中国共産党指導部の顔ぶれ

※ 米中貿易摩擦とか、ファーウエイ制裁とか、米中の対立が激化してるわけなんだが、中国側の顔ぶれは、今ひとつ見えてこない(せいぜい、劉鶴氏くらいのものだ)。

※ それで、今日の日経に「習近平体制、ビジュアルでわかる権力の人脈」というデータが載っていて( https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/chinese-communist-party-leaders/ )、これが非常に分かりやすかったんで、紹介しておく。

※ 例によって、削除されたら、悪しからず。

共産党員、約1億人もいるんだな…。人口13億人とした場合、13分の1か。小学校のクラス(26人とした場合)の2人が共産党員というイメージだな。もちろん、一族郎党の末端に至るまでの経歴が、調べられるんだろうがな…。

※ その頂点に立っているのが、この人なわけだ…。

※ この面々が、いわゆる「チャイナ・セブン」だ。2期目の習体制においては、王岐山氏が実質セブン入りしていると言われているんで、それも加えると、「チャイナ・エイト」になる…。

真ん中の人が、王岐山氏

※ ジジイ的には、やはり王滬寧氏が気になるな。江沢民、胡錦濤、習近平の三氏に仕え、「帝王師」とまで言われた人だ。習近平氏のスピーチ原稿は、ほぼこの人が執筆していた…、とも言われている。

 それだけでは無い…。習近平氏の外国訪問にも同行し、耳元で受け答えをささやいていた…、という噂があった…。なにかと話題の、「中国製造2035」も、この人が中心になってまとめたものだという風評がある…。一部には、「王滬寧黒幕説」もあった…。

 昨今の米中対立激化を受けて、保守派や長老連中からの批判が集中し、最近さっぱり動向を、聞かなくなった…。どうしているんだろうな…。

※ この面々が、次期チャイナ・セブン入りの候補者と言うわけだ。劉鶴氏とか、楊潔篪氏とかいるな…。共青団のライジング・スターたる胡春華氏の芽は、あるんだろうか…。内規で、68才定年制(「七上八下」と言うらしい)が採られていると言われているんで、5年後は、李克強氏、汪洋氏も厳しいだろうな…。陳敏爾氏は、ダークホースという噂がある。米中交渉が行き詰まって、習近平氏が退任せざるを得ない状況になったとき、ワンポイント・リリーフで起用され、習近平院政の手駒として登場する芽は、ある…、と言ってる人がいる…。