団体・族議員、往時の力なく

団体・族議員、往時の力なく 一橋大教授 中北浩爾氏
政策決定の変容 有識者に聞く
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA121IK0S1A710C2000000/

『族議員の影響力は1960年代後半から高まった。自民党政権が長期化し、政治家が特定の政策分野の知識を蓄積した。

中北浩爾・一橋大教授

衆院の中選挙区制のもとで同党議員が同じ選挙区で競合した。農林や建設など得意分野をすみ分け、業界団体や省庁と緊密なネットワークを築いた。

96年衆院選から党候補が1選挙区1人の小選挙区制になると、地元の政策要望をオールラウンドに処理する必要性が高まった。93年以降の政権交代や連立の組み替えも相まって徐々に改革が進んだ。世界で新自由主義の流れも強まった。

その最高潮が小泉政権の構造改革だった。業界団体の固定票より無党派層の票を重視し、政官業のトライアングルを破壊した。

小泉純一郎元首相は郵政民営化が争点の2005年衆院選で劇的に勝った。こうした勝ち方は小泉氏しかできないし、常にできたわけではない、長続きしない方法だった。

小泉政権の後には揺り戻しの動きが起きた。06年に首相になった安倍晋三氏は郵政民営化の「造反組」を復党させた。浮動票より安定した組織票を重んじる流れは12年発足の第2次安倍政権以降も続いた。

第2次以降の安倍政権は農協改革などに取り組んだが、一定程度は農協と妥協した。党の支持基盤を傷つけない範囲で巧みに改革した。

業界団体の力は弱まっている。野党を支持する労働組合や公明党の支持母体の創価学会など宗教団体も同様だ。族議員もかつての力はない。党政調は首相官邸が設定したアジェンダの枠内で微修正を加えるくらいしかできない。(聞き手は根本涼)』

雇用保険料引き上げ、22年度にも

雇用保険料引き上げ、22年度にも 雇調金増大で財源不足
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA216MN0R20C21A7000000/

 ※ 『雇用保険は仕事を失った人が生活に困らないようにする失業者など向けと、雇用安定・能力開発の2つの事業に大別される。企業などからの保険料収入を財源にし、好景気の際の積立金も使って給付する仕組みだ。

ただ、コロナを受けて雇用安定の事業の一部である雇調金の給付が急増した。企業が労働者に支払う休業手当を助成するもので、コロナを受けて支給要件緩和や助成拡充の特例を設けた。2020年3月以降の支給決定額は4兆円超になった。』

 まあ、そうやって、人々が「首になって、生活が困窮する」のを、防止したわけだ…。
※ 『ただ、コロナを受けて雇用安定の事業の一部である雇調金の給付が急増した。企業が労働者に支払う休業手当を助成するもので、コロナを受けて支給要件緩和や助成拡充の特例を設けた。2020年3月以降の支給決定額は4兆円超になった。

財源が不足し国の一般会計から約1兆1千億円を繰り入れ、失業者向け事業の積立金からも約1兆7千億円を借りた。この積立金はコロナ前の19年度に約4兆5千億円あったが21年度に約1700億円に減る見通しだ』

 と言うことで、本来の制度だけでは足りず、『国の一般会計から約1兆1千億円を繰り入れ、失業者向け事業の積立金からも約1兆7千億円を借りた。』と言うことだ…。
 前にも語ったが、「一般会計」で「国の予算を使う」と言うことは、「他者の拠出した税金」をも使うということだ…。
 世の中、「他人に雇用されている人」ばかりじゃない…。自分で事業やっている人、農林水産業やっている人なんかが、あまたいる…。そういう人々と、「他人に雇用されている人」の利害は、鋭く対立する…。

 ※ 『企業が負担する雇用安定・能力開発の料率は現在は賃金総額の0.3%。本来の0.35%を目安に上げる。』
 と言うことで、「厚生年金」の制度もそうだが、「雇用されている人」が絡む場合、「雇用している人≒企業(株式会社なんかの法人)」の場合が多いので、「費用」は被用者と企業で折半…、という制度設計にしていることが多い…。
 なので、企業側の「料率を引き上げる」と、それだけ企業の「利益は減る」から、「研究開発費」や、「設備投資」「経営陣に支払う報酬」「株主への配当」なんかも、それだけ「減額」への圧力となる…。
 ここでも、利害が鋭く対立する…。

 ※ 『失業者向け事業の料率は労使折半で本来1.2%だが、現在は0.6%にしている。保険料収入は0.1%の引き上げで年2千億円増え、1.2%の場合の労使の負担は1兆円規模で増す。月収30万円の人だと保険料は900円から1800円に増える計算になる。』
 「失業者向け事業」とは、「失業中の人」に対して、「パソコン使えるように、セミナーやったり、講習に参加させたりする」と言った類いの事業のことだろう…。
 そういう「事業」も、「労使折半」で「財源を積み立てておいて」、実施してたわけだ…。

 ※ 『雇用保険の対象にならないフリーランスの働き手の経済危機時の対応をどうするかなど、日本社会で働き方が変わる中、雇用のセーフティーネットを巡る課題は多い。

財源を巡っても、雇用安定・能力開発の財源は企業のみが負担しており、経団連などは国の一般会計の負担拡充を求めてきた。英国やドイツは失業給付を労使の保険料収入でまかなう。欧州では雇用支援の多くを国費で支える国もある。

日本政府も国費投入などで21年度は雇調金で約1兆2千億円分を確保するが、4月からの約4カ月で支給額は8千億円を超えた。この規模の支出が続くと21年度末までの財源が足りず、緊急措置として一般会計からの追加投入を視野に入れる。』
 と言うことで、日本の「雇用構造」自体が、「正社員」中心の安定的・固定的なものから、流動化・複線化しつつある状況で、どういう「制度設計」にしていくのか、課題は山積…、ということだ…。

 この問題は、「どうやって、そういう流動的な・複線的な収入を、(国側が)捕捉して行くのか」という問題でもある…。

 マイナンバー、マイナカードなんてものも、そういう問題に繋がってくる…。

『厚生労働省は雇用保険の保険料率を引き上げる検討に入る。新型コロナウイルス感染拡大で雇用調整助成金の給付が増え、財源が逼迫しているためだ。国費投入のほか、企業や働く人の負担も増える。フリーランスの働き手の拡大など、働き方が多様化する中で財源の確保策とともに、雇用の安全網をどういう中身にしていくかも課題となっている。

雇用保険は仕事を失った人が生活に困らないようにする失業者など向けと、雇用安定・能力開発の2つの事業に大別される。企業などからの保険料収入を財源にし、好景気の際の積立金も使って給付する仕組みだ。

ただ、コロナを受けて雇用安定の事業の一部である雇調金の給付が急増した。企業が労働者に支払う休業手当を助成するもので、コロナを受けて支給要件緩和や助成拡充の特例を設けた。2020年3月以降の支給決定額は4兆円超になった。

財源が不足し国の一般会計から約1兆1千億円を繰り入れ、失業者向け事業の積立金からも約1兆7千億円を借りた。この積立金はコロナ前の19年度に約4兆5千億円あったが21年度に約1700億円に減る見通しだ。

積立金に余裕があったため16年度以降、保険料率を下げているが、健全化に向けて22年度にも引き上げる。企業が負担する雇用安定・能力開発の料率は現在は賃金総額の0.3%。本来の0.35%を目安に上げる。ワクチン接種でコロナが落ち着けば年間給付を賄える可能性があるという。

失業者向け事業の料率は労使折半で本来1.2%だが、現在は0.6%にしている。保険料収入は0.1%の引き上げで年2千億円増え、1.2%の場合の労使の負担は1兆円規模で増す。月収30万円の人だと保険料は900円から1800円に増える計算になる。

上げ幅は給付の対象者数や経済状況を勘案して決める。負担増になるだけに雇用保険全体の役割の見直しも課題となる。

コロナ下で雇調金は雇用維持に一定の効果が出ているが、休業手当を補う内容のため、人手があまる業界に働き手がとどまりかねない。長引けば労働市場の調整機能がゆがむ面もある。人手が必要な成長分野への移動が起きるよう学び直しの機会を増やす必要がある。
雇用保険の対象にならないフリーランスの働き手の経済危機時の対応をどうするかなど、日本社会で働き方が変わる中、雇用のセーフティーネットを巡る課題は多い。

財源を巡っても、雇用安定・能力開発の財源は企業のみが負担しており、経団連などは国の一般会計の負担拡充を求めてきた。英国やドイツは失業給付を労使の保険料収入でまかなう。欧州では雇用支援の多くを国費で支える国もある。

日本政府も国費投入などで21年度は雇調金で約1兆2千億円分を確保するが、4月からの約4カ月で支給額は8千億円を超えた。この規模の支出が続くと21年度末までの財源が足りず、緊急措置として一般会計からの追加投入を視野に入れる。

料率見直しは労使代表者と有識者らでつくる労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で秋にも具体的な議論に着手する。22年の通常国会にも雇用保険法改正案を提出する。

【関連記事】
・雇用調整助成金とは コロナ下、支給決定4兆円超
・雇調金支出4兆円超える 21年度は4カ月分で8000億円
・雇調金特例、年末まで延長 最低賃金上げで企業負担軽減 』

「無観客」の中で謎の中国応援団

<東京五輪>「無観客」の中で謎の中国応援団…ぎっしり座って「加油」叫ぶ
https://japanese.joins.com/JArticle/281199

『新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため東京五輪の競技の大部分が無観客で行われる中で、一部競技に数十人規模の応援団が出没し議論が起きている。

東京スポーツやスポニチアネックスなど27日の日本メディアによると、前日に東京体育館で行われた卓球混合ダブルス決勝日本対中国戦には「謎の中国応援団」が現れた。この日の競技では日本の水谷隼・伊藤美誠組が中国の許キン・劉詩ブン組を破り、金メダルを獲得した。

観客席には競技が始まる前から「CHINA」と書かれた服を着て、中国国旗を持った20人ほどが集まった。彼らは競技中に大声で「加油(がんばれ)」と叫び、中国側が点を取るたびに大きな声で歓呼した。

現地メディアは中国選手団関係者と推測し、一部は記者室を出入りしていた人もいると報道した。

◇日本人選手出場競技でも激しい応援戦

これだけではない。他の競技でも各国選手団関係者らが観覧席を代わりに埋めて応援する事例が見られている。特に一部はマスクも着用せずに激しく大声を張り上げるなど、新型コロナウイルス予防に向けた防疫指針が守られていない。

25日に東京アクアティクスセンターで開かれた女子個人メドレー400メートル決勝では観覧席で日章旗を持ち赤いTシャツを着た数十人が団体で応援を繰り広げた。この競技では日本人選手の大橋悠依が金メダルを取得した。

大橋が競技に出場すると応援道具を叩いたり口笛を吹いたりするなど応援する声がNHKの中継放送を通じてそのまま電波に乗った。翌日の競泳の競技の際も東京アクアティクスセンターの観覧席は各国選手団関係者などでぎっしり埋まった。

日本武道館で開かれた柔道の競技も同様だった。男子柔道に出場した阿部一二三と女子柔道に出た阿部詩のきょうだいが出場した競技でそれぞれ技ありを奪うと観覧席では拍手と叫び声が続いた。

各国の選手団関係者と記者らが大会に必要という名目で入場したが、競技が進行中の状況では事実上観客に変わり応援戦を広げることになる。一部は観覧席から距離を置かずに並んで座ったりもした。

◇感染者増えているのに…IOCはマスク規定緩和

五輪防疫規則を盛り込んだプレーブックには競技場内では距離確保とマスク着用を強調しているが、現場では徹底的に守られていない雰囲気だ。

こうした中、国際オリンピック委員会(IOC)はメダルを取った選手が表彰台で記念写真撮影のため30秒間マスクをはずせるよう規定を緩和したりもした。

一方、五輪競技関係者の新型コロナウイルス感染者は増え続けている。東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日基準で大会と関係ある人のうち新型コロナウイルス陽性判定を受けた人が16人増えたと明らかにした。プレーブックを適用し始めた1日以降に陽性判定を受けた関係者は累積148人になった。

関連記事
上流には雨、下流には台風…中国・三峡ダムの危機は終わらなかった
欧州にまで輸出された中国製ロボット、開けてみれば核心技術はすべて「日本製」
東京五輪、なぜこうなってしまったのか…今度は閉幕式リハーサル中にアルバイトが性的暴行
東京五輪、開幕後に中止?…前代未聞の事態になる可能性高まる
<東京五輪>韓国選手団の宿舎に「反日横断幕」? 大韓体育会「選手を盛り上げるため」』

台風8号 今夜遅くからあす未明 東北に接近・上陸の見込み

台風8号 今夜遅くからあす未明 東北に接近・上陸の見込み
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210727/k10013161961000.html

『関東の東にある台風8号はこのあと進路を北寄りに変えて今夜遅くから28日未明に東北に接近し、上陸する見込みです。東北や関東甲信ではしだいに風や雨が強まっていて、28日にかけて台風の中心から離れた場所でも大雨になるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒し強風や高波に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、台風8号は27日午前9時には千葉県銚子市の東南東190キロの海上にあり、ほとんど停滞しています。

中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、暴風域はありませんが中心の北東側600キロ以内と南西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

関東甲信や東北南部など広い範囲が強風域に入っていて、銚子市では午前6時15分ごろに23.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

また、この時間は東北や関東を中心に断続的に発達した雨雲がかかっています。

台風はこの後、次第に北寄りに進路を変えて27日日中は関東の東の海上を北上する見込みで、今夜遅くから28日未明に東北に接近し、その後、上陸する見込みです。

東北と関東甲信、北陸などでは大気の状態が非常に不安定になり、28日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。

台風の中心や北側の地域に湿った空気が流れ込みやすく、特に東北では雨量が増えるおそれがあります。

28日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで東北太平洋側で200ミリ、東北日本海側で150ミリ、関東北部と伊豆諸島、新潟県で100ミリ、関東南部と甲信で80ミリ、北陸で60ミリと予想されています。

その後、29日朝までの24時間に降る雨の量は東北や北陸、新潟県で50ミリから100ミリと予想され、大雨になるおそれがあります。

関東は27日、東北の太平洋側は28日にかけて海上を中心に風が強く、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルと予想され、東北の海上では大しけとなる見込みです。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに強風や高波、落雷、竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

今回は、台風の中心から離れていても大雨になるおそれがあります。

自宅の周囲にどんな危険があるのか、風や雨が強まる前の日中の明るいうちにハザードマップなどで確認し、早めに安全を確保する対策を検討するようにしてください。』

〔ソフトバンクグループの株価の推移…。〕

<東証>ソフトバンクGが連日の年初来安値 中国テック企業投資に不透明感
https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&ng=DGXZASFL27H7V_X20C21A7000000&scode=9984&ba=1

『(9時45分、コード9984)ソフトバンクグループ(SBG)が続落している。前日比166円(2.3%)安の6940円まで下落した。連日で年初来安値を更新しており、2020年11月以来、約8カ月ぶりに7000円の節目を割り込んだ。中国当局がネット大手などテック企業への監視や規制を強めている。傘下の投資ファンドを通じて多くの中国企業に投資しており、収益への影響を懸念した売りが止まっていない。松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリストは「中国に対しては投資家がカントリーリスクを意識し始めており、傘下ファンドが中国企業に投資するSBGの戦略への不安が強くなっている」とみていた。

信用取引の買い残を売り残で割った信用倍率は16日時点で13.40倍。15.24倍だった6月中旬より下がったものの、5倍以下だった4月以前に比べるとなお高水準だ。「下げ局面では自社株買いなどの株主還元策を期待した買いが入りやすい」(松井証券の窪田氏)というが、足元では需給環境の悪化が重荷となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕』

洋上風力でグリーン水素製造

洋上風力でグリーン水素製造 北海道電力などが最大拠点
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC10BZJ0Q1A510C2000000/

『北海道電力や再生可能エネルギー開発のグリーンパワーインベストメント(GPI、東京・港)などは洋上風力で作った電力による水素製造に乗り出す。2023年度にも北海道で洋上風力を稼働させ水素を製造し、企業に販売する。再生エネ由来の電気で作った水素は「グリーン水素」と呼ばれ、脱炭素の切り札と期待されている。海外に比べて高い製造コストの低減が課題となる。

【関連記事】
・北電や北ガスなど道内9社、「水素プラットフォーム」設立
・大林組、大分で水素製造の実証開始 地熱発電で水分解
・「グリーン水素」価格3分の1に ENEOSと千代田化工
・潜在力の大きい日本の脱炭素 マニュエル・ビダル氏

政府は2050年までに温暖化ガスの排出を実質ゼロにすると宣言。その切り札として水素活用が見込まれており、政府の「グリーン成長戦略」では水素の導入量を30年に最大300万トン、50年に2000万トン程度にすることを目指している。水素の輸入に頼らない自前での開発が必要になっている。

今回の拠点は洋上風力の電力による水素の製造拠点として国内最大で、世界的にも珍しい。日本は海に囲まれ、洋上風力の設置余地が大きい。水素を貯蔵・輸送しやすい強みを生かすことで、北海道で製造した水素を海上輸送により各地に供給しやすくする。

事業には北海道電、GPI、エア・ウォーター、日鉄エンジニアリングが参加する。洋上風力は石狩市の港湾に設け、出力は11万キロワット。水素は石狩市内の拠点で水を電気分解して作る。年間製造量は最大約550トンと、水素自動車10万台強を満タンにできる規模となる。

石狩市では他の洋上風力によるグリーン水素プロジェクトも計画されており、実現すれば現地の水素製造量は2500トンに達する見通しだ。

製造した水素は北海道内で使うほか、海運会社や国土交通省と連携して各地に海上輸送し、供給網を構築することを目指す。供給先は神戸港や日本海側の港などを想定している。各地で燃料電池により発電し、データセンターや港湾の荷役機械、冷蔵倉庫などに電気を送る。

水素は一般に天然ガスから作ることが多く、製造過程で二酸化炭素(CO2)が発生する。これに対しグリーン水素は製造過程でCO2が出ず、脱炭素につながると期待されている。

欧州ではグリーン水素が将来の水素社会の主力になるとして、欧州連合(EU)域内で30年までにグリーン水素で年1000万トンの生産能力を導入する方針を打ち出している。

課題は海外に比べて割高なグリーン水素の製造コストだ。ブルームバーグNEFによれば、グリーン水素1キログラムあたりの製造コストは日本が6~9ドル程度。米国の2~4ドル程度、ドイツの3~6ドル程度を大幅に上回る。水素を大量輸送するための技術開発、大型製造装置の導入などを進める必要がある。

今回使う洋上風力は、他の再生エネより発電コストが高い。普及に伴い費用は低下が期待されるが、経済産業省によれば30年時点でも1キロワット時あたり26円台前半と、太陽光(8円台前半~11円台後半)や陸上風力(9円台後半~17円台前半)を上回る。

政府は国内の水素価格を30年に1N立方メートル(ノルマルリューベ=標準状態での気体の体積)あたり30円と、現在の3分の1以下にしたい考えだ。北海道電などはこの価格帯を見据えてコスト低減に取り組む。海上輸送を通じた水素の販売拡大や国の補助金活用などにより、コストを吸収したい考え。再生エネ由来の電気で作った利点を生かし、企業の需要を開拓する。

【関連記事】
・水素供給網構築で連携 丸紅、パナソニックなどと浪江町
・水素製造、貴金属使わず安く 再エネ活用基盤に

この記事の英文をNikkei Asiaで読む 』

デジタル決済、勝者なき消耗戦 グーグル参入の衝撃

デジタル決済、勝者なき消耗戦 グーグル参入の衝撃
キャッシュレス新世紀(中)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB14EGK0U1A710C2000000/

『米グーグルがスマートフォンの決済アプリを運営するpring(プリン、東京・港)の買収を決めた。2022年春にも送金・決済事業を本格展開するとみられる。大手銀行は「ユーザー層の厚みを考えると脅威」(メガバンク幹部)と警戒する。キャッシュレス後進国の日本。決済サービス乱立は、勝者なき消耗戦を長引かせることになる。

【前回記事】塗り替わる世界金融地図 フィンテック、低所得層に恩恵
プリンは社員わずか12人。グーグルがそれでも目をつけたのは送金サービスの潜在力だ。利用者同士ならアプリ内の送金は無料で、3メガ銀など50行以上で入出金できる。法人向けサービスでも約400社を顧客に持つ。グーグルには「グーグルペイ」があるが、クレジットカード保有者などに利用が限られる。

グーグルは検索エンジンや地図サービス、動画配信に強みがある。連絡先一覧から友人とお金をやり取りしたり、地図アプリで目当ての飲食店に事前に注文して決済をすませたりできる。プリン買収で想定される金融サービスは多様だ。

20年の国内個人消費に占めるキャッシュレス決済比率は約3割にとどまる。7~9割の韓国や中国に遠く及ばない。日本は1人当たり約10の銀行口座を持つほど金融インフラが整っているにもかかわらず、「現金信仰」が根強い。グーグルはその落差を市場拡大の好機ととらえた。

実はグーグルの買収劇には対抗馬がいた。米ペイパル・ホールディングス。米国の個人間送金で9割超の利用率を誇るガリバーだが、プリンが最後になびいたのはグーグルだった。総額200億円程度の買収額だけでなく、「我々の送金機能と掛け合わせたサービスの広がりが決め手になった」。プリン関係者は語る。

日本はデジタル決済のサービスが乱立する。セブンイレブン店頭では電子マネーからQRコードまで30を超える支払い手段がある。各社は大型還元を先行させ、登録者が4000万人を超える最大手PayPay(ペイペイ)でさえ、21年3月期は700億円超の営業赤字を計上した。
グーグル買収の報は、収益化を狙うペイペイなどが今秋にも中小加盟店への手数料を有料化しようとする矢先に舞い込んだ。思わぬライバル登場で消耗戦がさらに長引く公算が大きい。

東京五輪に伴う訪日観光客の増加がキャッシュレス決済の起爆剤になるとの期待もあった。例えば、国際ブランドのビザはクレジットカード内蔵のICチップをかざす「タッチ決済」の普及を狙っていたものの無観客開催で目算は狂った。

グーグル買収劇は伝統的な金融機関の限界も露呈させた。18年にプリン買収に動いたみずほ銀行は、金額で折り合えずに最終的に断念した。その後独自にスマホ決済「Jコインペイ」を立ち上げたものの、メガバンクや有力地銀は参加を見送ったままだ。

米国は大手銀が外部とのデータ連携に必須の技術「API」を提供する。フィンテックの台頭を受け、大手銀もデジタル決済に参入して協業する道を選んだ。米ゴールドマン・サックスなどはオンライン決済のストライプと組み、ネット通販業者など新たな顧客開拓を進める。

日本は伝統的な金融機関が収益基盤を守るために自前主義にこだわり、フィンテックとの連携が進まない。その鈍重な動きはデジタル金融における日本の周回遅れを定着させるリスクもはらむ。

【関連記事】
・デジタル決済、米欧の新興勢台頭 収益化に課題も
・金融庁、デジタル金融の規制点検へ 研究会初会合
・「脱現金」世界で加速 デジタル決済、5年で7割増 』

〔首相動静(7月24日)〕

『午前8時現在、東京・赤坂の衆院議員宿舎。
 午前8時16分、同議員宿舎発。
 午前8時24分、東京・元赤坂の迎賓館着。
 午前8時39分から同51分まで、トルクメニスタンのセルダル・ベルドイムハメドフ副首相と会談。
 午前9時9分から同26分まで、モンテネグロのクリボカピッチ首相と会談。
 午前9時41分から同10時2分まで、ポーランドのドゥダ大統領と会談。
 午前10時10分から同25分まで、コソボのオスマニサドリウ大統領と会談。
 午前10時40分から同54分まで、スイスのパルムラン大統領兼経済・教育・研究相と会談。
 午前11時10分から同33分まで、アルメニアのサルキシャン大統領と会談。
 午後0時6分から同21分まで、フランスのマクロン大統領と会談。
 午後0時30分から同1時55分まで、同大統領と昼食会。同58分、同所発。同2時6分、公邸着。
 午後2時7分から同29分まで、藤井健志官房副長官補、和泉洋人首相補佐官、吉田学新型コロナウイルス感染症対策推進室長、樽見英樹厚生労働事務次官。
 午後2時30分から同47分まで、和泉首相補佐官。
 午後3時28分、公邸発。
 午後3時33分、東京・赤坂の衆院議員宿舎着。
 午後10時現在、同議員宿舎。 』

「東京五輪開会式」財界首脳とスポンサー企業が軒並み欠席!

「東京五輪開会式」財界首脳とスポンサー企業が軒並み欠席! トヨタ社長が「ダメ出し」した理由を直撃した
https://www.j-cast.com/kaisha/2021/07/21416723.html?p=all

『2021年7月23日に迫った東京オリンピックの開会式。晴れの舞台というのに、五輪スポンサー企業のトップたちをはじめ、経済界の首脳たちが軒並み欠席する異常事態になっている。

きっかけは、最高位のスポンサー企業であるトヨタ自動車の豊田章男社長の「欠席宣言」だった。豊田社長はなぜ東京五輪に「ダメ出し」をしたのか。そして経済団体首脳たちはそれにならったか――。

J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部は、トヨタと経済同友会、日本商工会議所の担当者に聞いた。

豊田章男・トヨタ自動車社長(公式サイトより)

トヨタ「いろいろなことが理解されない五輪になった」

発端は、東京五輪・パラリンピックの最高位の「TOPスポンサー」(ワールドワイドパートナー)14社のうちの1社であるトヨタ自動車の豊田章男社長の「英断」だった。

毎日新聞(7月19日付)「トヨタ、五輪関連のテレビCMの放送取りやめ 社長の会場応援も見送り」が、こう伝える。

「東京オリ・パラの最高位スポンサーを務めるトヨタ自動車は、国内で予定していた五輪関連のテレビCMの放送を取りやめる。豊田章男社長ら関係者の開会式などへの出席も見送る。広報担当の長田准執行役員が7月19日、報道各社のオンライン取材で明らかにした。新型コロナの感染拡大で大会開催に慎重な世論が根強いなか、自社のブランドにマイナスイメージが広がるリスクを避けたとみられる」

トヨタは欧米で、アスリートを支える内容のテレビCMを放送中だ。国内でも同じCMを放送予定だったが、取りやめる。また、7月23日の開会式に豊田章男社長が出ないばかりか、200人近いトヨタ関連の選手が出場するため、豊田社長が競技会場で応援する計画もあったが、これも見送る。

その理由について、長田氏はこう説明したのだった。

「いろいろなことが理解されていない五輪になりつつある。(トヨタは)スポンサーになった時から(商品宣伝など)プロモーションのメリットはほぼ考えていなかった」
と話した。ただし、今回の大会では、大会関係車両として水素で走る燃料電池車(FCV)や電気自動車(EV)など約3300台を提供しているが、長田氏は、

「アスリートに大会に集中してもらうため、徹底的に支援していきたい」
と強調した。

オリ・パラに出場する約200人の選手については、自社メディア「トヨタイムズ」を通して応援していくという。

スポンサー企業「そこら中に『地雷』がある」
トヨタの決定は、大会組織委員会やCMを当て込んでいた日本のテレビ局、他のスポンサー企業などに衝撃を与えた。産経新聞(7月20日付)「トヨタのCM見送り、IOCなどに強い不信感」は、トヨタの狙いをこう説明する。

「トヨタ自動車が、テレビCMの国内放映や、豊田章男社長らの開会式出席を見送る方針を表明したことについて、他のスポンサー企業からは影響の拡大を懸念する声が上がり始めている。すでに開会式への役員の出席などで自粛の動きが出るなか、同様の流れがテレビCMにも及べば、各社のプロモーション戦略にも大きく影響するからだ。

トヨタが異例の対応に出た背景には、大会運営などをめぐる国際オリンピック委員会(IOC)や組織委など、主催者側への強い不信感がある。関係者によると、大会延期や無観客開催に至った経緯について、主催者側から十分な説明や相談がなかったことで『亀裂』が生じた。上層部からは『すべての決断が遅い。情報を報道で知ることも多かった。スポンサーって何なのだ』という不満の声も上がっている。主催者側に振り回されてきたという思いは多くのスポンサー企業が感じている」

さらに産経新聞は、こう指摘する。

「特に五輪開催に対して国民の厳しい目が向けられる中、企業が露出すること自体がリスクとなっており、関係者からは『そこら中に〈地雷〉がある』との声も上がる」
東京新聞(7月20日付)「五輪のスポンサー企業、消費者の批判にピリピリ CM見送り、パビリオン公開中止…問題続きでメリット乏しく」も、スポンサーとしてのメリットがなくなったばかりか、リスクばかりの現状をこう伝えた。

「『沈む船から逃げた』『常識的な判断』『企業として当然だ』。CM見送りや社長らの開会式欠席を明らかにしたトヨタに対し、SNS上では一定の理解を示す声が目立った。SNS上では以前から『#五輪スポンサー不買運動』も続出しており、企業は消費者の声に敏感にならざるを得ない。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)は東京・台場ですでに建設済みだった化粧品ブランドのパビリオンの一般公開を中止にした。

『スポンサーのメリットがあるかと聞かれると言葉に窮する』。あるJOC(日本オリンピック委員会)ゴールドパートナーの担当者は打ち明ける。別のスポンサー企業は『無観客も一般の人と一緒で、報道で知った』と話し、組織委からの説明が不足する現状にも不満をにじませる。スポーツ文化評論家の玉木正之氏は『今大会でのスポンサーはメリットがまったくないといっても過言ではない』と強調。企業がPR計画を縮小する動きには『五輪に近づくと社名に傷が付くと感じ取り、うまく距離を取る企業が増えそうだ』と述べた」
パナソニック、P&G、NTT、NEC、リクルート、パソナも…

こんななか、スポンサー企業の間に、トップが開会式を欠席する動きが広がった。

TBSニュース(7月21日付)「スポンサー企業 相次ぎ幹部の開会式出席を見送り」が雪崩を打ったような動きを、こう伝える。

「開会式があさって(7月23日)に迫るなか、スポンサー企業では経営幹部らの開会式への出席を見送る動きが広がっています。最上位スポンサーでは、トヨタ自動車の豊田章男社長が出席しないことを決めたほか、パナソニックも楠見雄規社長の出席を見送ることを明らかにし、P&Gも欠席を決定したということです。また、NTTとNECは『無観客開催が決まったことで(経営幹部の)出席を取りやめた』としているほか、日本郵政は人流抑制の観点から出席を見送ったことを明らかにしています。このほか、リクルートホールディングス、パソナグループ、JR東日本など、スポンサー企業では経営幹部の出席を見送る動きが広がっています」

日本経済団体連合会の十倉雅和会長(公式サイトより)

開会式欠席の動きは、経済3団体のトップにも波及した。読売新聞(7月20日付)「経済3団体トップ、そろって五輪開会式欠席… 経団連の十倉会長『家で一国民として楽しみたい』」が、こう伝える。

「日本経済団体連合会の十倉雅和会長は7月20日の記者会見で、欠席する意向を明らかにした。理由について『総合的に勘案して、だ』と答えた。『家で一国民としてオリンピックを楽しみたい』とも述べた。十倉会長は、五輪について『私が出席しないことで意義や価値が変わるものではまったくなく、成功を心から願っている』と述べた。日本商工会議所の三村明夫会頭と経済同友会の櫻田謙悟代表幹事も欠席する方向だ」
豊田社長も開会式では「不要の人」
トヨタ自動車の豊田章男社長(公式サイトより)

J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部では、今回の経済界の「東京五輪開会式欠席ドミノ」に一撃を与えたトヨタ自動車の広報担当者に聞いた。

――豊田章男社長が東京五輪の開会式の欠席を決めた理由は何ですか。

広報担当者「新型コロナウイルスの感染がこれだけ拡大して、東京五輪が無観客で開催される事態になっています。開会式もできるだけ人を減らして行うことにしようとしています。大会運営にどうしても必要不可欠な人ならともかく、それ以外の不要な人が開会式に出ることは避けなければなりません」
――ということは、豊田社長も開会式では「不要な人」だという意味ですか。

広報担当者「ただ、見るだけなら必要不可欠な人ではないでしょう」
――長田准・広報担当執行役員は、「いろいろなことが理解されない五輪になりつつある」と述べましたが、どういうことでしょうか。

広報担当者「世の中の風潮として歓迎されない大会になっています。選手に対してまで色々なプレッシャーがかかり、肩身の狭い思いをして、競技に集中できない人も出ております。選手を応援する立場の我々としては、とても残念な大会になってしまいました」
――長田准氏は「もともとトヨタは、オリンピックのスポンサーになった時から、(商品宣伝などの)プロモーションのメリットを考えていない」と言っていましたが、どういうことですか。

広報担当者「プロモーションのためにスポンサーになったわけではないということです。五輪ばかりが注目されていますか、トヨタはパラリンピックも協賛しており、そちらの応援にとても力を入れています。また、スペシャルオリンピックス(編集部注:知的障害のある人たちの自立と社会参加を目的として行われる競技会。世界大会は五輪同様、夏季冬季を4年ごとに開催。日本法人の理事長は有森裕子さん)も協賛して応援しています」

――豊田社長が欠席を表明して以降、多くのスポンサー企業や経済団体トップが、雪崩を打って欠席を表明していますが、どう思いますか。

広報担当者「それはコメントしかねます。とにかく選手たちに頑張ってほしいと願うだけです」
櫻田代表幹事「無観客を主張した私が出るわけにいかない」

経済同友会の櫻田謙悟代表幹事(公式サイトより)

また、経済同友会の広報担当者を取材した。

――櫻田謙悟代表幹事が開会式を欠席する理由はなんでしょうか。6月3日の会見では「新型コロナウイルスの感染拡大で国民は不安に思っている。五輪を開催するなら最低限、無観客で行うべきだ」と語っていましたが。

広報担当者「櫻田の気持ちです。かねてより無観客を主張していましたから、その自分が出るわけにはいかないだろうということです」

日本商工会議所の三村明夫会頭(公式サイトより)

さらに、日本商工会議所の広報担当者を取材した。

――三村明夫会頭が開会式を欠席する理由はなんでしょうか。今年2月の会見では、「(ワクチン接種が進むし)最後の最後まで開催に希望を持ちながら準備を進める」と語っていましたが。

広報担当者「日本商工会議所は(東京五輪の)招致団体ではあるのですが…。(欠席は)本人の意向ということです」
(福田和郎)』

オリンピック開会式 スポンサー企業の3分の2が欠席

オリンピック開会式 スポンサー企業の3分の2が欠席
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210722/k10013154291000.html

『23日に開かれる東京オリンピックの開会式に出席が認められているスポンサー企業に対応を取材したところ、回答した55社のうち37社が会社関係者は出席しないと答えました。出席すると答えた企業は12社で、このうちトップが参加するのは1社にとどまりました。

東京オリンピックの開会式は新型コロナウイルスの影響で無観客で行われることになり、大会組織委員会は大会関係者や各国の要人などおよそ950人が出席する予定だとしています。

開会式には大会のスポンサー企業も出席が認められていて、NHKが今月19日から21日にかけて78社を対象に対応を取材したところ、55社が回答しました。このうち「会社関係者は出席しない」と答えたのは67%にあたる37社でした。

出席しない理由について、アサヒビールは「感染拡大の状況や東京会場における無観客開催が決定したことを踏まえた」としています。
また、東京ガスは「安心・安全な大会を開催するという組織委員会の方針に従い、連携、サポートしていくため」としています。
ほかの企業も人流の抑制や新型コロナウイルスの感染拡大防止などを理由にあげていました。

一方、「出席する」と回答したのは21%にあたる12社で、6社は未定と答えました。出席者については、会社のトップと答えたのは1社にとどまり、幹部クラスが2社でした。また7社は提供した物品の確認や運営の記録のために現場レベルの担当者を派遣すると答え、2社は未定としました。

社長が出席すると答えた寝具メーカーの「エアウィーヴ」は「どんなに困難な状況であろうと最後まで支援するのが務めであると考えたからです。安心・安全が担保されるかぎり出席する予定です」などとコメントしています。

東京オリンピックの開会式をめぐっては経団連、日本商工会議所、経済同友会のトップが欠席するほか、各国の要人の中でも出席を見合わせるケースが出ています。

「イメージの悪さ 飛び火を懸念か」法政大 杉本龍勇教授

元オリンピック選手で、スポーツ経済学が専門の法政大学経済学部の杉本龍勇教授は、大会のスポンサー企業が相次いで開会式を欠席する現状について、「スポンサー企業にとってこうした席で存在感を示すことはプロモーションとしては従来であれば高い効果がある。それを取りやめるのはオリンピックを含め世界的なメガスポーツイベントでは本当にまれな状態だ」と指摘しました。

そのうえで「通常、企業がオリンピックのスポンサーになることによるネガティブな要素はほぼない。しかし、今回のオリンピックに対する反対意見は非常に強いので、スポンサー企業が存在感を示すとそのイメージの悪さが企業にも飛び火すると懸念しているのではないか」と話しています。』

ロシアはなぜOARとして五輪に参加?

ロシアはなぜOARとして五輪に参加?|理由や背景、ロシア選手の反応について
https://olympics.com/ja/featured-news/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9Boar%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E4%BA%94%E8%BC%AA%E3%81%AB%E5%8F%82%E5%8A%A0-%E7%90%86%E7%94%B1%E3%82%84%E8%83%8C%E6%99%AF-%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

『2018年平昌五輪からロシアの選手は「OAR」として大会に参加するようになった。ではなぜ、ロシアは「OAR」として五輪に参加しなければいけないのか? その理由や背景を解説する。

「OAR」とは何の略でどういう意味なのか?

「OAR」とはOlympic Athlete from Russia(オリンピック・アスリート・フロム・ロシア)の略。「ロシアからの五輪選手」という意味で、国家資格ではなく個人資格で五輪に出場するロシアの選手のことを表す。

ロシア選手団がOARになった理由

2014年ソチ五輪で組織的なドーピング違反があったとして、2016年リオデジャネイロ五輪では陸上競技を中心に参加が認められず、2017年12月には国際オリンピック委員会(IOC)がロシアオリンピック委員会を資格停止とし、ロシア選手団の2018年平昌五輪参加を禁止した。2018年2月にはスポーツ仲裁裁判所がロシア選手らの参加申し立てを棄却している。

禁止されていたロシア国歌を歌ったアイスホッケー男子チーム

OARにはどのような制限があるのか?

厳しい基準を満たしてドーピング疑惑の潔白を証明できたロシアの選手だけが、国家を代表しない個人資格の「OAR」として大会への参加が認められる。ただし、開会式や閉会式でロシア国旗を掲げて行進することはできない。2018年平昌五輪の開会式に臨んだ「OAR」の選手たちは、グレーのコートに白のマフラーと帽子を身に付けた姿で現れ、ロシア国旗の代わりに掲げられた五輪旗の後ろに続いて行進した。表彰時でも国旗の代わりに五輪旗が使われ、国歌の代わりに五輪賛歌が流された。最終日に行われたアイスホッケー男子決勝で「OAR」がドイツを下して金メダルを獲得して、その後の表彰式では会場に五輪讃歌が流れると、観客だけでなく「OAR」の選手たちもロシア国歌を斉唱した。

いつからOARとして参加している?

ロシア選手団は2018年平昌五輪から国家を代表しない個人資格の「OAR」として大会に参加している。同大会ではフィギュアスケート女子シングルのアリーナ・ザギトワとアイスホッケー男子チームが「OAR」として金メダルを獲得した。フィギュアスケート女子シングルのエフゲニア・メドベージェワやスケルトン男子のニキータ・トレグボフのほか、クロスカントリースキーの男子4×10kmリレー、男子団体スプリント、男子50kmクラシカルでも銀メダルを手にしている。最終的に「OAR」は金メダル2、銀メダル6、銅メダル9を獲得、計17個のメダル総数は国別で13位だった。なお、2014年ソチ五輪では開催国として国別トップのメダル総数33個を獲得したが、ドーピングが発覚して後に11個のメダルを剥奪されていた。

ロシア国旗の代わりに掲げられた五輪旗

再びロシアとして参加できるようになるには?

世界反ドーピング機関(WADA)は2019年12月、ロシア選手団を2020年東京五輪など主要国際大会から4年間排除する処分を下した。WADA執行委員会はローザンヌで会合を開き、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)がWADAの基準に準拠していないとする勧告を支持することに全会一致で合意した。この勧告は、2018年12月と2019年1月に行われた推定陽性試験に「多くの削除および改ざん」が認められるなど、RUSADAのモスクワ研究所から取得したデータに矛盾が見つかった後にまとめられていた。排除処分が下された結果、2022年の北京冬季五輪やFIFAワールドカップカタール大会にもロシア代表チームとして参加することはできない。ただし、2018年平昌五輪の時と同じように、厳しい基準を満たして潔白を証明できた選手は個人資格での参加が認められる。再びロシア代表チームとして五輪や主要国際大会に参加できるのは最短でも4年後になる。

ロシア選手の反応

テニス男子シングルス世界ランキング5位(2020年2月11日現在)のダニール・メドベージェフはメディアに対して、「何も関係ないロシア人プレーヤーの私が国旗を付けずにプレーしなければならないなんて残念です。私は少し奇妙に感じているんです。これが正しい決定だったかどうかは分かりません」と話している。女子バレーボールの選手や、アーティスティック・スイミングの監督、ロシアボクシング連盟の書記長も、ロシアとして東京五輪に出場できないことに対し疑問の声を挙げている。』

選手村不満問題 テレビ、冷蔵庫なしはロシア側が発注せずと組織委が説明

選手村不満問題 テレビ、冷蔵庫なしはロシア側が発注せずと組織委が説明
https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210721146.html

 ※ 後述するように、国家資格での参加は禁止されたわけだ…。「「OAR」とはOlympic Athlete from Russia(オリンピック・アスリート・フロム・ロシア)の略。「ロシアからの五輪選手」という意味で、国家資格ではなく個人資格で五輪に出場するロシアの選手のことを表す。」なわけだ…。

 ※ 国として、まとめて苦情処理するような体制が、構築されていない可能性があるな…。

 ※ そこいら辺の処理は、どうなっているんだろう…。

 ※ 四角四面に解釈すれば、「個人資格」での参加だから、「何でも、個人で対処・処理してくれ。」という話しになる…。

『東京五輪の選手村について、ロシアから不満の声が相次いでいる問題で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)は、テレビ、冷蔵庫がないと訴えている件について、「基本的に冷蔵庫、テレビはレートカード(有償レンタル)の対象になっている。しかるべきタイミングにオーダーがなされていれば、組織委が提供する責務があるし、当然やっている」と、ロシア側から発注がなかったことを明かした。
 今後オーダーがあった場合は「できるだけ柔軟に対応する」とした。

 ロシアメディアは21日までに、フェンシングのイリガル・マメドフ監督が東京五輪の選手村の部屋が狭すぎるなどとして「中世のようだ」と批判したと伝えた。タス通信によるとマメドフ氏は、東京・晴海の選手村について部屋や浴室の狭さを指摘。「バスルームは飛行機の座席のようだ」と評した。1988年ソウル五輪以降9大会を見てきた経験から「21世紀の日本とは思えない環境に驚いた。選手が気の毒だ」と嘆いた。

 この他にもハンドボールのヴラドレーナ・ボブロフニコワが自身のSNSに「リオと比較しても、すべてが控えめです。テレビも冷蔵庫も簡易キッチンもない」と記し、男子選手が4、5人でトイレ、風呂1つを利用していることなどを明かしていた。

あわせて読む

【東京五輪】テレビ&冷蔵庫なしの選手村 ロシアの〝クレーム〟に「基本的に有償レンタル」

(東スポWeb) 07月21日 21:42

米女子体操チーム 選手村に宿泊せず

(日テレNEWS24) 07月21日 22:52 』

五輪組織委、止まらぬ迷走 開会式演出の小林氏解任

五輪組織委、止まらぬ迷走 開会式演出の小林氏解任
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE2227I0S1A720C2000000/

『東京五輪の運営を担う大会組織委員会の混乱が収まらない。開会式を翌日に控えた22日、ショーディレクターを務める元お笑い芸人の小林賢太郎氏を過去のコント内容を巡って解任した。かねて不祥事は相次ぎ、19日には開会式の楽曲担当者が辞任したばかり。根底にある人権意識の希薄さや「密室体質」を払拭できず、東京五輪そのもののイメージを損なった。

開閉会式の制作・演出チームの一員だった小林氏は過去にユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)をコントで扱い、SNS(交流サイト)上で批判が集まっていた。組織委の橋本聖子会長は22日の記者会見で「次々と多くの問題が発覚し、後手に回っている印象があり反省している」と述べた。

【関連記事】
・五輪開会式、内容変更せず 演出担当の小林氏解任で
・首相「言語道断」と批判 小林氏解任受け 
・五輪演出の小林氏解任、小池都知事「判断は適切」

組織委の武藤敏郎事務総長は小林氏の役割を「全体を統一的、一貫性あるものにするもの」と説明。組織委は演出内容を見直すかどうかを検討したが、22日夜に変更しないと発表した。精査した結果、小林氏1人で演出を手掛けた部分はなかったとし、「予定通り実施する方向で準備を進めている」とコメントした。

橋本氏が問題を把握したのは22日未明。外交上の問題にもなりかねないとして同日午前に解任した。米ユダヤ系団体が小林氏を非難する声明を出していた。菅義偉首相も首相公邸で記者団の質問に答えて「言語道断だ。全く受け入れることはできない」と批判した。

組織委を巡っては、3月に式典を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏が演出関係者に女性タレントの容姿を侮辱するメッセージを送った問題で辞任した。組織委はこれを受け、式典の制作や演出を担うチームを再編成。詳細なメンバーを開会式の9日前となる7月14日になって発表した。選定過程などの説明はなかった。

19日にはメンバーの一人、ミュージシャンの小山田圭吾氏が雑誌で告白した学生時代のいじめが問題となり、辞任に追い込まれた。小山田氏は開会式の冒頭の楽曲を制作しており、当該部分の変更を迫られた。

小山田氏の場合、いったん組織委は続投させる意向を示していた。今年2月には前会長の森喜朗氏が女性蔑視発言で辞任。組織委の人権意識の低さが相次ぐ不祥事の根底にはある。

小山田氏辞任の際、武藤氏は「佐々木氏の辞任後、時間がない中で必要な人たちを仲間内で集める形になった」と説明。小山田、小林両氏について過去の問題の把握や精査はできていなかった。

かねて不透明な体質が批判されてきた組織委。2015年には大会エンブレムで盗作疑惑が浮上し、アートディレクターを限られた幹部で決めた経緯が批判された。

森氏辞任の際も後任人事を巡り、森氏が元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏へ直接就任を打診したことが「密室人事」と非難された。教訓が生かされず、不祥事が収まらない。
組織委は都や日本オリンピック委員会(JOC)、政府や民間など出身母体が異なる職員が集まり14年に発足した。専門家が集まった混成組織で職員は約8千人に及び、統治機能が働きにくい。

エンブレム見直しでは選考方法を公募に切り替えた。当時の幹部は「国民的事業なので、オールジャパンで策定すべきものだった」と反省の弁を述べたが、不透明な構図は再び繰り返された。

五輪の開会式目前になって制作・演出の主要メンバー2人が去った。開会式の演出はほぼ完成し、国立競技場ではリハーサルが連日行われていた。「このタイミングで演出を変更するのはかなり難しい」(組織委の担当者)のが実情だった。

開会式は10億人以上がテレビで視聴するとされる。「マイナスのイメージがどうしてもぬぐえない状態で開幕を迎えようとしている」(橋本氏)。「多様性と調和」をテーマに、日本を世界に発信する場は揺らぐ。』

コロナ下の五輪、安全優先に 経費2940億円積み増し

コロナ下の五輪、安全優先に 経費2940億円積み増し
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE214L50R20C21A7000000/

『新型コロナウイルス下の東京五輪が23日夜、開幕する。大部分の競技会場が無観客となる異例の大会に、様々な制約にもかかわらず200超の国・地域から過去最大規模の約1万1090人の選手が参加する。競技数33も過去最多。17日間の大会で選手たちが最高のパフォーマンスを演じられるよう、日本側は重い責務を担う。

観戦チケットの販売枠(セッション)は33競技と開閉会式で計750で、観客を入れるのは全体の約3%。観客受け入れの方針が決まる前は一般向けに363万枚を販売済みだったが、大部分が無観客となり、有効なのは約4万枚だ。

大会組織委員会が当初900億円と見積もっていたチケット収入は数十億円程度に激減する。ロンドン(現行レート換算で約1090億円)、リオ(同約350億円)と比べても異例の少なさとなる。

大会運営にかかる経費は昨年12月時点で1兆6440億円と、延期前から2940億円膨らみ、うち960億円は新型コロナ対策費用として積み増した。感染が疑われる選手らの診療や検査を担う選手村の発熱外来の整備、大会関係者に定期実施するPCR検査の委託費用などが含まれる。

東京大会ではサーフィンやスポーツクライミングなど若者に人気の競技も新たに追加された。実施競技33、種目339は史上最多。毎日の検査や厳しい行動制限を乗り越えて、参加選手数はリオ大会に匹敵する過去最大規模にのぼる。

選手村では既に南アフリカやチェコの選手らの新型コロナの陽性が判明している。選手村でクラスター(感染者集団)を発生させないよう、迅速な検査と感染者の特定が不可欠となる。

式典や運営は簡素化し、過去大会の華美なイメージは影を潜める。収容6万8千人の国立競技場での開会式は無観客で行われる。組織委は国際オリンピック委員会(IOC)などと協議し、国内外関係者の出席も大幅に削減。IOC委員やスポンサーなど950人程度に収まる見通しだ。

経済効果もしぼむ。大和総研は完全無観客の場合、五輪・パラリンピック期間中の経済効果は3500億円程度と通常開催より4500億円縮小すると予測する。

【関連記事】

・五輪開幕へ 100年前にもあったパンデミック下の大会
・五輪開会式、聖火台に火をともすのは 過去には名選手も
・非常時の五輪、原点見つめる契機に 』

東京2020オリンピック作曲家、いじめ障害のあるクラスメートを謝罪

東京2020オリンピック作曲家、いじめ障害のあるクラスメートを謝罪
「コーネリアス」という芸名を使う大山田圭五は、かつて彼の虐待をグラフィックで詳しく説明した。彼は今、ごめんなさいと言っている。
https://www.nbcnews.com/news/olympics/tokyo-2020-olympics-composer-apologizes-bullying-disabled-classmates-n1274307

 ※ 「悪事千里を走る」どころの話しでは無い…。

 ※ 1秒間に、地球を6回半回る速度で、伝搬する世の中だ…。

 ※ オールド・メディアしか無かった時代の気分に、いつまで浸って(ひたって)いるつもりなんだ…。

『(※ 翻訳は、Google翻訳文)

2021年7月18日 18:57 JST
コーキー・シェマシュコ著

東京 —東京オリンピックの開会式の楽譜の一部を作曲した日本のミュージカル・マーベリックは、最近、障害のあるクラスメートをいじめたことが明らかになった後、謝罪した。
作曲家の大山田圭五は、1990年代に日本の雑誌に、彼が仲間の学生をどのように苦しめたかについて自慢した。自慢は、試合が金曜日にキックオフされる前に、1週間以内に彼に出没するために戻ってきました。

1990年代、彼のスターがまだ増加していた時、現在52歳の小山田は地元の音楽雑誌とのインタビューで、精神障害者の少年に自分の便を食べさせ、他の学生の前で自慰行為をすることを思い出しました。

「これらの反射は残念ながら振り返られたのではなく、面白い子供時代の瞬間と見なされました」と、人気ブログARAMA!日本は書いた。「彼は自慢の性質で彼らについて話しました。

ニュースや政治を速報するためのNBCニュースアプリをダウンロード

ベックやビーチボーイズのブライアン・ウィルソンのような先駆的なアメリカ人ミュージシャンと比べると、小山田は1960年代のバート・バッハラッハやフィル・スペクターなどによって制作されたアメリカのポップミュージックに大きく引き寄せたキッチュな渋谷啓音の創始者の一人として日本で最もよく知られています。

「猿の惑星」の映画キャラクターコーネリアスへのオマージュである大山田は、彼のウェブサイトとツイッターに彼のメアカルパを投稿しました.

彼は、クラスメートを食い物にしたとき、彼は「非常に未熟」であり、彼が何をしたかについて「深い後悔」を感じたと言いました。彼は、一部の人々がゲームへの参加に反対する理由を理解していると言いました。

「私は謝罪し、私はより良い人になろうとします」と、彼が書きました。

推奨

米国のニュース
オハイオ州は、ソロリティ大量銃撃を企てたとして憎悪犯罪で起訴された「インセル」

米国のニュース
18歳のバナー飛行機パイロットがニュージャージー橋に安全な緊急着陸
ソーシャルメディアでは、批評家は決して寛容ではありませんでした。「このような差別的で暴力的な行為を行った人は、オリンピック・パラリンピックに参加する資格があると考えられるでしょうか。ツイッターに投稿された人。

この暴露と小山田の公の謝罪は、主催者を驚かせたように見えた。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎最高経営責任者(CEO)は土曜日の記者会見で、「彼が謝罪したことを理解しており、このことを知らなかったことは事実だ」と述べた。

しかし、武東は、主催者は大山田や彼の音楽を禁止する計画はないと言いました。「私たちは、彼が彼の参加を続けることを望みます」と、武人は、「彼は彼の過去の行動を残念に思っており、彼は彼がより高い道徳的基準で行動したいと言いました」と付け加えました。

NBCニュースの親会社であるNBCユニバーサルは、ゲームに対する米国の放送権を所有しています。

コーヴィッド-19の懸念からオリンピックメダル授与式が変更されます
2021年7月15日00:43

昨年コロナウイルスの大流行によって脱線した大会を再開すると発表して以来、東京オリンピック組織委員会が争わなければならなかったのは初めての嵐ではない。

2月、委員会の森義郎会長は、女性スポーツ関係者が会議中に話しすぎていると言った後、強制的に追い出された。1か月後、日本のセレブ、渡辺直美を豚と比較したことで、ゲームのクリエイティブディレクター、佐々木博氏が失脚した。

主催者は、東京が非常事態に達している間にゲームを上演しています – そして、多くの日本人が到着した選手が国のCovid-19危機を悪化させるのではないかと恐れている世論調査に直面しています。

オリンピック村ですでにバンキングしている2人の選手は、ゲーム主催者が東京の封鎖されたセクションでウイルスの陽性をテストした最初の外国人となった翌日の日曜日にCovid-19の陽性反応を示しました。

Image: Corky Siemaszko
コーキー・シーマシュコ
コーキー・シーマシュコはNBCニュースデジタルのシニアライターです。』

…えっと……キミたちの検査方法はそれなんだ?

…えっと……キミたちの検査方法はそれなんだ? なんていうかこう……斬新ですね
http://rakukan.net/article/482569528.html

『……空間線量計を食材にあててるんですが。
 いやぁ、さすがだわ。
 さすが原発管理者が校正も理解できない国から来ただけのことはあるな。
 科学もなにもない。

 自分たちがなにをやっているかも理解していないし、将来に渡って理解することもないでしょう。
 そりゃ原発のタービン建屋が雨漏りするし、高速鉄道の枕木が破裂もするわ。橋も落ちるし、建物も崩壊するし、船も沈むよ。』

空間線量を測るとは?
https://minnanods.net/learn/about-measurement/how-to-measure-air-dose.html

食品中の放射性核種の測定
http://m-rad24.bio.ac.jp/menu4.pdf

 ※ まあ、セッセと「空間線量」をお測りになって、お帰り願うんだな…。

選手村に自衛隊が入った

田中龍作ジャーナル | 陸のダイヤモンドプリンセス、選手村に自衛隊が入った
view-source:https://tanakaryusaku.jp/2021/07/00025403

 ※ 記事にもあるように、防疫目的ではないな…。

 ※ きな臭いんで、テロ対策か…。

 ※ まあ、「抑止力の示威」の一環ということだろう…。

『きょう20日の12時~13時30分だった。わずか1時間半。

 田中が目視しただけで陸上自衛隊3個小隊と軍用車両6台が五輪選手村に入って行った。

 選手村では毎日のようにコロナ感染者が見つかっており、陸のダイヤモンドプリンセスと揶揄される状態となっている。

 収容人数1万8千人の選手村でクラスターが発生したら、ダイヤモンドプリンセスの比ではない。自衛隊の防疫班でなくては対応できないはずだ。

選手村から出てくる陸自車両。=20日12時31分 選手村ゲート近く 撮影:田中龍作=

 選手村に入っていく陸上自衛隊員は、いずれも迷彩服姿だった。タイベック着用ではなかった。

 防疫活動であれば、選手村に入る前からタイベック姿のはずだ。防疫活動のために選手村に入って行ったのではないものとみられる。あくまでも20日13時現在。

 マスコミ報道によると、防衛省はオリンピック・パラリンピックを支援するために自衛官8,500人を競技場などに派遣した。警備や国旗掲揚にあたるという。

 防衛省は「選手村での活動もその一環か?」とする田中の問に「さようでございます」と答えた。

選手村に入る陸自トラック。90分間に6台が入り4台が出て行った。=20日12時26分、晴海 撮影:田中龍作=

    ~終わり~ 』

【東京五輪】中国メディアがバッハ会長の中国人発言を大絶賛

【東京五輪】中国メディアがバッハ会長の中国人発言を大絶賛 日本との差を強調
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb1b2288645889ed95b305839a9c45ee5c37e0b5

『中国メディアが国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)による「中国人発言」を大絶賛し、自国の優位性を強調し続けた。

【写真】バッハ抗議デモ現場に警官隊50人が出動

 中国メディア「網易」は、バッハ会長が「最も大事なのはチャイニーズピープル」と発言した問題を特集。「日本ではなく中国が主人公と呼ばれている」としたうえで、その背景を分析した。

「バッハの誤解の主な理由は2つあると考える。1つ目は2008年の北京五輪が彼に深い印象を残したことだ。第2に、中国が強くなるにつれて西洋人が東アジア人の顔を見て無意識のうちに中国人だと思うようになったからだ」と指摘。国際舞台で中国の存在感が日本を圧倒しているため、バッハ会長もつい「中国人」と口走ったというわけだ。

 そのうえで、歴史的背景を持ち出してとんでもない主張を展開した。

「日本経済が超大国とは言えないのは当然だ。古くから日本は中国から多くの方法で学んだ。衣服の体系、唐王朝、宮廷、漢王朝の廷臣。日本は当時の中国を完全に模倣しており、その考え方や働き方は基本的に中国と同じだった。日本では衰退期が到来しており、警戒心をかき立てている」

 そして「無意識のうちに、バッハは西洋のエリートとして東京と北京を間違えたのだ。これもまた真実だ」とバッハ会長の〝中国優先主義〟を称賛した。

 さらに「中国の文化は3000年来壊れたことはない。4つの文明国として、世界の森にはまだ中国しか存在していないのだ。日本は学び続ける過程で、独自の文化的基盤は薄くなっている。日本のような国は世界では、自分の方向性を見つけるのは難しいかもしれない」と、自国の優位性を強調した。

 中国側はバッハ会長の発言を政治的宣伝に利用しようとしているようだ。

東京スポーツ 』

引退表明、与野党で相次ぐ 衆院選「10減」も念頭に

引退表明、与野党で相次ぐ 衆院選「10減」も念頭に
議長・閣僚経験者や中選挙区組
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA08EE70Y1A700C2000000/

『秋までにある衆院選を前に、与野党で引退・不出馬表明が相次ぐ。1990年代前半より前に初当選した議員も目立つ。現行の小選挙区制導入から四半世紀となり、中選挙区時代を知る議員が減ることになる。衆院選で10県の選挙区が減る「10増10減」に備えた動きも垣間見える。

自民党竹下派会長の竹下亘元総務会長(島根2区)は8日、体調不良を理由に次期衆院選に出馬しないと明かした。

「兄の登(元首相)からバトンを受け継いで21年間、全身全霊をもって走り続けた」と文書に記した。2018年から登氏が創設した派閥のトップを務めてきた。同派事務総長の山口泰明・党選挙対策委員長が記者会見を開き、代読した。

その山口氏も6日、次の衆院選は埼玉10区から立候補しないと明言した。選挙を仕切る現職の選対委員長が衆院選に出ないのは異例。山口氏の秘書である次男が後継候補として同選挙区から出る見通しだ。

閣僚経験者では衆院議長も歴任した伊吹文明元財務相(京都1区)や、塩崎恭久元厚生労働相(愛媛1区)、宮腰光寛元沖縄・北方相(富山2区)らが政界を退く。

野党でも立憲民主党は赤松広隆衆院副議長(愛知5区)が不出馬を決め、県議が後を継ぐ。立民が強い北海道でも荒井聡元国家戦略相(北海道3区)や佐々木隆博氏(北海道6区)が今期限りで後進に道を譲る。

比例東京ブロックで立候補予定だった国民民主党の山尾志桜里氏、社民党で唯一の衆院議員の照屋寛徳氏も出馬しないと決断した。

衆院議員の任期は10月21日で満了する。9月の衆院解散が濃厚となり、準備の見通しが立てやすくなった点も引退宣言が続く背景にある。予期しないタイミングでの解散だと余裕がなく、代替わりを進めづらい。

自民、公明両党は12年、14年、17年の過去3回の衆院選で、いずれも全体の3分の2超の議席を得た。今回は新型コロナウイルス対策への国民の不満が根強く「厳しい選挙になる」との共通認識がある。

4月の衆参両院の3つの補欠選挙・再選挙でひとつも議席を得られなかった。7月4日投開票の都議選は33議席と過去2番目に少なかった。

自民党は比例代表候補に「73歳定年制」を適用する。長崎1区で前回は比例復活だった冨岡勉元文部科学副大臣は73歳で、引退理由を「比例復活がなくなり、世代交代や政治家の若返りも必要だ」と説明した。

三重2区で前回比例復活の川崎二郎元厚労相(73)も10日に次期衆院選に出ないと明かした。

自民党候補同士が競合した中選挙区時代を経験する議員も少なくなる。1980年初当選の川崎氏や83年に政界入りした伊吹氏、93年組の塩崎氏、横浜市長選に立候補するため議員辞職した小此木八郎前防災相らが該当する。

立民の赤松氏は90年に初めて当選し、55年体制下の旧社会党で書記長を務めた。その後、旧民主党で政権交代を果たしたリベラル派の重鎮だ。

次々回の衆院選にも各都道府県に配分する小選挙区の数が15都県で「10増10減」になるのも影響する。2020年国勢調査をもとに「1票の格差」の是正のため、22年以降に選挙区の区割りが変更される。

現行制度下で小選挙区は14年衆院選の「0増5減」、17年衆院選の「0増6減」などと変わってきた。「10増10減」は最も大きな変化になる。

特に定数が減る宮城、広島、山口、愛媛、長崎などで候補者の絞り込みが難しくなる。

その前に次の衆院選で意中の後継候補を擁立するなど制度変更に備える議員心理が働きやすい。塩崎氏の愛媛1区は同氏の長男が継ぐ方向だ。

自民党岸田派の林芳正参院議員は衆院山口3区へのくら替え出馬を表明した。同選挙区の現職は二階派の河村建夫元官房長官だ。岸田派議員は「山口の定数が4から3に減る前の今回の衆院選がラストチャンスだ」と解説する。』