H2B最終機、打ち上げ成功 「こうのとり」軌道に

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59364860R20C20A5I00000/

※ 「コロナ騒動」絡みで、全ての医療関係従事者への感謝の意を込めて、「ブルー」にライトアップしたそうだ…。

※ うまいこと「打ち上げ成功」に終わって、よかった…。おめでとうございます…。今回は、コロナ騒ぎのおかげで、「見学会」は禁止になったそうだ…。屋外とは言え、「三密」になるからな…。やむを得ないところだ…。

※ こういう「打ち上げ成功」の陰には、当たり前の話だが、工場でのロケットのパーツの製作→その運搬→打ち上げ場所での、組み立て→発射台への、セッティング…、などなどが滞りなく行われること…、が存在している…。

ロケットの組み立てから打ち上げまで(※ Adobeのフラッシュ・プレイヤーが必要。Chromeだと、うまく再生されない。オレは、Edgeで観た。)
http://www.rocket.jaxa.jp/basic/knowledge/flow.html

※ 3日もかけて、運ぶんだな…。

※ 運搬・搬入したパーツを、現地で「再組み立て」しているんだな…。どっか一つでも、「失策」があれば、それが「失敗」の原因となる…。そういう「前提」で「設計・デザイン」しているんだろうが、それにしても、細心の注意を要する作業だろう…。

※ こうやって、「下から順に」組んでいくわけだ…。ブースターが、「液体燃料」と「固体燃料」の2種類使っていることは、知らんかった…。

※ 「HTV」というのが、「こうのとり」本体だ…。その中に、宇宙ステーションで必要な、様々な物資を詰め込んで、送り届けるわけだ…。それを、また「フェアリング」という防御壁で、くるんで防御する構造になっている…。

※ 先端部分が取り付けられると、「組み立て完成!」となるわけだ…。

※ この一個上の画像から分かるように、「ロケット全体」は相当な高さがあるから、その組み立てには何階建てもの「ロケット組み立て棟」みたいな「建物」が必要となる…。そこでは、「発射」するわけにいかないから、「発射場」へと「しずしずと」運んで行くんだろう…。

※ 周囲の「人」と比較して、凄い「デカさ」だな…。ただ、「中身」は、殆んどが「燃料」と、「燃焼装置」だろう…。先端の「こうのとり」を、「地球の引力」から脱却させるためには、これだけの大がかりな「装置」を必要とする…、というわけだ…。

※ この人達も、もはや「自分の役割」を果たすしかない…。後は、「仲間の仕事」を信じて、「自分の仕事」をやるだけだ…。

※ 「バンザーイ!打ち上げ成功、となりましたあ!」となるわけだ…。

※ 世の中、何でもそうだが、「何かを成し遂げる」ということは、多くの人々の「それぞれの持ち場」における、「その職務を果たしていくこと」に支えられている…。そういう「構造」になっていることの「認識」を、忘れないようにしないとな…。陰で支えてくれている人達への、「感謝」と「目配り」を、忘れないようにしないとな…。

国際水星探査計画「BepiColombo」/水星磁気圏探査機「みお」(MMO)

『(※)国際水星探査計画「BepiColombo」(ベピコロンボ)
JAXA担当の水星磁気圏探査機「みお」(MMO:Mercury Magnetospheric Orbiter)とESA担当の水星表面探査機(MPO:Mercury Planetary Orbiter)の2つの周回探査機で水星の総合的な観測を行う日欧協力の大型ミッションです。2つの探査機を搭載したアリアン5型ロケットは、2018年10月19日(金)22時45分28秒(現地時間)(10月20日(土)10時45分28秒(日本標準時))に、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターから打ち上げられました。ロケットは正常に飛行し、打上げから約26分47秒後に両探査機を正常に分離したことを確認しました。
BepiColomboは、約7年かけて水星に到着し、世界初となる2機の探査機の周回軌道への投入を行います。役目を終えた電気推進モジュールを分離した状態で水星周回軌道投入を行い、まず「みお」を投入し、その後MPOを投入し、科学観測を行います。』

国際水星探査計画「BepiColombo」/水星磁気圏探査機「みお」(MMO)
https://www.jaxa.jp/projects/sas/bepi/index_j.html

JAXA|早川 基 水星探査で地球の起源と進化を解明
view-source:https://www.jaxa.jp/article/interview/vol38/index_j.html

水星探査機「みお」スイングバイ行ったか…。

水星探査機「みお」スイングバイ行ったか 地球の映像公開
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200410/k10012379671000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

水星磁気圏探査機「みお」の地球スイングバイ実施結果について
https://www.jaxa.jp/press/2020/04/20200421-1_j.html

『国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)および欧州宇宙機関(European Space Agency, ESA)は、国際水星探査計画「ベピコロンボ(BepiColombo)※」の水星磁気圏探査機「みお」の地球スイングバイ後の軌道計測と計算を行い、「みお」が目標としていた軌道上を順調に航行していることを確認しました。

 「みお」は、地球スイングバイにおいて、地球の重力を利用して目標どおり約5km/sの減速を行いながら、2020年4月10日(金)13時24分57秒(日本時間)に地球に最接近し、南大西洋上空の12,689kmを通過しました(図1)。ESA深宇宙ネットワーク局の探査機運用により、現在「みお」の状態は正常であることを確認しています。
 「みお」に搭載した低エネルギー電子観測器(MPPE/MEA)によって太陽風および磁気圏の観測も行いました(図2)。2020年4月9日(木)22時~10日(金)1時頃(UTC)の観測結果からは、太陽風中から磁気圏へと入っていく様子がはっきり捉えられています。
 また、地球スイングバイの前後では「ベピコロンボ」に搭載された多くの装置で観測が実施されました。電気推進モジュール(Mercury Transfer Module: MTM)に搭載されたモニタカメラ(MCAM)では美しい地球の姿が撮影されました(図3)。

 今後は定期的な機能確認に加えて、2020年10月15日に予定している金星スイングバイのような惑星スイングバイや惑星間空間巡航時の科学観測運用を実施していく予定です。』