海保のやってる「海上保安政策過程」ってのがある

http://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/ninmu/jcgseisakukatei.pdf

『海上保安庁は、アジアにおいて海上保安制度をいち早く導入した機関として、アジア各国からの要請を踏まえ、1969年以降長年に亘り、海上保安業務に関する能力向上及び各機関間の連携の推進を目的として、各国からの受入研修や日本からの専門家派遣を通じて、アジア海域の海上保安能力向上を支援しています。
また、海賊対処のように実践的な対処能力を高め、相互協力を深めることが有益である分野では、巡視船・航空機を派遣し、共同訓練を行っています。』、と言うことだ。
「泰」は「タイ」、「麺」は「ミャンマー」、「馬」は「馬来西亜(マレーシア)」、「尼」は「印度尼西亜(インドネシア)」、「星」は「星加坡(シンガポール)」のことだ。

安倍さんらと記念撮影
東南アジア各国は、中国と事を荒立てることは望まないが、かと言って飲み込まれる(あるいは、取り込まれる)ことも、望まない、って話しだ。
日本の生命線である「シーレーン」の確保は、こういう地道な活動の積み重ねの上に、成立してるって話しだよ…。

『厳しい安全保障環境を踏まえ、情報収集能力の強化を明記』

http://www.sankei.com/politics/news/180515/plt1805150047-n1.html

MDAって初めて聞いたんで、調べた。
http://www8.cao.go.jp/ocean/policies/plan/plan03/pdf/plan03_sankou_2.pdf

海洋状況把握(MDA:Maritime Domain Awareness)ってことらしい。maritime
は、海洋のとか船員のとかという意味らしい。domain は領域。awareness は、気
をつけて監視・把握するってな意味だろう。
要するに、一国の監視・把握しとかなければならない海洋の領域は、広大なん
で、軍艦・海上警察艦・偵察衛星なんかで監視すると言っても限界がある。それ
で、民間の艦船なんかも監視体制に組み入れて、自国はもちろん各国協同して監
視して行こう、という話しらしい。

それで、絶対見ておいて欲しいのは、日本の海外からの海上輸送路のマップだ。
『日本を中心とする海上物流ルート』
http://www.kaijipr.or.jp/shopping/shippingnow/shippingnow12-13.pdf 
13頁に、大きなマップが載ってる。
これが、日本国及び日本国民の生活を支えている海上輸送路の大動脈だ。
どれが1本途絶えても、甚大な影響を及ぼす。東日本大震災クラスの大災害で
2万人位国民が死亡しても、この輸送路が確保されてる限り、7~8年も経てば、
復興できる。
しかし、これが途絶えれば、何の災害が生じなくても、国家は立ち消えていく。
そして、13億人の中国、同じく13億人のインド、6億人の東南アジアなん
かと熾烈な資源獲得・輸送競争を繰り広げていくって話しだ(国家が存続する限
り、継続していく話しだ)。
こういう中で、中国も自国の生き残りをかけて「一帯一路」とか打ち出してる
訳だよ。
そういう大問題なんだが、ついてる予算はたった50億だ( http://www8.cao.go.jp/ocean/policies/plan/plan03/pdf/plan03_sankou_2.pdf
)。

日本の生活保護費は、総額で3兆何千億で、4兆円にも届こうかという額だ。
しかも、外国人にも出してる。外国人の6割は、在日コリアンという話しだ。
どーなってんだ? とオレなんかは、思うぞ。
『生活保護費は『年間4兆円以上』って知ってます?』
( https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11141110316

フランスの南太平洋における利権

ここら辺には、結構仏領の島嶼国があるんだよね。
どうりで、やたら日本に接近してきた訳だ…。

『日仏2プラス2、来月共同訓練で合意 中国念頭に関係強化』https://jp.reuters.com/article/japan-france3-2plus2-idJPKBN1FF1N7

『日仏が防衛協力強化、物品協定締結へ 中国の南シナ海軍事拠点化に懸念』http://www.sankei.com/politics/news/180123/plt1801230005-n1.html