MRIが磁力で酸素ボンベを吸い込む

MRIが磁力で酸素ボンベを吸い込む…検査中の患者が挟まれ死亡 /金海
https://news.yahoo.co.jp/articles/c02f0f141e3ac0f6bd8e5d4f220079b00d1357a8

 ※ ちょっと聞いたことも無いような「事故」だな…。

 ※ 『今回の事故はそれだけ理解が難しい例外的ケースと言える。』…。

 ※ 「理解が難しい例外的ケース」が、頻発しているような気がするのは、オレだけか…。

『14日午後、慶尚南道金海市の総合病院で磁気共鳴画像(MRI)検査を受けていた患者Aさん(60)が突然検査機器に吸い込まれた金属製の酸素ボンベに挟まれて死亡する事故が起きた。警察はMRI機器の作動で発生した強い磁力によって、横に置かれていた酸素ボンベが急に引き込まれたとみている。医療関係者は「今回の事故はMRI室に金属製品を置いてはならないという基本的な安全ルールを守らなかったことで起きた初歩的で異例の事故だ」と指摘した。

■2021年世界で最も安全な都市1位はコペンハーゲン、ソウル25位、日本は?

 MRIは人体の内部の臓器、骨などの映像を撮影する医療機器で、強い磁場を発生させ、人体の断層映像を撮影する際に使われる。X線を使用するCT(コンピューター断層撮影)に比べ精密に状態を確認できる。韓国国内に普及しているMRI機器は2017年の1496台から昨年には1775台に増えた。

 本紙の取材を総合すると、14日午後8時半ごろ、同病院の集中治療室に入院していた内科患者Aさんがけいれんを起こした。病院側はけいれんの原因を特定するため、AさんをMRI室に移送した。集中治療室で酸素吸入器を使用していたAさんはMRI室でも酸素供給が必要な状態だった。病院関係者は「MRI室の酸素吸入装置に問題が発生し、担当者が酸素ボンベを搬入させたと聞いている」と話した。酸素ボンベは高さ128センチ、周囲76センチで、立てると大人の胸ほどの高さがあった。警察はAさんがMRI機器の中に入り、撮影のために強い磁場が発生し、2メートルほど離れたところに置かれていた金属製酸素ボンベがMRI機器の中に吸い込まれたとみている。Aさんは頭部や胸を強く圧迫されたという。

 病院側は119番通報し、Aさんは救急治療室で心肺蘇生術を受けたが、外傷性脳損傷などで死亡した。病院関係者は「患者の状態が重篤で、午後遅くにMRI撮影を行った。当時酸素ボンベがある状況でなぜMRI機器を作動させたのか確認している」と説明した。病院は患者のプライバシー保護のため、MRI室には監視カメラを設置していなかった。警察関係者は「死亡したAさんの胸に酸素ボンベで押された痕跡がみられる」とし、18日に国立科学捜査研究院での司法解剖を通じ、正確な死因を特定し、病院側の過失についても判断する方針だと説明した。

 MRI機器が発生させる磁気は大型の鉄製ベッドも瞬く間に引き寄せるほどの強さがあるという。蔚山科学技術大学校(UNIST)バイオメディカル工学科のチョ・ヒョンジュン教授は「最近国内外のMRI機器は1.5~3テスラの強い磁場を発生させる。地球の磁場の3万-6万倍のに達する強さだ」と説明した。食品医薬品安全処のMRI取扱時注意事項にもMRI機器にくっついたり吸い込まれたりしたベッド、椅子による海外での事故例が記載されている。大韓映像医学会のパク・ポムジン広報理事(高麗大教授)は「韓国国内では医療陣がガウンのポケットに挿していたはさみなどがMRI機器にくっついた程度の事例はあったが、酸素ボンベが飛んでいき患者を死亡させたケースは初めて見る」と話した。

 保健福祉部はMRIの管理・運用のため、「特殊医療設備の設置および運営に関する規則」を取りまとめ、専門知識を持つ医療陣が機器を安全に管理するよう定めている。しかし、金属製酸素ボンベなど磁力に引き寄せられる製品をMRI室に置いてはならないという具体的な条項はない。

 医療関係者は「MRI室に金属製の設備や機器を置いてはならないというのは医療関係者であれば誰でも知っている常識だ。患者には検査前に装身具や時計など金属製品を外してもらい、ペースメーカーなどを体内に埋め込んでいないかも事前に確認している」と話した。今回の事故はそれだけ理解が難しい例外的ケースと言える。』

台湾ビル火災、50代女を拘束

台湾ビル火災、50代女を拘束 蔡総統が病院へ負傷者見舞い
https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2021101601000597/?tpgnr=world

『【台北共同】46人が死亡、41人が重軽傷を負った台湾・高雄市のビル火災で、捜査当局は16日までに、蚊取り線香の不始末が出火原因とみて過失致死などの疑いで50代の女を拘束した。蔡英文総統は同日、病院に出向いて負傷者を見舞ったほか、葬儀場で犠牲者に哀悼の意を表した。

 地元検察当局などによると、女は1階の部屋で友人らと酒を飲んだ際に蚊取り線香を使用。友人らが帰った後、火を消さずにごみ箱に捨てたところ、しばらくして引火した。部屋にあったガスボンベも爆発。寝ていた女は出火に気付いた後、現場から逃げたという。
 ビルは築約40年。』

台湾・高雄でビル火災 46人死亡 多数の行方不明者

台湾・高雄でビル火災 46人死亡 多数の行方不明者
https://news.yahoo.co.jp/articles/3009e766a7e1d941691fa0cc2bdc4122a2528844

『台湾南部の高雄で大規模なビル火災が起き、46人が死亡しました。

 14日午前3時ごろ、高雄市にある住宅と商業施設が混在するビルで火災が発生したと通報がありました。

 通報から約2時間後に火の勢いは収まりましたが、多数の行方不明者がいて、現場では捜索活動が続いています。

 現地の消防当局は46人が死亡したと発表しました。

 ビルは13階建てで、映画館や店舗のほか、120軒の住宅が入っているということです。』

男が弓矢で襲撃、5人死亡 ノルウェー

男が弓矢で襲撃、5人死亡 ノルウェー
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101400201&g=int

※ 英語だと「bow」だ…。日本で「ボウガン」と言われているものか…。

※ 男の詳細は、まだ、発表されていないようだ…。

『【ロンドン時事】ノルウェーの首都オスロ南西のコングスベルグで13日夜、弓矢で武装した男が通行人らを襲撃し、5人が死亡、2人が負傷した。男は現場で警察に取り押さえられた。

「非致死性」の模造銃で治安悪化のコロンビア 内戦終了でも無法状態

 ロイター通信によると、男は単独で犯行に及んだもよう。テロかどうかも含め、動機の解明を進めている。当局は事件を受けて、通常は非武装の全国の警察官に銃などを携行するよう命じた。 』

レバノン、全土停電復旧

レバノン、全土停電復旧
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM110NT0R11C21A0000000/

 ※ こういう事態になった場合、「オンライン」もへったくれも、無くなる…。

『【カイロ=共同】深刻な経済危機を受けて9日から全土が停電していた中東レバノンで、エネルギー・水資源省は10日、停電から復旧したと発表した。軍が不足していた火力発電の燃料を調達したとしている。

レバノンは財政難により昨年3月にデフォルト(債務不履行)を宣言、通貨下落の余波で燃料不足が続き、一時的な停電が常態化している。』

ロシアで航空機墜落、16人死亡 エンジン故障か

ロシアで航空機墜落、16人死亡 エンジン故障か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM110TF0R11C21A0000000/

『【モスクワ=共同】ロシア中部タタルスタン共和国のメンゼリンスクで10日、航空機が墜落した。乗員2人のほか、落下傘降下をする人々20人が搭乗しており、16人が死亡、6人が負傷した。ロシアメディアが伝えた。共和国のミンニハノフ大統領によると、離陸後間もなく、高度70メートルでエンジンの一つが故障し、緊急着陸を試みていた。

同機は旧チェコスロバキアの会社が開発したL-410で、軍関連組織が運用していた。インタファクス通信によると1987年製。定員超過だったとの情報もある。

ロシアでは7月、極東カムチャツカ半島でアントノフ26旅客機が墜落、乗客乗員28人が全員死亡した。その後も同型機が墜落するなど航空事故が多発している。』

米原潜、南シナ海で衝突事故 正体不明の物体に、11人負傷

米原潜、南シナ海で衝突事故
https://www.jiji.com/jc/p?id=20211008101540-0039415060

『米海軍は7日、シーウルフ級攻撃型原子力潜水艦「コネティカット」(写真)がインド太平洋地域を潜水航行中、何らかの物体に衝突したと発表した=5月撮影、西部ワシントン州ブレマートン(米海軍提供)【AFP時事】』

米原潜、南シナ海で衝突事故 正体不明の物体に、11人負傷
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100800280&g=int

『【ワシントン時事】米海軍は7日、シーウルフ級攻撃型原子力潜水艦「コネティカット」がインド太平洋地域を潜水航行中、何らかの物体に衝突したと発表した。米メディアによれば事故が起きたのは南シナ海で、乗組員11人が負傷。いずれも命に別条はない。』

ヨーロッパ “想定外”の洪水被害

ヨーロッパ “想定外”の洪水被害 その実態は?原因は?
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210803/k10013177551000.html?utm_int=news_contents_netnewsup_008

『7月中旬にドイツとベルギーを中心に起きた洪水被害。

死者数はこれまでに200人を超え、市民生活への深刻な影響がいまも続くなど、未曽有の被害が出ています。

その実態は?原因は?

ベルリン支局の山口芳支局長に話を聞きました。

Q なにが起きたの?
7月14日から15日にかけてヨーロッパ各地で大雨による洪水が発生しました。

特に被害が大きかったのは、ドイツ西部ラインラント・プファルツ州のアールワイラー郡です。

ヨーロッパを縦断するドイツの「父なる川」、ライン川の支流アール川があふれて流域の家屋が倒壊したり浸水したりしました。

7月29日現在、134人が亡くなり、行方不明者は69人に上っています。

ノルトライン・ウェストファーレン州では47人が死亡。

さらに隣国ベルギーでも38人が死亡、1人が行方不明になっています。

Q 被災地の様子は?

7月17日、NHKの取材班はアールワイラー郡に入りました。

川沿いの道路や鉄道は地盤がえぐられて崩れ落ち、線路は浮いた状態に。

橋脚が折れている橋もあり、当時の水の流れの激しさがうかがえました。

中世の趣を残す商店街は石畳の道が一面泥に覆われ、多くの店が2メートルほどの高さまで水につかったそうです。

現地では片づけ作業が始まっていましたが、泥をかぶった商品は売り物にならず、店主のひとりは「40年以上ここで店を続けてきましたが、もう営業の再開は無理です」と疲れた様子で話していました。

Q 暮らしにはどんな影響が?

被災地では広い範囲で電気やガス、水道が止まったほか、通信インフラも被害を受けて携帯電話が不通となりました。

依然として復旧作業が続けられるなど、市民生活に大きな支障が出ています。
公共交通機関への影響も甚大です。

鉄道は土砂の崩落などで600キロにわたって線路に被害がでたほか、多くの駅や50か所以上の橋が被災しました。

鉄道事業者によりますと被害総額はおよそ13億ユーロ、日本円にしておよそ1700億円に上るといいます。

また、ノルトライン・ウェストファーレン州では135の学校で校舎が被害を受け、夏休み明けの8月下旬に通常どおり授業が再開できない学校が出てくる可能性も指摘されています。

被災地の子どもたちの心のケアも大きな課題となっています。

Q 洪水が起きた原因は?

直接の原因は集中豪雨です。

アール川の流域では1日だけで、7月の平年の1か月分の雨量を超えました。

洪水が起きる3週間前から断続的に雨が降った影響で、土壌の水分量が増したところに集中豪雨が重なり、山あいを流れるアール川に、土壌で吸収しきれなかった大量の水も流れ込んだことから、川の水位が急上昇したとみられています。

Q 被害が広がった理由は?

地元メディアは、住民たちに、事前に災害の危険性が十分伝わっていなかったのではないかという見方を伝えています。

それぞれの被災地では「自分が住む地域では警報が出ていなかった」とか「大雨の警報は出されていたが、まさか洪水が起きるとは思わなかった」といった声が聞かれます。

これについて、地理学が専門で災害対応に詳しい、ボン大学のロタール・シュロット教授は次のように指摘しています。

ボン大学 ロタール・シュロット教授

「警報が出された地域でも、すぐに自宅を離れて避難する必要があるといった、具体的な行動を、切迫感をもって伝えていなかったことが大きな問題だ」

Q 気候変動も要因としてあげられるの?

被災地を視察したメルケル首相

今回の洪水との直接の因果関係は、今のところ分かっていません。

ただ、18日に被災地を訪れたドイツのメルケル首相は「科学を信じるならば、気候変動との関連がある」と述べました。

また、EU=ヨーロッパ連合のフォンデアライエン委員長も、気候変動が影響しているという見方を示しています。

北欧フィンランドの首都ヘルシンキでは、6月の平均気温が史上最高を観測するなど、ヨーロッパ各地は熱波にも見舞われています。

ヨーロッパの人々の間では気候変動に対する危機感が一層強まっていて、ドイツでは気候変動対策が9月に行われる連邦議会選挙でも重要な争点となりそうです。
Q 選挙にはどんな影響があるの? 
およそ16年にわたってドイツを率いてきたメルケル首相の後任が決まる重要な選挙で、ラシェット氏が率いる与党「キリスト教民主・社会同盟」をベアボック氏が率いる野党「緑の党」が追う展開となっています。

7月28日に発表された世論調査では、与党の支持率が26%だったのに対して「緑の党」は21%と差が縮まっています。

「緑の党」はこれまでも気候変動対策の強化を訴えてきただけに、今回の洪水被害をきっかけに選挙に向けて支持を広げていく可能性もあります。

行方不明者の捜索や復旧が急がれる一方で、ドイツの政府与党にとっては、防災・減災への取り組みや気候変動対策が喫緊の課題になっています。』

21年の仏ワイン生産量、半世紀で最低量か

21年の仏ワイン生産量、半世紀で最低量か 春に異常低温
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN06DPN0W1A800C2000000/

『【パリ=共同】フランス農業省は6日、今年の国内ワイン生産量の見通し(1日時点)を発表した。春の異常低温の影響で、前年比24~30%減の32億6千万~35億6千万リットルと推定され「歴史的低水準」と指摘。生産量は少なくとも過去半世紀で最低になるとみられる。

異常低温は4月を中心に国内のほぼ全てのワイン生産地を襲ったが、中部ブルゴーニュ地方や南部ローヌ地方の被害が特に大きかった。また夏の初めに降雨が多く、東部シャンパーニュ地方などで、うどんこ病やべと病の被害にも見舞われた。

1970年以降で同じく春の異常低温で特に生産量の少なかった91年と2017年を下回るとみられている。』

中国の泰山原子力発電所、燃料棒の損傷で閉鎖

中国の泰山原子力発電所、燃料棒の損傷で閉鎖
https://www.newsweek.com/china-taishan-nuclear-plant-shuts-down-damaged-fuel-rods-1614636

『(※ 翻訳は、Google翻訳文)

中国南部の原子力発電所のエンジニアは、軽微な燃料損傷が検出された後、原子炉の停止を余儀なくされました。

中国総合原子力グループ(CGN)は金曜日、広東省の泰山工場は「メンテナンス」を受けるだろうと述べた。

これは、放射能レベルの最近のスパイクが工場での漏れの恐れにつながった後に来ました.

太山は香港の西約80マイルに上り、人口は100万人弱です。広東省は国内最大の州で、約1億1,500万人の住民がいます。

ニューズウィークニュースレターのサインアップ>

先月、当局は、小さな燃料棒の損傷は、現場に蓄積された放射性ガスのせいであると言いました。

続きを読む

中国は放射線が太山工場を脱出していないと言う:「漏れはない」
イラン大統領、内閣国家にウランを90%に濃縮できると指示

中国は、懸念にもかかわらず、太山原子力発電所の放射線レベルは正常だと主張する

「フランスと中国の技術要員の長い会話の後、太山原子力発電所.「メンテナンスのためにユニット1をシャットダウンすることを決めました」と、オペレーターが金曜日に発表し、AFPが見たオンライン声明が述べました。

CGNは「少量の燃料損傷」しか見つからず、エンジニアは「燃料損傷の原因を見つけ、損傷した燃料を交換する」ことを開始すると付け加えました。

ニューズウィークのサブスクリプションは、>を提供しています

AFPは、原子炉のコアユニットには6万本以上の燃料棒があり、損傷したロッドは「0.01%未満」を占めていると報告した。

このプラントは、フランスのエネルギー会社EDFと提携して製造された加圧水炉設計であるEPRを使用する世界で単独です。

6月14日、中国当局は、工場の第1原子炉での事件を報告した。

しかし、彼らは「一般的な現象」だと言って、この問題の深刻さを軽視した。

先月、同施設のフランスの共同運営会社が現場で問題を警告したとのCNNの報道に続いて、中国当局は「漏れはない」と主張した。

CNNは、同工場のフランスの共同運営会社フラマトメが6月に米国に2回書簡を出し、技術支援を求めたと報じた。

工場の過半数の利害関係者は、ドナルド・トランプ元大統領の政権によって米国政府のエンティティリストに載せられた国営CGNです。その結果、特別なライセンスなしではアメリカ製品を販売することはできません。したがって、フラマトメは「差し迫った放射線の脅威」と表現したものに対する米国の支援を得るために公式の承認を必要としました。

中国の生態環境省は当時、一次回路の放射能の増加は「燃料の生産、輸送、積載における制御不能な要因」である燃料棒ハウジングの損傷の結果であると答えた。

最小限の燃料棒の損傷は避けられない、と声明は述べ、これは世界の他の地域の原子力発電所の操業に影響を与えていないと述べた。

更新 7/30/21, 11:30 a. 1.m 1:30 a. ET: この資料は、追加情報を追加するために更新されました。』

河南省の被害と習近平の苛立ち

河南省の被害と習近平の苛立ち
https://kotobukibune.at.webry.info/202107/article_30.html

『1.中国河南省の記録的豪雨

先日の、中国河南省の豪雨が大きな被害を出しています。

省都・鄭州の主要幹線道路である京広路の「京広北路トンネル」と「京広南路トンネル」は、20日の集中豪雨で短時間で殆ど水没というくらいに冠水しました。

22日にはトンネルにたまった水を吸い上げる作業が始まり、24日までに4人の遺体を収容、200台以上の車が搬出されたとしています。

河南省当局によると、省内で27日、死者71人、行方不明5人、被災者1330万人に上るとしているようです。

2.脆弱なインフラ

件のトンネルについては、地上の道路よりも低い場所にあるため洪水被害には脆弱であると指摘されていました。アメリカのニューヨーク・タイムズによると、中国の専門家グループが2011年当時建設中だったこのトンネルについて「低地にあるため、滞留した水による池が頻繁に形成される」と指摘する技術論文を発表していたそうです。

にも拘わらず、トンネルはそのまま建設され翌年に開通。当局は「50年に一度の大雨」を想定した排水システムが備わっていると説明していましたけれども、「1000年に一度」の大雨は想定していなかったということなのでしょう。

それにしても、50年に一度の大雨を想定して、1000年に一度の大雨がきたというのに、死者71名というのが驚きです。もちろん筆者はこんな中国当局の発表など微塵も信じていません。

ネットに上がっている、現地の動画などでは、幹線道路は水没し運河になっている様子が映し出されています。実際の被害は、当局発表よりも、はるかに多いのではないかと思います。

ネットでは、豪雨災害直後の河南鄭州市は停電し、電子決済不可。タクシーの8割がEV車で行動困難。シェア自転車、シェア移動充電器はバーコード式で読み取れない。ネットで予約したサービスは現地で反映されないなど、IT難民が現れたなんて書き込みもあります。

一見先進的なように見えても、なんでもかんでも電気に頼ることの脆弱性が垣間見えます。

3.当局対応に批判相次ぐ

脆弱なのはインフラだけではありません。当局や中国メディアもそうです。

記録的豪雨にも拘わらず、市政府は出勤停止など具体的な注意喚起もせず、市内のダムの放水についても、放水翌日未明になってようやくSNSで公表したのだそうです。

また、被害が出ていた20日夜、省政府系の地元テレビ局は「抗日ドラマ」を放送を続けていたそうで、「少しでも人間性があるなら、災害対策情報を放送すべきだ」と批判されています。

更に、人民日報系の環球時報の胡錫進編集長は17日、すでに100人超が犠牲になっていたドイツの洪水について「西側諸国の統治レベルに対する信頼感が揺らぐ」などと投稿する一方で、河南省の水害に対しては「極端な天気で水害は避けようがない」とダブスタ発言を行い、こちらも「憎まれ口をはやめろ」などと批判が殺到しています。

当局もメディアも責任追及を恐れ、都合の悪い事はひたすら隠そうとしているようにしか見えません。

4.まさか仕事をしなくなるということではあるまいな

今年6月、中国共産党中央文献研究室が「習近平 関于全面従厳治党論述摘編(全面的な厳しい党治 ダイジェスト版)」という習近平国家主席の腐敗摘発に関する発言を抜粋した文書を発刊しています。

それによると、1月22日、習近平国家主席は、党中央規律検査委員会の第5回全体会議で、党幹部らの仕事ぶりについて「責任感の欠如」「怠惰」「苦しさや困難を嫌がっている」「おざなりにやって責任を逃れている」などと不満を表明し、「党中央委員会の指示をそのまま繰り返して臨機応変に対応できない者、党中央委の文書による指示を待ってから動く者、指示がなければ動かない者がいる……私が文書指示を出すのは、最後の一線を守るためだ。私がそれを出さなければ、まさか仕事をしなくなるということではあるまいな?」と叱責したそうです。

これについて、中国政治と法律に詳しいオーストリア・ウィーン大のリン・リー教授は、「党首脳部からの指示は、党の方針や規則よりも強制力がある。なぜなら、それらは特定の問題について、指定された機関や担当者に対処するよう求めているからだ。この慣行は、2019年に採択された党の通達によって強化された。そこには、どのような状況になれば、幹部たちが上司の指示を仰いで意思決定すべきかが明記されている……また、習近平氏から個人的な指示を受けた者は、その実行に向けた作業の進捗状況を報告するよう規定されている」と党幹部の萎縮ぶりを説明しています。

また、アメリカ・シカゴ大学の楊大力教授も「習近平氏が文書による指示に依存しながら官僚機構を厳しく管理しているため、官僚はリスクを取ることを嫌うようになった……習近平氏とその仲間たちは、たくさんの文書による指示を出しており、人々はそれを待つのが自然になっている。反腐敗運動と政治的な教化によって、習近平氏は党全体を支配下に置くことに成功したが、その結果、みなが非常に用心深くなっている」と分析しています。

つまり、習近平主席の「一強支配」が長期化し、次々と出される文書指示がますます重要となり、幹部は徹底して「指示待ち族」となることでリスク回避を図っているということです。

習近平主席はこうした態度に不満を示した訳ですけれども、トップが殆どの権限を握る独裁政治になれば、こうなるのも当然の帰結です。

それを背景に、今回の豪雨災害を振り返ってみると、既に当局が「指示待ち族」であったがために、却って被害を拡大させた可能性も拭えません。その後の隠蔽もまた然りです。

7月28日のエントリー「東京五輪の成功は北京五輪のカードになるか」でも少し触れましたけれども、こんな状態で北京冬季五輪がまともに運営できるのか。

徐々に盛り上がりを見せている東京五輪がどういう結末を迎えるのか分かりませんけれども、その出来如何では、習近平主席に対する大きなプレッシャーになるのではないかと思いますね。』

独工業団地で爆発、2人死亡 31人負傷、複数が安否不明

独工業団地で爆発、2人死亡 31人負傷、複数が安否不明
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072800188&g=int

『【ベルリン時事】ドイツ西部レーバークーゼンの化学工場が集まる工業団地で27日午前(日本時間同日午後)、大規模な爆発があり、従業員2人が死亡した。31人が負傷したほか、複数が安否不明。爆発から数時間でほぼ鎮火したものの、原因は明らかになっていない。
 爆発が起きたのは敷地内の廃棄物焼却施設。独メディアによると、大きな黒煙が立ち上り、ごう音は10キロ以上離れた地点でも聞こえた。周辺自治体は一時、汚染物質の拡散の可能性を考慮し、市民に屋内にとどまるよう警告。ただ、大気汚染は確認されておらず、警告はおおむね解除された。』

中国豪雨で記者に嫌がらせ

中国豪雨で記者に嫌がらせ
外国人クラブが懸念表明
https://nordot.app/792857335181049856?c=39546741839462401

『【上海共同】中国外国人記者クラブ(FCCC)は28日までに、河南省を襲った豪雨を取材した複数の記者らが現場などで住民に嫌がらせを受けたとして「非常に懸念している」とする声明を発表した。米紙ロサンゼルス・タイムズと独公共放送ドイチェ・ウェレの記者らが取材中に群衆に包囲され、カメラと服をつかまれたこともあった。

 中国外務省の報道官は海外メディアの報道をたびたび「偽ニュース」「中国を中傷し攻撃している」と批判。ナショナリズムの高まりが外国人記者への敵意につながっている可能性もあるとされる。

 当局が一般市民を装っているとみる報道関係者もいる。』

インドの洪水死者数が増加する中、生存者を必死に捜索

インドの洪水死者数が増加する中、生存者を必死に捜索
https://www.aljazeera.com/news/2021/7/24/at-least-76-killed-in-india-heavy-monsoon-rains-govt

『2021年7月24日

(※ 翻訳は、Google翻訳文)

インドの救助隊は、豪雨が西部マハラシュトラ州を襲い、土砂崩れ、洪水、建物の崩壊を引き起こし、数十人の死者を出した後、生存者を必死に捜索する中で泥や破片をくしゃくしゃにしました。

州政府は土曜日の声明の中で、木曜日以降の複数のモンスーン関連事故の死者数は少なくとも76人に上り、数十人が行方不明になったと述べた。他の報告によると、死者数は100人を超えたという。

読み続ける
インドのモディ首相、ペガサスのスパイウェアスキャンダルで「反逆」を告発
インドの農民は、法律の廃止を要求するために議会の近くで抗議する
インド、鳥インフルエンザによる初の人死を調査

「州の各地での集中豪雨は、しばしば満潮と一致し、ダムからの排出も様々な地域につながった.「それによって浸水し、複数の地区で洪水が発生しました」と、声明は言いました。

土砂崩れが数十軒の家屋を埋めたムンバイ南部の大きな被害を受けたライガドでは、少なくとも47人が死亡し、53人が泥の層の下に閉じ込められる恐れがあった。

豪雨により、サヴィトリ川は土手を破裂させ、マハドの町は道路で完全にアクセスできなくなり、恐ろしい住民は膨れ上がる水から逃れるために屋上や上層階に登るように促しました。

洪水で立ち往生した人々を避難させるために、陸軍、海軍、空軍を含む合同救助活動が進行中でした。しかし、彼らの活動は、ムンバイとゴアの間の主要幹線道路を含む道路を遮断する高い水位と地すべりによって妨げられました。

マハラシュトラ州ではこれまでに9万人近くが避難している。

ムンバイから250km(160マイル)のチプルンの地域では、ヴァシシュティ川があふれ、道路や家屋を水没させた24時間の絶え間のない雨の後、水位は木曜日に6メートル(20フィート)近くに上昇しました。

マハラシュトラ州のウッダフ・タッケレイ首相は、救急隊員は道路や橋の損傷のためにチプルンの遮断地区に到達するのに苦労していると言いました。

「我々は命と財産を救うために必要なことは何でもする」と彼は記者団に語った。「この災害は、東のナグプルから西のマハバレシュワールまで、州全体を襲った。雨は前例がなく、予期せぬ緊急事態に直面しています。

海軍は、ゴムボート、ライフジャケット、ライフブイを装備した7つの救助隊を被災地に配備し、専門のダイバーとヘリコプターを配備して住民を空輸しました。

インドの気象局は、州内のいくつかの地域に対して赤い警報を発し、今後数日間豪雨が続くことを示している。

ビデオを再生
洪水や土砂崩れは、6月から9月の間のインドのモンスーンシーズンに一般的であり、何日ものノンストップ雨の後、建設されていない建物や壁が座っていることがよくあります。
当局によると、金曜日の夜明け前にムンバイの貧しい地区で建物が倒壊し、4人が死亡した。

この事件は、少なくとも34人が命を落としてから1週間も経たないうちに、いくつかの家が崩壊した壁と市内の土砂崩れによって押しつぶされてしまい、起こった。

4月に発表されたポツダム気候影響研究所(PIK)の報告によると、気候変動はインドのモンスーンをより強くしている。

報告書は、世界人口の5分の1近くに影響を与える食料、農業、経済に深刻な影響を及ぼす可能性があると警告した。

出典:アルジャジーラと通信社 』

水は中国に革命を起こすか

水は中国に革命を起こすか
https://kotobukibune.at.webry.info/202107/article_23.html

※ これは、ドイツ・ベルギーでの洪水の画像のようだ…

『1.千年に一度の暴雨

中国で起こっている記録的豪雨の被害が拡大しています。

中国中部の黄河のほとりに位置する人口1200万人の河南省鄭州市では、洪水などによる死者33人、8人が行方不明。20万人以上が避難しています。

地下鉄の駅やトンネルが浸水。数百人が電車内に閉じ込められ、車両によっては、水位がかかとから腰、首の高さまで徐々に上昇する場所もありました。パニックに陥った乗客が上に伸び上がって空気を求めたり、背の低い人を引き上げて助けたりしました。

ネットでは、現場の様子が続々と動画で上がっていて、とんでもない状況になっていることが分かります。

22日現在、鄭州市の広域で交通が麻痺し、冠水が深刻な一部地域では救援活動が難航しているようです。

鄭州の気象局は「千年に一度の暴雨」だとして、警戒を呼びかけています。中国メディアによると、鄭州市では、20日午後4~5時の1時間で201.9ミリの雨が降り、中国全土での観測史上最大を記録。17日以降の3日間で、なんと鄭州市の年間雨量にほぼ匹敵する617ミリの雨量を計測したそうです。

2.自然は都市圏構想を上回る

河南省は、河北省、山東省、山西省、安徽省の一部を加えた中原経済圏構想を担う主体として位置づけられ、国策として開発が進められてきましたけれども、河南省の省都である鄭州市は、中国の発展を支える意味で重要な役目を担っています。

中国人の世帯所得は2010年から2018年にかけて大きく伸びました。年間収入は138000元(約200万円)から197000元(約300万円)の人口が3400万人から3億1100万人に増え、更にその上の階層になる年収197000元以上297000元(約430万円)は、1000万人から6300万人に増加しました。

この二つの層は、大体、中流階級と見られているのですけれども、既にこの中流階級が4億人近くいる訳です。

この人達は、生活の質的向上を求め始めており、その要求に応えるためには、中流階級の生活の舞台として、効率の高い近代都市が必要になっているのですけれども、この4億に対してそれを収容できるだけの都市が圧倒的に足りないのが現状です。

そこで、既存の「超大都市」とは別に、それに次ぐレベルの大都市およびその周辺の都市を連携し、一線級都市と肩を並べる「世界級」の都市をつくろうという「都市圏」構想が生まれました。

現在、その「都市圏」構想の中核を担う地方主要都市として次の都市が挙げられます。
①成都(1.5選都市)
②武漢(1.5選都市)
③鄭州(1.5選都市)
④西安(1.5選都市)
⑤長沙(1.5選都市)
⑥厦門(1.5選都市)
⑦北京(1選都市)
⑧上海(1選都市)
⑨広州(1選都市)
⑩深圳(1選都市)
⑪青島(1.5選都市)
⑫瀋陽(1.5選都市)
⑬杭州(1.5選都市)
⑭天津(1.5選都市)
⑮重慶(1.5選都市)

中国では首都およびそれに準じる機能を持つ都市を「1選都市」、各省や自治区の省都およびそれに準じる都市で有力なものを「1.5選都市」という具合に都市をランク付けして呼ぶことがよくあるそうです。

これらの中でも四川省の成都、湖北省の武漢、陝西省の西安、河南省の鄭州など内陸部の都市は近年目覚ましい発展を遂げ人口が急増、都市のGDPも大幅に増加しています。

けれども、偶然なのか必然なのか、近年中国を襲う、水害その他の災害は見事にこれらの都市を直撃しています。

昨年は、成都、武漢、西安が大洪水に見舞われ、今年は鄭州がやられました。

いくら金を掛けて都市開発を進めたとしても、今回の鄭州の豪雨のように、一年分の雨が三日で降ってしまう程の雨はさすがに都市計画には入っていなかったと思われます。

昨年から中国を襲う水害は、中国の中産階級を痛めつけているともいえます。

2021-07-22 234701.jpg

3.決壊するダム

豪雨の被害はそれだけではありません。ダムも決壊しています。

7月18日、内モンゴル自治区フルンボイル市では、永安ダム、新発ダムの2つのダムが相次いで決壊しました。

中国メディアによると、上流にある別のダムがあふれ、大量の水が流れ込み決壊したとのことで、現地では事前に人々を緊急避難場所に移動させていたお陰で、死傷者の報告は今のところありませんけれども、茶色く濁った水は下流の市街地に達して多くの住宅や農地が水没しました。

地元の当局はボートや特殊車両を使って浸水した家などに取り残された市民の救助にあたり、19日までに約1万7000人が被災したということです。

現地では22の橋が流失し、高速道路も16キロにわたって通行できない状態と報告されています。

また、河南省洛陽にある伊河灘ダムでは、長さ20メートルにわたって決壊した堤防に対し軍の部隊が土嚢を積み上げて補強をしていたのですけれども、水圧でダム全体が崩壊する危険性が高まったため、21日、水位を下げるためにダムの一部をダイナマイトで爆破し緊急放流しています。

いやはや大変な状況です。

4.水が革命を起こす

この状況に、習近平国家主席は、21日、「水害対策は重要な段階に入った。各級の幹部は終始、人命と財産の安全確保を最優先に位置付け、陣頭指揮を執り、水害対策と救援活動を速やかに組織し、被災者を適切な場所に避難させ、二次災害を厳重に防ぎ、人的・物的被害を最小限に食い止めなければならない。中国人民解放軍と武装警察部隊は地方の災害救援活動に積極的に協力しなければならない。洪水干ばつ対策本部、応急管理部、水利部、交通運輸部が統一的な計画と協調を深め、災害リスクの点検と排除に一層努め、重要インフラの防護を強化し、降雨・台風・山津波・土石流などの早期警戒・予報のレベルを高め、交通の整備と誘導に力を入れ、各種の水害対策と救援措置を綿密かつ着実に実施しなければならない」と指示しました。

更に習近平主席は「各地域と各関係部門は水害対策と救援活動にしっかりと取り組むと同時に、生産と生活の秩序も速やかに回復させなければならない。被災者の救援と衛生・防疫対策をしっかりと実施するとともに、被災による貧困への逆戻りや『大災害後の感染症の流行』を防がなければならない」と強調しています。

被害が出ている河南省鄭州には、自動車関連などの日系企業およそ10社が進出しているのですけれども、21日には日産自動車の合弁会社の工場が生産を停止。一部の企業では、従業員が出勤できないため休業となったほか、施設の一部が水につかるなどの被害が出たということです。

中国政府は2018年3月に、災害リスク管理と総合的な防災の維持や災害救助から防災への移行、自然への対応に伴う社会の総合的な防災能力の向上災害を目的とする総合的な危機管理省庁「応急管理部」を創設しているのですけれども、この「応急管理部」が先日、今年上半期の自然災害による損失について集計結果を発表しています。

それによると、今年上半期の自然災害は風・雹、洪水、地震が主で、干ばつ、低温・凍結、降雪などもさまざまな程度で発生し、各種自然災害により延べ2801万9000人が被災し、死者・行方不明者は156人、緊急避難をした人は延べ29万7000人としています。

発表では、昨年同期に比べ、被災者数、死者・行方不明者数、倒壊家屋の軒数、直接的な経済損失はそれぞれいくらか減少したということですけれども、おそらく今回の豪雨・洪水被害が加わることを考えると、年間の損失は去年を超えることも予想されます。

去年の今年でこの水害です。

去年の水害の時でも、習近平国家主席は、「人民の生命と財産を保護せよ。人民解放軍と武装警察が災難防止業務に積極的に参加せよ……各地域と部門が洪水防止業務に力を注げ……以降の早急な生産回復計画も立てなければならない」と述べていました。果たして、そこからどこまで回復したのか実際のところは分かりませんけれども、今回のような何十万人も被災するような洪水被害が続く上に、人民の救済もままならないとなると、人民の怒りがいつ共産党政府に向かうか分かりません。

中国共産党の第1回党大会初日である1921年7月23日を目前にこの大豪雨に洪水。共産党政府に対する”天意”とみる人もいるのではないかと思いますし、ここまでくると、「水の革命」というか、もはや”水が革命”を起こしてしまうのかもしれませんね。 』

気候変動とコロナで食料不足深刻 20年飢餓人口8.1億人

気候変動とコロナで食料不足深刻 20年飢餓人口8.1億人
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR1900S0Z10C21A7000000/

『【ウィーン=細川倫太郎】気候変動と新型コロナウイルス禍が世界で深刻な食料不足をもたらしている。国連によると、2020年は世界人口の1割に相当する最大8億1100万人が飢餓に苦しんだ。農作物の不作や輸出制限で食料価格が高騰しており、飢餓人口は一段と増える恐れがある。

アフリカの島国マダガスカル南部では過去40年間で最悪の干ばつに見舞われ、農作物の収穫が困難になっている。国連世界食糧計画(WFP)によると、114万人以上が食料不足に陥り、このうち1万4000人は深刻な飢餓の危機に直面している。何千人もの人々が食料を求めて移住したり、樹木の皮などを食べて飢えをしのぐといった状況が続く。

6月に現地を訪問したWFPのビーズリー事務局長は「この地域は気候変動の引き金になることをしていないのに、最も高い代償を払っている」と警鐘を鳴らしている。同国の緊急の食料支援のため、8000万ドル(約88億円)近くが必要と訴える。

ホンジュラスやニカラグアなど中米4カ国では、飢餓人口が18年の220万人から直近では800万人近くまで増加している。20年11月に大型ハリケーン「エタ」と「イオタ」が中米を直撃し、農場や住居が破滅的な被害を受けた。ブラジルやアルゼンチンも天候不順に悩まされ、トウモロコシなどの生産に悪影響が及ぶ。

大型ハリケーンによって甚大な被害を受けたバナナ農園(ホンジュラス西部のラ・リマ)=AP

コロナ禍も飢餓の大きな原因だ。社会保障制度が不十分な途上国では、多くの国民がコロナ禍で所得の減少や失業に見舞われている。航空便の減少や移動制限で食料支援も行き届きにくい。世界有数の穀物輸出国であるロシアは国内消費者を保護するため小麦などの貿易を制限し、国際的なサプライチェーン(供給網)も不安定になっている。

国連5機関が7月にまとめた報告書によると、地域別の飢餓人口はアジアが4億1800万人と最も多く、アフリカが2億8200万人、中南米が6000万人。アフリカは人口の21%が栄養不足で、他地域の2倍以上いる。国連は30年までに「飢餓ゼロ」を掲げるが、このままでは同年でも約6億6000万人は飢餓状態にとどまると警告する。

天候不順による需給逼迫などから、食料価格は高騰している。国連食糧農業機関(FAO)が算出する世界の6月の食料価格指数(14~16年=100)は平均124.6と、1年前より3割以上高い水準だ。特に穀物や植物油の値上がりが目立つ。主食のパン価格の高騰に苦しむ民衆の不満が背景にあった中東の民主化運動「アラブの春」が起きた11年の130台が視野に入っている。

食料インフレの加速は家計を直撃し、主食を輸入に頼る途上国にとっては大打撃となる。飢餓は社会不安や紛争を引き起こし、それがさらなる貧困をまねく悪循環に陥りやすく、国際社会の対策は急務になっている。国連は9月、世界各国の首脳を集めて「食料システムサミット」を開催し、食料の生産や流通の安定について議論する。 』

習近平総書記が水害対策で指示 常に人々の安全を第一に

習近平総書記が水害対策で指示 常に人々の安全を第一に
http://j.people.com.cn/n3/2021/0721/c94474-9874934.html

『習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)が水害対策・災害救助活動について重要な指示を出した。新華社が伝えた。

習総書記は「このほど、河南省などで豪雨が続き、鄭州などで深刻な水害が発生し、いくつかの河川が警戒水位を超え、決壊したダムもあり、一部の鉄道が運行を停止し、フライトがキャンセルされ、死傷者と物的被害が出ており、水害対策は非常に厳しい状況にある」と指摘。

「現在はすでに水害対策の重要な時期に入っている。各級の指導幹部は常に人民大衆の命と財産の安全を第一にし、自ら先頭に立ち、陣頭で指揮し、迅速にチームを組織して水害対策と人命救助にあたり、被災者を適切に避難させ、二次災害の発生をしっかりと防ぎ、死傷者と物的被害を可能な限り抑える必要がある。解放軍と武装警察の部隊は地方政府の災害救助・緊急危険回避活動を積極的に支援する必要がある。国家洪水・干害防止総指揮部、応急管理部(省)、水利部、交通運輸部は統合的調整を強化し、潜在的災害リスクの巡回検査と危険排除を強化し、重要インフラの安全確保を強化し、降雨・台風・地滑り・土石流などの早期警戒予報水準を高め、交通整理の取り組みを強化し、水害対策・災害救助の各措置をしっかりと行う必要がある」と強調した。

習総書記はまた、「各地区、各関係部門は水害対策・災害救助活動をしっかりと行うと同時に、できるだけ早く生産・生活秩序を回復し、被災者に対する支援・救助、衛生・防疫活動を着実に成し遂げて、水害による再貧困化の防止や感染症対策をしっかりと行う必要がある」と指示した。(編集NA)

「人民網日本語版」2021年7月21日』

「1000年に1度」の大雨 死者12人―中国河南省

「1000年に1度」の大雨 死者12人―中国河南省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072100173&g=int

『【北京時事】中国中部の河南省で17日から大雨が続き、省都・鄭州市の気象局は20日夜(日本時間同)、「1000年に1度」の大雨との見解を示し、警戒を呼び掛けた。中国メディアによると、市内の広い範囲が冠水し、市中心部だけで12人が死亡。一部の町は深さ約2メートルの水で覆われ、携帯電話がつながらなくなっており、被害はさらに拡大する可能性がある。

〔写真特集〕水害の脅威

 鄭州では20日午後4時から同5時までの1時間雨量が200ミリを超え、観測史上最大を記録。17日からの3日間でほぼ1年分の雨が降った計算になるという。』

中国、大雨で地下鉄浸水 河南省鄭州、死者も

中国、大雨で地下鉄浸水 河南省鄭州、死者も
https://www.sankei.com/article/20210721-QAGBWNQ4HNLVHIBB6KHT6KM5JM/?ownedutm_source=owned%20site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%80%81%E5%A4%A7%E9%9B%A8%E3%81%A7%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E6%B5%B8%E6%B0%B4%20%E6%B2%B3%E5%8D%97%E7%9C%81%E9%84%AD%E5%B7%9E%E3%80%81%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%82%82

『中国メディアによると、中国河南省鄭州市で20日、記録的な大雨で広範囲が冠水し、家屋などに大きな被害が出た。地下鉄が浸水して車内の乗客が胸まで水につかり、消防隊が救助した。1人が死亡し、行方不明者が2人いるという。

1時間に200ミリ超の雨を20日午後に観測した。地下鉄駅や線路に濁流が入り込み、乗客らは車内に閉じ込められた状態で水につかった。車両上部に開けた穴から助け出されたという。

鄭州市は河南省の省都で、黄河の流域に位置する。日産自動車が生産拠点を構える。

家屋の損壊や停電なども相次いだ。あちこちで道路の冠水や陥没などの被害が出た。車が流されたり店舗やオフィスも浸水したりした。国営通信、新華社は「歴史的な強い雨」だと伝えた。(共同)』

大雨で地滑り、30人死亡 インド西部ムンバイ

大雨で地滑り、30人死亡 インド西部ムンバイ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB1908I0Z10C21A7000000/

『【ムンバイ=ロイター時事】インド西部の金融都市ムンバイ郊外で、大雨による地滑りで複数の家屋が倒壊し、少なくとも30人が死亡した。地元当局が18日、明らかにした。地元テレビは救助隊が手で土砂を掘り、遺体を捜す様子を報じた。当局によると、犠牲者は増える恐れがある。

終日の大雨で、ムンバイ各地で洪水が発生し、鉄道も止まった。丘の下の小さな家6軒が互いに折り重なって倒れた地区もある。モディ首相はツイッターで哀悼の意を示し、支援を約束した。』