タイガー・ウッズ選手が自動車横転事故 足を負傷

※ 似ていると言えば、似ているな…。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN235MV0T20C21A2000000/

『【ニューヨーク=大島有美子】米男子ゴルフのタイガー・ウッズ氏(45)が23日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで自動車事故を起こして負傷し、病院に運ばれたことが分かった。ロサンゼルス郡の当局が発表した。当局や米メディアによると両足を複雑骨折し、病院で手術を受けた。ウッズ氏は救助された際に意識があり、命に関わるけがではないという。

当局によると、米西部時間23日の午前7時すぎ(日本時間24日午前0時すぎ)に近隣住民からの通報を受け、事故現場に到着した。ウッズ氏は一人でロサンゼルスの丘陵地帯を運転していたが、何らかの理由で道路の中央分離帯を乗り越えて縁石に乗り上げたとみられ、車は道路からそれて横転し大きく損傷した。スピードを出しすぎていたとの見方がある。救急隊員や消防士らによって車から救出され、病院に搬送された。意識があり、落ち着いて自分の名前を述べたという。

2020年のマスターズでプレーするタイガー・ウッズ氏=ロイター

ウッズ氏のエージェントはゴルフ専門誌「ゴルフ・ダイジェスト」に対し「足に多数のけがをした。手術を受けている。皆さんの応援に感謝する」と説明した。ウッズ氏の運転していた車以外で事故に巻き込まれた車や人はないという。

ウッズ氏は1996年からプロに転向し、米男子ゴルフ競技「PGAツアー」で歴代最多記録タイとなる82勝を獲得している。2010年代には腰のけがや手術に悩まされ、記録更新は絶望的とみなされていた時期があった。19年4月にはメジャー、マスターズ・トーナメントを14年ぶりに制して全米の話題を呼んだ。マスターズの優勝は5回目で、メジャーでは15勝を獲得している。

ウッズ氏は19年10月に日本初開催のPGAツアーとなるZOZOチャンピオンシップに参加して優勝。同勝利がPGAツアー82勝目となった。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

山本康正のアバター
山本康正
DNX Ventures インダストリーパートナー
コメントメニュー

別の視点 ゴルフをする人として、もともとの天才的かつ迫力のあるショットのタイガーウッズには魅了されたものですが、最近ではスキャンダルの後のスランプを乗り越えた、復活の兆候があったところでのこの事故は衝撃的でした。巻き込まれ事故ではなく、スピードを出しすぎていたとのことで、早く自動運転の時代になって、こういった事故が減って欲しいと切に願います。
2021年2月24日 14:39いいね
3

菅野幹雄のアバター
菅野幹雄
日本経済新聞社 ワシントン支局長・本社コメンテーター
コメントメニュー

ひとこと解説 ワシントン時間の午後、米ニュース各局の映像が一斉にカリフォルニア州の事故現場に切り替わり、何時間もウッズ選手の容体や事故の状況を報じ続けています。足に重傷を負ったものの命には別条ないようで、不幸中の幸いでした。
2009年にフロリダ州の自宅近くで不可解な自動車事故を起こしたウッズ氏。その後にスキャンダルやスランプに長らく悩みながら、2019年にマスターズで劇的な復活優勝を果たしたのは記憶に新しいところです。いまは順調な回復を祈るばかりです。
2021年2月24日 8:20いいね
25

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

コンゴでイタリア大使殺害 PKO同行中

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM22BJV0S1A220C2000000/

『【ナイロビ=共同】コンゴ(旧ザイール)東部で22日、国連平和維持活動(PKO)の輸送部隊が武装勢力の攻撃を受け、同行していたイタリアのアッタナシオ駐コンゴ大使ら複数が殺害された。ロイター通信などが伝えた。

武装勢力は誘拐目的で輸送部隊を襲撃したとみられる。アッタナシオ氏は搬送先の病院で死亡したという。

鉱物資源が豊富なコンゴ東部では、多数の武装勢力による戦闘がやまず、治安の不安定な状態が続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

伊大使、殺害される コンゴ東部視察で移動中
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022300191&g=int

パラグアイ軍機墜落、7人死亡

『【サンパウロ時事】南米パラグアイの首都アスンシオン郊外の国際空港に隣接する軍敷地内に9日、8人乗りの空軍機が墜落し、7人が死亡、1人が負傷した。墜落原因は不明。地元紙によると、死者のうち6人は軍人で1人が公務員。負傷者は民間人だった。

逃げたワニ7頭、商業地区で捕獲 パラグアイ

 墜落機はセスナ402。パラグアイ北部にある空軍基地を訪れた後、国際空港に帰着するところだった。墜落寸前までの交信に異常はなかったという。』

消息不明のインドネシア機、墜落と断定 機体の一部回収

インドネシアで旅客機が消息たつ 乗客・乗員62人搭乗か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0944Q0Z00C21A1000000

『【ジャカルタ=地曳航也】インドネシア運輸省は同国スリウィジャヤ航空SJ182便が9日午後、離陸直後に消息をたったと発表した。ジャカルタを出発しボルネオ(カリマンタン)島西部のポンティアナックに向かう途中で、インドネシア西部時間の午後2時40分を最後に連絡が取れなくなった。乗客・乗員62人が搭乗していたとの情報がある。

地元メディアはジャカルタの沖合の海上で漁師がなんらかの破片を引き揚げた映像を流している。当局は同機のものか確認を急いでいる。在インドネシア日本大使館は9日夜時点で同機に日本人が搭乗していたとの情報を確認していない。

航空機の航路を追跡する「フライトレーダー24」によると、同機はボーイング737-524で、午後2時36分にジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港を離陸した。スリウィジャヤ航空は同国3位で主に国内線を運航する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

消息不明のインドネシア機、墜落と断定 機体の一部回収
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1015O0Q1A110C2000000

『【ジャカルタ=地曳航也】インドネシア当局は10日午前、消息をたっていたインドネシアのスリウィジャヤ航空SJ182便が墜落したと断定した。ハディ国軍司令官は首都ジャカルタ沖の海上で飛行機の機体の一部を回収したことを明らかにし「同機が墜落した地点だと確信している」と述べた。

ジョコ大統領も10日午前の声明で同機が墜落したとの見方を示し「この悲劇に哀悼の意を示す」と語った。運輸省と国家捜索救助庁に国軍や警察と連携して捜索・救助活動に全力を尽くすよう指示した。当局は海中から遺体の一部を収容したほか、飛行データを記録したブラックボックスの場所を特定した。

同機は9日午後2時40分、ジャカルタ近郊のスカルノ・ハッタ国際空港を離陸した直後に消息をたった。ボルネオ(カリマンタン)島西部のポンティアナックに向かう途中で、乗客・乗員62人が乗っていた。在インドネシア日本大使館によると、日本人は搭乗していなかった。

運輸省の説明では、墜落した機体はボーイング737-500で1994年に製造された。大雨で出発が遅れたという。航空機の航路を追跡する「フライトレーダー24」によると、同機は9日午後2時36分に離陸後、3000メートルを超える高度から急降下し1分以内に墜落したとみられる。

スリウィジャヤ航空はインドネシアで3位の規模で主に国内線を運航している。同国では2018年10月、格安航空会社のライオン航空が乗客・乗員189人を乗せジャカルタ沖で墜落する事故を起こした。

事故機を製造したボーイングは9日、「(事故について)メディア報道で認識している」としたうえで、「航空会社の顧客と連絡を取り、困難な時期に支援する準備ができている」との声明を発表した。事故原因などについては触れていない。

ボーイングの機材を巡っては主力の「737MAX」で事故が続いた。2018年にインドネシア機が、19年にエチオピア機が墜落し乗客が死亡する事故を引き起こした。その後各国・地域で737MAXの運航停止が決まった。ボーイングが利益を優先したことに加え、ずさんな開発体制や隠蔽体質について指摘されている。

737MAXは米国で20年末に運航が再開した。米司法省も21年1月7日、同機の事故に関してボーイングが約25億ドル(約2600億円)の和解金を支払うことで合意したと発表した。主力機の運航や出荷の再開に弾みがつくタイミングであるだけに、スリウィジャヤ航空の事故は今後の動向次第で再びボーイングの経営にとって打撃となるおそれがある。ボーイングは20年7~9月期決算で最終損益が4億4900万ドルの赤字だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月

初割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN04AVW004012021000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login