中国とイタリアが「一帯一路」建設をめぐって協議へ 「マルコ・ポーロ」が中国に戻る=香港メディア

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-03/12/content_74562273.htm

※ 一帯一路との関連で、「トリエステ港」の話しは聞いていたが、「ベネチア港」の話しは知らんかった…。

それで、ちょっと調べた…。ヒットしたのが、上記の記事だ…。

『香港亜洲時報(アジアタイムズ)オンラインは3月11日、「『マルコ・ポーロ』が中国に戻る」というタイトルの記事を掲載した。

 中国とイタリアの首脳は今月、「一帯一路」構想について話し合う見通しだ。ブリュッセルではEUが、中国による欧州投資の共同戦略について協議する。EUの多くの地区は新シルクロードとつながっており、そこにはギリシャやポルトガル、中国と中東欧「16+1」メカニズムに加盟するEU諸国に加え、実務的な目的を持つイタリアが含まれる。

 イタリア経済発展省副大臣のマイケル・ジェラーチ氏は、イタリアが「一帯一路」構想を支持する旨の覚書を中国と締結する見通しを明らかにした。同構想は、カバーエリアが広く、サイクルの長い、ユーラシア一体化を目指す計画だ。一方で米国政府は、そこから恩恵を受ける意向が無く、対立することだけを考えている。

 米ホワイトハウスの報道官は同構想について、「中国がつくる中国のための」計画と批判した。ところが、この表現には根拠がなく、それが事実であれば、150余りの国・地域(今も増え続けている)や国際組織は新シルクロードに賛同しないだろう。』
『ジェラーチ氏は、「一帯一路」の接続により「イタリア・インダストリー」の対中輸出が増えたという明らかな事実のみを述べた。筆者は、欧州でもアジアでも生活したことがあり、イタリア在住時に新シルクロードについて頻繁に議論したため、内容を深く理解している。「イタリア・インダストリー」は、グルメ、ファッション、アート、インテリアから、もちろん高級車に至るまで中国消費者にはこの上ない魅力があり、その魅力はフランスでさえも比較にならない。中国人観光客は、ベニス、フィレンツェ、ローマ、ミランでのショッピングを楽しむ。これを踏まえると、イタリアが「一帯一路」の接続を受け入れれば米国の利益を損なうという米国政府の言い分には根拠が見当たらない。

 イタリアは、すでに「一帯一路」とつながっている。イタリアは、海上貿易で欧州第3位となっており、「一帯一路」の欧州最南端に位置して東部と南部から欧州に入る門戸となり、西部と北部にある数十カ所の目的地に向かう最も効率的なルートになる。プロジェクトのカギは、改造中のベニス港だ。同港は、中国から地中海を通ってオーストリア、ドイツ、スイス、スロベニア、ハンガリーに向かうサプライルートとなり、「一帯一路」に接続するロッテルダムとハンブルクの大規模港湾に取って代わる可能性もある。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年3月12日』

※ ちょうど、1年前くらいの記事だ…。米国政府が、相当キツく、警告した様子がうかがえるな…。

※ いろいろと、考えさせられる情報だな…。

1からわかる!中国「一帯一路」【下】構想が変容!?米中対立の根源に?

https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji24/

※ 相当キワドイことを、言っている(しかも、アンダーラインまで引いてるぞ)…。大丈夫なんだろうな…。

※ 「価値観を共有」と言われてもなあ…。共有するに足る、どういう「価値観」を、お持ちなのか…。ましてや、「仲間になれ!さもないと、いろいろと悪いことが起きるぞ!」と脅されてもなあ…。

※ 「経済力を通じて、仲間を増やす」と言っても、やってることを見れば、要するに「札ビラで、頬を張る」に等しいことだ…。それを、諒とする国が、どれだけある…。人にも、国家にも、「矜持」というものがあるんだよ…。

※ そういう中で、起きたのが今回のコロナ騒動なわけだ…。いろいろと、考えさせられるところが、大だな…。

1からわかる!中国「一帯一路」【中】起爆剤か?債務のワナか?

https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji23/

※ そりゃそうだ…。「ディエゴガルシア」は、絶海の孤島だ…。モルディブに中国の軍港ができれば、潜水艦隊なんかの拠点になりかねない…。そうすれば、物資の補給に支障が出かねない…。中東全域を押さえる要(かなめ)の軍事拠点なんだから、アメリカの「世界戦略」に大きな影響が及びかねない話しだ…。神経を尖らせるのも、宜(むべ)なるかな…、だ…。

※ 「中」は、大体こんな感じだ…。

1からわかる!中国「一帯一路」【上】それってなに?

NHKがやってるサイトで、「NHK NEWS WEB」というものがあり、その中に「スペシャルコンテンツ」というものがあって、さらにその中に「就活生」向けに「時事問題」をやさしく解説する…、という趣旨のものがあって、その中に入っているものだ…。

全部で、上中下の3本構成になっている…。

1からわかる!中国「一帯一路」【上】それってなに?
https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji22/?utm_int=news_contents_special_004

1からわかる!中国「一帯一路」【中】起爆剤か?債務のワナか?
https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji23/

1からわかる!中国「一帯一路」【下】構想が変容!?米中対立の根源に?
https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji24/ 

これが大変分かりやすく、オレが今まで切れ切れに考察してきたものを、ギュッとまとめたような感じのもので、しかも、見落としていた視点も提示しているんで、非常に参考になった…。是非とも3本全部を、自分で見て欲しい…。

ポイントと思われる部分を抽出した「ダイジェスト版」みたいなものを、貼っておく…。とは言え、殆んど量的には、圧縮はされていないな…。8から9割くらいのものだ…。

※ よく見る図だ…。

※ 実は、6本もあって、「路」では無く、「回廊」と言っているらしい…。

※ 鉄道が結ばれると、「便数」がもの凄いな…。2011年から6年間で、216倍になっている…。

※ ポーランド、チェコ、ドイツ、フランス、スペインと聞くと、今回の騒動を想起させられる…。しかも、後で出てくるが、「海路」の方では、「ベネチア港(イタリア)」が、登場してくる…。

※ 単なる「鉄路」「高速道路」では無く、「回廊」と言っているのは、「パイプライン」「発電所」「光ケーブル網」なんかの「インフラ全般」を含むからだ…。

※ 結果的に、「ハンバントタ港」の利用権を99年間手中にした事件が、思い起こされる…。この図だと、ベネチア港に関しても、何らかの利用権を獲得したように説明しているな…。

※ なるほど、「海陸」は、実はつながっているわけか…。この視点は、欠けていた…。確かに、6回廊は、「港」から「内陸の連結点」につなげられているな…。

※ インフラ需要が旺盛なのは、分かるが、それをどう調達するのかが問題だろう…。国外から外債という形で借り入れる場合、どうしたって「返済」の問題がつきまとう…。「返済計画」の「持続可能性」こそが、問題の核心だろう…。しかも、時の「世界経済情勢」しだいの話しで、それに大きく左右される話しだ…。

※ 「上」は、大体こんな感じだ…。

中国・四川の医療専門家5人がイタリアに出発、感染対策に協力

https://www.afpbb.com/articles/-/3272948?cx_part=top_latest

『中国・四川省(Sichuan)成都市(Chengdu)の四川大学華西医院が11日明らかにしたところによると、四川省の医療専門家5人が、同日午後、人道主義的救援物資を携え出発した。5人は上海で中国赤十字会感染症専門家チームに合流後、イタリアに赴き、イタリアで新型コロナウイルスの感染対策に協力する予定だ。』
『「中国の感染ピークは過ぎ去ったので、われわれの経験がイタリアで役に立てば幸いだ。ウイルス対策に国境はない。イタリアに着いたら、すぐに仕事を開始し、イタリアの医師仲間と経験交流を行い、一緒に医療を進めたい」と梁宗安さんは語った。

「イタリアの感染状況は中国とよく似ている。中国の新型コロナウイルス肺炎の予防抑制や治療に関する文献、規定や医学の専門家の報告書などを携えていく。イタリアで長期的に感染症対策に当たる準備も」と梁さんは決意を述べた。』

王毅氏、イタリア外相と電話会談 感染対策で支援の用意(2020年3月11日 18:55 発信地:中国)
https://www.afpbb.com/articles/-/3272843?cx_part=related

『【3月11日 Xinhua News】中国の王毅(Wang Yi)国務委員兼外交部長は10日、求めに応じイタリアのルイジ・ディマイオ(Luigi Di Maio)外相と電話会談を行った。』(※ Xinhua=シンホア、新華社)
『ディマイオ氏はイタリアの新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制の最新状況を説明し、中国の見舞いと支持に感謝し、両国人民間の伝統的友好を十分体現しているとした。ディマイオ氏は次のように述べた。現在、イタリアの感染情勢は非常に厳しく、政府は中国の感染対策の成功経験を注視し、学び、強力な措置で感染の拡散を阻止している。イタリアは医療物資・設備不足の困難に直面しており、焦眉の急の解決に対する中国の支援を希望する。イタリア在留華人・華僑が感染対策の中で積極的な役割を果たしており、イタリアは彼らの健康と安全に引き続き全力で配慮する。』
『王毅氏は次のように強調した。イタリアの良き友人、全面的戦略協力パートナーとして、中国はイタリアが直面している試練を十分理解しており、あらためて見舞いと支持を表明する。人類共通の敵であるウイルスに国境はない、国際社会が団結して対応する必要がある。中国は常に人類運命共同体の理念に従い、中国人民の健康と安全を全力で保障するだけでなく、世界の公衆衛生上の安全事業のために貢献しなければならない。中国はこのほど、ウイルスと闘う国際協力のために世界保健機関(WHO)に寄付し、また感染が深刻あるいは医療条件の悪い国に対し、できる限りの支援を行っている。』
『王毅氏は次のように述べた。われわれは中国が感染抑制で最も困難な時にイタリアが中国に対し貴重な支援を行ったことを決して忘れない。現在、われわれは断固としてイタリア人民と共にありたいと願っている。現在、中国自身も医療物資に対し、比較的大きな需要があるが、われわれは困難を乗り越え、イタリアにマスクなど医療物資の援助を行い、さらに緊急に必要な物資と設備のイタリアへの輸出に力を入れる。イタリアが必要とするなら、中国は医療チームを派遣し、感染対策を支援する用意がある。中国のイタリアとの友好省・市と一部企業も支持、支援する。私は感染抑制に対する共同闘争の中で両国関係が一層深まり、両国人民の友好が一層昇華すると信じている。イタリア在留中国公民の健康と安全に対するイタリアの高度の重視に感謝する。イタリアが引き続き彼らに必要な支持と協力を行うことを希望する。われわれは手を携えて必ずウイルスに最終的に打ち勝つことができる。』

新型コロナ、「イタリアで大流行」の背景を考える…。

なぜ、イタリアとイランで武漢肺炎が大流行しているか? : 机上空間 ( http://blog.livedoor.jp/goldentail/archives/21721968.html )

『地理的に離れていて、隔離が容易そうなイタリアとイランで、武漢肺炎が大流行しています。これには、明確な理由があって、イランはアメリカを中心にした資本主義諸国から経済制裁をくらい、イタリアは経済苦から中国の資本を受け入れて、両国とも一帯一路の政策に噛んでしまっているからです。

これだけだと、結論しか言っていないので、細かく話しますと、中国の一帯一路の目的は、自国の生産過剰になっている鉄などの消費と、中国人の雇用の創出を兼ねた、完全に中国にとっての戦略政策です。その為、金の無い国には融資と込みで話を持ちかけ、とにかく工事受注という仕事にします。もちろん、その殆どは中国の企業が受注します。そして、国内から片道切符(つまり、帰国する時の旅費は自分で稼げという意味)で、大量の中国人労働者を送り込んで、インフラを作ります。融資した金には当然ながら、利子がつくので、返済されれば中国に損はありませんし、返済されなくても、作ったインフラを担保として取り上げてしまえば、損にはなりません。そうして、飛び地の租借地になった港や空港は、発展途上国を中心に広がっています。

つまり、発注した国には、借金を払い終われば完成したインフラを手に入れられる以外、雇用でも経済でも恩恵が殆ど無いのです。何しろ完全に隔壁で囲んだ工事現場は、全て渡航してきた中国人労働者しかいないので、現地で雇用が生まれる事も、技術の譲渡もありません。まるで、自国内に中国人の自治区が出来たような状態になります。

つまり、殆ど治外法権のような形で、中国人が自由に出入りできる場所が国内にできてしまうわけです。こうなると、防疫しようにも手段が限られてしまいます。特にイタリアの現況は酷く、天安門事件で中国国外へ脱出した活動家の中には、ヨーロッパで反共宣伝活動をしている人が、いまだ多くいます。そうした人間を拘束するために、イタリアの警官と中国から派遣された武装警察官が、協力して取締をしているのです。こうなると、一部のイタリアの主権は、中国からの資本と引き換えに、売り渡したと言って良いでしょう。

そして、もしイタリアが中国からの借款を返済できなければ、港なり空港なりを租借地として、取られる事になります。ヨーロッパの喉元に、中国の軍事転用可能なインフラが合法的に構築されるわけです。そして、恐らく今後は、流入して本国へ帰らない元中国人労働者による中華街が、地元経済の一翼を担うようになります。アフリカの多くの国で起きているように、経済が中国人無しで回らなくなります。既にスペインの流通や雑貨の販売は、安い中国系の企業に牛耳られていて、彼らがストライキを起こせば、スペインの経済は死ぬと言われています。』

※ 「一帯一路」が原因説だ…。

※ 確かに「トリエステ」が、「海のシルクロード」の終着点ではあり、中国も相当に港湾開発に注力したという話しでは、あったが…。

※ 感染拡大の中心になったのは、ミラノとベネチアであって、トリエステでは無いようだ…。

※ ただ、「イタリアの警官と中国から派遣された武装警察官が、協力して取締をしている」という話しは、知らんかったんで、調べた…。

※ けっこうヒットしたぞ…。

イタリアの街頭を中国人警官が巡回、自国の観光客保護で(2016.05.07)
https://www.cnn.co.jp/travel/35082209.html

中国・イタリア連合警察、イタリアでのパトロール開始
http://j.people.com.cn/n3/2017/0607/c94659-9225293.html

※ ローマで、協力してパトロールする様子だ…。

※ こっちは、逆にシャンハイを協力してパトロールする様子…。2017年の日付けなんで、現在も続いているのかは、ちょっと分からない…。いずれ、コロナ騒ぎ以後は、「協力してパトロール」どころの話しじゃ無いことは、確かだろう…。

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:新型肺炎の欧州での感染者急増と中国人違法滞在者の存在
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5160427.html 

『イタリアは、ヨーロッパで最も中国人人口の多い国の一つだ。移民の多くは、10年~20年以上前に渡ってきた人々で、現地で生まれた2世も成長し、さまざまなビジネスにも参入するようになった。彼らに雇用や文化を奪われると考えるイタリア人も多く、差別や偏見が広がっている。
イタリアには30万人以上の中国人移民が合法に住んでおり、違法に滞在している者はそれ以上だという。90%は浙江省の出身者ということだ。 Pratoの町は12世紀から織物で有名で、人口約20万にの街に2万人以上の合法な中国人移民がおり、違法移民も1万5000人はいるとされている。中国人向けの商店やレストランが現れ、郊外には中国人所有の輸出用衣類の倉庫が並ぶ。地元のイタリア人女性は、町の姿を変える移民を快く思っておらず、一方で、中国人コミュニティは、人種差別的非難のなか中国系移民の地元経済への貢献が軽んじられていると抗議しているという。
多くの国でも同じで、中国人は独自のコミュニティをつくって地域のルールを軽んじ、違法滞在者の巣窟となり違法ビジネスに手を染める傾向がある。
まだ指摘はされていないが、そんなアンタッチャブルな地域が、新型肺炎拡散の元になったのではと筆者は想像している。また、旧正月(2020年1月24日~1月30日)で中国本土へ渡り、その後の彼らの帰国で感染が始まったと思え、中国人違法滞在者の多くは、彼らの常套手段である第3国を経由してイタリーに再入国したのだろう。だが、違法滞在の取り締まりを強化すれば、彼らは他国や他地域へ移動するので、地域の封鎖しか手段がなくなる。EUの基本理念である域内の「移動の自由」が仇になったか?』
http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5160427.html

※ 「チャイナタウン及びその周辺の不法滞在者」が原因説だ…。

※ この説は、オレもちょっと言及した…。

『新型コロナ、2020年2月25日「世界」関連情報
https://http476386114.com/2020/02/25/%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%80%81%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%92%ef%bc%90%e5%b9%b4%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%95%e6%97%a5%e3%80%8c%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%80%8d%e9%96%a2%e9%80%a3/

ミラノ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E

ヨーロッパのチャイナタウン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3
 ※ まあ、そういうこと…。』

どうも、この説は、相当に当たっている感じだ…。

イタリアと中国の関係を考える…

※ 距離的には相当遠い両国だが、近年急速に関係を深めている…。

その背景には、アレがある…。言わずと知れた「一帯一路」構想だ…。

「一帯一路」構想には、「陸上ルート」と「海上ルート」がある…。「海上ルート」の方は、「海のシルクロード」と呼ばれている…。インド洋から紅海を渡って、スエズ運河から地中海に入り、ギリシャのピレウス港からイタリアのトリエステに至る…、というものだ…。

※ それで、セッセと影響力を拡大しようと、「港湾開発」を持ちかけては、オイシイ「融資話し」を吹き込んだりして、取り込みを図っているわけだ…。

※ よほど「オイシイ」話しを吹き込んだとみえて、この「一帯一路」構想に「乗った!」と前のめりになった国が、17カ国もあったらしい…。

しかし、こうなるとちょっとマズいことも生じる…。ここに上がっている各国は、「NATO」の一員でもある…。

NATOの結束が乱れ、一致して事にあたる力(ちから)が弱まるのではないのか…。そう心配する勢力も出てくるだろう…。

まあ、大きな全体の構図としては、こんな感じだ…。あとは、参考資料を貼っておくんで、自分で解析してみてくれ…。

中国、対中包囲網切り崩し イタリアが一帯一路に協力(2019/3/23)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42837370T20C19A3EA3000/

トリエステ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86

イタリアが参画する中国の一帯一路とトリエステ慕情(2019.04.02)
http://abiko8524.jugem.jp/?eid=315

イタリアが「一帯一路」構想に関する覚書に署名(中国) 主要国にも広がる「一帯一路」(2019年6月27日)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/757e34ee4a290d0c.html

中国、ギリシャ最大港に720億円 一帯一路で攻勢 国有海運大手が「先兵」(2019/11/13)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52123990T11C19A1FF2000/

イタリアが「一帯一路」構想に関する覚書に署名(中国) 主要国にも広がる「一帯一路」(2019年6月27日)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/757e34ee4a290d0c.html

中国、ギリシャ最大港に720億円 一帯一路で攻勢 国有海運大手が「先兵」(2019/11/13)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52123990T11C19A1FF2000/

「なぜイタリアは、中国と『一帯一路』の覚書を交わしたのか?」(2019/03/28)
http://888ichigo.blog.fc2.com/blog-entry-443.html
『イタリアのGDPは、世界9位で、EUでは、ドイツ、フランスに次ぐ3位の経済規模である。

 しかし現在イタリア経済は、公的債務がGDP比率132・1パーセントにも膨らんで、債務危機に陥っている。

 過去にもイタリアは、2008年から2009年、2012年から2014年と、2回にわたって経済危機に陥っている。

 さらに2018年に入って下向きとなり、現在の経済破綻危機を迎えているのである。

 イタリアが、リスクを承知の上で、中国と「一帯一路」の覚書きを交わしたのは、そのような深刻な財政事情に直面しているからだ。

とりわけイタリアの現政権が、「一帯一路」に踏み込んだ裏には、5つ星運動の党首で、副首相のディマイオ(32歳)の経済顧問であるジェラーチという経済金融学者がいる。中国の大学で10年間ほど教鞭をとっていた経験を持つ親中派の学者である。

イタリア経済発展省の次官となったジェラーチ氏は、「イタリアこそが、新時代のシルク・ロードに参画しないことはあり得ない話だ」と主張していた。

またジェラーチ次官は、「イタリアの対中貿易は、大きくヨーロッパの周辺国から立ち遅れている。例えばフランスのワインの対中貿易は、イタリアの7倍であり、あのアイルランドでさえ食品や飲料などにおいて、イタリアをはるかに上回っている」と指摘している。

これに同調したコンテ首相(54歳)は、「一帯一路が提唱する経済貿易は、完全にイタリアの国益と一致しており、イタリアの港湾は、まさに新シルク・ロードの目的地となり、地政学的な位置から利益を得なければならない」と、決断した次第である。』

中国に裂かれる欧州 どこへ(2019.4.5)
https://special.sankei.com/a/international/article/20190405/0003.html

虎子の誇顧 2068_東欧の風雲を攪拌する白熊 1/2 | 浪漫孤鴻 【 壺公仙人の独行・独白 】 涯 如水 – 楽天ブログ(2020/02/04)
https://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/diary/202002040000/

瓦解するNATO、西側陣営の崩壊は対岸の火事ではない(2020年1月31日)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00010000-wedge-eurp

二つの新冷戦下における欧州=中国関係-「一帯一路」を中心として-(2019年11月28日)
https://www.ide.go.jp/library/Japanese/Research/Project/2019/pdf/2019110002_03.pdf
 ※ これは、良レポートだ。「二つの新冷戦」とは、何か…。先の「冷戦」と、どこが違っているのか…、など鋭い視点が満載だ…。

※ この.pdfからキャプチャした資料だけは、別口として貼っておく…。