とても増えてきた無敵な人の犯罪

とても増えてきた無敵な人の犯罪
http://blog.livedoor.jp/goldentail/archives/27943943.html

『元2chの管理人である、現在は人気Youtuberの「ひろゆき」氏が、「無敵な人」という言葉で表現した犯罪者のパターンがあります。いわゆる、破れかぶれ、経済的になのか人間関係なのか社会に対する恨みなのか、何かしらに追い詰められて、何を失っても怖くない状態で、暴発する通り魔的な犯罪者を指します。

無敵というのは、自分の命を含めて、守るものが無い状態になった人です。少し前に、精神病クリニックに放火して、この間、自分も病院で治療の甲斐なく命を落とした放火犯がいましたが、彼が典型的な例になります。彼は、この事件を起こす前に、自宅にも放火していて、さらさら生き長らえるつもりもなく犯行に及びました。

かつ、被害が最大になるように、ガソリンを撒いて放火した後、出入り口に立ちふさがって、逃げる人を妨害していたようです。彼の関心事は、一つだけ、できるだけ、事件を大事にして、世の中に何かの傷跡をつける事です。そして、彼自身も大やけどを負って、病院で死亡しました。彼からすると、予定通りなのでしょう。

こういう境遇に陥る人は、その時点で、あらゆる意味で孤独になっています。この孤独という奴が、やっかいで、それを愛して苦にならない人もいます。今は、孤独でも生きていくのが難しくない仕組みに世の中がなっています。飲食店に行けば、お一人様優遇の席が設けられていて、隣を気にせず、仕切りに守られた中で食事ができます。

ただし、これは、資本主義経済の原則ですが、孤独に生きるという事は、非常にコストが高くなります。もともと、家族で共有していたようなものが、個人所有になる事で、物が売れて経済は発展します。なので、仕組み的に孤独と経済の発展は相性がいいのです。例えば、茶の間にあったテレビは、今では個人で所有するデバイスになっています。なので、チャンネル争いなんて言っても、今の子供には理解できないでしょう。

冷蔵庫だって、家族で一台だったのが、パーソナル冷蔵庫を個室に持ち込むのが、スタイルになっています。エナジードリンクを入れておいて、スナック菓子を買っておけば、何十時間でもオンライン・ゲームに没頭できますよね。エアコンだって、リビングに一台から各室に一台。つまり、部屋から出なくても良い環境になりつつあります。これって、自然に高コストですよね。個人で所有するという事は、その数だけ物が売れるという事です。

環境的には、孤独に生きる事に優しくなっていますが、それは高コストなんです。これは、煩わしい人間関係と縁を切れる代償として、納得して生きていくしかありません。健康で人生が順調な時は、良いのですが、何かでつまずくと、孤独な人は大変です。誰も助けてくれません。その人が、誰も助けないから、誰からも気にしてもらえないのです。

また、面倒な事に、孤独を愛せる人ばかりではありません。孤独にイライラして、神経が痛めつけられる人もいます。こういう人が、孤独に生きざるを得ない状態になると、精神が不安定になります。そして、そういう苦痛は、社会という漠然とした対象に対する攻撃に変化します。ネットで毒を吐いている程度で収まれば良いのですが、行動に出る人がいます。それまで、常識人であり、順境な人生を歩んだ記憶がある人ほど、そうなると、まるで弓を引くように、限界まで精神の鬱憤を溜める事になります。

その結果として、この世の全てを恨み、何も守る物を持たない「無敵な人」が誕生します。何もかも、破壊して、自身もろとも滅びる事を目的とした犯罪を起こすのです。』

北新地放火 容疑者、口座残高ゼロ 昨年1月に83円引き出し

北新地放火 容疑者、口座残高ゼロ 昨年1月に83円引き出し
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4ef65b9a2b8eeac3a9d968d60c7ce1f0f5b7732

※ そういうわりには、いろいろと「物を買いこんでいる」(ガソリン、着火剤、ライターなど)…。

※ そういうものの「購入費用」は、どこから出したのか…。

※ 解せん話しだ…。

『25人が犠牲になった大阪市北区曽根崎新地のクリニック放火殺人事件で、死亡した谷本盛雄容疑者(61)の銀行口座の残高が0円となっていたことが14日、大阪府警天満署捜査本部への取材で分かった。平成22年以降は定職に就いておらず、生活に困窮していたとみられている。

【写真】谷本盛雄容疑者

捜査本部によると、谷本容疑者は大阪市内に所有する物件の家賃収入を得ていたが、令和元年9月で入居者が退居。谷本容疑者名義の銀行口座はその翌月から残高が1万円未満の状態が続き、昨年1月に残高83円を引き出してからは0円となっていた。

同年5月には当時住んでいた住宅で、料金の滞納を理由に電気やガスを止められていたという。また、平成22年を最後に定職に就いておらず、給与収入はなかったとみられている。

谷本容疑者は多数を巻き添えにする「拡大自殺」を図った疑いが強いとみられており、捜査本部は、経済的な困窮もその一因になったとみて捜査している。』

倉庫放火疑い19歳逮捕 大阪・舞洲、派遣社員

倉庫放火疑い19歳逮捕 大阪・舞洲、派遣社員
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF150J50V10C22A1000000/

『大阪市此花区の人工島・舞洲(まいしま)にある日立物流西日本の倉庫で昨年11月末に発生し鎮火に丸5日かかった火災で、大阪府警は15日、倉庫で勤務していた派遣社員の同府の少年(19)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。府警によると「同僚から暴行を受けて一緒に働きたくなく、別々にしてほしかったから火を付けた」と容疑を認めている。

14日、同社が入る大阪市西淀川区の別の倉庫で火災が発生。現場にいた少年を事情聴取し、両倉庫への放火を認めたという。

逮捕容疑は昨年11月29日午前、舞洲の倉庫に火を付けて全焼させた疑い。府警によると倉庫は6階建てで、延べ床面積は約5万3千平方メートル。当時倉庫にいた約130人はいずれも無事だった。

府警によると、少年は舞洲の倉庫で「ターボライターで段ボールパレットに火を付けた」と供述している。親会社の日立物流などによると、倉庫には医薬品や食品が置かれていた。〔共同〕』

東大前で受験生ら3人切られ負傷 殺人未遂疑い、高2少年を逮捕

東大前で受験生ら3人切られ負傷 殺人未遂疑い、高2少年を逮捕
https://nordot.app/854911109720162304?c=302675738515047521

『15日午前8時半ごろ、東京都文京区弥生1丁目の東大前の歩道上で、大学入学共通テストの受験で訪れていた千葉県浦安市の男子高校生(18)と同県市川市の女子高校生(18)、東京都豊島区の男性(72)の計3人が刃物で背中を切り付けられた。3人は負傷して病院に搬送。男性は重傷で、高校生の男女は命に別条はない。警視庁は男女を切り付けたとして、名古屋市に住む私立高校2年の少年(17)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 警視庁によると、少年は「3人を切った。面識はない。勉強がうまくいかなくて事件を起こして死のうと思った」と供述している。』

共通テスト東大会場、高校生ら3人刺される 少年を逮捕
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE150N00V10C22A1000000/

共通テストの受験生ら3人刺される 東大の会場付近で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE150N00V10C22A1000000/

「史上最悪の事件」容疑者スマホ検索履歴 大阪ビル放火

「史上最悪の事件」容疑者スマホ検索履歴 大阪ビル放火
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF150I40V10C22A1000000/

※ こういう剣呑な輩(やから)が、何食わぬ顔をして、ウヨウヨ暮らしているのが、「世の中」だ…。

『25人が犠牲になった大阪・北新地のビル放火殺人事件で、谷本盛雄容疑者(61)=2021年12月30日に死亡=が「史上最悪の凶悪事件」などと、自身のスマートフォンで検索していた履歴が残っていたことが大阪府警の捜査で分かった。過去に多くの犠牲者を出した事件に関する履歴も複数残っており、府警は多くの人を巻き込もうとする強い殺意を抱いて事件を計画したとみている。

府警が現場に残っていたスマホを解析したところ、「日本史上最悪の凶悪事件はどんな事件がありますか」などのキーワードで検索した履歴が残っていた。履歴には100人以上が死亡した千日デパート火災(1972年)や36人が犠牲になった京都アニメーション放火殺人事件(2019年)、約200人が死亡した韓国の地下鉄放火事件(03年)など国内外で発生した過去の大規模無差別殺傷事件や火災に関するものもあった。

放火殺人に関する大学などの研究機関の論文とみられるファイルもダウンロードしていたことも判明。タイトルに「大量殺傷」「放火殺人」などの単語が含まれており、過去に起こされた無差別殺人や放火殺人事件の犯人の行動パターン、犯行手段や動機などについて考察したものだった。

スマホにはスケジュールを管理するアプリに、21年6月以降に犯行の計画やクリニックの様子を記したメモも残っていた。「軽トラック借りてガソリン20リットル買う」(6月26日)、「心療内科9時58分までに合計22人一気に入ってきた」(10月22日)、「ジッポライターに火が付くか必ず確認する」(12月17日)などで実際の犯行と符合する内容もあり、長期間にわたって計画を立てていたとみられる。

21年1月に83円を引き出したのを最後に同容疑者の銀行口座の残高が0円だったことも判明。同5月には当時住んでいた大阪市此花区の住宅で電気とガスが止められ、生活保護の申請もしていた。府警は経済的な困窮が犯行の一因になった可能性があるとみて捜査を進めている。客観的な証拠の解明を進め、今年度中にも容疑者死亡のまま書類送検する方針 。』

バイト代を払うのは犯罪です!選挙期間中の電話作戦でバイト代や報酬を払うと選挙違反(運動員買収)

バイト代を払うのは犯罪です!選挙期間中の電話作戦でバイト代や報酬を払うと選挙違反(運動員買収)
https://xn--tcke6n4az749ce5yc.net/%E5%85%AC%E8%81%B7%E9%81%B8%E6%8C%99%E6%B3%95/%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E4%BD%9C%E6%88%A6%E3%81%A7%E5%A0%B1%E9%85%AC%E3%82%92%E6%89%95%E3%81%86%E3%81%A8%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%93%A1%E8%B2%B7%E5%8F%8E/

 ※ ガーン…。これは、知らんかったぞ…。

 ※ 『上記の条文をみると、買収の対象が「選挙人」と「選挙運動者」に分かれています。

前者の「選挙人」とは選挙権を有する人のことであり、当該選挙で実際に投票する人です。すなわち、このパターンの買収は投票する人に対して「○○に投票してください」と投票を買収することです。これを「投票買収」と呼びます。

それに対して、後者の「選挙運動員」とはその名の通り選挙運動をする者です。この点、選挙運動とは「特定の公職の選挙につき、特定の立候補者又は立候補予定者に当選を得させるため投票を得若しくは得させる目的をもって、直接又は間接に必要かつ有利な周旋、勧誘その他諸般の行為をすること」をいいます。』

 ※ 前者の「投票買収」しか、知らんかった…。

 ※ 「選挙運動員買収罪」なるものが、あることは知らんかった…。

 ※ これだからな…。

 ※ この世の中、オレの知らんことで満ち満ちている…。

『記事の目次 [非表示にする]

1 公職選挙法の買収とは?
2 投票買収と運動員買収
3 運動員買収の実例
4 申込みや約束だけでも買収になる』

『公職選挙法の買収とは?
買収に関する規定は公職選挙法221条1項にあります。条文を見てみましょう。

公職選挙法第二百二十一条(買収及び利害誘導罪)

次の各号に掲げる行為をした者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
一  当選を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人又は選挙運動者に対し金銭、物品その他の財産上の利益若しくは公私の職務の供与、その供与の申込み若しくは約束をし又は供応接待、その申込み若しくは約束をしたとき。

一般的に「買収」というと、投票してもらう対価として金銭を交付するイメージが強いですが、そのようにお金を渡して投票してもらうケースだけが「買収」ではありません。買収を場合分けすると2つのパターンにがあります。

投票買収と運動員買収
上記の条文をみると、買収の対象が「選挙人」と「選挙運動者」に分かれています。

前者の「選挙人」とは選挙権を有する人のことであり、当該選挙で実際に投票する人です。すなわち、このパターンの買収は投票する人に対して「○○に投票してください」と投票を買収することです。これを「投票買収」と呼びます。

それに対して、後者の「選挙運動員」とはその名の通り選挙運動をする者です。この点、選挙運動とは「特定の公職の選挙につき、特定の立候補者又は立候補予定者に当選を得させるため投票を得若しくは得させる目的をもって、直接又は間接に必要かつ有利な周旋、勧誘その他諸般の行為をすること」をいいます。

選挙運動についての詳しい解説は、政治活動と選挙運動の記事をご覧ください。

前者の「投票買収」は一般的によく知られているのに対して、この「運動員買収」は一般人がイメージする「買収」とはかなり異なります。そのため、公職選挙法を理解していない「選挙コンサル」や「選挙プランナー」の間違った指導によって選挙違反を犯す事例が後を絶ちません。

運動員買収の実例

後援会名簿を見ながら、投票をお願いするために電話かけをして(これを、「電話作戦」と呼びます)もらい、その「作業」の報酬として金銭を交付する(交付の約束だけでも)と、「買収」になるのです。一般的には「作業」と考えがちな電話作戦も、投票してもらうために行うものなので「選挙運動」に該当します。

したがって、電話作戦へ対する報酬の支払は運動員の買収になるのです。

したがって、先程挙げたうち後者の「運動員買収」に該当します。いわゆる無資格選挙コンサル(「選挙プランナー」)は、後者のような運動員買収を行いがちです。十分に注意が必要です。

申込みや約束だけでも買収になる

なお、「申込み若しくは約束」をするだけでも買収になります。この点にも注意が必要です。

公職選挙法第二百二十一条(買収及び利害誘導罪)

次の各号に掲げる行為をした者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

一  当選を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人又は選挙運動者に対し金銭、物品その他の財産上の利益若しくは公私の職務の供与、その供与の申込み若しくは約束をし又は供応接待、その申込み若しくは約束をしたとき。

2014年12月の総選挙でも、やはり運動員買収で逮捕者が出たとの報道がありました。

発表などによると、両容疑者は今回の衆院選に際し、運動員十数人に升田氏への投票を依頼する電話をかけさせるなどし、現金数十万円の報酬を支払った疑い。いずれも事実関係を大筋で認めているという。

捜査関係者によると、両容疑者は、青森市内の升田氏の選対事務所の近くにプレハブ小屋を設置し、約30人を動員して有権者に電話をかけさせていたとみられる。県警は12月14日の投開票日直後から運動員らへの事情聴取を続けていた。

2015年01月08日読売新聞より引用

公職選挙法に関する過去の警告事例や裁判例、総務省の見解や地元選挙管理委員会の見解などを踏まえて選挙をプランニングしないと、選挙違反を引き起こす可能性があります。

選挙に関するコンサルティング・選挙のプランナーは行政書士資格を持った専門家に依頼してください。

お問い合わせはお問い合わせフォームからどうぞ。』

維新当選者の運動員を逮捕、兵庫ビラ配り日当支払う約束した疑い

維新当選者の運動員を逮捕、兵庫
ビラ配り日当支払う約束した疑い
https://nordot.app/829155444647247872?c=39546741839462401

『10月31日投開票の衆院選に兵庫4区から出馬し、比例復活で当選した日本維新の会の赤木正幸氏の運動員に、ビラ配りなどの対価として日当を支払う約束をしたとして、兵庫県警は5日、公選法違反(買収約束)の疑いで、兵庫県小野市の会社役員森宏成容疑者(70)を逮捕した。認否は明らかにしていない。森容疑者は赤木氏の陣営で選挙運動をしていた。

 逮捕容疑は、公示前の10月上旬、自宅で運動員1人にビラ配りや街頭での投票呼び掛けをする見返りとして、日当1万3千円を支払う約束をした疑い。日当の支払いは確認されていない。

 県警は事務所の関与についても調べている。』

小田急線切りつけ「逃げられないよう快速狙った」

小田急線切りつけ「逃げられないよう快速狙った」放火は失敗
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210807/k10013187891000.html

『6日夜、東京・世田谷区を走行中の小田急線の電車内で乗客が切りつけられ10人がけがをした事件で、逮捕された36歳の容疑者は「途中で逃げられないよう止まる駅が少ない快速を狙った」などと供述していることが分かりました。「大量に人を殺したかった」という供述もしているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは川崎市多摩区の職業不詳對馬悠介容疑者(36)です。

6日午後8時半ごろ東京・世田谷区の成城学園前駅付近を走行していた小田急線の電車内で乗客の男女10人が男に刃物で切りつけられるなどしてけがをしました。

警視庁によりますと20代の女子大学生が背中などを刺されて重傷だということです。

これまでの捜査で對馬容疑者は川崎市の登戸駅で新宿行きの快速急行に乗ったことが分かっていますが、調べに対して「途中で乗客が逃げられないよう止まる駅が少ない快速を狙った」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。

さらに「幸せそうな人を見ると殺したいと思うようになった。誰でもいいから大量に殺したかった」という供述もし、防犯カメラの映像などから乗客に切りつけたあと料理用の油を車内にまいて火を付けようとしたことも分かったということです。

警視庁が事件の詳しいいきさつなどをさらに調べています。

犯行の経緯
警視庁によりますと、對馬容疑者は自宅の最寄りの京王よみうりランド駅から登戸駅まで行き、そこから小田急線の新宿行きの快速急行に乗り換えました。

はじめに乗ったのは、先頭から5両目の車両。

すぐに4両目に移り、座っていた20歳の女子大学生の背中などを無言で刺したあと、3人の乗客を立て続けに切りつけたということです。

さらに、刃物を振り回しながら車両内を移動したため、別の6人の乗客も刃物が当たったり転倒したりしてけがをしました。

その後、4両目から3両目に移る直前に刃物の柄が折れ、容疑者は刃物をその場に捨てて3両目に移ったということです。

そして3両目で容疑者が取り出したのは料理用の油でした。

車両の床にまき、大型のライターで火を付けようとしましたが、失敗したということです。

容疑者はさらに2両目に移りましたが、そこで電車が緊急停止。

集まっていた乗客がドアコックを開けて一斉に車外へ逃げ出すと、容疑者も外へ出たうえでスマートフォンを乗客に投げつけ、そのまま逃走したということです。

容疑者は当時、牛刀や油、大型のライターに加えハサミも所持していたということで、調べに対し「ハサミは予備のために持っていた」と供述しているということです。
容疑者の足取り
逮捕された容疑者の供述などから、事件が起きた前後の足取りも分かってきました。

警視庁によりますと、對馬容疑者は事件当日の昼ごろ、新宿区西新宿にある食料品店を訪れ、ベーコンなどを万引きしたということです。

それに気付いた女性店員が本人に注意するとともに通報し、警察官が駆けつけましたが、その際、カッターナイフを所持しているのが見つかりました。

このため、警察署で事情を聴いたうえで川崎市の自宅まで送り届けましたが、容疑者は午後7時すぎに牛刀などを持って自宅の最寄りの京王よみうりランド駅に向かい、そこから電車に乗ったということです。

この時の心境について、容疑者は調べに対し「女性店員への怒りが湧き、殺してやりたいという感情が芽生えた。しかし、店がすでに閉まっている時間だったので、代わりに電車の中で人を大量に殺そうと思った」と供述しているということです。

また、事件の後、身柄を確保されるまでの行動については「途中で自転車を盗んで逃走した。コンビニエンスストアを見つけた時、『疲れた。これ以上人は殺せない』と考え、店員に声をかけた」などと供述しているということです。
電車に乗っていた男性「死ぬかもしれないと思った」
事件があった電車に乗っていてけがをした40代の男性がNHKの取材に応じ「転倒して逃げ遅れてしまい、このままでは死ぬかもしれないと思った」と当時の緊迫した状況を証言しました。

神奈川県に住む40代の男性は新宿行きの快速急行の先頭から3両目の車両に乗っていました。

当時は座席が8割ほど埋まる程度で立っている人はほとんどいなかったといいます。

男性も座席に座っていましたが、午後8時半ごろ数メートル離れたところで突然乗客の叫び声が聞こえました。

その直後、叫び声が聞こえた後方の車両から多くの乗客が駆け込んできたということです。

その乗客の奥に見えたのが刃物を持った男でした。

男性は「刃物を持った男が見えた瞬間『やばい』と思い、とっさに逃げた」と話しています。

しかし、逃げた際に乗客がドミノ倒しのような状態になり、男性もその場で転倒したということです。

腰を打って立ち上がれなくなり靴も脱げてしまったということですが、はいつくばるようにして必死に逃げたといいます。

当時の状況について男性は「ほかの乗客よりも逃げ遅れてしまい、このままでは死ぬかもしれないと思った」と話しています。

男性によりますと、この時すぐ近くで男が床に液体をまいている様子を目撃したということです。

逮捕された容疑者は床に料理用の油をまき、大型のライターで火を付けようとしたことが分かっていて、男性は「とても冷静な様子でまいていた。もし火が付いていたら死んでいたと思う」と話していました。

男性はそのままはって先頭の車両まで逃げたあと救助され、腰などを打つけがをして病院に搬送されたということです。

搬送される直前に男性がスマートフォンで撮影した動画には容疑者が持ち込んだとみられる刃物や大型のライターそれにハサミが床に落ちている様子が確認できます。

男性は「とにかく逃げるのに必死だったが、事件の直後は自分もどこかを刺されているのではないかと怖かった。今は事件のことはなるべく考えないようにしているが、再び電車に乗る時どんな気持ちになるのか不安だ。犯人のことは許せない」と話していました。』

現金受領 100人全員不起訴へ 元法相 河井被告買収事件

現金受領 100人全員不起訴へ 元法相 河井被告買収事件
https://www.nippon.com/ja/news/fnn20210706206105/

『東京地検特捜部は、元法相の河井克行被告から現金を受け取った地方議員ら100人全員を、近く不起訴とする方針を固めた。

2019年の参院選をめぐる大規模買収事件で、6月、東京地裁は、克行被告が100人全員を買収したと認定し、懲役3年の実刑判決を言い渡した。

この事件では、河井夫妻から現金を受け取った地方議員ら100人も2020年9月、広島市の市民団体から、公職選挙法違反の疑いで刑事告発されたが、特捜部は、自民党内で影響力のある克行被告に、一方的に渡された事情などを考慮し、近く100人全員を不起訴とする方針を固めた。

(FNNプライムオンライン7月6日掲載。元記事はこちら)』

遺骨引き取り、次女に確定=オウム松本元死刑囚

遺骨引き取り、次女に確定=オウム松本元死刑囚―最高裁
https://www.nippon.com/ja/news/yjj2021070500752/?cx_recs_click=true

『2018年に死刑が執行されたオウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚=執行時(63)=の遺骨と遺髪の引き取りをめぐる家事審判の特別抗告審で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は5日までに、四女側と妻、次男側の特別抗告をそれぞれ棄却する決定をした。2日付。引き取り先を次女とした東京家裁、東京高裁の判断が確定した。

遺骨と遺髪は現在、東京拘置所に保管されているが、次女側に引き渡される見通しとなった。教団後継団体は依然、元死刑囚を崇拝しているとみられ、公安当局は遺骨が信仰対象になる可能性があるとみて警戒を続けている。』