なぜインド系の人々が南アフリカでの暴力の標的にされているのですか?(7月 15, 2021)

南アフリカがジェイコブ・ズマ前大統領の投獄を暴動| なぜインド系の人々が南アフリカでの暴力の標的にされているのですか?(7月 15, 2021)
https://mujihi.jp/dna%E5%88%86%E6%9E%90%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%8C%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%BA%E3%83%9E%E5%89%8D%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AE/

『 ニューデリー:今日は、インドのサハーランプルとビジネスファミリーに関連する南アフリカで進行中の暴動についてお話します。 ジェイコブ・ズマ前大統領の逮捕後、南アフリカの多くの都市で暴力が勃発しました。

インド系の人々が標的にされている

南アフリカの雰囲気は非常に悪いので、72人がこの暴力で亡くなりました。 大きなことは、インド系の人々がこの暴力の標的にされており、彼らの家も略奪されているということです。 暴力的な人々も継続的にショッピングモールを標的にしており、モールも破壊され放火されています。

状況が非常に悪いため、南アフリカでも食糧供給が停止し、人々は食糧を集めるために長い列を作っています。 しかし、その中で南アフリカに住むインド系移民も暴動の標的になっています。

攻撃の主な理由はグプタ兄弟でした。

1990年代にウッタルプラデーシュ州のサハーランプルから南アフリカに到着したグプタ兄弟は、南アフリカのインド系移民に対する攻撃の主な理由です。 その後、これらのグプタ兄弟はコンピューターのビジネスを開始し、南アフリカの鉱業、テクノロジー企業、そこでのメディア、さらには南アフリカ政府を徐々に支配しました。

2009年から2018年にかけて、南アフリカにジェイコブズマ政権があり、当時、この政権の遠隔操作はグプタ兄弟の手に委ねられていたと言われています。 この間、ズマと彼の政府は汚職で告発されました。そのため、南アフリカのズマの支持者の多くは、グプタ兄弟がこれを非難していると感じており、インド系の人々がそこで標的にされているのです。 現在、最も緊張しているのはクワズールナタール州で、インド系移民の人口は140万人と最も多い。

グプタ兄弟はどのように暴力に責任がありますか?

ここで、グプタ兄弟がこの暴力に間接的にどのように責任があるかを理解してください。 実際、グプタ兄弟は3人の兄弟です。 Atul Gupta、Rajesh Gupta、AjayGupta。 2016年、南アフリカの元副財務大臣であるJonas Mebisiは、グプタ家が彼を次の財務大臣にするために6000万ランド(Rs 375クローレ)を彼に提供したと主張し、彼の前に財務大臣が彼はなる、彼はグプタ家のすべてのものを受け入れる必要があります。

この後、南アフリカ政府のオンブズマンも報告書を発表し、グプタ家とズマ大統領が政府との契約を結ぶために互いに助け合ったと主張し、2017年に100万通以上の電子メールがリークされたときにこの問題はさらに悪化したと詳細に述べています家族が南アフリカの支配を示すことによって、南アフリカの富と資源をどのように奪ったか。

ズマ兄弟とグプタ兄弟のこの不道徳な同盟は、そこで「ジュプタ」と呼ばれています。 ズマは刑務所に入れられましたが、グプタ兄弟3人はまだ南アフリカに捕らえられていません。 彼はアラブ首長国連邦に隠れていて、南アフリカ政府は彼を逮捕しようとしていると言われています。

ムラリラルジャランとグプタ兄弟とのつながり

2020年10月、インドのビジネスマンであるMurali Lal Jalanが、赤字の航空会社であるジェットエアウェイズに入札し、落札しました。 この取引は1700ルピーで行われましたが、真実はムラリラルジャランの総資産はわずか1000ルピーです。 それから多くの人々は、この取引はジャランによってではなく、グプタ兄弟によって行われたと言っていました。

実際、ムラリ・ラル・ジャランはドバイで事業を営んでおり、理解すべきことは彼がグプタ兄弟の親戚であるということです。 グプタ兄弟の一人であるアトゥルグプタの息子は、ムラリラルジャランの姪と結婚しています。 つまり、ムラリラルジャランはグプタ兄弟とも関係があります。

民間航空局長がジェットエアウェイズとムラリラルジャランとの取引を終了する可能性があるという報告があります。 インドのグプタ兄弟の隠れ家で所得税の襲撃が行われ、南アフリカ政府はそれらを探していますが、グプタ兄弟は隠れて座っており、そのため南アフリカは現在燃えています。』

南アフリカ前政権下で汚職、グプタ兄弟をUAEで逮捕

南アフリカ前政権下で汚職、グプタ兄弟をUAEで逮捕
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN070BC0X00C22A6000000/

『【ヨハネスブルク=AFP時事】南アフリカ司法省は6日、声明を出し、2018年に辞任したズマ前大統領の背後で大規模な汚職を取り仕切ったとされるインド出身のグプタ3兄弟のうち2人がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで逮捕されたと発表した。声明は「ラジェシュとアトゥルの両グプタ容疑者について逮捕の連絡がUAE当局からあった」と述べている。

ズマ政権時代のグプタ兄弟は、ズマ氏との個人的なつながりを活用し、賄賂を使った工作で巨額の国家事業を次々受注した。政権末期には閣僚の人事まで決めるほど影響力は強まっていた。

兄弟はズマ氏失脚直後に出国し逃亡。南ア当局は昨年、兄弟を国際手配していた。』

ブルーダイヤモンド事件

ブルーダイヤモンド事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 ※ これは、確か貼らなかった(パソコン内の自分用のフォルダには、収集してある)んで、知らない人が多いかもしれない…。

 ※ 今回、貼っておくことにする…。

『ブルーダイヤモンド事件(ブルーダイヤモンドじけん、英語: Blue Diamond Affair)は、1989年にサウジアラビア王室サウード家で発生したタイ人従業員による宝石窃盗事件に端を発する一連の未解決事件と敵対的外交関係。この事件によりサウジアラビアとタイ王国の関係が30年以上にわたり悪化することとなった[1]。』

『窃盗事件

1989年、タイ人労働者クリアンクライ・テチャモンが、使用人として勤めていたサウジアラビア国王の長男ファイサル・ビン=ファハド王子の宮殿から宝飾品や高価な宝石類など計91kg(200ポンド)[2]:183を盗み出した[3]。

クリアンクライは王子の寝室に出入りすることが可能で、盗んだ宝飾品等は宮殿の掃除機の紙パックの中に隠した。

盗難品の中には貴重な50カラットのブルーダイヤモンド等の宝石が含まれており[4]、クリアンクライはこれらの宝飾品等をタイ王国ラムパーン県の自宅に送った[5]。

宝石の処分が難しいと判明すると、クリアンクライは宝石をわずかな対価と引き換えに売り始めた。バンコクの宝石商サンティ・シタカナンは宝石類が売りに出されていることを知り、その価値からするとほんの僅かな金額でほとんどの宝石をクリアンクライから買い入れた[6]。

盗難品の回収

タイ王国国家警察庁は、チャラー・カーディテ中将率いるチームの捜査の結果、クリアンクライを逮捕し、サンティの取り調べを行い、盗まれた宝飾品のほとんどを回収した。

クリアンクライは懲役7年の有罪判決を受けたが、警察の捜査に協力し自供したため、3年後に釈放された。

チャラー中将のチームはサウジアラビアを訪問し盗難品を返却した。しかし、サウジアラビア当局は、返却された盗難品の中にブルーダイヤモンドがなく、返却された宝石の約半分が偽物だったことを突き止めた[7]。

バンコクでは、チャリティーイベントで撮影された写真に写っていた政府関係者の妻の多くがサウジアラビアの宮殿で盗まれたダイヤモンドのネックレスに似た品を着用していた、という噂が地元紙の間で流れた。

この噂は、タイ警察や要人が宝石を自らの懐に入れたのではないか、というサウジ側の疑念に油を注いだ[8]。

捜査

サウジ王室と親しいサウジアラビア人実業家モハメド・アルルワイリはバンコクに渡り独自に捜査を行っていたが、1990年2月12日に行方不明となり、殺害されたものと推定されている[9]。

また、アルルワイリ失踪前の1989年1月4日にはサウジアラビア人外交官1人がバンコク・バーンラック区シーロム通りで殺害され、1990年2月1日にはさらに3人のサウジアラビア人外交官がバンコク・ヤーンナーワー区トゥンマハメクで殺害された[10][11]。

これらの殺害事件はいずれも未解決であり[2]:185、宝飾品窃盗事件との因果関係も明らかになっていないが、サウジアラビア政府は「…タイ政府はアルルワイリやサウジアラビア人外交官3人の暗殺の真相解明について十分な調査を行っていない」との見解を示している[11]。

その後、チャラー中将は、1995年に盗難事件にかかわったとされる宝石商の妻子が殺害された事件で、殺害を命令した容疑で死刑判決を受けた[12]。

タイ最高裁は判決を支持し2009年10月16日にチャラーに死刑判決を言い渡したが、この判決はタイ国王ラーマ9世の84歳の誕生日に国王によって懲役50年に減刑された[13]。

他にも警察官6人が殺害にかかわったとして有罪判決を受けている。このうち、パンサック・モンコルシルプ警察中佐は2002年に無期懲役の判決を受け、2005年の控訴審でも支持されたが、2012年に釈放された[14]。

外交・経済への影響

「en:Saudi Arabia–Thailand relations」も参照

サウジアラビアとタイの関係は、殺害事件の後さらに悪化した。

サウジアラビアはタイ人に対する就労ビザの発行を停止し、自国民にバンコクへの渡航を控えるよう勧告した。また、在タイ外交団を代理公使レベルまで格下げした[15]。

この結果、サウジアラビアで働くタイ人の数は、1989年の15~20万人から2008年にはわずか1万人にまで減少した。

サウジアラビア国内での就労が許可されたタイ人労働者が減ったことによりタイが被った損失は、送金額で約2,000億バーツ(約7,000億円[注 1])に上った[16]。

その後

2016年3月17日、クリアンクライ・テチャモン(当時65歳)はラムパーン県の自宅で取材に応じ、残りの人生を僧侶として過ごし、自身の不誠実な行為を懺悔すると話した。

窃盗罪でタイの刑務所に5年近く収監されていたクリアンクライは、所在不明のブルーダイヤモンドは呪われていると信じており、自身と家族に災いをもたらしたと話した[17]。
チャラー・カーディテは国王により恩赦が与えられ、2015年8月に釈放された。その後、クリアンクライの出家式に参列している[18]。

2019年3月22日、タイ最高裁は1990年のサウジアラビア人実業家モハメド・アルルワイリ拉致殺害事件について、警察官5人を証拠不十分で無罪とした。

この5人の警察官については、長年再三にわたり告訴が却下されている。刑事裁判所は2014年に訴えを却下する判決を下し、翌年の控訴審でも支持された[10][19]。

2022年1月25日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン王太子とタイのプラユット・チャンオチャ首相がサウジの首都リヤドで首脳会談を行い、両国の外交関係を正常化することで合意し、30年以上にも及ぶ関係の冷え込みに終止符が打たれた[20]。