今週の日経平均…。

※ 今週は、上げたな…。ついに、75日線を25日線がクロスした…。ちょっと、上げのテンポが速過ぎる…。世界的には、コロナの収束は未だしの感じだし、国内でも「感染再拡大」の可能性は、残っている…。現に、北九州市で相当な人数の感染者が出てるし、東京都でも22人出たとか言っていた…。このまま、ドンドン上がって行く…、という状況では無いだろう…。

※ 今日のセクター別の「ヒートマップ」…。医薬品関係が、大きく貢献したんだな…。後は、小売か…。「緊急事態宣言の解除」で、「リベンジ消費が盛り上がる」と踏んだか…。精密機械も、やや貢献か…。これは、ちょっと分からんな…。エプソンやリコー、ブラザーなんかのオフィス用品だと思ったが…。自動車と電気機器は、マイナスだ…。あとは、サービス全般も、安いな…。

※ これは、コロナ関係に関わらず、いつもの話しだが、「外国人投資家(国際機関投資家)」の動向は、常に注視しておいた方がいい…。東証からも、毎週発表されている…。上記は、それを元にグラフ化したものだ…。外国人は、コロナ発生後ずっと「売り越し」だったが、やっと5月も終わりになって、「買い越し」に転じている…。逆に、国内個人が「売り越し」だ…。暴落による「損失」を、このところの「やや上げ」に乗じて、売って「損失を取り戻して」いるんだろう…。海外勢の「売り」を吸収したのが、国内証券各社だった…、ということも見てとれるな…。各証券会社は、そういう「自己勘定取引株」を、多く抱え込んだ…、ということだ…。そういうことが、「お得意様の顧客」への「セールス・トーク」に影響していくわけだ…。

※ 「市場ストレス」の状況も、見ておくか…。全般に「恐怖・ストレス」は、緩和しているようだ…。ただ、「新興国」と「米国債」は、ストレスが高まっている…。「新興国」では、収束未だしだし、コロナ対策で「前例の無い金融緩和」に突入していて、米国債の金利が下がっているから、やむを得ないところだ…。

※ ダウのチャートは、こんな感じ…。25日線を、5日線がクロスしたのは、相当に早かったんだな…。それを受けて、日経平均も上げて来たわけだ…。

※ DAX指数は、こんな感じ…(『DAX指数とは、ドイツのフランクフルト証券取引所の上場銘柄のうち、ドイツ企業の主要30銘柄を対象とした株価指数のこと。「ドイツ株価指数」とも呼ばれています。1987年12月31日の株価を基準値1,000として、時価総額加重型指数として算出されています。ドイツの代表的な株価指数であるため、ユーロ圏だけでなく世界的にも注目度の高い株価指標となっています。』)。

※ 相当数の「死者」を出したはずだが、あまり影響していない感じだな…。

※ CAC40指数は、こんな感じ…(『CAC40指数 (シーエーシーよんじゅうしすう)
ユーロネクスト・パリに上場する40銘柄で構成される調整時価総額加重平均指数です。1987年12月31日の株価を基準値1,000として算出されています。フランスの代表的な指数であるとともに、欧州においてドイツのDAX指数やイギリスのFTSE100と並ぶ注目度の高い指標です。世界的に有名な企業では、化粧品会社のロレアルや自動車のルノーなどが入っています。』)。

※ ここも、このところは上がって来ていた…。

※ SENSEXは、こんな感じ…(『SENSEX指数は、「BSE SENSEX」や「SENSEX30」とも呼ばれ、インド共和国のマハーラーシュトラ州の州都ムンバイにあるボンベイ証券取引所(BSE:Bombay Stock Exchange)に上場する銘柄のうち、流動性・取引規模・業種等を代表する30銘柄で構成される時価総額加重平均指数をいいます。これは、南アジアのインド株式市場の代表的な株価指数で、銘柄選定には企業規模だけでなく浮動株の時価総額なども勘案され、また比較的頻繁に銘柄が入れ替えられます。(1978-1979年の時価総額を100として算出され、公表開始は1986年)

一般にSENSEX指数は、業種面では金融と情報通信の比重が大きく、また財閥系の企業が多いのが特色となっています。なお、本指数は、S&P Dow Jones IndicesとBSEのパートナシップで設立されたAsia Index Pvt.が算出・公表を行っています。』。

※ さすがに、戻りは鈍いようだ…。

※ そういうことで、「先進国」の株式市場は、どこも「コロナの収束」を期待して、それを「折り込んで」上げている感じだ…。

※ しかし、それはあくまで、米中激突が「世界経済全体」を破壊する程度には至らないはずだ…。両国ともに、まさかそういう事態に至ることは無いだろう…、という「想定」の話しだ…。

※ 事態が、そういう「市場の予測」を大きく外れて動いたときは、そういうシナリオは一気に「崩壊」する…。

UPDATE 1-アジア通貨動向(29日)=総じて上昇、香港問題巡る米大統領の発表に注目
https://jp.reuters.com/article/UPDATE-1-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%8B%95%E5%90%9129%E6%97%A5%EF%BC%9D%E7%B7%8F%E3%81%98%E3%81%A6%E4%B8%8A%E6%98%87-%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%95%8F%E9%A1%8C%E5%B7%A1%E3%82%8B%E7%B1%B3%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AE%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%81%AB-idJPL4N2DB1LG?feedType=RSS&feedName=marketsNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPMarketNews+%28News+%2F+JP+%2F+Market+News%29

『『[29日 ロイター] – アジア新興国通貨は、人民元の対ドル基準値が市場予想よ
り元高に設定されたことを支援材料に総じて上昇。市場は、中国が香港国家安全法の制定
方針を決定したことを受けた米国の対応に注目している。
トランプ米大統領は香港国家安全法を巡る対応をきょう発表する予定。』

※ ということで、今夜のトランプ発言が注目だ…。

株式相場に「二番底」が来ないワケ

株式相場に「二番底」が来ないワケ 編集委員 川崎健
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59397370R20C20A5EN1000/

『この経験則に従って、投資家の多くは二番底の到来をじっと待っているフシがある。個人投資家にも広く知られている「二番底は黙って買え」という相場格言に従い、多くの投資家は底値で買い出動するタイミングをうかがっている。

それでも投資家が待つ二番底が来ないのはなぜか。「ひと言でいえば、今回のコロナショックでは景気の底がいきなりみえてしまったからだ」。SMBC日興証券の圷(※圷(あくつ)とは、川沿いの低湿地のこと。対義語は塙(はなわ)。転じて日本の地名、苗字となる。苗字としては茨城県に非常に多く分布している。『ニコニコ大百科』より)正嗣チーフ株式ストラテジストはいう。』
『通常の景気後退局面では底がみえるまで1年前後の期間がかかり、底がみえないうちは財政や金融政策も小出しになりがちだ。いわゆる「催促相場」で株価もその間下げ続ける。

だが今回は異質だ。新型コロナの感染拡大を止めるために各国は経済を人為的に凍結し、景気は崖から落ちるように一気に悪化。同時に各国は財政・金融政策を最大限発動したのだ。「景気の底がみえてその対策がしっかりと打たれれば、景気がいかに悪くなろうと株価はそれ以上下がらなくなる」。圷氏は指摘する。』
『市場参加者の多くは、08年のリーマン危機時の株価の推移と今回のコロナショックを重ね合わせながら、この先の推移を予想しているとみられる。リーマン危機時は08年11月の一番底をつけた後、09年3月に二番底をつけた。仮に同じパターンなら今回は7月ごろには二番底が来るという予想になる。

一方、今回の相場急落局面は一番底、二番底という段階的な下げではなく、3月23日につけた安値で大底を入れたと考えれば、リーマン危機時の09年3月の二番底と今回の3月の底を重ねるほうが適当だ。その前提でチャートを重ねれば、今の戻り相場はリーマン危機時の09年3月の二番底形成後の相場をそのままたどっているようにみえる。』
『もちろんこのまま順調に相場が戻りを試し続けるかどうかは予断を許さない。各国が経済再開を急ぎすぎれば新型コロナの第2波が懸念されるうえ、米中間の対立が再びヒートアップしているのも気がかりだ。

だが弱気派は、待っても落ちてこない株価に焦り始める頃合いだ。バンク・オブ・アメリカの調査によると、機関投資家の保有現金比率は4月に5.9%、5月に5.7%と01年の米同時多発テロ以降では最も高い水準だ。弱気派があぶり出されるように株に資金を向け始めれば、二番底はさらに遠のくことになる。』

※ 名だたる機関投資家の間では、「弱気派」が優勢のようだ…。しかし、現実には、各国が「財政規律を無視して」巨額の財政対策を打ち出し、ちょっと様子を見ているうちに、「経済活動も再開してしまった」(見切り発車的な部分はあるが…)ので、「二番底」的な「下げ」局面が到来するキッカケを失ってしまった…、という感じか…。

「緊張緩和進む」 ストレスマップで見る世界市場 市場ストレスマップ(5/22)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59433530S0A520C2000000/

※ こういうものも、あったんだな…。知らんかった…。時々は、見ておいた方がいいのか…。

※ 今週の日経平均のチャート…。先週下げた分は、取り戻した形だ…。まあ、「横ばい」というところだろう…。みんな、「様子を見て」いる…。それでも、75日線に25日線・15日線が、じりじりと近づいて行っている…。見切り発車的にでも、「経済活動再開」の情報が広まれば、クロスすることもあるんじゃないか…。それでも、「再び感染拡大!」の情報で、直ぐに「下げる」だろうが…。そういう、「危うい相場」が、当分は続くんじゃないか…。

今日の日経平均…。

※ ちょびっと、下がったな…。独楽みたいな形なんで、下げ止まって、様子見体制に入った形だ…。

※ ダウが大きく(25日線ラインまで)下げたのを、受けた形だ…。トランプの「10万人くらいも、死者数出るかも…。」発言が、衝撃を与えたんだろう…。

※ 日経平均先物は、下げ止まって、様子見体制だ…。また、今夜のダウの相場に、影響されることになる…。

投資の一流二流三流 勝つ人、限界を知る人、大言壮語する人 : 世界のニュース トトメス5世

http://www.thutmosev.com/archives/67108328.html#more

超一流:『この人たちの特徴はなんだか良く分からない魔法をつかい、外部からは伺い知れないが結局は勝っている。
人間よりは妖怪や魔法使いに近いのかも知れず、彼らの投資手法を勉強しても、まったく参考にはならない。
勉強や努力や、少々の才能では近づくことができない『超一流』と定義しておきます。』
一流:『次がウォール街とかシティとか兜町でバリバリ取引しているような有能トレーダー達で見るからに有能そう。
「俺は有能な人間なんだぞ」と周囲を威圧しているようなオーラさえ感じられ、バリバリ稼いでいる印象を受けます。
超一流達の何割かは若い頃は「一流」に混ざってバリバリ仕事をしていました。』
二流:『「二流」になるとだいぶ怪しくなり、証券会社のプロトレーダーなんだけど勝ったり負けたりで結局トントンみたいな人が実際には多い。
というのは証券会社や銀行の業務の大半は「取次ぎ」的なことなので、投資で勝たなくても仕事が在るからです。
だから「元プロトレーダー」「元プロディーラー」といってセミナーの講師をしている人のほとんどは、プロとして利益を挙げていないと言われます。
二流にはアマチュアの上位の人たちも入り、勝ったり負けたりだが、まあなんとなくトントンか少し利益が出ている人たちが居ます。
彼らはどちらかというと安全な投資や小額投資を好み、自分は天才ではないと自覚し、限界を知っているので大負けしない。
無茶をしないのでトータルでは小さな負けか小さな勝ちを繰り返すといったタイプです。』
三流:『始末に負えないのが「三流」で、「相場が読める」「俺は投資が分かっている」「自分はベテラン投資家だ」と言いながら大きく負けているタイプです。
このタイプの人たちは二流の人のように自分の限度を知らないので、下手なのに大きく張り、突っ込んでは自爆します。
大言壮語を吐いたあげく、会社の金を使い込んだり失踪したり自己破産したり、あるいは世を儚んで去っていくのもこのタイプです。
「自分はチャートが読める」などというのが典型的な症状で、気分は超一流なんだけど実際は三流なのです。』
四流:『三流と同じく「俺は天才」気分なんだけどへたくそで、しかも大手金融機関や証券会社でプロディーラーをしていたりします。
先ほど書いたように「プロディーラー」なんて言っても仕事内容は電話の取次ぎや注文のたらい回しだが、本人は大物のつもりなのです。
始末が悪いことにこの手の「大物」ほどテレビのニュースに出たがり、経済や市場解説なんかをしているのです。
「外資系証券会社」「元財務官僚」「国内有名銀行」「東京大学」とか肩書きがやたら立派で動かす金が大きいのだが、投資では負けているのです。
こうした大人物ほど講師に呼ばれて他人に教えるのが好きで、投資セミナーとかにゲストで呼ばれます。
ネットやテレビの市場解説で「またこいつか」と思うほど頻繁に出てくるのですが、そうした大物の言う事は真に受けないほうが良いです。』

(個人投資家の特長)
1、「勝つ」必要がない…。「大きく負けなければ、それでよし。」別に、他人の資産を預かっているわけでは無い…。「負けても」、「負けましたな…。ちょっと、貧乏になりましたな…。」と言って、「お粥」をすすっていれば、それでいい…。
2、時間を「味方」につけることが、できる。別に、「四半期(3か月)」毎に「査定」され、ヘタすると「馘首」される…、ということも無い…。「100年に1度」と言われた「リーマンショック」(日経平均は、9000円を割り、8000円台となった)に見舞われても、7-8年も経過すると、また1万8000円台まで回復して来たりする…。
 そのためには、「現物」だけをやり、「先物」には手を出さない…。借金したり、信用取引に手を出したりしない…。健康に気をつけて、できるだけ「長生き」する必要がある…。

今日の日経平均…。

※ 25日線ラインまで、目いっぱい下げた形だな…。短めの陰線と陽線が4日続いて、典型的な様子見相場だったんだが、25日線まで下げた形だ…。

※ しかし、先物が下げ止まっているので、「底抜け」には、まだなっていないだろう…。3月決算の会社の「権利落ち」日が過ぎたんで、「売り」が出やすい状況だったんだろう…。

※ みんな考えることは、同じだ…。今夜の「ダウ」の様子を、見ているんだろう…。心配だったら、寝る前にちょっと確認すればいい…。今は、「サマータイム」時間だから、日本時間だと、夜の10時30分に、ニューヨーク市場の取り引き開始だ…。特に材料が無ければ、横ばいとなるだろう…。

今日の、日経平均…。

※ まあ、上げて終わったか…。昨日下げた分は、取り戻した感じだな…。

※ 先物見ていれば、大体の見当はついた…。夜間の取引で、大分上げていたからな…。

※ このチャートは、「15分足」だから、4本で1時間だ…。このチャートを見ると、取り引き開始直後に「大陰線」が立っているから、「先物主導で、切り崩そう。」と、仕掛けてきたんだろう…。10時30分頃から、買いの勢力が強くなったようだな…。後場の開始直後から、また「売り勢力」が仕掛けてきたが、結局は買い勢力が勝った形か…。今日は、「3月決算」の会社の、「配当権利落ち」の「買い付け最終日」だったはずだ…。それで、いろいろな「思惑」も飛び交ったんだろう…。

※ ただし、コロナ騒動の影響で、「権利確定日」を変更した会社も出ているんで、注意しろ…、という情報もあったな…。

※ 今週の戦いは、終わった…。また、月曜からそれぞれの思惑で、戦いが開始される…。

日経平均、この先どうなるのか…。

※ 確か、今日の前場終わりのチャートだと思う…。

※ 分析のため、「補助線」を引いてみた…。

※ 一応、「底」は打って、「反騰」が3日続いて、「一休み」した…、というような形だ…。

※ 今週は、明日1日しかないんで、どうなるか…。今日の「一休み」は、小池知事の「オーバーシュートの瀬戸際」発言の影響が、大だったんだと思う…。これ以上の「自粛要請」、さらには「自粛強制」「移動制限」となれば、経済活動への大影響は、避けられないからな…。

※ そこいら辺を、みんな、「考えあぐねて」いるんだろう…。「強気」と「弱気」が交錯して、ほぼ横ばいかな…。今夜の先物見れば、大体分かる…。また、なんらかの「対策」が、打たれるかもしれんしな…。

※ それよりも、考えておいてほしいのは、「縦線」だ…。縦線間の間隔は、1月24日に、オレら一般人が「コロナに関するニュース」を取得して、それが広く伝搬して行って、市場関係者(世界の機関投資家、富裕層・投資家、その資産を預かっているヘッジファンドの連中)に伝わって、「売りに走る」までの「時間軸」を表している…。この手の「世界経済への影響が大きそうなニュース」が、どのくらいの時間軸で、市場に影響を与えるものなのか…、をキチンと分析して、「データ」として「蓄積」しておかないとな…。

※ そうでないと、「何度も何度も」同じような事態が生じた時に、「先の見通し」や「方針」が立てられずに、その都度「右往左往」することになる…。

※ 結局、後場終わり(大引け)は、こうなった…。75日線が意識されて、そこまでは下げた形になった…。下にけっこう長いヒゲが出てるんで、「狼狽売り」も出たんだろう…。

日経平均、底は打ったのか…。

※ チャートの形だけ見れば、「底」は打った感じだが…。

※ あとは、日本の「経済対策」が、どれだけの規模になるのか…、か…。

※ ただ、「売買高」が「2兆円」には達していないんで、「大相場」というほどのものでは無いな…。「アベノミクス」初期の「お祭り」には、ほど遠い感じだな…。