「A Sting Operation Lifts the Lid on Chinese Espionage」紹介しておく

 兵頭二十八氏のブログに書かれていたんで、紹介しとく。
( http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/10/#a002138 )

 さわりの部分を、紹介すると…
『 帰国したGE社員にメールで、技術情報を漏らしてくれれば、次の講演旅行を用意しようとオファー。
Xuは、GE社が設計部の社員たちに支給しているラップトップのHDの中味に何が書いてあるのかに、強い関心があったようだ。

 GE社員はしかし、とっくにこうした誘いかけについて会社に詳細を報告していた。

 GE社は、社員たちが中共側からこのような誘いかけをうけたときにどうすべきか、しっかりと教育をしていたのだ。もちろんすぐにFBIへも知らされた。

 GE社員は会社によって巧みにクリーニングされたハードディスクの中味をXuにコピーして与えた。囮捜査の開始である。

 このラップトップは中共へ持ち出すことは許されていなかったが、西欧へなら持ち出せた。そこで、ベルギーで会おうということになり、ベルギー当局がXuを逮捕し、国外追放し、米国がその身柄を確保した。』、というような感じだ。

 Xuからアプローチを受けたGEアビエーションの社員は、誘いに乗ったと見せかけて、会社支給のラップトップをベルギーに持ち出して(おそらく、GPSでも仕込んであって、中国に持ち出そうとしても、会社側で把握できるような仕掛けが、してあったんだろう)、そこで、ベルギー当局が現行犯逮捕して、直ぐにアメリカに国外追放し、アメリカに送られて身柄を拘束された…、ということのようだな…。
 すべては、アメリカ側のFBIの監視下にあった…、ということのようだな…。

 元記事は、ここのようだ。
( https://worldview.stratfor.com/article/sting-operation-lifts-lid-chinese-espionage )

 元記事の方には、エージェントが協力者を取り込むステップを、図解してあって、参考になる。

The Human Intelligence Recruitment Process_s

 誰が目標とする情報にアクセスできる立場にあるのか、物色する → 親しくなって、良好な人間関係を構築し、徐々に取り込んでいく → 目的とした、情報を提供させる(「釣り上げる」)というプロセスを踏む、らしい…。

 ご用心、ご用心…、だな。

『Chinese spy arrested in attempt to steal GE Aviation trade secrets』ってことだぞ…

https://www.wcpo.com/news/local-news/i-team/affidavit-chinese-spies-targeted-ge-aviation-employee-may-have-stolen-sensitive-documents

GE(ゼネラル・エレクトリック)と聞けば、エジソンが作った電気会社か…と思う人もいるかと思うが、GE Aviation と言えば、世界三大航空機エンジンメーカーの一つだ。
ここら辺でも、見といてくれ( https://trip-nomad.com/airplane/aircraft-engine/ )。

こんなエンジンを、製造している巨大企業だ。

GEのエンジン1_s

GEのエンジン2_s

犯人は、Xu Yanjun という名前らしいが、さすがの面魂だ。信念に基づいて、国家のために働いているんだろう…。
 その手口は、『彼はそれらの会社で働いている専門家を識別して、そして彼らを、しばしば大学のプレゼンテーションを行なうという見せかけの下で、中国に旅行するべくリクルートしました。』というものらしい。

 それにつけても、国内大手メディアが大きく取り上げないのは、どういうことだ。安倍訪中を控えているから、中国を刺激したくない…、ってことか…。
 そんなことを言っていると、また肝心の国家戦略を誤るぞ…。
 オレは、ここで知った…。
 「北の国から猫と二人で想う事」さん http://blog.livedoor.jp/nappi11/

 ※ IEでアクセスすると、「スクリプトの実行のおかげで、表示に時間が掛かっています」みたいな警告が出ることがあるが、そういう時は、chrome か vivaldi ででも、アクセスしてみてくれ。
 どうせ、とある勢力が邪魔してるんだろう…。
 

またまた、ブルームバーグの暴露記事だ。今度は、イーサネット・コネクタに仕込みだ…

※ 画像は、ヨッシ・アップルバウム氏です。彼が、上記の仕込み(埋め込み)を実査(実際に、バラして調べたんだと思う)し、報告しています。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-10-09/new-evidence-of-hacked-supermicro-hardware-found-in-u-s-telecom

例によって、国内メディアはスルーなんで、英文全文とポイントとなる部分の機械翻訳文を貼っておく。
『New Evidence of Hacked Supermicro Hardware Found in U.S. Telecom

The discovery shows that China continues to sabotage critical technology components bound for America.

By
Jordan Robertson
and
Michael Riley

‎2018‎年‎10月‎月‎10‎日‎ ‎0‎:‎01 Updated on ‎2018‎年‎10月‎月‎10‎日‎ ‎6‎:‎37
A major U.S. telecommunications company discovered manipulated hardware from Super Micro Computer Inc. in its network and removed it in August, fresh evidence of tampering in China of critical technology components bound for the U.S., according to a security expert working for the telecom company.

The security expert, Yossi Appleboum, provided documents, analysis and other evidence of the discovery following the publication of an investigative report in Bloomberg Businessweek that detailed how China’s intelligence services had ordered subcontractors to plant malicious chips in Supermicro server motherboards over a two-year period ending in 2015.

Yossi AppleboumSource: Yossi Appleboum

Appleboum previously worked in the technology unit of the Israeli Army Intelligence Corps and is now co-chief executive officer of Sepio Systems in Gaithersburg, Maryland. His firm specializes in hardware security and was hired to scan several large data centers belonging to the telecommunications company. Bloomberg is not identifying the company due to Appleboum’s nondisclosure agreement with the client. Unusual communications from a Supermicro server and a subsequent physical inspection revealed an implant built into the server’s Ethernet connector, a component that’s used to attach network cables to the computer, Appleboum said.

The executive said he has seen similar manipulations of different vendors’ computer hardware made by contractors in China, not just products from Supermicro. “Supermicro is a victim — so is everyone else,” he said. Appleboum said his concern is that there are countless points in the supply chain in China where manipulations can be introduced, and deducing them can in many cases be impossible. “That’s the problem with the Chinese supply chain,” he said.

Supermicro, based in San Jose, California, gave this statement: “The security of our customers and the integrity of our products are core to our business and our company values. We take care to secure the integrity of our products throughout the manufacturing process, and supply chain security is an important topic of discussion for our industry. We still have no knowledge of any unauthorized components and have not been informed by any customer that such components have been found. We are dismayed that Bloomberg would give us only limited information, no documentation, and half a day to respond to these new allegations.”

Bloomberg News first contacted Supermicro for comment on this story on Monday at 9:23 a.m. Eastern time and gave the company 24 hours to respond.

Supermicro said after the earlier story that it “strongly refutes” reports that servers it sold to customers contained malicious microchips. China’s embassy in Washington did not return a request for comment Monday. In response to the earlier Bloomberg Businessweek investigation, China’s Ministry of Foreign Affairs didn’t directly address questions about the manipulation of Supermicro servers but said supply chain security is “an issue of common concern, and China is also a victim.”

Supermicro shares plunged 41 percent last Thursday, the most since it became a public company in 2007, following the Bloomberg Businessweek revelations about the hacked servers. They fell as much as 27 percent on Tuesday after the latest story.

The more recent manipulation is different from the one described in the Bloomberg Businessweek report last week, but it shares key characteristics: They’re both designed to give attackers invisible access to data on a computer network in which the server is installed; and the alterations were found to have been made at the factory as the motherboard was being produced by a Supermicro subcontractor in China.

Based on his inspection of the device, Appleboum determined that the telecom company’s server was modified at the factory where it was manufactured. He said that he was told by Western intelligence contacts that the device was made at a Supermicro subcontractor factory in Guangzhou, a port city in southeastern China. Guangzhou is 90 miles upstream from Shenzhen, dubbed the `Silicon Valley of Hardware,’ and home to giants such as Tencent Holdings Ltd. and Huawei Technologies Co. Ltd.

The tampered hardware was found in a facility that had large numbers of Supermicro servers, and the telecommunication company’s technicians couldn’t answer what kind of data was pulsing through the infected one, said Appleboum, who accompanied them for a visual inspection of the machine. It’s not clear if the telecommunications company contacted the FBI about the discovery. An FBI spokeswoman declined to comment on whether it was aware of the finding.

AT&T Inc. spokesman Fletcher Cook said, “These devices are not part of our network, and we are not affected.” A Verizon Communications Inc. spokesman said “we’re not affected.”

“Sprint does not have Supermicro equipment deployed in our network,” said Lisa Belot, a Sprint spokeswoman. T-Mobile U.S. Inc. didn’t respond to requests for comment.

Sepio Systems’ board includes Chairman Tamir Pardo, former director of the Israeli Mossad, the national defense agency of Israel, and its advisory board includes Robert Bigman, former chief information security officer of the U.S. Central Intelligence Agency.

U.S. communications networks are an important target of foreign intelligence agencies, because data from millions of mobile phones, computers, and other devices pass through their systems. Hardware implants are key tools used to create covert openings into those networks, perform reconnaissance and hunt for corporate intellectual property or government secrets.

The manipulation of the Ethernet connector appeared to be similar to a method also used by the U.S. National Security Agency, details of which were leaked in 2013. In e-mails, Appleboum and his team refer to the implant as their “old friend,” because he said they had previously seen several variations in investigations of hardware made by other companies manufacturing in China.

In Bloomberg Businessweek’s report, one official said investigators found that the Chinese infiltration through Supermicro reached almost 30 companies, including Amazon.com Inc. and Apple Inc. Both Amazon and Apple also disputed the findings. The U.S. Department of Homeland Security said it has “no reason to doubt” the companies’ denials of Bloomberg Businessweek’s reporting.

People familiar with the federal investigation into the 2014-2015 attacks say that it is being led by the FBI’s cyber and counterintelligence teams, and that DHS may not have been involved. Counterintelligence investigations are among the FBI’s most closely held and few officials and agencies outside of those units are briefed on the existence of those investigations.

Appleboum said that he’s consulted with intelligence agencies outside the U.S. that have told him they’ve been tracking the manipulation of Supermicro hardware, and the hardware of other companies, for some time.

In response to the Bloomberg Businessweek story, the Norwegian National Security Authority said last week that it had been “aware of an issue” connected to Supermicro products since June. It couldn’t confirm the details of Bloomberg’s reporting, a statement from the authority said, but it has recently been in dialogue with partners over the issue.

Hardware manipulation is extremely difficult to detect, which is why intelligence agencies invest billions of dollars in such sabotage. The U.S. is known to have extensive programs to seed technology heading to foreign countries with spy implants, based on revelations from former CIA employee Edward Snowden. But China appears to be aggressively deploying its own versions, which take advantage of the grip the country has over global technology manufacturing.

Three security experts who have analyzed foreign hardware implants for the U.S. Department of Defense confirmed that the way Sepio’s software detected the implant is sound. One of the few ways to identify suspicious hardware is by looking at the lowest levels of network traffic. Those include not only normal network transmissions, but also analog signals — such as power consumption — that can indicate the presence of a covert piece of hardware.

In the case of the telecommunications company, Sepio’s technology detected that the tampered Supermicro server actually appeared on the network as two devices in one. The legitimate server was communicating one way, and the implant another, but all the traffic appeared to be coming from the same trusted server, which allowed it to pass through security filters.

Appleboum said one key sign of the implant is that the manipulated Ethernet connector has metal sides instead of the usual plastic ones. The metal is necessary to diffuse heat from the chip hidden inside, which acts like a mini computer. “The module looks really innocent, high quality and ‘original’ but it was added as part of a supply chain attack,” he said.

The goal of hardware implants is to establish a covert staging area within sensitive networks, and that’s what Appleboum and his team concluded in this case. They decided it represented a serious security breach, along with multiple rogue electronics also detected on the network, and alerted the client’s security team in August, which then removed them for analysis. Once the implant was identified and the server removed, Sepio’s team was not able to perform further analysis on the chip.

The threat from hardware implants “is very real,” said Sean Kanuck, who until 2016 was the top cyber official inside the Office of the Director of National Intelligence. He’s now director of future conflict and cyber security for the International Institute for Strategic Studies in Washington. Hardware implants can give attackers power that software attacks don’t.

“Manufacturers that overlook this concern are ignoring a potentially serious problem,” Kanuck said. “Capable cyber actors — like the Chinese intelligence and security services — can access the IT supply chain at multiple points to create advanced and persistent subversions.”

One of the keys to any successful hardware attack is altering components that have an ample power supply to them, a daunting challenge the deeper into a motherboard you go. That’s why peripherals such as keyboards and mice are also perennial favorites for intelligence agencies to target, Appleboum said.

In the wake of Bloomberg’s reporting on the attack against Supermicro products, security experts say that teams around the world, from large banks and cloud computing providers to small research labs and startups, are analyzing their servers and other hardware for modifications, a stark change from normal practices. Their findings won’t necessarily be made public, since hardware manipulation is typically designed to access government and corporate secrets, rather than consumer data.

National security experts say a key problem is that, in a cybersecurity industry approaching $100 billion in revenue annually, very little of that has been spent on inspecting hardware for tampering. That’s allowed intelligence agencies around the world to work relatively unimpeded, with China holding a key advantage.

“For China, these efforts are all-encompassing,” said Tony Lawrence, CEO of VOR Technology, a Columbia, Maryland-based contractor to the intelligence community. “There is no way for us to identify the gravity or the size of these exploits — we don’t know until we find some. It could be all over the place — it could be anything coming out of China. The unknown is what gets you and that’s where we are now. We don’t know the level of exploits within our own systems.”

— With assistance by Scott Moritz, and Gwen Ackerman

(Updates with statement from Sprint in 13th paragraph.)』

『スーパーマイクロサーバーからの異常な通信と次の実査がインプラントがサーバーのイーサネットコネクター、ネットワークケーブルをコンピュータに取り付けるために使われるコンポーネントに作り付けられたことを明らかにしました、と Appleboum が言いました。』

『合法的な(※ 何も仕込みのない) サーバーは1つの方法で通信していました、そしてもう1つの方(※ 仕込みがある方)は、同じようにすべての通信が同じ信頼できるサーバーから来ますが、しかしその通信はセキュリティフィルタを通過することを可能にしているのです。』

 ※ 技術的な詳細は、よく分からんが、仕込みがある方は、「信頼できると判定されたサーバー」からの通信を、何らかのやり方で加工して、セキュリティフィルタを通過できるようなものに変更するような仕掛けが施されているらしい…。

『Appleboum はインプラントの1つの重要なサインが操作されたイーサネットコネクターがいつものプラスチックの代わりに金属サイドを持っているということであると言いました。
金属はミニコンピュータのように振る舞う内部に隠されたチップから熱を広めるために必要です。』

 ※ さすがにそういう大がかりなことをやらせるには、CPU並みの仕事をさせる必要があり、発熱までは隠すことができない。まさか、イーサネット・コネクタに冷却用のファンを取り付けるってわけには、いかないからな…。
 それで、いつものプラスチック(コスト的には、こっちのほうが安上がりだ)から、金属に変更してあったんで、バレた…って話しだ。

『ブルームバーグ Businessweek の記事に応じて、ノルウェーの国家安全保障当局は先週それが6月から接続されたスーパーマイクロ製品について、「問題に気付いていた」と言いました。 それはブルームバーグの報告の細部を確認することができませんでした、と当局からの声明が言いました、しかしそれは最近問題に関してパートナー(※ 納入した業者のことだろう)との対話がありました。』

 ※ ノルウェーにも飛び火してるようだ。ノルウェーだけの話しじゃないだろ…。中華製IT機器を使用してる国は、直ちに通信記録を調査して、怪しい振る舞いをしてないか調査すべきだ。
 日本は、大丈夫なんだろうな…。国家の安全保障に関わる問題なんだから、「忖度」してる場合じゃないだろ…。

 全く、絶望的になる話しだ…。これが、インテリジェンス合戦の実態か…。
 中華製のIT機器は、何らかの仕込みがあるものと思った方がいい、という話しだ。

 全文の訳がほしい人は、自分でグーグル翻訳に掛けるなり、翻訳ソフトを使うなりしてくれ。
 まあ、どっかのサイトにまた、全訳文が紹介されるかと思うがな…。

マイクロチップの仕込みは、このように発見された

兵頭ブログ
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2018/10/#a002125

英文の元記事
https://www.bloomberg.com/news/features/2018-10-04/the-big-hack-how-china-used-a-tiny-chip-to-infiltrate-america-s-top-companies

兵頭二十八氏のブログに書かれていたので、紹介しとく。
『RobertsonとRiley 記者による2018-10-4記事「The Big Hack: How China
Used a Tiny Chip to Infiltrate U.S. Companies

サンノゼに米国本社があるスーパーマイクロ(※ Super micro社)。
シリコンバレーから台湾へいろいろ外注するのが普通であった1993に台湾人が
設立した。台湾と上海にも拠点がある。
グーグル社(CIAから画像解析用の巨大システムを受注することがある)や
アップル社(全世界の巨大都市の通信をビッグデータ解析したい)がその「デー
タ・センター」等に必要な巨大サーバー群を構築するとき、このスーパーマイク
ロ社が下請けとなり、特注の超高性能のグラフィックチップ集積ボードを設計し、
製造し、納品してきた。
グラボは何に必要なのか?
たとえば今日、偵察衛星や無人機から厖大なビデオ動画が絶え間なくCIAに
集められ、蓄積される一方だが、それらの信号を圧縮していろいろ処理するとき
に、普通のチップでは遅すぎて仕事にならない。
もともと市販ゲーム機用に開発された高速のグラフィックチップをカスタムす
ることで、AI処理に向いたハードウェアを構築できるのだ。
ところが、台湾企業はシナ本土の工場にも孫請けさせているものだから、いつ
のまにか、中共軍の工作員が、米粒大の「ハードウェアハッキング」装置を密か
にグラボに組み入れて、出荷してくるようになった。
この米粒チップは、中共本土からの指令に反応し、一般ユーザーにはアクセス
できないデータセンターの全領域に易々とアクセスし、データをひそかに外部へ
転送させることをも可能にする。
アップル社は、スーパーマイクロが構築したサーバーの挙動がおかしいことに
2015-5に気付いた。
会社はFBIに通報し、米捜査機関は、スーパーマイクロ社の台湾オフィスと
上海オフィスの間の通信傍受を糸口に、2年間捜査した。』

こんな風に、世界は油断も隙もあったモンじゃないのだ…。特に、中華系相手
ではな…。
しかし、今後は中国製(他国製であっても、中国が下請け・孫請けで製造を担
当した)IT機器は、米及び西側世界から締め出しを喰らっていく流れになるだ
ろうよ(米ソ「冷戦」ならぬ、米中「冷戦」と「COCOM」の再来、だな)。
すでに、米国と貿易協定を締結する場合、その条件として「中国とのFTA的
なものを、結んでいないこと」を付加する流れが生じている…。
中国を世界市場にビルトインさせる潮流は、終わりを告げた感じだ…(グロー
バル市場は、中共系と米国系の2つに分割されることになるだろう、なんてなこ
とを言ってる人も出てきている…)。これが、トランプ政権だけの話しで終わる
のか…、それとも政権が変わっても継続していくところまでの話しなのか、その
見極めが重要となるだろう…。
いずれ世界は、今後10年、20年で、これまでとは随分違ったものになるだ
ろうよ…。

※ 相変わらず、国内大手メディアは、ダンマリだが、ネット上ではチラホラ取り上げるサイトが見受けられるようになってる。
それらを、紹介しておく。
『trends watcher』さん
https://www.trendswatcher.net/032018/geoplitics/情報流出icチップによる中国の技術盗用/

ITmediaビジネス ONLINE』さん
 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/18/news011.html 
 ※ 直かリンクは、とある勢力に邪魔されて、飛べないようなんで、URLだけ貼っておく。

 ここでは、アメリカ側のハッキングや、ロシア側のハッキングの手口にも触れていて、参考になる。
まあ、各国が諜報合戦を繰り広げているって話しだ。
 だからと言って、中華スパイIT器機をそのままにしておいても、いい…ということには、ならんだろ。
 厳重に調査して、何らかの対策を打つべきだ…、と思うぞ。

中国の四面来油の策(その2)

続いては、ミャンマー方面からのエネルギー資源輸送のパイプラインだ。

ミャンマーは、昔は「ビルマ」と言って、イギリスの植民地だった。

インドを植民地支配したイギリスは、徐々にインドシナ半島方面にも支配領域を広げて行き、三度の英麺戦争を経た後、ミャンマー(ビルマ)を支配下に置いた。

まあ、ここら辺でも、見とけ(『イギリス統治下のビルマ』 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E

その頃から、石油が出るので有名だった。「バーマー(ビルマの英語的発音)石油」ってのが、採掘権を一手に握ってた( http://markethack.net/archives/51843808.html )

大日本帝国が泥沼の日中戦争に嵌まって行った時、インドシナ半島方面には「援蒋(蒋介石を支援し、物資(武器・弾薬を含む)を運搬するもの)ルート」と称するものがあり、真珠湾攻撃で太平洋戦争突入後、「仏印(フランス領インドシナ。ベトナム・ラオス・カンボジアは、フランスの植民地だった。英・米・仏の連合軍は、このルートを使って、蒋介石を支援した)への進駐」は、この援蒋ルートを遮断する目的があった。

ビルマの戦い

『蒋介石政府への軍需物資の輸送ルート(援蒋ルート)には以下があった。日本の参謀本部では1939年頃の各ルートの月間輸送量を次のように推定していた[1]

  1. 香港ほか中国沿岸からのルート(香港ルート):6,000トン
  2. ソ連から新疆を経るルート(西北ルート):500トン
  3. フランス領インドシナハノイからのルート(仏印ルート):15,000トン
  4. ビルマのラングーンからのルート(ビルマルート):10,000トン

ビルマルートとは、ラングーンの港からマンダレー経由でラシオ(現在のラーショー)までの鉄道路「ビルマ鉄道(en)」と、ラシオから山岳地帯を越えて雲南省昆明に至る自動車道路「ビルマ公路」とを接続した、全長2,300キロの軍需物資の輸送ルートの呼称である。蒋介石政府はトラックがどうにか通れるだけの山越えの道路を1938年7月に完成させていた。

1940年6月、ドイツ軍パリ占領を機に、日本政府はイギリス政府に対して申し入れを行い、ビルマおよび香港を経由する蒋介石政府への物資輸送を閉鎖させた。さらに日本は9月の北部仏印進駐により仏印ルートをも遮断した。しかしビルマルートの閉鎖はアメリカの反発により3か月間にとどまった。再開されたビルマルートを遮断するため、日本軍航空部隊は雲南省内の怒江(サルウィン川の中国名)にかかる「恵通橋」と瀾滄江(メコン川上流部の中国名)にかかる「功果橋(現在、中国が建設した Gongguoqiao Dam がある)」を爆撃したが、橋を破壊するまでには至らなかった。

アメリカとしては、ヨーロッパでの戦局を有利に導くためには、蒋介石政府の戦争からの脱落を防ぎ、100万の日本軍支那派遣軍を中国大陸に釘付けにさせ、日本軍が太平洋やインドで大規模な攻勢を行えないような状況を作ることが必要だった。蒋介石政府への軍事援助は、1941年3月以降は「レンドリース法」に基づいて行われるようになった。さらにアメリカは、志願兵という形を取って、クレア・リー・シェンノートが指揮する航空部隊「フライング・タイガース」をビルマへ進出させた。』

援蒋ルート・マップ

ensyo_s

だから、この頃から、物資の輸送のための陸路は、存在したんだよ。

ビルマ公路

昆明からビルマ国境までの区間は20万人の中国人労働者によって、1937年日中戦争時に建設され、1938年に完成した。この公路は第二次世界大戦において、イギリス日本との開戦以前に、中国へ軍事物資を輸送するための役割を持っていた。』

biruma_koro_koji_s

1937年7月が盧溝橋事件勃発による、日中戦争の開始だ。それと、このビルマ公路の工事の着工の先後が、どうなっていたのか…。

いずれにせよ、英米及び連合国側と蒋介石の国民党政府とは、息を合わせて日本を泥沼の日中戦争に嵌めていく算段済みだった、という話しだろう。

オレがいつも言っている、水面下の大きな流れに気付いて、素早く策を打たないと、手遅れになるって話しの典型だったんじゃなければ、いいんだが…。参謀本部は、こういう動きを掴んで、分析・解析していたのか…。

レド公路

『建設工事には、15000人のアメリカ陸軍兵士(その6割はアフリカ系アメリカ人)と35000人の現地人労働者が投入され、現地人労働者への報酬総額は1億5千万ドルに上った。工事中のアメリカ軍兵士の死者は1100人で、もっと多くの現地人が犠牲となった[5]。ビルマの大半は日本軍勢力下であったため、地形や地質、河川の特質など工事に必要な地理的情報は事前に満足に得られなかった。』

駆り出された黒人兵と中国兵

jiipu_kokki_s

ビルマ公路レド公路、写真(細くて、まっすぐなのが蒋介石が通した、ビルマ公路)

redo_koro_syasin_s

レド公路を行く、ジープの隊列

redo_koro_jiipu_tairetu_s

英側が作成した動画も、ここにある。

ビルマ公路・レド公路の動画 (※ 残念ながら、スクリプト・エラーになることもあるようだ。

URLを、貼っておく。 https://www.britannica.com/topic/Burma-Road/media/85526/144571 )

日本軍の作戦

biruma_sinko_ruto_s

なお、作戦は図上で示せば、上記のようなものだ。

しかし、その過程で兵隊がゴロゴロ死んでんだよ。検索してて、そういう写真がゴロゴロ挙がってて、見てられなかった…。

兵隊だけじゃない。巻き込まれた民間人も、ゴロゴロ死んでんだよ…。そういう写真も、ゴロゴロ挙がってた…。

オレが何が嫌だって、そういう戦争の裏で金儲けする奴だ。

人の尊厳を、何だと思ってんだ…。

しかし、オレらが平和に、安穏に、こうして暮らしてんのは、そういう尊い犠牲の上に成立してる話しだ。それを、忘れないように噛みしめないとな…。

中国がパイプラインを敷設する下地は、こういうところにもあるんだよ(ある意味、援蒋ルートの復活・活用だ。現に、そういう記事にも出くわした)。

今回は、中国・ミャンマーパイプラインを検索してるうちに、かつての大日本帝国のインドシナ半島方面での戦いに多くヒットする形になった。

まあ、それも良かろう。歴史的でき事は、決してそれ単独で成立してるのではなく、過去から連綿と続く話しの上に成り立ってるってことだ。だから、今目の前で起こっていることのみを見ていたんでは、その本当の意味を把握することは、できないんだよ。

オマケで、この当時のアジアの様子を確認しておこう。

rekkyo_ajia_sihai_nihon_s

それで、本来のパイプラインの話しに戻ろう。

まず、ミャンマーがエネルギー資源大国であることの確認から、始めよう。

ミャンマーの石油の推移からだ。

myanma_sekiyu_suii_s

1985年頃までは、生産が消費を上回ってたんで、輸出する余力もあったろうが、近年は豊かになって石油の消費量も増加してきたんで、とても輸出に回す余力は、無さそうだな…。

次は、ミャンマーのガスの生産と消費の推移。

myanma_gasu_suii_s

こっちは、凄いな。2000年頃から2005年頃にかけて、産出量がうなぎ登りだ。新しいガス田でも発見されたか、新技術でも導入したんだろう…。それに、中国が目をつけたって訳か…。

中国だけでなく、周辺の各国が競ってパイプラインを提案して、争奪戦になったようだ…。

myanma_paipu_teian_s

そういう競争に打ち勝って、中国が首尾よく落札したという訳だ。例によって、たっぷりオイシイ話しを語り、タンマリ賄賂もばら撒いたんだろう。

それで、まずミャンマーの地形を確認しておこう。

myama_tikeizu_s

チッタゴンからマンダレーまで通すのに、南北に山脈が走ってるから山越えしなければならないし、マンダレーから昆明まではひたすら山の中だ。インダス川流域のパキスタンよりも、大変そうだな…。

予定ルートは、こんな感じ…。ミャンマー産の原油は、期待できないんで、中東から運搬してパイプラインで流す…、という計画のようだ…。しかし、それでは米のチョークポイントを掻い潜れないんじゃないか…。

tyu_myanma_paipu_ruto3

気候も、確認しておこう。ヤンゴンの雨温図だ。

yangon_uon_s

熱帯モンスーン気候なんで、雨季と乾季がある。5月から9月は、雨季なんで、工事は難しい感じだな…。

しかも、月の平均気温が、常時30℃以上だ…。屋外での作業は、ツラそうだな…。

工事の様子だ。港湾付近の、設備のようだ…。

tyu_myanma_koji_kowan_tikaku_s

tyu_myanma_koji_umekomi_s

こっちは、ちゃんと埋めてるようだ…。迷彩服着てるのが、監視役の軍人か…。ブヨブヨで、鍛えが足りない感じだな…。

溶接してるのが、女性のようなのも、なんとも…。実際に作業してる人数が、三人らしいな…。どれぐらいのスピードで、捗るものやら…。掘って(5mくらいは、掘ってるようだな…)、ロープでパイプを降ろして、溶接するという手順か…。グルッと溶接するのに、どれくらいの時間がかかるんだ…。鋼管の下の方は、どうするんだ…。黒服の親父は、何やらロープを握ってるが、何してんだ…。

動かないようにでも、押さえる係か…。

tyu_myanma_koji_yamahada_s

山に差し掛かると、こんな感じ…。こんなに森林を伐採して、雨季に大丈夫なのか…。土砂災害が、起こりまくりのような気がするんだが…。

実際、今年(2018年)の7月に大洪水の被害が出てるぞ(『ミャンマー各地で洪水、10人死亡 5万4000人超避難』 http://www.afpbb.com/articles/-/3184190 )

中国-ミャンマー・パイプラインの評価

それで、肝心のこのパイプラインの評価だ。

まず、比較的中立なのが、次の論評だ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Sino-Myanmar_pipelines

英文のWikiなんで、機械翻訳にかけたさわりの部分を、貼っておく。

『ペトロチャイナは、2005年12月、ミャンマー政府と30年間に天然ガスを購入する契約を締結した。[1] この契約、ペトロチャイナの親会社に基づいて、中国石油天然気集団(CNPC)との契約2008年12月25日に署名した大宇インターナショナルはから天然ガスを購入するコンソーシアム-led
シュエガス田 A-1オフショアでのブロック。[2]

石油と天然ガスのパイプラインを建設する計画が2007年4月に中国の国家発展改革委員会によって承認された[3] 2008年11月に、中国とミャンマーは米国の$
1.5十億の石油パイプラインおよびUS $ 1.04十億の天然ガスパイプラインを建設することに合意しました。2009年3月、中国とミャンマーは天然ガスパイプラインを建設する契約を締結し、2009年6月には原油パイプラインを建設することで合意した。[4]
2009年10月31日にMaday Islandで建設開始の就任式が行われた。[5] [6]

2013年6月12日にミャンマーのガスパイプラインが完成し、2013年10月21日にガスが中国に流入し始めた。[7] [8] [9] 石油パイプラインは2014年8月に完成した[10]』

『この石油パイプラインは、年間1,200万トンの原油を生産する予定です。[15] 中国の原油輸入ルートを中東やアフリカから多様化し、マラッカ海峡を通る交通を避ける。[12]
[16] 石油貯蔵タンクはKyaukphyuの港の近くの島に建てられる。[17] 石油加工の場合、中国は重慶、四川、雲南で製油所を建設する。[18]

このガスパイプラインは、天然ガスを天然ガスから最大12 bcmの年間生産能力で中国に供給することを可能にする。[12] [19] パイプラインは、A-1およびA-3
Shwe油田から供給される。[20] 中国4月2013年にパイプラインを通ってビルマのシュエプロジェクトからの天然ガスの受信を開始するであろう[21]
シュエ、シュエ-Phyu、およびマイア領域A-1とA-3の推定ブロックは、127から218を保持します天然ガスの合計bcmは、Daewoo International
Corp.が率いるグループによって運営されている。[21] また、ミャンマー石油ガス会社、GAIL、韓国ガス株式会社も含まれている。』

「大宇インターナショナル」とか、「韓国ガス株式会社」とか、韓国も一枚噛んでるようだな…。中国の、韓国取り込み策の一環だろう…。

『パイプラインの総プロジェクトは25億ドルの費用がかかると予想されています。[17]

CNPCは、2014年7月にインド洋沿岸からアジア大陸に約20億立方メートルのガスが配管されたと発表し、ミャンマー・チャイナの天然ガスパイプラインの開設1周年を祝った。[22]

ミューズとラシオを結ぶ鉄道がプロジェクトの一部です。鉄道の長さは80マイルで、41の橋梁、36の地下トンネル、7つの駅があります。[23]』

総工費は、「25億ドル(※ 1ドル100円で、2500億円。)」の予定だ。鉄道プロジェクトも、含まれてるようだ…。それを、どう捻出するのか…。何の通貨建てなのか…。金利は、どれくらいなのか…、が気になるところだ。

次は、批判的な論調のもの。大紀元なんで、当然か…(※ スクリプト・エラー、出まくることもあるようだが、気にせずクリックし続ければ、表示されるようだ…)。

評価1』 )

『 この石油パイプラインは、雲南省昆明とミャンマー西部チャオピューを結ぶ全長約770キロメートルというもので、これが稼働すれば、中国は中東などから輸入する原油を、マラッカ海峡を経由せずに中国に運び入れることができるようになる。 中国国営メディアはこれを「中国の石油輸入戦略における四大ルートの1つ」と報じているが、ルート上に5000メートル級の山脈やメコン川、原生林などがあったうえ、ミャンマー側に年間1000万ドル(約10億8600万円)以上を支払わなければならないため、2009年に建設に着手したころは、専門家やエネルギー業界からコスト面などを懸念する声も挙がっていた。また、このルートからは石油を年間2200万トンしか供給できないことから、中国のエネルギー需要を満たすには焼け石に水との見方もあった。』

評価2

『 3月上旬、中国の「両会」(国会に相当)が開催されていた最中に、中国と国境を接するミャンマーのコ―カン自治区(漢民族が集住する中国語圏地域)でミャンマー政府軍とミャンマー民族民主同盟軍(以下、コ―カン同盟軍)との間で武力衝突が勃発。7000人の難民が中国雲南省南傘地域に逃げ込んだ。この戦闘ではミサイルが南傘鎮を「誤爆」して、民間人の死傷者を出した。

習政権はこの予期しなかった軍事衝突に怒り、コ―カン同盟軍に対して、自主的に停戦を宣言するよう直接要求した。さらに、コ―カン同盟軍が援助資金を受け取るために中国農業銀行に開いていた口座の1つを凍結。3月末にはコ―カン自治区にほど近い雲南省南傘地域に軍隊を集め、演習を行った。』

評価3

『 パキスタンは先月14日、インダス川上流のディアマーバシャダム(Diamer-Bhasha Dam)の建設に中国からの140億ドル(約1兆5755億円)の資金援助を拒否した。 同国水利電力省によると、中国側から既存のダムを担保に入れ、ディアマーバシャダムの所有権や運営、維持管理などは中国側に属するといった厳しい融資条件が出された。同省のムザミル・フセイン(Muzammil
Hussein)主席はこの条件がパキスタンの国益を損なったとして、受け入れられないとコメントした。

ネパールは同13日、「財務規則違反」や「入札数や競合社の不足」を理由とし、中国企業と合意した25億ドル(約2813億円)規模の水力発電所建設計画を中止した。ネパール当局は同26日、発電量1200メガワットの同事業を国営ネパール電力公社(NEA)に委託した。

さらに、ミャンマーでは中国主導で建設する同国北部の水力発電用巨大ダムは、総事業費36億ドル(約4050億円)に達し、発電電力の9割を中国に輸出する計画だった。2009年に着工し、2011年に前政権が国民の批判を受けて建設を中断した。中国側は積極的に建設再開を求めているが、進展は見られなかった。

近隣諸国が大規模なインフラ建設事業を中止した理由はそれぞれだった。しかし、中国からヨーロッパまで結ぶこの巨大経済圏構想の参加国らは中国から大規模インフラ建設の支援を受けるには、極めて高い対価を支払わざるを得ない、ということに気づき始めた。』

『 4日付き米ビジネス情報サイト「クオーツ(QUARTZ)」によると、北京大学HSBCビジネススクール(PHBS)の経済学教授クリストファー・バリング(Christopher
Balding)氏は同紙の取材に対し「一帯一路に参加した国々は最初、中国の投資に非常に興奮していた。しかし、今は明らかに変化が生じた。スリランカやメキシコの建設事業において中国はどのように行動していたかを目にしたからだ」と話した。

スリランカ政府は2016年、債務軽減と引き換えに、中国にハンバントタ港の99年間の運営権を与えることで合意した。

また、中国は2015年、高速鉄道の建設契約が落札から数日後に取り消されたことで、メキシコ政府に6億ドル(約675億円)の損害賠償を求めた。』

だんだん、中国の化けの皮がはがれつつある…、ってことだ。

そういう「債務の罠」的な話しだけでは、ない。

中国は、米欧日なんかの側が援助をためらうような、強権的・軍事独裁的な国家にも、エネルギー資源や鉱物資源獲得の利益のためには、ためらわず接近し、援助を申し出る。しかし、それらの国においては、内部に民族対立・部族対立なんかを抱えていることが、多々あるんだよ。

中国自身が、ウイグル民族(中央アジアルートのパイプラインの重要な結節点だ)、チベット民族(ミャンマー・ルートのすぐお隣だ。かつ、重要な水資源地でもある)なんかとの、民族紛争を抱えている。特に、ウイグル自治区は、中央アジアルートとロシアルートの結節点なんで、何としても確保しなければならない…。それで、ウイグル族の妊娠可能な女子を漢族が多く暮らす地区に強制移住させる…、なんてな強引な手を使ってまで、平定を図っているんだよ。

パキスタンで確保したかに見えるグワダル港があるバロチスタン州も、中央政府に対して分離独立運動が盛んな地区だ。

それで、派遣されている中国人達は、襲われたりしかねないんで、租界みたいなところに籠もって出歩けない、って話しだ。

こんな風に、オレから見たら、八方隙だらけで、綻びが見えまくりなんだが、一応、習近平(及び、その参謀)の眼には、「我れ、四面来油の策成れり! これで、アメリカのチョークポイントの軛(くびき)から逃れたり! あとは、ペトロ・ダラーを弱めるだけなり!」ってんで、人民元建て原油先物市場の開設(密かに、金や金鉱山の利権、も買い集めてた、って話しだ)に動いたってことなのか…。

しかし、結果は、アメの全面的な反撃に遭って、ひたすらトランプの中間選挙での敗北待ち、という状況なのは、ご存じの通りだ…。

中国の四面来油の策(その1)

tyugoku_yonmen_raiyu_s

それで、中国がマラッカ海峡封鎖の事態に対抗する策が、「四面来油」戦略だ。

すなわち、ロシア方面、中央アジア方面、パキスタン方面、ミャンマー方面の四方面から、陸路にパイプラインを敷設してエネルギー資源(石油・ガス)を運搬するという戦略だ。

まず、ロシア方面から見ておこう。年代が入ってないんで、完成したのかどうかまでは、分からない。

しかし、こういう構想の下、敷設しようとしてるのが見て取れれば、充分だ。

※ 年号が入ってる図を見つけたんで、貼っておく。2016年には、ほぼ完成する見通しだったようだな…。

tyu_ro_paipu_s

中国の昨年(※ 2012年)の石油消費量は、1日当たり975万8000バレルとなった。

 中国国家情報センターのエネルギー問題専門家、牛犁(ニウ・リー)氏は「先進国の人口は約10億人で、100年間をかけ世界の60%のエネルギーを使用し工業化を実現した。現在、発展途上国の人口はより多く、各国が工業化を目指している。今後エネルギー価格の高騰が必然的であり、中国の受ける影響が特に深刻だ。中国国内の石油供給を確保するため、中国国内の石油会社による海外との提携を推進すると同時に、経済構造のモデルチェンジとアップグレードも必要となる。また、適度な価格調整により資源を合理的に配分し、節約に努めるべきだ」と指摘した。』とか言ってるが、説得力は全く無いな。そういう話しを、世界が黙って受け入れるのか…、ってことだ。

中国は、石油ガブ飲み国家になってしまっている…。そして、石油を死に物狂いで掻き集めにかかっている…。そうして、周辺国家と様々な摩擦を引き起こしてる…、という話しだ。中国の平和的台頭なんてのは、嘘っぱちもいいとこだ

次は、中央アジア方面

tyugoku_gasu_paipurain_2_s
中央アジアのトルクメニスタンから、ウイグル自治区のウルムチまで運ぼうという構想だ。これも、完成済みなのかどうかまでは、この図からは分からんな。

次は、いよいよインド洋に面している二港からの輸送ルートだ。

tyutoku_rikuro_indoyo_3ko_s

まず、グワダル港からのパキスタン・ルート

初めに、地形図を見ておこう。

pakisutan_tizu

インダス川流域にできた国家なんで、パキスタン国内は平地で、敷設工事も容易いと言える。

しかし、中国との国境付近は、山地(山越え)なんで、難工事が予想される。

衛星写真も、見ておこう。

pakisutan_eisei_s

ルートは、こんな感じ。

tyu_pa_tetudo_ruto_s

「鉄道」とあるのは、これは単なる「パイプライン」の敷設工事ではなく、「中パ経済回廊」(CPEC)と称される一大プロジェクトだからだ。

「港湾」も整備するし、「高速道路」も建設するし、「発電所」も建設するし、「高層ビル」も建設する…、っていうものだ。

工事の写真を、見ておこう。

tyu_pa_kairo_kowan_s
港湾工事のようだ…。

tyu_pa_kairo_kowan2_s
同じく、港湾近くの工事…。

tyu_pa_kairo_tonneru_s
トンネル工事も、やってるようだ…。

tyu_pa_kairo_koka_s
何かの高架工事のようだ。高さの割に、細いんで、危なっかしいな…。地震なんか、大丈夫なのか…。

tyu_pa_kairo_doro_koji_s
お得意の道路工事のようだ。いよいよ、山越えか…。

tyu_pa_kairo_hatudensyo_s
発電所の、建設計画だ。Coal mining/power plantが、「火力発電所」(6カ所)。Hydroが、「水力発電所」(2カ所)。Solarが、「太陽光発電」(1カ所)。Windが、「風力発電所」(2カ所)のことだろう。

火力発電所なんか、6個も建設する計画だ…。資金は、大丈夫なのか…。

tyu_pa_kairo_taiyoko_paneru_koji_s
太陽光パネルの設置工事のようだ…。ヘルメットも被らず、サンダル履きで、しかもヒラヒラした衣服で、作業着も着ないでやっている…。明らかに、そこら辺のパキスタンの役人にやらせた、中国国内メディア向けのヤラセ写真臭いな…。

tyu_pa_kairo_kosobiru_s
高層ビルも建ててるようだ…。場所がどこかまでは、分からない…。

こういうパキスタン国内のインフラ(箱物)建設だけでなく、中国側からは軍事的な支援も提供されている。パキスタン軍の訓練の請け負い、武器の提供、果ては空軍の訓練や航空機の提供まで行っているようだ…。

そういう風な、総合的な支援なんだよ。

まあ、パキスタンとすれば、国内に中国へのエネルギー資源を運搬するパイプラインを通したところで、通過料を取るくらいのもんで、財政的にそれほどメリットのある話しじゃない…。

逆に、中国からすれば、マラッカ封鎖に備える国の死活の問題だ…。どんな犠牲を払ってでも、通したいところだろう…。

それで、軍事支援のようすを示す写真を、貼っておく…。

tyu_pa_kairo_gunnji1_s

tyu_pa_kairo_kugun_s

こんな風にグワダル港からのパキスタン・ルートでエネルギー資源を確保すべく、中国としてはパキスタンの国を丸ごと飲み込むような総合的な支援を行ってる訳だよ。

それで、投下した資本が徐々にでもうまいこと回収されれば、メデタシメデタシなんだが、そうもいかないようだ…。

http://www.ide.go.jp/library/Japanese/Publish/Download/PolicyBrief/Ajiken/pdf/114.pdf

ここら辺に、その分析の一つが載っている。さわりを抜粋しておく。

『最も懸念されるのが、debt-trap diplomacy とも呼ばれる債務の罠に陥る危険性である。CPEC の融資の不透明さは以前より指摘されており、外部専門家による客観的な分析を困難なものとしている。

CPEC は、中国政府からの融資、無償援助、そして官民連携による民間投資等から構成されているが、パキスタンの対外債務増加による返済負担増は必至である。

債務返済能力の低さ故に、パキスタンはこれまでに幾度となく債務危機を迎え、IMF による救済が行われてきた過去がある。

実際に著者が2013 年に行ったインタビューでパキスタン経済省高官は、「中国の融資の金利は高い」と漏らしており、借金の返済困難からスリランカのようなケース(※
ハンバントタ港の運営会社株式の99年間のリース契約など)が起こりうる可能性が危惧される。』

それで、パキスタンのそもそもの貿易構造なんかについて、ちょっと調べてみた。

基礎的なデータについては、ここら辺にある。

http://ecodb.net/country/PK/trade/

大ざっぱに言えば、輸出できる品目が、綿花・綿製品、皮革製品くらいしかなく、エネルギー資源(石油、ガスなど)や化学製品、機械製品なんかは内製できずに輸入に頼り、恒常的に貿易赤字(経常収支の赤字)に陥ってる…、ということのようだ。

最近の経常収支の推移と、経常収支(対GDP比)の推移を貼っておく。

pakisutan_keijyo_suii_s

2008年の急激な落ち込みは、リーマン・ショックのせいだろう(その前の、2004年頃から徐々に落ち込み始めているのは、気になるところだが…)。

それが、2010年頃に、やっとプラスマイナス0付近まで回復したが、近年また落ち込んでいる…。ダダ下がり傾向なのが、気になるところだ…。

経常収支(対GDP比)のほうも、見ておこう。

pakisutan_keijyo_taigdp_suii_s

前に言ったように、GDPってのは、一国の国民が生み出す付加価値の総体を示す一指標だから、経常収支がそれを下回るってことは、生み出してる付加価値以上に貿易と資本の収支の赤字が増えてるってことだ。

つまり、それだけ債務の返済が困難になってるってことになる…。こっちも、2016年、2017年、2018年と悪化してきてるのが気になる(破線になってるのは、発表するのを止めたか、集計中ってことだろう)。

それで、パキスタン政府の採った策の一つが、これだ。

『【パキスタン】中央銀行が貿易決済通貨に人民元を公式採用』

https://www.cnn.co.jp/business/35112825.html

つまり、ドルやユーロの基軸通貨は、もはや自力では調達できないから、そういう通貨で貿易決済するのは、もうあきらめました…。今後は、「人民元」でのみ支払うことに致します、って話しだ。

こうなると、アメリカやEU(もちろん、日本も)は、パキスタンに輸出することをためらう(人民元もらって、どうすんだ? 前にも言ったように、せいぜい安物の雑貨・化学肥料まみれの農産物・中国人労働者への賃金くらいしか、使い道はないぞ)。ますます、中国経済に飲み込まれる、って話しだ。

それと、オレが気になるのは、このパイプライン計画が、災害への備えをあまり考えていない節がある点だ…。

パキスタンって、災害の少ない国なのか…。大体、敷設してるパイプラインなんて、地表に剥き出しで、日本人から見れば、ただ置いてあるだけに等しいように見えるぞ。

こんな感じだ。

tyu_pa_kairou_paipurain_s

爆撃されたら、イチコロだ。国家の命運が掛かってるにしては、お粗末だ…。

パキスタンは、インダス川流域の国だから地震は起きないようだが、中国との国境地帯は山地だ。地震だって起きるだろう。ネパール大地震の記憶は新しいし、日本においても日高山脈付近で震度7の地震が起きた。山地ってのは、地中の地殻活動が地表に及ぼしたヒダやシワみたいなものだから、その近辺では必ず地震が起きると見ておいたほうがいい。そういう配慮がなされ、対策が打たれているのか…。上記で見た、高架工事なんか見ると、そういうことが考えられているようには、見えんな…。

実際、2010年には大洪水が起こって、相当な被害が出たようだ…。

tyu_pa_kairo_kozui_higai_s

インダス川が氾濫して、流域一帯に大洪水が起こったんだろう。

そうなると、上記パイプラインが乗っかってる下の土が流出したりしないのか…。あちこちでそういうことが生じれば、どう補修するのか…。パキスタン側でやるのか、中国人民解放軍でも送りこむのか…。

それから、ここいら辺では、山火事災害が発生するらしい…。

tyu_pa_kairo_yamakaji_s

山火事での炎に覆われても、パイプラインは大丈夫なのか…。

2018年4月30日の日付が入ってるがな…。

まあまあ、着想は分かるが、前途多難だな…、ってのが率直な感想だ。

中国は、これに620億ドル(1ドル100円で計算して、6兆2000億円くらい)もつぎ込んでる。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/18/content_40641971.htm

果たして、回収できるのやら…。

またどっかの領土の運営権を、抵当(かた)に取り上げるのやら…。

いずれ、行く末に注目だ…。

それと、パキスタンが中国に傾斜する危険性を重々承知の上で、中国との関係強化に舵を切ってるには、訳がある。

それは、インドとの軍事的な対立だ。

国家の存続におけるプライオリティーは、安全保障>軍事>経済活動>文化活動…の順だ。

パキスタンは、インドから激しく圧迫されている。

まず、人口がパキスタンが1億8千万に対し、インドが13億だ。

それから、宗教がパキスタンがイスラムに対し、インドがヒンドゥーだ。

ことごとく、対立してるんだよ。

indo_syuhen_funso

ちなみに、インドもパキスタンも、核保有国だ(ここら辺でも、見とけ。https://ja.wikipedia.org/wiki/核保有国の一覧 )

こういう、物騒なものも、パキスタン国内にはある…。

pakisutan_kaku_kanren_sisetu_s

だから、国と国どうしの協力は、どうしても軍事絡みにならざるを得ない…。どんなに、「経済協力」を唄っていてもだ…。

港湾の使用権を認めるということは、軍艦の寄港・いざという時の配備を認めるってことだ…。

そうなると、他国はそのことを前提に、自国の安全保障策を構築せざるを得なくなるんだよ…。

「平和が好き。戦争には、反対です。イージス・アショアは要りません。」(共産党○支部前の看板)とか言ってみたところで、何の役にも立たないんだよ。「お前ら、現実を見ろよ。北朝鮮のミサイルが飛んできたら、どーすんだ?
中共のミサイルが飛んできたら、どーすんだ? (ロシアも、北方領土にミサイル配備をするらしいぞ)」って話しだ。できる限りのことをやって、少しでも抑止力を高め、敵の攻撃への防御力を高め、子や孫の生き残りを図って行くって話しだろ?
そういう極々当たり前の議論が、なされないのは、どーなってんだ?

tyu_pa_kairo_kansen

中パ経済回廊で検索してヒットした画像だ。おそらくグワダル港に停泊する、どっかの国(パキスタン海軍か、と思うがな)の軍艦だ。ミサイル巡洋艦とか、ヘリ搭載型の駆逐艦とか、潜水艦とかが見受けられる。

こういうものを繰り出して、米の「空母打撃軍」を脅かそうという策だろう。

それをまた、米の軍事偵察衛星なんか(あるいは、民間の衛星か)が、撮影したものだろう…。

こういう風に、平時から、おさおさ情報収集に抜かりはないように、熾烈な争いを繰り広げているんだよ。

中国のエネルギー資源の考察

tyugoku_si-rein_tyokupointo_s

まず上記の図を見て欲しいのだが、中国が中東から石油を運搬しようとすれば、必ずや米国が管理する(影響力を持つ)チョークポイントを通過する必要がある、ということになっている。

しかし、中国ってそんなに石油の輸入依存度が高い国だっけ? ターチン油田とかあって、自前の油田がけっこうあるような印象を持ってたがな…。

それで、調べてみたんだが、なかなかストレートには情報が出てこない感じだった。

これが日本なら、「日本の国別原油輸入先」みたいなものが円グラフつきですぐにヒットするんだが、中国の場合はそうはいかないようだった。

それで、公表されてる情報から間接的に推測するという手法を取った(まあ、「インテリジェンス」の一種ですな)。

その際の「切り口」は、「エネルギー」だ。

「エネルギー」に関しては、なぜか結構な量の情報が出てくるようだった。条約でも締結して、情報交換の義務を負わせてでもいるんだろう。

まず、一人あたり電力消費量だ。
syuyokoku_hitori_atari_enerugi_syohiryo_s

国別では、世界の消費割合の4分の1を占めてるが、一人当たりだと日本の半分くらいだ。沿岸部と内陸部の格差が酷いから、内陸部だともっと差が広がるだろう。

次は、一次エネルギーの構成だ。どういう熱源からエネルギーを取り出しているのかという話しだ。

syuyokoku_1jienerugi_kosei_s
2016年のデータだが、その6割石炭から得ている。石油・ガスからは、25%くらいだ。

まあ、これじゃあPM2.5とかで、大気汚染も生じるわな…。

AIIBがうまくいかない理由の一つに、世界の金融関係者が北京に住むことに二の足を踏むことも数えられている。中華系の米国大使が任期途中で逃げ出したことも、記憶に新しい…。

次は、肝心の輸入依存度。まだ2割くらいだが、じんわり増えているのが注目点だ。日本の依存度が高いのは、昔からで、今にはじまったことじゃない…。
syuyokoku_enerugi_yunyu_izondo_s

恐ろしいのは、次のグラフだ。

一人当たりエネルギー消費量の推移の予測…。

sekaino_hitori_atari_enerugi_syohiryo_s

2030年から2035年で、中国の数字は24%で増加していないが、世界全体では5年間6%くらいの増加率だ。

年々1.2%くらい増加して行くって話しだ。10年で12%、20年で24%、30年(一世代)で36%増加するって話しだ。

自国の増加率をいくら抑えても、世界全体では増加するんで、エネルギー資源の争奪戦になる、って話しだ。

しかも、恐ろしい話しはまだ続くぞ。

世界の石炭産出量の推移の予測だ(石炭と言ってるが、エネルギーの石炭換算の話しかもしれないんで、そこは含んで見てくれ)。

sekaino_kano_sekitan_sansyuturyo_s

2020年頃がピークで、後はダダ下がりになるという予測だ。

一方、電力なんかの消費量は、年々増加して行く訳だ…。

大気汚染の観点からは、石炭の使用を止めて、石油・ガスに転換していく必要があるが、それを賄うには国内生産だけでは、到底追いつかない…。輸入に頼る他ない…。

しかし、主要なチョークポイントは、全て米に押さえられている…、って話しだ。

お前が中国の指導者だったら、どうする?

幸い、隣国にはロシアがある。パイプラインを敷設して、ガスを供給してもらう手が、あるにはある…。

実際、やってるようだ。

しかし、パイプラインだと固定施設だから、ずっと依存することになって、供給してもらったり・止めたりと状況の変化に対応するのが難しいんだよ。

それから、代金の支払いの問題がある。

中国は、どの通貨で輸入代金を支払うんだ? 人民元を、ロシアは際限なく受け取ってくれるのか? 受け取ったとして、どう使うんだ? せいぜい、中国の安物の雑貨や、化学肥料まみれの食料か、中国人労働者の賃金くらいのモンだろう。

最後のものは、実はロシアが最も警戒してることだ。シベリアは広大だが、人口密度が低いから、中国人が押し寄せてきたら乗っ取られかねないんだよ。

だから、トランプ政権は、中国がもっとも恐れるタイミング中国叩きをしかけてきた、とも評価できる。

そういう知恵を付けた軍師が、いるんだろう…。

実際、そういう風な分析もある。

エネルギーの観点からは、四面楚歌だな…、としか言いようがないな…。

中国のシーレーン確保の策

まず、中東からの石油中国へと運搬する時のシーレーンと、チョークポイントをもう一度確認しておこう。tyugoku_si-rein_tyokupointo_s

次に、南シナ海へと向かうシーレーンのチョークポイントたる、マラッカ海峡・ロンボク海峡スンダ海峡(赤い矢印)と、その周辺の要衝地の配置を見ておこう。

marakka_sunda_syuhen_yosyoti_s_timei

ここに中国経営権を握った港湾の図を表示して、検討してみよう。

tyugoku_keieiken_nigitta_kowan

2 → ジブチ港 (ジブチ共和国)
3 → ハンバントタ港 (スリランカ)
4 → ハリファ港 (UAE)
5 → グワダル港 (パキスタン)
6 → ダーウィン港 (オーストラリア)
8 → チャオピュー地区 (ミャンマー)

まあ、必死でシーレーン周辺の要衝地を確保しようとしてる意図は窺えるよな。
しかし、どれも寄港地と言った感じだ。
肝心の海峡は、他国の領土なんで、完全にコントロールするってのは難しかろう。

ここで、この海域の各国(特に、米中の)軍事拠点の配置を見ておこう
si-rein_syuhen_beityu_gunjikyoten_s
マラッカ海峡封鎖の観点からは、シンガポール米軍使用基地を置かれたのが、痛かった。
協定をむすんだのは、1990年のことで、最近の話しのようだ。

この解説あたりを、見ておこう。 シンガポールの米軍基地

ディエゴガルシアは、名前はたびたび聞いていたが、実際の位置は、知らんかった。
Wikiを、貼っておく。 diego_garusia_to

『宗主国のイギリス政府によって、島全体がアメリカ合衆国に貸与されており、同国の海軍基地がある。
インド洋にあるアメリカ軍最大の拠点であり、湾岸戦争やアフガニスタン攻撃、イラク戦争の際に、B-52戦略爆撃機、B-2ステルス爆撃機などがここより出撃した。アメリカの軍事戦略上の要衝である。』、ということだ。

衛星写真で見ると、キレイな環礁のようだがな…。中国の南シナ海の埋め立ては、これのマネッコということか…。
diego_garusia_s

米軍に対抗するものとして名高い、中国の「真珠の首飾り」だが、米国の拠点にすっかり取り囲まれてる感じだな…。
tyugoku_beikoku_kubikazari_s
しかも、これにインド軍が変数として加わる…。中印は、領土紛争を抱えているから、インド軍が中国側に立つってことは、難しかろう…。インド自身も13億の人口を抱え、エネルギー問題に対処していかないとならない立場だ…。少なくとも、中立か、あるいは中東からの石油のためには、米側に立つ可能性が高いんじゃないか…。中国側に立っても、エネルギー資源はもらえそうにないからな…。

ということで、シーレーンに関する限り、米国支配を打ち破って中東から石油を運搬することは、相当難しそうだ…。
そこで、中国の策としては、「ランド・パワー」炸裂だ!!
パイプラインで、周辺からガスやオイルを輸送するという策だ。
これを、次に検討する。

ヒデー話しが、暴露されてんぞ…

『中国、マイクロチップ使ってアマゾンやアップルにハッキング』
ブルームバーグの記事へ

アイツら、こうやって国家機密やら、企業機密やら、盗みまくってる訳だ…。
全く、自分じゃ何一つ作り出せんのかね…。
去年の8月24日に、『イージス艦は、ハッキングされている?』というメー
ルを送った。その原因は、もしやコレかもな…。今年の3月8日に、旧ソ連への
「冷戦」や「COCOM」の話しのメールを送っているが、中国とも段々そんな
方向になってきた感じだな…。

マイクロチップの画像、添付するんで、その小ささに驚け。
ちなみに、記事に出てくる「Supermicro社」って、サーバー用マザボでは、シ
ェア1位の会社だ。
サーバー用では、複数のCPUを挿すのが通常だ(Xeonは、2個挿しで使うの
が、標準仕様)。それで、通常のマザボとは、また設計が違ってくるんで、一般
用のマザボ・メーカーとは、棲み分けてる。
Xeon2個挿し(2個で、CPUだけで、35万以上する)のマイPCとか、自作
屋の夢だ。
ただし、発熱もひどいんで、冷却が大変なんだよ…。
水冷にすると、冷却液体を循環させるポンプ音が、結構ウルサいらしい…。
空冷だと、騒音がヒドイらしい…。
そこで、いつも現実に引き戻されるんだよね…。
ただし、年に何回か、そういう現実的な話しを忘れてしまって、発作的に「C
PU2個挿し」のマザボを、検索してしまうんだよ…。こないだ(3、4日前)
も、検索してしまった…。Supermicro製のマザボも、大分見た…。スペック、真
剣に検討した…。それで、現実に引き戻された…。
まあ、そういうことを繰り返してる訳だ…(まあ、病気の一種だ)。

『中国がかわしたい米国の“海峡封鎖”』   (その2)

https://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150604/283893/?P=2

 引き続き、記述を傾聴しよう。

 『このような「内海化」のもう一つの側面として重要になるのが、海上交通路(SLOCs:スロックスと読む)とチョークポイント(choke points)の確保である。
 英国がシーパワーとして世界の海を管理できたのは、この海上交通路やチョークポイントにおいて覇権を握っていたことが大きい。日本も日露戦争でこの恩恵を受けた。ロシアのバルチック艦隊が日本に向かうのを、スエズ運河のようなチョークポイントや海上交通路で英国が妨害をしてくれたおかげで、日本海海戦(1905年)に快勝することができた。
 米国も同様に、海上交通路やチョークポイントの確保に熱心だ。前述した米西戦争が起きた原因の一端は、カリブ海の海上交通路の確保にあった。米国は1914年、フランスが着工していた工事を譲り受けて、チョークポイントの典型であるパナマ運河を完成させている(ちなみにマハンはこの年に亡くなった)。
 後に2つの世界大戦に参戦した米国は、まさに英国の海上交通路とチョークポイントを引き継ぐことで世界覇権を握ったことを忘れてはならない。
 現在の主な海上交通路とチョークポイントは、米国が管理しており、それには当然ながらこの南シナ海も含まれる。ヒラリー・クリントン前国務長官が2010年のASEAN地域会合で「米国は航行の自由を守る」と宣言したのは、世界最大のシーパワー国家として、海上交通路(とチョークポイント)の覇権を確保する覚悟の表れであったと言える。』

  ポイントは、以下のようなことだ。
1、7つの海を支配した英国は、チョークポイントを支配したことで覇権を握った。
2、その覇権を継いだ米国は、英国のチョークポイント支配を受け継いだ。
3、そして、現在も主なチョークポイントは、米国が管理している。
4、中国としては、米国の覇権に挑戦するためには、このチョークポイントの管理・支配に挑戦せざるを得ない、という話しになる。

 世界の代表的なチョークポイントは、以下のようなものだ。

世界のチョークポイント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88#代表的なチョークポイント

スエズ運河
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%82%BA%E9%81%8B%E6%B2%B3
スエズ運河

パナマ運河
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E9%81%8B%E6%B2%B3
パナマ運河、位置

パナマ運河

バシー海峡
https://maps.weblio.jp/content/%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%BC%E6%B5%B7%E5%B3%A1
バシー海峡

マラッカ海峡
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E6%B5%B7%E5%B3%A1#/media/File:Map_of_the_Strait_of_Malacca-de.jpg
マラッカ海峡

ホルムズ海峡
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%BA%E6%B5%B7%E5%B3%A1#/media/File:Strait_of_Hormuz.jpg
ホルムズ海峡

バブエルマンデブ海峡
https://www.bing.com/search?q=%e3%83%90%e3%83%96%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%96%e6%b5%b7%e5%b3%a1&qs=SC&pq=%e3%83%90%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%96%e6%b5%b7%e5%b3%a1&sc=5-12&cvid=28033EFF52A544179C64B127811E3D3F&FORM=QBLH&sp=1
バブエルマンデブ海峡○あり

 ここで重要なのは、「米国の管理」と言うが、別にその地点が米国の領土になっている訳ではない、という点だ。それぞれの地点は、それぞれ各国の領土となっている。
 だからこそ、それらの地点が領土となっている国、さらにはその周辺国への影響力が重要になってくる、と言う話しになる。
 スエズ運河におけるエジプト、イスラエル(さらには、その隣接国のレバノン、シリア、ヨルダン、サウジアラビアなんか)への影響力が重要だ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/イスラエル
イスラエルの周辺国
 
パナマにおける中南米の周辺国…。
パナマと周辺国

 バシー海峡における台湾、フィリピンとの関係…。逆に、中国とすれば、台湾を取らない限り、ここを封鎖される危険性がついて回るという話になる…。それで、必死でドゥテルテを取り込んだり、南沙を軍事拠点化したりしてる訳だ…。
 マラッカ海峡におけるインドネシア、マレーシア、シンガポールとの関係…。
 それで日本もせっせと「海上保安政策過程」なんかやってる訳だよ…。(海上保安政策過程
 ホルムズ海峡におけるオマーン、アラブ首長国連邦との関係…。しかし、ここは対岸に「イラン」が控えている。中東の石油を好きなように運搬したい勢力からは、目の上のたんこぶだろうな…、って話しだ。
 バブエルマンデブ海峡においては、ジブチ共和国とイエメンだ。さらには、周辺国であるスーダン、エリトリア、エチオピア、ソマリア、南スーダンへの影響力と治安の確保が重要になる…。

 そういう視点で眺めると、今まで見えていなかったものが見えてくるし、いろんな事の繋がりも見えてくる、って話しだよ…。