台風10号、海水高温で強力に ラニーニャも影響

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63451860U0A900C2EA2000/

『台風10号は「猛烈な」勢力で沖縄近海を進み、九州に接近または上陸して広範囲に激しい暴風をもたらす恐れがある。短時間で猛烈に強まる「急速強化」が北上しながら起こり、あまり衰えずに陸地に近づく極めて異例の台風となりそうだ。熱帯の海水温の変化など悪条件が重なった。これだけ強い勢力で陸地に迫るのは、1959年の伊勢湾台風以来だ。

【関連記事】
台風10号、猛烈な勢力に発達へ 瞬間風速85メートル恐れ
台風10号接近、「身を守る備えを」 最大級の警戒
台風10号に企業備え ヤマト運輸は九州全域の集配停止

台風10号の中心気圧は3日午前0時から18時間で30ヘクトパスカル下がった後、4日午前0時から9時間で30ヘクトパスカル下がり、発達のペースが倍増した。海面水温がセ氏30度を超えて異常に高く、上空の風も穏やかで「発達を妨げる要因がほとんどない」(名古屋大学の坪木和久教授)。

発達した台風が通過すると水がかき混ぜられ、深いところの比較的冷たい水が表面に上がって海面水温は下がる場合が多い。しかし、現状は水深100メートル程度まで高めのため、下がりにくい。

台風は暖かい海からの水蒸気をエネルギー源とする。台風の発達に適しているとされる海面水温セ氏27度以上の海域が九州の沿岸近くまで迫っており、10号は最盛期を過ぎてもある程度の強さを維持して九州に接近する公算が大きい。

日本の南の広い範囲で海面水温が異常に高いのは、高気圧に覆われ続けて日射で暖まったのが直接の原因とされる。そして、高気圧が勢力を強めて居座った背景には熱帯の海特有の現象がある。

一つは数年に1度のペースで海面水温が熱帯太平洋の西側では高め、東側では低めになるラニーニャ現象が起き始めていることだ。もう一つはインド洋の海面水温が高い現象で、これらが重なって日本の南に張り出す高気圧を強めた。結果的に、8月に入って水温が高い海域は西太平洋のかなり広範囲に及び、台風の発生・発達に適した条件ができたとみられる。

もともと日本近海の海面水温は長期的な上昇傾向が顕著で、ゲタを履いたような状態になっている。そこへ今夏特有の水温上昇が重なり、台風が北緯30度近くまで最盛期の勢力でいられるほどの高温になった。

気象庁や米国の気候予測センターは秋~冬にラニーニャが発生する確率は6割程度と予想している。このため、日本の南海上で海面水温が高く、台風が発達しながら北上しやすい傾向は続く可能性がある。9、10号を追うように新たな強力台風が襲来する恐れがある。今回は被害を免れても次があると考え、備えを万全にしておきたい。(編集委員 安藤淳)』

「雨雲レーダー」が革新的に進化した。

「雨雲レーダー」が革新的に進化した。半日先まで“くっきり”の仕組み
https://newswitch.jp/p/23442

『雨がいつ、どこで、どれくらい降るかがスマートフォン上などで一目でわかる「雨雲レーダー」の進化が止まらない。民間気象会社のウェザーニューズは、半日以上先の降雨状況について250mメッシュかつ10分間隔という高解像度の可視化に業界で初めて成功した。スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」で提供を始めた。同社が3時間先の降雨状況の高解像度化に成功したのはわずか2年前。雨雲レーダーがこれほど短期間で進化した背景には人工知能(AI)技術がある。(取材・葭本隆太)

1日の行動を事前に判断しやすくなる
「革新的な進化だ」。ウェザーニューズ予報センターの西祐一郎グループリーダーは雨雲レーダーの大幅な高解像度化の成功に胸を張る。従来の雨雲レーダーでも3時間先までは250mメッシュかつ10分間隔で予測していたが、3-15時間先については1km-5kmメッシュかつ1時間ごとの予測だった。新しい雨雲レーダーは3時間先以降の予測を大幅に高解像度化した。

西グループリーダーは「(新雨雲レーダーによって)1時間先と半日先の雨雲の状況を(10分間隔かつ250mメッシュという)同じ目線で確認できるため、直感的に理解でき、1日の行動を前もって判断しやすくなる。例えば、夕方まで外出する日の朝に洗濯物を外に干すかどうか判断したり、朝の段階で夕方の子供のお迎えに行く手段を考えたりといったシーンで使ってもらえるのではないか」と期待する。

この進化の背景には二つの要素がある。風や気温などを変数にした物理方程式で将来の大気の状態を予測する「数値予報」と「AI技術」を活用したことだ。

3時間先までの予測は、雲の過去の移動状況を地形の状況などを加味しながら延長する方式で予測する。ただ、その方法で4時間先以降を予測すると「現実と乖離してしまう」(西グループリーダー)。日本列島の観測網の外から雲が移動してくるケースなどを考慮できないからだ。そこで、予測手法をがらりと変えて「数値予報」を活用し、10分間隔で予報結果を算出することで時間の解像度を高めた。

AI技術の挑戦が実を結んだ
ただ、数値予報は5kmメッシュの空間解像度で算出する。より空間解像度を高めて数値予報を行おうとすると、計算量が大きくなるため、「高い計算能力を持つスーパーコンピューターが必要になり、民間会社としては(コスト的に)厳しい」(西グループリーダー)。そこでAI技術を活用した。

具体的には、過去数年分の数値予報の結果とその時々の250mメッシュの雨雲レーダーの画像をAIに学習させることで、新たな数値予報の結果に適合する250mメッシュの雨雲レーダーの状況をAIが推測できるようにした。

西グループリーダーは「今回の高解像度化の成功の裏側としてはAI技術が大きい。AI技術の発展に社内で取り組み、いろいろと挑戦してきた中で実を結んだ成果の一つだ」と力を込める。

実際に雨が降った回数に対してその雨を予測していた回数の割合で予報精度を示す「捕捉率」について、雨雲レーダーの1時間先予測では97%に上る。3時間先の予測でも約90%を誇るという。15時間先の予測の精度については検証を始めたばかりでまだ未知数だが、「1時間先や3時間先に比べると15時間先の予報の精度はどうしても下がると思う。(その中で検証結果を踏まえて)AIに学習させるデータを増やしたり、数値予報のパラメーターを微調整したりして(修正を加えながら)高い精度を維持していきたい」(西グループリーダ-)という。

また、今回活用したAI技術は熱中症や花粉飛散の予報に応用することで、それぞれの機能の充実などを図れる可能性があるという。ウェザニューズはAI技術の進化やそれによる天気予報の高度化の挑戦を続ける。

ニュースイッチオリジナル』

台風3号に続き4号も発生へ 日本列島への影響は?

https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2020/08/01/9228.html

 ※ 梅雨明けしたと思ったら、猛暑と台風の襲来だ…。「災害列島」の宿命だ…。ヤレヤレだ…。

『台風3号が8月1日15時にトンキン湾で発生。沖縄の南の熱帯低気圧も今後、台風に発達する予想で、沖縄の先島諸島にかなり接近する恐れがあります。』

台風3号に続き、4号も発生へ
https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2020/08/01/9228.html#sub-title-a

『台風3号に続き、4号も発生へ
今年は今のところ台風の発生が少なく、5月に台風1号、6月に2号が発生したものの、7月は統計開始以来初めて台風の発生がありませんでした。

ところが、8月に入り、南の海上が騒がしくなってきました。8月1日15時に台風3号がトンキン湾で発生しました。そのほかにも台風のたまごともいえる熱帯低気圧が沖縄の南にあります。日本の南の海面水温は30℃前後と高く、台風が発生しやすい状況となっています。沖縄の南の熱帯低気圧も今後、台風に発達する予想です。衛星画像をみても発達した雲がまとまってきているのが分かります。

日本への影響は?
台風3号は今後もトンキン湾を西北西へ進み、ラオスで熱帯低気圧に変わる予想です。日本への直接的な影響はないでしょう。

一方、沖縄の南の熱帯低気圧は台風に発達し、2日夜から3日にかけて宮古島や石垣島など先島諸島にかなり接近する恐れがあります。先島諸島では2日明け方から波がうねりを伴って高くなり、3日にかけてしけるでしょう。2日夜からは風も強まり、3日は非常に強い風が吹く可能性があります。また、3日は活発な雨雲もかかり、大雨となる恐れもあります。高波や強風、大雨に注意が必要です。大潮の時期にあたるため、高潮による浸水や冠水にもご注意下さい。沖縄本島地方も2日昼前から、うねりを伴って波が高くなるでしょう。

その後の熱帯低気圧の進路は、まだはっきりしませんが、太平洋高気圧が張り出しているため、本州付近には近づけず、九州から関東甲信ではしばらく夏空と厳しい暑さが続く予想です。』

東海と関東甲信で梅雨明け

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200801/k10012544981000.html

『(2020年8月1日 11時56分)
1日は西日本や東日本で晴れ間が広がり、東海と関東甲信で梅雨明けが発表されました。午前中から西日本を中心に気温が上がっていて、日中の最高気温は35度以上の猛暑日になるところもある見込みです。こまめに水分を取るなど熱中症に十分注意が必要です。

1日は高気圧に覆われて西日本や東日本では晴れ間が広がっていて、気象庁は午前11時、「東海と関東甲信で梅雨明けしたと見られる」と発表しました。

梅雨明けの発表は、いずれの地域も去年より8日遅く、平年と比べても11日遅くなっています。

西日本を中心に午前中から気温が上がっていて、
午前11時半までの最高気温は
▽高知市で33.8度
▽鹿児島県肝付町前田で33.7度
▽岡山県高梁市と▽和歌山県田辺市の栗栖川で33.3度
▽岐阜市で33.1度
▽茨城県大子町で32.2度
などと各地で真夏日となっています。

このあとも気温は上がり、
日中の最高気温は
▽岐阜市で36度
▽名古屋市や▽京都市▽岡山市▽高知市▽熊本県人吉市などで35度
と西日本と東海では猛暑日になると予想されているほか、
▽大阪市で33度、
▽東京の都心で32度
▽金沢市で31度
▽札幌市と福島市で30度
などと広い範囲で真夏日が予想されています。

気象庁は、こまめな水分補給に加えて屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では冷房を適切に使うなどして熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

豪雨の被災地でも厳しい暑さで熱中症の危険性が高まります。環境の変化で疲れもたまっていることから、復旧作業にあたる際にはこまめに休憩を取るなどの十分な対策が必要です。
東京・世田谷区の多摩川沿いでは強い日ざしが照りつけるなか家族連れがマスクをつけ、ほかの人との間隔をとったうえで水遊びを楽しんでいました。

都内に住む40代の男性は「やっと梅雨明けしたので、川で遊ぼうと思って来ました。待ち遠しかったです。暑いですが、マスクなどできる範囲で感染対策をしながら楽しみたいです」と話していました。』