クルーズ船の現状…。

アングル:行き場失ったクルーズ船、マニラ湾に群れなし停泊
https://jp.reuters.com/article/cruise-ships-manila-idJPKBN22Q0RG

『フィリピンの国際海事協会のトップを務めるホゼ・アルバ―・カトー氏は、サッカー場を縦に2つ3つつなげたくらいの長さがあるクルーズ船が、大挙してマニラ沖にいることに特に驚きはないと語る。

クルーズ船の乗員はフィリピン国籍が多く、マニラ湾に客船が集結するのは合理的だという。

カトー氏はロイターに対し、「(1隻につき)乗員の30─40%がフィリピン人だ。ここで待てば、船の所有者はかなりコストを抑えられる」と語った。』
『クルーたちはロイターの取材に対し、退屈している、寂しい、すぐ近くにある家に帰れないことに苛立ちが募ると明かしたが、それでも快適な部屋で過ごせることを幸運に思っていると語った。ほかの場所で隔離期間を過ごすフィリピン人帰国者が、もっと過酷な環境に置かれていることを知っているからだ。

航海中なら自分が掃除する部屋で寝泊まりしているマイケルさんは、「みんなそれぞれスイートルームをあてがわれているんだ。まるでお客さんになったみたいだよ」とおどけてみせた。

ビデオチャットで取材に応じたマイケルさんは、「ここにいる方が安全だと感じる。清潔さと衛生において、クルーズ船の基準は高い」と語った。』
『船舶の位置を追跡する「マリントラフィック」のデータを見ると、5月8日の時点で378隻のクルーズ船が確認できる。移動中の客船もあるが、多くはカリブ海、地中海、大西洋や南シナ海に集団で停泊している。』
『クルーの下船を遅らせることに根拠がないわけではない。CDCによると、2月に日本の横浜に長期停泊した「ダイヤモンド・プリンセス」は712人が陽性反応を示した。陽性だった乗客のうち47%は検査時には無症状だったが、最終的には9人が死亡した。

CDCは、条件を満たしたことを明記する書面に運航会社がサインをすれば、症状のみられないクルーを下船させることを許可している。クルーを公共交通機関に乗せることなく、自宅もしくは次の任務地まで送り届けることなどが条件になっている。』

…プリンセス、またもや感染者が出る…。

豪寄港の「プリンセス」号で陽性 客下船後に判明、当局が連絡急ぐ
https://www.afpbb.com/articles/-/3274420

『【3月20日 AFP】オーストラリア・シドニーに寄港したクルーズ船「ルビー・プリンセス(Ruby Princess)」の乗船者4人が、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したことが明らかになった。当局は20日、前日に下船した乗客約2700人に対し、自主隔離を行うとともに、当局に連絡するよう緊急要請した。
ニューサウスウェールズ(New South Wales)州当局によると、当初はニュージーランド行きの同船について「危険度低」とみなし、19日に下船を許可したという。乗客らは同国最多の人口を擁する同市中心部へ向かった。
 同船ではシドニーからニュージーランドに向けて航海中に乗客らが体調不良を訴えたことから、13人に対してインフルエンザ検査を実施。後に同じ13人分の検体を新型ウイルス検査にかけたところ、乗客3人と乗員1人から陽性反応が出たという。』
『ルビー・プリンセスは陽性反応を示した1人を含む1100人の乗員を乗せて出港しており、シドニーからは遠く離れている。
 同船を運航しているのは、クルーズ会社のプリンセス・クルーズ(Princess Cruises)。ハザード氏は、同船の所有会社が「本件の対応に当たっている」と明かしている。
 同国では、海外から帰国した、あるいは新型ウイルスにさらされた恐れのある旅行者には、2週間の自主隔離を要請している。しかしルビー・プリンセスの下船者らの中には、同船の乗船者から陽性反応が出た事実を依然把握していない人がいる可能性がある。
 ハザード氏は、「非常に大きく懸念しているのは、乗客らが船内にウイルスが存在していたことを知らずに下船してしまったということだ」と話している。(c)AFP』

※ 航路は、こんな感じか…。現在、全てのクルーズ航路を休止しているようなんで、ちょっと古いもののようだ…。

※ なお、「ダイプリ」の航路にも当たったんで、貼っておく…。1月25日の香港で、大量の中…人観光客が乗船して来て、それがマズかった…、と言っている人もいる…。今となっては、「昔(むかし)の話し」だ…。世界が、感染まみれになってしまったからな…。

※ 「グラプリ」の航路は、こう…。

※ ここの会社、やたらと感染者を出している…。また、各地で「不法投棄」問題も起こして、叩かれている…。そういう「体質」なのか、それとも、強引な「合併策」にでも出て、多くの「恨み」でも買っているものなのか…。

※ ちょっと、調べてみた…。

船内設備 | CRUISEVACATIONS
https://www.cruisevacation.jp/princess/attraction/facilities/

※ 日本での代表的な「旅行販売代理店」のサイトだ…。画像は、ここからキャプチャした…。

※ 「メディカル・センター」があり、「イギリスの資格をもつ医師と看護師が乗船しており、24時間対応してくれる」と書いてあるが、そいつらは一体何をしていたんだ…。全く、機能しなかった…、ということか…。当初、イギリス・アメリカのメディアで、やたら「日本の対応」を叩いていたメディアと、それのしり馬に乗って、同じく叩いていた国内メディアがあったようだが、こういう「事実」は、どうするつもりなんだ…。最後は、頬っ被りで、ダンマリか…。

※ いずれ、こういう「宣伝画像」に釣られて、参加した…はいいが、突然、舞台は「暗転」し、コロナ感染騒ぎとなるわけだ…。まったく、人生どこで「奈落」が口を開けて待っているのか、知れたものではない…、という話しだ…。

※「会社概要」は、こう…。資本金なんて、たった「3500万円」だ…。現在、日本における「生命(いのち)の相場」は、「8000万円~9000万円」だ…。集団訴訟を起こしたところで、「取りっぱぐれる」レベルだな…。

※ なんでもそうだが、「契約」する相手の「財産的な裏付け」は、常にチェックしておかないとな…。いざという時に、「取りっぱぐれる」ことになる…。

※ 後は、自衛策として、「任意保険」に加入しておく手がある…。ただ、「感染症」なんかは、どこまで「カバー」できるものなのか…。おそらく、「生命保険」の「特約」程度では、カバーしていないんじゃないか…。特別な「任意保険」になる可能性が高いと思われる…。

「新型コロナウイルスによる感染症に関する保険の取扱いについて」( https://www.aig.co.jp/sonpo/company/news202001/20200207-01 )

※「傷害保険」だと、「対象外」となるようだ…。「医療保険」「海外旅行保険」だと、「対象」になるようだな…。ダイプリでもなんでも、クルーズ参加者で加入していた人の割合は、どのくらいになるものなのか…。あと、「企業」が加入する「賠償責任保険」も、「対象外」となるようなんで、注意しておいた方がいい…。

プリンセス・クルーズ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

クルーズ客船における2019年コロナウイルス感染症の流行状況
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%AE%A2%E8%88%B9%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B2019%E5%B9%B4%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E3%81%AE%E6%B5%81%E8%A1%8C%E7%8A%B6%E6%B3%81

プリンセス・クルーズ、2ヶ月間全クルーズ船の運航を停止(2020年3月13日 金曜日 1:20 AM)
https://www.traicy.com/posts/20200313148089/
『カーニバル・コーポレーションは、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、傘下のプリンセス・クルーズが保有するクルーズ船18隻を、5月10日まで運航しないと発表した。5月11日から運航を再開する。
今後5日以内に終了するクルーズは、終了まで運航する。3月17日以降にも運航するクルーズは、運用要件を考慮して、乗客にとって最も便利な場所で終了する。利用者が帰宅するために、可能な限りのことを行うという。
プリンセス・クルーズでは、影響を受ける乗客に対し、支払ったクルーズ代金の100%を、次回以降のクルーズ代金として使用できるフューチャー・クルーズ・クレジットとして提供するほか、追加のクレジットも付与する。現金での払い戻しを請求することもできるものの、コールセンターでの待ち時間が長くなることが想定されるため、ウェブサイトのフォームから連絡するよう求めている。』

※ この「カーニバル・コーポレーション」というのが、「運航会社」本体のようだ…。

Carnival CorpCCL.N
https://jp.reuters.com/companies/CCL.N/key-metrics 

※ 財務諸表を、ちょっと調べた…。

※ 「フリーキャッシュフロー」が、マイナスになっているのが気になる…。

フリーキャッシュフロー 見るべきは財務活動とのバランス
https://keiriplus.jp/tips/freecashflow-zaimu/

※ 上記だと、その中身がよく分からないので、ちょっと判定しかねる…。

※ 損益計算書によれば、1ドル=100円換算だと、年間2兆円以上の営業収益があるようだ…。ただ、「配当性向」が55.05%と、これまた高いのも気になる…。日本の一部上場企業だと、30%くらいだ…。儲けは、ドンドン株主に「配当」していて、会社の「内部留保」は、あまり残らない…、という話しになる…。そういう会社だと、「いざという時の耐性」が低く、「リスク」に「脆弱」なんだよね…。

※ そういう会社の「特性」は、キチンと調べておいた方がいいぞ…。特に、外資系の「保険会社」とか、「信託会社」とかはな…。

※ あと、業績悪化すると、トットと「撤退して行く」のも、「外資系」の特長だ…。「資産」を預けようとする場合は、特に念入りに調べないとな…。

『グラプリとダイプリの食事の格差が話題に・クルーズ船「グランドプリンセス」の部屋に隔離後の食事』

https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/entry-12581533088.html

※ 「グラプリ」と言われても、知らない人も多いと思うが、ちょっと前まで話題だった「ダイアモンド・プリンセス」の姉妹船だ…。「グランド・プリンセス」と言うクルーズ船だ…。「○○・プリンセス」と称していることから、察しがつくが、同じ船籍、同じ運航会社のクルーズ船だ…。

航路は、こんな感じ…。

※ サンフランシスコ発で、メキシコに向かい、10日くらいサンフランシスコ↔メキシコを往復した後、今度は、サンフランシスコからハワイに向かい、10日くらいの観光の後、サンフランシスコに帰ってくる予定だった…。しかし、3月4日に新型コロナ感染者が「死亡する」という事件が起こったんだよ…。『グランド・プリンセス号の以前のクルーズに乗っていた2人の乗客がウイルスに感染し、そのうちの1人が3月4日に死亡した。( https://www.businessinsider.jp/post-208897 )』どうも、以前にクルーズに参加した乗客で、下船後に死亡かつ発覚したようだ…(詳細、不明)。

それで、「サンフランシスコ港に入港することは、まかりならん!」という話しになって、沖合に停泊・隔離されることになった…(その後、オークランド港という港に入港が認められることになり、乗客・乗員は、軍が管理する施設で「経過観察」することになったようだ…)。

そういう経緯なんだが、サンフランシスコ沖停泊・隔離中のグランド・プリンセス乗客が、食事を紹介してSNSにアップしたものが、以前の横浜港停泊・隔離中のダイアモンド・プリンセス乗客の食事と比較して、何かと話題になったわけだ…。

クルーズ船対応「旗国主義」の穴 義務なかった日本 国際法・ルールと日本

 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55736490X10C20A2PP8000/

『政府は17日、新型コロナウイルスによる肺炎に集団感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応を続けた。英国籍の同船には日本の法律や行政権を適用できない原則があり、対応を複雑にした。国際法上の「旗国主義」がこうした船舶内の感染症対策で落とし穴となっている。』
『国際法では公海上の船舶は所属国が取り締まる「旗国主義」という考え方をとる。国連海洋法条約で、公海上の船舶は旗国の「排他的管轄権に服する」と明記する。旗国の義務として「行政上、技術上および社会上の事項について有効に管轄権を行使しおよび有効に規制を行う」と定める。』
『例外として(1)海賊行為(2)奴隷取引(3)無許可の放送(4)無国籍や国籍を偽る――という外国船舶の取り締まりを認める。今回のような感染症拡大の防止は想定していない。』
『日本の領海を航行中であっても外国船籍の船舶は陸上と同等の日本の管轄権は及ばない。犯罪の結果が日本に及ぶ場合の刑事裁判権や、領海通航中に発生した債務や責任に関する民事裁判権などに限られる。』
『クルーズ船では乗員・乗客の集団行動や共用設備が多い。運航中に新型コロナウイルスが広がったとみられる。公海上にあった同船舶には国際法上、日本が感染拡大の措置を講じる権限や義務はなかった。義務を負っていたのは船舶が籍を置く英国だった。』
『日本が着岸を認め、乗員・乗客の検査や生活支援に取り組んだのは国際法上の義務ではない。乗客の半数近くが日本人という事情を踏まえた判断だった。その結果として米国やカナダなどが自国民を下船・帰国させるのにも協力する。日本政府関係者は「本来はクルーズ船の着岸を拒否することもできた」と語る。』
『集団感染の疑いがある船舶の受け入れには各国ともに二の足を踏む。アジアを回るクルーズ船には入港拒否が相次ぐ。

米ホーランド・アメリカ・ラインが運航するオランダ籍の「ウエステルダム」はその例だ。5日に台湾を出た後、接岸できる港を見つけられず、カンボジアに受け入れられるまで1週間あまり洋上をさまよった。同船には日本も出入国管理法に基づいて外国人の乗員・乗客の入国を拒否した。

日本は7日、台湾で寄港を断られて那覇に向かっていた香港の企業が運航するバハマ籍船についても入港辞退を求めた。』
『ダイヤモンド・プリンセス号の場合を含め、船籍国と運航会社のある国、沿岸国がそれぞれ異なる。一般的にどの国も自国民がほとんど乗っていなかったり、地理的に遠かったりする船舶には積極的に対応しない。』
『国連海洋法条約は旗国と船舶の間の「真正な関係(genuine link)」を求めるが、実際は船舶の所有会社と登録先の国が異なる場合が多い。国によっては登録料収入などを期待し、船籍を容易に与える。日本のタンカー船でもパナマ船籍が多い。こうした「便宜置籍船」はかねて問題になっている。』

 ※ 「インバウンド」の観点から、お金を落としてくれる「宝の山」だったものが、一転して、忌まわしい「疫病神」となるわけだ…。「中…人観光客」は、当分の間、「コロナウィルス」のアイコンとなるだろう…。そして、それを払拭するには、長い時間がかかるだろう…。

新型コロナで注目の「クルーズ船」ツアー ダイヤモンド・プリンセス号“人気の秘密”

『2004年にデビューしたダイヤモンド・プリンセスは、日本で建造された最大の客船で、全長290メートル、全幅37・5メートル、総トン数は11万5875トン。乗客定員は2706人で、巡行速度は22ノット(時速41キロ)。船籍はイギリスで、船会社はアメリカの「プリンセス・クルーズ」である。
「乗員乗客約3700人のうち、日本人は半数近くとなっています」』
『「日本人の乗客の多くが、現役をリタイアした60~70代のシニアの方たちです。ゴールデンウィークや夏休みは、子供とその両親、祖父母と3世代の方たちが乗船されることもあります」』
『今回、コロナウイルスに見舞われたツアーは、『初春の東南アジア大航海16日間』で、ツアー1人当たりの料金は、一番安い内側ツインベッドで19万8000円。海側バルコニーが27万8000円~、ジュニア・スイートが39万8000円~、プレミアム・スイートが74万円、最も高額なのは約124平米のグランド・スイートで138万2000円となる(いずれも税別)。1月20日に横浜を出発後、22日に鹿児島に寄港し、25日に香港に到着。その後ベトナムや台湾を巡り、2月1日に那覇に寄り、4日早朝に横浜に戻る予定だった。』

※ 人間、どこでどんな災難に見舞われるのか、分からんものだな…。

新型ウイルス クルーズ船の感染者61人に うち1人重症

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200207/k10012276451000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

『新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船で、新たに日本人21人を含む乗客41人の感染が確認されました。クルーズ船が横浜港沖に停泊して以降、乗客と乗員で感染が明らかになったのは61人となりました。』
『厚生労働省は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で今月3日から乗客と乗員全員の合わせて3700人余りの検疫を行い、このうち、発熱やせきなどの症状があったり、症状がある人と濃厚接触したりした合わせて273人から検体を採取してウイルス検査を実施してきました。
そして、7日新たに171人の結果が判明し、41人の感染が明らかになりました。』
『感染が確認された41人は全員が乗客で、このうち21人は日本人です。
そのほかの人の国籍はアメリカが8人、オーストラリアとカナダが5人、アルゼンチンとイギリスが1人となっています。
年代別では20代から40代が3人、50代が3人、60代が8人、70代が21人、80代が6人だということです。
また、重症者はいないということです。』
 まわりくどい言い方だが、61-(21+8+5+5+1+1)=20、率にして20/61=32.8%が中…国籍者と言うことか…。その、米・豪・カナダ・英・アルゼンチン国籍者が、中…系なのか、そうでないないのかが、知りたいところだ…。
 変に忖度している事態じゃ、もう無くなっているだろ…。

クルーズ船の感染者61人に 1人は重症 5都県の医療機関に搬送 ( 

https://mainichi.jp/articles/20200207/k00/00m/040/084000c

 『厚生労働省は7日、横浜市の大黒ふ頭に着岸しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに乗客41人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。6日までに20人の感染が判明しており、船内の感染者は計61人となった。』
『厚労省によると、クルーズ船には3711人が乗船。このうちせきや発熱など症状がある120人と、症状がある人や香港で既に下船し感染が判明した男性と長時間接触した153人の計273人について検査をし、すべての検査結果が出そろった。』
『7日午前、新たに171人分の検査結果が公表された。感染が発表された乗客41人は20~80代の男女。国籍の内訳は、日本21人▽米国8人▽豪州5人▽カナダ5人▽英国1人▽アルゼンチン1人。世界保健機関(WHO)はクルーズ船内の感染について、日本への上陸前の発生とし、感染者の数を日本国内の発生には合算せず「その他」としている。国内の発生は無症状の人も含め25人。』