が柔軟化するという意味ではない。政策は依然として競争的でも外交的なレトリックはこれまでより侮辱的、敵対的ではなくなるという意味だ。

 バイデン大統領の中国政策について、4つの潜在的モデルを予測することが可能だ。ある1つのモデルにばかり従うことはないだろう。むしろ当面する問題によって、異なる人物が異なるモデルで引き続き緊張と綱引きの状況をつくり出すだろう。

 このうち、1つのモデルが「戦略的権力競争」だ。すなわち、米国と中国による物理的な力の競争だ。このモデルでは両国政府を率いる人物がバイデン大統領と習近平国家主席であることは特に重要ではない。2つの大国はシステム内で地位のために幅広く競争せざるを得ない。こうした戦略的競争関係は領土、世界的なルールと規範、国際間での政治的権威という国際システムの3つの側面で米ソ冷戦と同様の様相になるだろう。

 2つ目の衝突は貿易のいくつかの分野で展開されている激しい競争だ。例えば、新型コロナウイルスの大流行で医薬品とハイテク分野の脆弱性が浮き彫りとなったが、これら分野のサプライチェーン復元が重要な競争領域になる可能性がある。人工知能(AI)、宇宙開発、次世代の無線通信、モノのインターネット(IoT)など4つの産業革命分野も重要なフィールドだ。中国の技術に対する依存度を軽減している分野でもある。韓国は既に5Gネットワークから中国・華為の設備を排除するよう求める米国の要求でこの問題をある程度経験している。』

『米中の競争関係で3つ目のモデルは価値観と民主主義が焦点だ。トランプ政権は両国関係で民主的価値と人権増進に関心を払わなかったが、バイデン政権は異なるだろう。香港、ウイグル、北朝鮮などどこについても米国が中国を追及し、伝統的な人権議題に回帰するとみられる。

 4つ目のモデルは世界が共に直面した「世界的脅威」に関するものだ。これまで述べた3つのモデルは競争と関係あるが、4つ目は協力志向的だ。最も確かな例は世界のあらゆる指導者がウイルスを抑制し、ワクチン接種を早めるために努力しているコロナ問題だ。このカテゴリーでバイデン政権が最も強調するであろう問題は気候変動だ。バイデン大統領は気候政策があらゆる政策で普遍的な要素になることを明確にした。気候専門家のブライアン・ディーズ氏を国家経済会議(NEC)委員長に任命し、コロナ後の「グリーン経済回復計画」を立案していることからも確認できる。外交面でもジョン・ケリー元国務長官を気候変動対策の大統領特使に任命した。ケリー氏の任命は環境だけでなく、安全保障、経済、政治などNSCが下す決定が気候変動の面で天びんにかけられることを意味する。米中関係の3つのモデルは持続的な競争を起こす可能性が高いが、気候問題が米中関係にどんな影響を与えるかはまだはっきりしない。ケリー氏は中国と協力的な対話を推進し、2060年までにカーボンニュートラルを達成するという中国の約束を激励し、努力するはずだ。気候問題は過去2つの政権よりも重要な変数になるだろうが、他の3つの競争モデルを相殺するほど十分な協力的刺激を与えるかどうかは確かではない。

ビクター・チャ=米戦略国際問題研究所(CSIS)韓国専門家 』

試される対中包囲網 TPPが覇権争いの場に

試される対中包囲網 TPPが覇権争いの場に 
日本は台湾申請「歓迎」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA232DY0T20C21A9000000/

『環太平洋経済連携協定(TPP)は中国に加えて台湾も加盟を申請したことで、自由主義と権威主義の覇権争いの舞台の様相を呈してきた。茂木敏充外相は23日、台湾の申請を「歓迎したい」と表明したが、加盟国の対応には温度差がにじむ。本来は対中包囲網を期待されたTPPにとって試練となる。離脱した米国が身動きをとれない中、自由主義陣営の一角として日本は重責を担う。

訪米中の茂木氏は23日(現地時間22日)のオンライン記者会見で「台湾は自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有し、密接な経済関係を有する極めて重要なパートナーだ」と強調した。「台湾がTPPの高いレベルを完全に満たすかどうかしっかりと見極める必要がある」とも説明した。

16日に加盟申請した中国には「歓迎」といった表現は使わず、「高いレベルを満たす用意ができているかしっかり見極める必要がある」と述べるにとどめていた。台湾への対応との差が浮き彫りになった。

TPPは高水準の自由化や透明性の高い投資ルールなどを共有する巨大経済圏をつくり、自国に都合の良いルールをめざす中国を押さえ込む狙いがあった。米国の離脱で盟主が不在となった隙をついて中国が加盟申請した。加盟が認められれば、その後の新規加盟に拒否権を持つ。

環太平洋連携協定(TPP)への加入申請の経緯などを説明する台湾行政院の鄧振中政務委員=23日、台北(行政院提供・共同)

台湾の通商交渉トップは23日の記者会見で、中国が先に加盟すれば台湾が「不利」になるとの判断が加盟申請につながったと表明した。

中国はオーストラリアが新型コロナウイルスの発生源について独立調査を求めたことに反発し、同国からの輸入品に高関税を課したり、輸入を制限したりした。自由な国際秩序を軽視する中国を受け入れれば、TPPの本来の役割がゆがむおそれがある。

台湾海峡を巡って中台対立が緊迫する中、安全保障の観点からの判断も問われる。TPP加盟には現メンバー国の全会一致の同意が必要となる。

加盟国の多くは様子見姿勢だ。カナダの外務省は22日、台湾の申請について日本経済新聞の取材に「参加には高い基準と野心的な市場アクセスの約束を満たし、順守することが求められる」との説明にとどめた。

オーストラリアのテハン貿易・観光・投資相も23日、「他の加盟国と協力し、総意に基づいて台湾の申請を検討する」と述べるにとどめ、姿勢を明確にするのは避けた。中国の加盟申請に歓迎の意向を表明したシンガポールとマレーシアは、台湾の申請に関しては態度を明らかにしていない。

中国側は中国大陸と台湾が1つの国に属するという「一つの中国」を唱える。台湾の加盟を阻止するため、関係国への外交的な圧力を強める公算が大きい。TPP参加国は自由なルールの堅持で結束を堅持できるかどうかが試される。

外務省の発表によると、茂木氏は記者会見に先立つブリンケン米国務長官との会談で米国にTPP復帰を促した。しかし今のところは望み薄だ。

バイデン米大統領が支持基盤として重視する労働組合はTPPに反対する。野党・共和党でも復帰に否定的な意見が根強い。与党・民主党の苦戦が予想される2022年秋の中間選挙を前に、あえて危険を冒す政治的な余力は乏しい。

サキ大統領報道官は再加盟の交渉段階には「明らかに達してない」と語る。加盟国が中台の間で中国側になびかないよう、外部から外交で働きかけるしかない。

主要7カ国(G7)の一角として自由主義陣営が主導する国際秩序を守る立場の日本は重責を負う。訪米中の茂木氏はTPP加盟交渉中の英国のトラス外相とも会談し、加盟交渉について話し合った。

伝統的に自由貿易の志向が強い英国の加盟交渉なども通じ、高水準の貿易自由化や透明性あるTPPのルールを強固にすることで、中国に対しても妥協しない姿勢が求められる。

【関連記事】
・TPP、米国の復帰こそ先決 中台申請を機に決断促せ
・台湾、TPP加盟申請を発表 中国反発でも加入に強い意欲
・中国、台湾TPP加盟申請「断固反対」 外務省副報道局長

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

福井健策のアバター
福井健策
骨董通り法律事務所 代表パートナー/弁護士

コメントメニュー
分析・考察 一番避けるべきは、中・米といった非メンバーの大国の加入問題でゴタゴタして、現在のTPPの運営がおろそかになることでしょう。

TPP11は既にGDPは世界の13%、人口はEUをしのぎます。それが過去3年間で何を達成できたのか、この先どんな協力を進めて何を対外発信するのか、これが第一ではないでしょうか。

例えば高い知的財産権保護と言いますが、実際にはメンバーのベトナムはオンライン海賊版の中心地で、海賊版対応の域内協力などまだまだです。

中国がどう宿題をクリアするかなどは中国側に考えさせて何度でも説明させれば良く、まずはTPP11がどう良いネットワークを構築するかだと思えます。

2021年9月24日 8:01 (2021年9月24日 8:29更新)
いいね
25

渡部恒雄のアバター
渡部恒雄
笹川平和財団 上席研究員

コメントメニュー
分析・考察 TPPが中国に対して持つ「戦略性」については米国内でも意見が分かれてきました。

TPP推進を進めたオバマ政権時代に、バイデン政権のキャンベルNSCインド太平洋調整官が、中国を念頭にTPPは戦略的なものと発言したところ、同じ政権のUSTRの次席がTPPに戦略性はないと反論したことがありました。

現在のバイデン政権はそこまで意見は割れていないにしても、民主党の支持組織の労組の立場を考えると参加は難しそうです。

米国離脱後のTPPを主導してきた日本が、米国の緊密な同盟国でTPP加盟国のオーストラリアやカナダなどと、本来の戦略的目標「中国の国際ルール尊重」を達成させる方向で動くことが重要です。

2021年9月24日 7:58いいね
20 』

台湾、TPPに加盟申請 中国の反発必至

台湾、TPPに加盟申請 中国の反発必至
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM22D0C0S1A920C2000000/

『【台北=中村裕】台湾当局が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を22日に正式に申請したことが分かった。23日に当局者が詳細を発表する。すでに事務局の役割を担うニュージーランド政府に申請書類を提出し、すべての加盟国に参加への支持を要請した。

台湾の行政院(内閣)が22日夜、明らかにした。TPPを巡っては台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権と対立を深める中国が16日に加盟申請したと発表したばかり。台湾の加盟には中国が反発するのは必至で、加盟交渉は難航が予想される。

【関連記事】
・対中姿勢、迫られる踏み絵 台湾もTPP加盟を申請
・台湾のTPP加盟、根回し不足の申請に 実現に難題多く
・TPP、米国の復帰が先決だ 中台申請を機に決断促せ 

TPPには現在、日本など11カ国が加盟しており、英国も2月に加盟を申請している。参加にはすべての加盟国の同意が必要となる。台湾は中国の参加のもとで2022年1月の発効をめざす東アジアの地域的な包括的経済連携(RCEP)には加わらず、TPP加盟と米国との自由貿易協定(FTA)締結を目指してきた。

台湾はTPP加盟国のうち、ニュージーランドとシンガポールの2カ国とすでにFTAを結んでいる。蔡政権はこれまで非公式にTPPへの加盟希望を関係国に伝えてきたが、中国の加盟申請の発表を受けて、作業を急いだ可能性が高い。

台湾のTPP加盟に向けたハードルは高い。中国大陸と台湾は1つの国に属するという「一つの中国」を唱える中国の習近平(シー・ジンピン)政権は、台湾の加盟阻止に向けた関係国への外交的な働きかけを強めるとみられる。

中国共産党系メディアの環球時報(電子版)は22日、台湾のTPP加盟申請について「かく乱だ」と批判した。国務院台湾事務弁公室の報道官が「中国と国交を結んだ国が台湾と協定を締結することに断固反対する」とコメントしたとも伝えた。

一方、台湾当局は民主主義の価値観を共有する日本などに加入を支持するよう強く働きかける方針。今後、中台のTPP加盟を巡る外交的な駆け引きが激しくなりそうだ。

中国からの圧力が強まるなか、蔡政権は米国とのFTA交渉にも動いている。6月には米国と1994年に署名した「貿易投資枠組み協定」に基づく協議の再開にこぎ着け、FTA交渉への準備作業を開始した。

【関連記事】
・TPPとは データ巡り厳しいルール
・中国、知財保護の戦略発表 TPP加入を意識か
・中国、TPP加盟を正式申請 アジア貿易主導権狙う
・中国が放ったくせ球 TPP加盟申請、日米分断の思惑も
この記事の英文をNikkei Asiaで読む 』

台湾のTPP加盟、根回し不足の申請に

台湾のTPP加盟、根回し不足の申請に 実現に難題多く
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM22EF30S1A920C2000000/

『【台北=中村裕】台湾当局が22日、環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請したことを明らかにした。23日に詳細を公表する。ただ、中国は台湾の加盟に強く反対する方針。米国がTPPから離脱した現在、中国の圧力を受けながら台湾の加盟を強力に後押しできる国は乏しいのが実情だ。

TPPには現在、日本やオーストラリアなど11カ国が加盟している。参加するためには、加盟国すべての同意が必要となる。台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権はかねてより中国に依存した経済からの脱却を図るため、TPP加盟に意欲を見せていた。加盟国と水面下で協議も持ち、賛成票を得るための根回しを続けている段階にあった。

TPP加盟国には、中国と強い貿易関係で結ばれる南米のチリやペルーや東南アジアの国々が多く含まれる。台湾が拙速にTPP加盟申請を行えば、中国が加盟各国に圧力をかけることも予想された。そのため、台湾は慎重に各国と話を進め、大方の同意が得られてから、正式にTPPの加盟申請を行う段取りを描いていた。

しかし中国が突如、16日に台湾に先んじてTPPへの加盟を正式申請したと発表した。中国がTPPへの加盟手続きを進め、参加国との関係を強めれば、さらに台湾のTPP加盟へのハードルが高くなる。国際的な孤立が深まる恐れもあることから、台湾当局は加盟申請を急いだとみられる。

台湾のTPP加盟の実現には難題が多い。最大の問題は中国だ。22日夜、台湾のTPP加盟の正式申請の報道が伝わると、即座に中国共産党系メディアの環球時報(電子版)が「かく乱だ」などと批判した。

中国がTPPに加盟できなくても、台湾の加盟には大きな困難が伴う。加盟各国との根回しが十分に終わらないまま、TPPへの加盟申請を行うことになったためだ。今後、中国が台湾の加盟を阻止するために、経済力をテコに東南アジアなどの加盟国に対する働きかけを強める可能性が高い。

こうした中国の行動をけん制し、台湾の加盟を後押しすることも予想された米国がTPPに参加する意欲を失ってしまったことも台湾にはマイナスになっている。

TPPを主導する日本とも大きな問題を抱える。台湾は東日本大震災からの10年余り、福島県や茨城県など5県の農産品の輸入を全面禁止にしてきた。台湾では今でも5県産の農産品の輸入に対する市民の反対が根強い。TPPへの加盟のために輸入解禁を強行すれば、反対運動が起こって政権運営を揺るがしかねない事情がある。

【関連記事】
・台湾、TPPに加盟申請 中国の反発必至
・対中姿勢、迫られる踏み絵 台湾もTPP加盟を申請
・TPP、米国の復帰が先決だ 中台申請を機に決断促せ 
・茂木外相「台湾のTPP加盟申請を歓迎」』

対中姿勢、迫られる踏み絵 台湾もTPP加盟を申請

対中姿勢、迫られる踏み絵 台湾もTPP加盟を申請
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA22DEE0S1A920C2000000/

『中国に続き、台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請した。加盟が認められれば、その後の新規加盟に拒否権を持つため、日本などの加盟国は事実上、中国と台湾のどちらかを選ぶ踏み絵を迫られる。安全保障の観点も交えた難しい判断が求められる。

【関連記事】
・台湾、TPPに加盟申請 中国の反発必至
・試される国際秩序、中国TPP申請 貿易・安保切り離せず

「民主主義や法の支配を守る台湾の加入申請を政府として前向きに受け止める」。外務省幹部は22日夜、日本経済新聞の取材に対しこうコメントした。

台湾は日本とは自由貿易協定(FTA)を結んでいない。「協定の内容に特化した非公式協議をしたことがないため加盟のハードルは未知数」(日本政府の通商政策担当者)という。

それでも中国が申請した際に「高いレベルを満たす用意が本当にできているのかどうか見極めていく必要がある」などと閣僚が慎重姿勢を示したのとは対照的だ。

TPPは日本やカナダ、オーストラリアなど11カ国が参加する大型連携協定だ。新たに加盟する際には既存の参加国が全会一致で認める必要がある。対立する中台のどちらかが加盟すればもう片方の加盟は難しくなる。

既に加盟国の間で温度差が出ている。中国の加盟申請に対し、シンガポールとマレーシアは歓迎する立場を表明した。一方、メキシコは慎重な姿勢だ。中国が入れば、TPPを離脱した米国を引き戻すのが難しくなる。メキシコの最大の貿易相手は米国で、米中の摩擦が深まる中で、中国の加盟に支持は打ち出しにくい。

オーストラリアも難色を示す。同国が新型コロナウイルスの発生源に関して独立調査を求めたことに反発した中国は、豪産大麦やワインへの高関税や、石炭などの輸入制限の措置をとった。テハン貿易・観光・投資相は中国が高関税などの問題を解決しない限りは、中国の交渉入りを支持しない姿勢を示唆する。

TPPを巡っては、先に加盟申請した英国との調整が本格化している。英国との交渉入りの際には、加盟国の閣僚らで現行ルールを守ってもらう方針を確認した。中国や台湾も同様に、まずは高水準の貿易自由化や透明性あるルールを受け入れるのが前提となる。

6月の主要7カ国首脳会議(G7サミット)の共同宣言に「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」と盛り込むなど、台湾を巡る動きは米中対立の最前線といえる。

相次ぐ加盟申請でTPPがその重要な舞台の一つとなり、経済だけでなく安保面も考慮した外交面の駆け引きが激しさを増すことになる。

(江渕智弘、金子沙月)

【関連記事】
・TPP、米国の復帰が先決だ 中台申請を機に決断促せ 
・台湾のTPP加盟、根回し不足の申請に 実現に難題多く
・茂木外相「台湾のTPP加盟申請を歓迎」
・中国、TPP加盟を正式申請 アジア貿易主導権狙う
・中国、知財保護の戦略発表 TPP加入を意識か 』

米中首脳、衝突回避へ駆け引き 国連総会舞台に

米中首脳、衝突回避へ駆け引き 国連総会舞台に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2234Q0S1A920C2000000/

『【ニューヨーク=中村亮、北京=羽田野主】バイデン米大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が21日(米東部時間)、対立を深める両国の関係のあり方を巡って国連総会の演説で駆け引きを繰り広げた。習氏は気候変動対策をめぐる米欧との協調の可能性をちらつかせた。バイデン氏も中国との「新冷戦を志向しない」と発言。衝突回避に向けた対話のシグナルを送った。

習氏は国連総会の一般討論でビデオ演説し、海外で石炭火力発電所を新設しない考えを表明した。これは米国のケリー大統領特使(気候変動問題担当)が8~9月に訪中し、中国共産党の序列7位の韓正(ハン・ジョン)副首相らとオンラインで協議した際に中国側に求めた内容とされる。

国連総会の一般討論で習氏が演説するのは2年連続だ。今年はもともと副首相クラスが出る予定だったが、急きょ習氏の登板が決まり、演説の日程も繰り上がった。米欧の関心の高い気候変動問題でトップ自らが協調姿勢を示すことで、さらなる米国との関係悪化を回避する思惑が透ける。

バイデン氏は演説で中国を念頭に「大国は競争が衝突に発展しないように、関係を慎重に管理する責任がある」と呼びかけた。バイデン氏は9月に習氏と電話協議し、緊張緩和に向けて努力することで一致した。台湾海峡や南シナ海では米軍の艦船が往来し、中国も軍事演習をくり返しており、偶発的衝突のリスクが高まっている。それだけに米中双方とも対立のエスカレートへの危機感は強い。

ただ、政策面では米中の立場の隔たりは大きい。バイデン氏は気候変動対策では「今後10年間が世界共同体としての我々の将来を決定づける」と語り、中国に協力を訴えた。

習氏は二酸化炭素(CO2)の削減目標について「2030年までに排出量がピークを迎え、60年までに実質ゼロを達成するには厳しい努力が必要だが、全力を尽くす」と述べるにとどめた。昨年表明した削減目標をなぞった形で、目標の深掘りを求めてきた米国に譲らない姿勢をみせた。

【関連記事】
・バイデン氏「米中新冷戦を志向せず」 初の国連演説
・習氏、海外の石炭火力建設中止を表明 国連演説で

民主主義など基本的な価値観を巡る対立も改めて浮き彫りになった。バイデン氏は「権威主義者は民主主義の時代の終わりを主張しようとするが間違っている」と断言した。バイデン氏は民主主義陣営と、中ロを軸とする強権主義陣営が競争状態にあるとみており、同盟国に結束を改めて促した。

一方で習氏は米軍のアフガニスタン撤収後の混乱を念頭に「外部からの軍事干渉と民主改造が際限のない害を及ぼすことを改めて証明している」と批判した。米国によるアフガン民主化の失敗例を挙げて、民主主義が最善の政治体制ではないと訴える狙いがあったとみられる。

米主導の対中包囲網づくりを揺さぶる構えもみせた。米国と英国、オーストラリアの新たな安全保障の枠組みを念頭に「小さなサークル作りを切り捨てなければならない」と発言した。豪州が潜水艦配備を巡る協力国をフランスから米英に乗り換えたことについて、仏や欧州連合(EU)が強く反発している。

バイデン氏は欧州との関係の立て直しに追われた。21日にモリソン豪首相やジョンソン英首相とそれぞれ会談し、対中政策で協力を深化させることで一致した。ブリンケン米国務長官は22日、ニューヨークでEUのボレル外交安全保障上級代表と会談し、米英による豪州の原潜配備への支援に理解を求める見通しだ。

マクロン仏大統領は国連総会での演説を取りやめた。米国との関係悪化が理由との見方が出ている。米仏首脳の電話協議は22日に開かれる見通しだが、関係修復には時間がかかる可能性がある。

【関連記事】
・米豪首脳、対中国へ欧州と協力 潜水艦問題の火消し急ぐ 
・マクロン氏、国連総会演説取りやめ 米に反発か 』

台湾有事「6年以内」に現実味 前米軍司令官

台湾有事「6年以内」に現実味 前米軍司令官 
習政権の長期化念頭に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN21DMO0R20C21A9000000/

『米インド太平洋軍の司令官を2021年春まで務めたフィリップ・デービッドソン氏は日本経済新聞の取材に応じ、中国が今後6年以内に台湾を侵攻し、力づくで併合する展開が「一段と現実味を帯びている」と語った。根拠として「2027年に到来しうる習近平(シー・ジンピン)体制の節目」を挙げ、中国の内政事情が動因になるとの認識を示した。

デービッドソン前司令官は退任前の3月、米上院軍事委員会の公聴会で中国による「6年以内」の台湾侵攻の可能性に言及し、米軍内の危機意識を示す発言として注目を集めた。同氏は「ミサイル、サイバーや訓練の能力、兵力の相互利用や後方支援の向上といった中国人民解放軍の変化は、中国がその道を選択すれば6年以内に台湾を侵攻する能力を備えることを示している」と述べた。

デービッドソン氏は6年後の「2027年」を特定した背景として、習近平・中国国家主席の長期指導体制への思惑があると指摘した。習氏は国家主席の任期を2期10年までに制限した規定を憲法改正で撤廃しており、22年の共産党大会で3期目の続投を決める可能性がある。27年は次の節目となりうる。前司令官は「政治的将来を習氏が自分で決め、そこに支持が集まるかどうかは27年までの時間軸次第だろう」と語り、長期の統治に向けたカギを握る台湾問題が火種になりやすいとの見方を示した。

歴代の米政権は台湾問題で当事者による「平和的解決」を支持する姿勢をとる「戦略的あいまいさ」を保ってきた。中国の脅威が増すなか、台湾侵攻の可能性をにらんで米国がさらに踏み込んだ姿勢をとるべきだとの意見が米国内にはある。デービッドソン氏は「常にどんな戦略をとるかの分析が欠かせない」と見直しの必要性に触れる一方で「ここ数年、戦略を変更するかどうかの考慮がなされ、現時点では戦略を維持するという合意がある。私はその合意に従う」と語った。

中国の軍事力の増大については「能力の向上とともに兵器の数も増え、米国と日本との差も縮まっている」と認める一方で「現時点では米日が勝っている」と明言した。

(ワシントン支局長 菅野幹雄)』

米豪首脳、対中国へ欧州と協力 潜水艦問題の火消し急ぐ

米豪首脳、対中国へ欧州と協力 潜水艦問題の火消し急ぐ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN21DL20R20C21A9000000/

『【ニューヨーク=中村亮】バイデン米大統領は21日、オーストラリアのモリソン首相、ジョンソン英首相とそれぞれ会談した。米ホワイトハウスによると、両首脳と中国との競争を念頭に欧州と協力を深める考えで一致した。豪州の原子力潜水艦配備をめぐり悪化したフランスなどとの関係の立て直しを急ぐ。

モリソン氏はニューヨークでバイデン氏と会談し「我々の協力は東南アジア諸国連合(ASEAN)や欧州の多くの友好国に関わる」と述べた。豪州が米英の支援を受けて原潜を配備し、中国に対する抑止力が高まれば欧州やアジアにも恩恵が及ぶとの見方を示すものだ。バイデン氏は「我々の協力は世界中のあらゆる民主国家(の利益)と合致する」と応じ、モリソン氏に同意した。

バイデン氏はホワイトハウスでジョンソン氏とも会談し、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)との関係深化について協議した。バイデン氏は国連総会の一般討論演説でもEUについて「世界が直面する幅広い問題に対処するうえで重要なパートナーだ」と強調し、関係修復へ秋波を送った。

豪州は潜水艦配備に向けた協力国をフランスから米英に突然切り替え、仏が猛反発している。サキ米大統領報道官は21日、ワシントンに向かう大統領専用機内で記者団に対し、バイデン氏がマクロン仏大統領と近く電話協議を行うと改めて説明した。

ASEANにも豪州の原潜配備がインド太平洋地域での軍拡競争につながると懸念する声があがっている。

【関連記事】

・米英、豪州の原子力潜水艦配備を支援 中国念頭に
・EU、仏潜水艦で米豪批判 「許されない扱い」
・[FT]EU独自防衛の機運 豪潜水艦計画から仏排除

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

鈴木一人のアバター
鈴木一人
東京大学 公共政策大学院 教授

コメントメニュー
分析・考察 フランスや欧州諸国から見れば、米豪両国は自らを裏切った悪役同士。

この両者がいくら欧州との関係を改善するといっても説得力が乏しい。

バイデン大統領がこうした欧州の反発を計算せずに原潜輸出を決めたとは考えにくいが、そのわりには対応が後手に回っており、稚拙な行動だったように映る。

果たしてここからどう同盟関係を修復していくのか、それとももう取り返しのつかない溝を生み出してしまったのか。バイデン大統領の就任に対して、欧州の期待が高かっただけに、その失望感を埋め合わせるのは難しい。

2021年9月22日 7:28いいね
15

赤川省吾のアバター
赤川省吾
日本経済新聞社 欧州総局編集委員

コメントメニュー
今後の展望 「アングロサクソン諸国vs欧州大陸」という対立構図に発展。米欧関係の修復には長い時間がかかりそうです。

欧州で憤っているのはフランスだけではありません。ドイツを含めほかのEU諸国も「米国は欧州を軽んじている」と受け止めました。

「トランプ政権のもとでの米欧冷戦」が「バイデン政権のもとでの米欧雪解け」に転じるはずでしたが、実際にはアフガン撤兵や今回の潜水艦事件ですれ違いが露呈しました。

関係修復のため、米国がEUに安保•軍事面で具体的な協力案件を近く持ちかけるーー。そんな観測が欧州外交筋にあります。動きがなければ米国に頼らない「欧州軍」の創設を目指す動きがますますEU内で活発になるでしょう。

2021年9月22日 7:37 (2021年9月22日 7:38更新)
いいね
16 』