トヨタ、英仏工場22日から停止 変異種で物流混乱

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2202B0S0A221C2000000

『【ロンドン=佐竹実】トヨタ自動車の欧州現地法人は、英国とフランスの工場の操業を22日から止めると明らかにした。新型コロナウイルスの変異種の広がりを受けて英・仏間の物流が止まっているため。24日から冬期休業に入る予定だったが、2日早めて混乱に備える。

英国ではエンジン工場を22日から、完成車工場を23日から閉める。フランス工場も22日に操業を止める。いずれも24日から1週間強の冬季休業に入る予定だった。部品在庫は多めに確保しているため生産自体に問題はないが、英仏間の物流が止まることによる様々な影響を警戒した措置だ。

フランス政府は21日から48時間、英国からの渡航を制限した。フランス側から英国には出られるが、フランスのトラックは英国から戻れず、ドーバー港周辺にはトラックの長蛇の列ができた。英・欧州連合(EU)の通商交渉が決裂することに備えて企業が在庫を増やしているためトラックの量は通常よりも多い日が続いており、混乱に拍車がかかった。

ジョンソン首相は21日記者会見し、フランスのマクロン大統領と解決に向けて協議していることを明らかにした。ジョンソン首相は「変異種に対する不安はよく分かるが、車内に一人で座る人からの感染リスクはとても低い。進展があると信じている」と述べた。』

ジャカルタ東方に新港 日系企業の物流利便性向上に

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM210VM0R21C20A2000000

『【ジャカルタ=共同】日本の円借款で建設が進められてきたインドネシアの首都ジャカルタ東方約120キロのパティンバン港が一部完成し、記念式典が20日開かれた。首都圏東方に工場を集積させているトヨタなどの日系企業にとって物流の利便性が向上し、貿易拡大につながると期待されている。

同港は西ジャワ州スバン県に建設。首都圏は渋滞が深刻で、現在使用しているジャカルタ北方タンジュンプリオク港までのアクセスの悪さが問題となっており、新港利用で物流量を分散化する。

日本政府は2017年から総額約1190億円の円借款を供与。オンラインで式典に参加したジョコ大統領は「(新港は)地域産業をつなげる鍵となり、輸出の加速を支えると確信している」と期待を示した。』

モーリシャスに300億円の円借款 茂木外相が検討表明

モーリシャスに300億円の円借款 茂木外相が検討表明
重油流出からの経済回復支援
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE131DW0T11C20A2000000

※ 旧機改、まだ安定しない…。

※ やはり、いろいろ「繋ぐ」と、起動に手間取るようだ…。

※ さりとて、繋がないと、今度はまた不便だしな…。

※ まあ、当分は、「高速起動」と、「繋ぐことによる利便性」の妥協点の探し出しだな…。

『モーリシャスを訪問中の茂木敏充外相は13日、今夏に同国沖で起きた重油流出事故からの経済回復のため300億円規模の円借款を検討する意向を表明した。オンラインで記者団に「前向きに検討する。できるだけ早く結論を出す」と語った。

【関連記事】
茂木外相アフリカ訪問、民間投資促進で中国意識
モーリシャス賠償、経済支援で代替 政府、重油流出で

茂木氏は同国政府から300億円の円借款の要請があったと明かした。

日本の外相がモーリシャスを訪れるのは今回が初めて。茂木氏はジャグナット首相、ボダ外相とそれぞれ会談し事故の支援策を協議した。

モーリシャスでジャグナット首相(手前左)の出迎えを受ける茂木外相(13日、首都ポートルイス郊外の首相公邸)=外務省提供
年明けの1月にも環境・漁業分野の技術協力を始めると伝えた。海難事故防止のための海上航行監視の無償資金協力もできるだけ早く実施すると話した。

茂木氏は重油流出の現場も視察した。記者団に「着実に海岸がきれいになっている」との認識を示した。

支援実施が「日本とモーリシャスの関係を強化する上でも『自由で開かれたインド太平洋』を実現していく上でも極めて重要だ」と強調した。「これまでにない規模、スピードでの協力を着実に具体化していきたい」とも述べた。

13日、モーリシャスのボダ外相(右)と会談する茂木外相=外務省提供

重油流出事故は7月25日に長鋪汽船(岡山県笠岡市)が所有する大型貨物船「WAKASHIO」が座礁したのが発端になった。

8月6日に重油が流れ出て、モーリシャスのマングローブ林に油が付着した。サンゴ礁も汚染される被害が出た。日本は環境などの専門家からなる調査団を派遣して支援策を練ってきた。』

モーリシャス首相「重油流出、日本に責任ない」

モーリシャス首相「重油流出、日本に責任ない」
茂木氏との電話で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63534960X00C20A9PP8000/

『茂木敏充外相は7日、モーリシャスのジャグナット首相と電話協議した。同国沖で起きた日本の貨物船による重油流出事故を受け、漁業者へ資機材を提供するなどの支援に取り組むと表明した。ジャグナット氏は「事故は日本の責任とは考えていない」と語った。

事故の責任を理由に日本政府へ支援を求めるわけではないとの姿勢を強調したとみられる。貨物船の燃料流出に関する国際条約「バンカー条約」は船舶所有者が「汚染損害について責任を負う」と定める。

茂木氏は「日本政府も事故を重く受け止めている」と伝えた。ジャグナット氏は日本政府の支援方針に「心から感謝する。引き続き日本の協力を得たい」と話した。

日本はモーリシャスが航行安全システムを整備し、流出事故の初動体制の強化に協力する。マングローブ林の再生へ専門家の派遣も提案した。

新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込む現地の観光業への財政支援も検討する。茂木氏は「観光や貿易を促すため官民合同ミッションを派遣し、これまでにない規模で協力したい」と語った。

日本は8月上旬から3次にわたり現地へ延べ19人の国際緊急援助隊を派遣した。流出した重油の回収や環境保全にあたった。』