モンゴルで始まった野球・ソフト普及の「奥の手」

モンゴルで始まった野球・ソフト普及の「奥の手」
編集委員 篠山正幸
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD039CU0T00C22A6000000/

『ルールが複雑で、必要な道具も多い野球は世界のどこでも親しまれているとはいえない。野球文化が根付いていない国や地域で、面白さを知ってもらうには……。日本の指導者による「奥の手」を使った普及活動が、モンゴルで始まった。

4月30日から5月3日の4日間、日本ティーボール協会常務理事で、全国大会の審判委員長を務める久保田浩司・東京都立青鳥特別支援学校教諭による講習会が、首都ウランバートルの学校などで行われた。

ティーボールは1988年に当時の国際野球連盟と国際ソフトボール連盟により、野球やソフトボールの入門バージョンとして考案された。
ティーと呼ばれる台の上においた球を打つので、だれでも親しみやすい=久保田教諭提供

野球を始める子供たちが最初にぶつかる壁が、ストライクを投げ、飛んでくる球をとらえることの難しさ。ストライクが投げられなければ、試合が進行せず、野球は退屈なスポーツ、となりがち。

この難点を解消するため、野球やソフトボールから、投手というポジションをなくしたのがティーボール、と考えていいだろう。ティーと呼ばれる台の上に置いた球を打つので、初心者にも難しくない。

野球の入門編という位置づけの北米では金属バットと硬式球を使っているが、日本ではもっと簡素化し、ウレタン製のボール、バットを採用し、独自の競技として発展してきた。グラブも必要なく、学校の授業にも取り入れられている。

講習会を企画したのはティーボールの普及によって、将来「野球、ソフトボールの選手が生まれることを期待する」という河内志郎氏だ。河内氏は徳島県でリサイクル業の「三木資源」を経営する傍ら、大相撲の元横綱、白鵬の両親との出会いをきっかけに、モンゴルとの文化交流を深めてきた。

もともと野球選手だったことから、モンゴルでの普及のため、球場の寄贈にもかかわってきた。
ティーボールの講義で久保田教諭(奥左)が質問すると、全員が積極的に答えた=久保田教諭提供

野球がほとんど知られていない国や地域での普及は難しい。モンゴルにも日本の元プロ野球選手らが早くから指導に訪れてきたが、なかなか定着しなかった。そこで河内氏はティーボールに着目し、普及活動を続けてきた。

久保田教諭が指導したのは学校の先生や、教師を目指す大学生たち。久保田教諭がキャッチボールのコツは? と問うと全員が挙手し、先を争って答えた。そんな自己主張の強さはみんなが好きな打順や守備位置を譲らず、試合が始まらない、という事態も招いた。

「自己主張しないと世の中の競争に負ける、という考え方が浸透しているらしく、文化の違いを感じた」と久保田教諭は話す。「個」の意識が強い国で、ティーボールや野球を教えるときに、しばしば問題になるのが、個人と組織の折り合いのようだ。
学校の先生や、将来先生になる大学生らが受講した。学校をベースにした野球型競技の伝道が期待される=久保田教諭提供

元阪神監督の吉田義男氏がフランスで野球を指導し、バントを教えたときには「自分は打ちたい。なぜ自分が犠牲にならなければいけないのか」という選手がいたという。

だが、こうした自己主張と積極性はスポーツだけでなく、あらゆる分野で上達のカギになるものでもある。久保田教諭も、そこに手応えを得た。「実技を始めるため道具をおいたら、もう自分たちでキャッチボールを始めていた」。野球型競技の面白ささえわかってもらえれば、学校を拠点に先生たちから子供たちへの伝道のサイクルができる、と期待する。

今年は日本とモンゴルの外交関係樹立50周年にあたり、8月にはモンゴルで記念事業が行われる。在徳島モンゴル国名誉領事で、記念事業の実行委員長を務める河内氏の地元の阿波おどりや高知のよさこい祭りが披露されるほか、日本のチームも参加してティーボール大会を行う予定だ。

「ティーボールから入るのはいい考え」と話すのは2007年、アフリカのガーナ代表を率いて08年の北京五輪予選に臨んだ野球指導者、阪長友仁氏(NPO法人「BBフューチャー」理事長)だ。

ガーナにも野球文化はほとんどなかった。代表は主に高校生の世代で構成されていた。当初、ストライクがなかなか投げられず、紅白戦は3時間かけてやっと四回、という状態だった。
ガーナ代表チームを指導した阪長氏(右から2人目)。試合を進めるため当初は特別ルールを設けるなど工夫したという=阪長氏提供

このためボールカウントを最初から1-1に設定したり、打者は1球ストライクを見逃しただけで三振という特別ルールを設けたりした。「とにかくボールが動き、人が動くようにすること。そうでないと野手も待ちぼうけだし、練習にならない」と阪長氏はいう。

正規の野球にこだわれば、ハードルが高くなるばかり。その点、まずは誰でも取り組みやすいところから、という点でティーボールは可能性を秘めている。

昨年の東京大会を最後に、野球・ソフトボールが五輪から外れた理由の一つが国際的な普及の遅れだ。本式の野球にこだわるより、まずは打ってベースを回る楽しさから……。モンゴルでの試みは、野球の未来を占う試金石になるかもしれない。』

FT] 欧州CL決勝巡る英仏対立、外交問題に発展の可能性

[FT] 欧州CL決勝巡る英仏対立、外交問題に発展の可能性
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB010LJ0R00C22A6000000/

 ※ ブレグジットの余波なのか…。

 ※ 紙チケットは「偽造」で、デジタル・チケットは「ОK」とか言うのも、いかにも「今風」な話しだ…。

 ※ サッカーのサポーターは、いつも「熱く」なり過ぎだ…。

 ※ 今回は、特に、コロナで「行動制限」されていた「反動」も、あるんだろう…。

『フランス政府は28日にパリ郊外のサンドニで開催されたサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦で生じた混乱について謝罪した。これに対し、英国政府は当日の状況について「強い衝撃と憂慮を禁じ得ない」とコメントした。責任の所在について両国の認識の隔たりは大きく、外交問題に発展する可能性がある。

28日のサッカーの欧州チャンピオンズリーグ決勝戦。英国政府はリバプールファンに対する仏警察の対応に「深く失望している」と非難した=ロイター

フランスの関係閣僚はリバプール(イングランド)対レアル・マドリード(スペイン)の決勝戦に集まった英国のサッカーファンへの対応に問題があったことを認めた。

大量の偽造チケットが出回る

一方、競技場「スタッド・ド・フランス」の場外で警察が女性や子どもにまで催涙スプレーを浴びせて観客の入場を規制した問題について、仏政府は「組織ぐるみ」での偽造チケットが流通したのが原因だと述べた。試合はレアル・マドリードが勝利したが、偽造チケットを持つ数千人のリバプールのファンが詰めかけ開始が30分以上遅れた。

スポーツ当局と法執行当局による緊急会議後に開かれた記者会見で、ダルマナン内相とウデアカステラ・スポーツ相は、競技場周辺に集まったリバプールのファンの身にふりかかった出来事に遺憾の意を表明した。ダルマナン氏は「28日の夜に生じた大混乱は全く自慢にもならない」と述べ、「スポーツは祭典であるべきだが、今回は一部台無しになった」と付け加えた。

一方で同氏は、偽造チケットを持つか、そもそもチケットを持たない4万人ものファンが入場口に殺到し危険な状況になったことが原因だと述べ、警察の対応を擁護した。

さらにダルマナン氏は、今回の「組織ぐるみの大型詐欺」が起きたのはリバプールサポーターのほぼ全員がデジタルチケットではなく紙のチケットを利用していたせいだと指摘した。これに対してレアル・マドリードのファンは2万2000人のうち4分の3がデジタルチケットを持っていた。フランスの検察当局はチケット詐欺の疑いで捜査を開始し、CLを主催する欧州サッカー連盟(UEFA)に調査を要請した。

「ファンの証言と矛盾」

入場を待ちわびるリバプールのファンは購入したチケットを提示したが、大量の偽造チケットが流通したため多くが入場規制を受けた=AP

偽造チケットが混乱の原因だとするフランス側の主張に対し、リバプール市のジョアン・アンダーソン市長は「非常に無責任であり、その場にいた複数のリバプールファンによる映像や証言と矛盾している」と批判した。

ジョンソン英首相の報道官は「現場で撮影された映像には強い衝撃と憂慮を禁じ得なかった。多くのリバプールファンは時間に余裕を持ってパリに移動したと聞いている。彼らに対する扱いに深く失望している」と表明した。

フランス側の説明にはジャーナリストや現場にいたファンなどからも疑問が上がっている。サッカーファン団体のフットボール・サポーターズ・ヨーロッパ(FSE)を率いるローナン・エビアン氏は、4万人という数字は「幻想」だと述べ、当日の現場にいた約7000人もの警察隊による行動の責任をリバプールサポーターに負わせるためにフランス当局が人数を誇張していると批判した。

週明けの30日には問題を検証するためにUEFA、フランスサッカー連盟、警察、内務省、競技場があるセーヌサンドニ県の各代表者が出席して会合を開いた。

競技場の最寄り駅を通る鉄道路線でのストライキも混乱を悪化させた。他の交通手段の利用を余儀なくされたファンが数少ない道路から競技場入り口に押し寄せた。英国のサポーターを適切な場所に誘導する標識や案内係も不十分だった。

当局によれば、試合開始の予定時刻だった午後9時の時点でレアル・マドリードのサポーターの97%が入場を済ませたのに対し、リバプールのファンの入場は半数にとどまっていた。

UEFAは決勝戦で起こった問題に関して外部の独立機関に調査を依頼したと発表し、「包括的な調査によって決勝戦に関わった全関係者の意思決定、責任、対応を検討する」と表明した。

リバプールのビリー・ホーガン最高経営責任者(CEO)もより詳細な調査を求め、ファンに現場で撮影した写真や動画の提供を呼びかけた。

「すべての政治家や関係機関は責任を逃れようとする前に完全かつ独立した調査の結果を待つべきだ」とホーガン氏は述べた。リバプールはフランスの関係閣僚に書簡を送り「責任転嫁を試みる扇情的な発言」に対する謝罪を求めた。

「ヒルズボロの悲劇」以来の惨劇

決勝戦を観戦したリバプールウェストダービー選出のイアン・バーン下院議員(労働党)は、今回のような惨劇を目にしたのは1989年の「ヒルズボロの悲劇」以来だと話した。英中部シェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで行われたイングランド協会(FA)カップ準決勝でゴール裏の立ち見席にサポーターが殺到し、観客96人が圧死した事故のことだ。バーン氏はトラス英外相にフランス当局およびUEFAの対応に問題がなかったかどうか正式な調査を求める書簡を送った。

「正直に言って、あの競技場周辺で私は人生で最も恐ろしい体験をした。ヒルズボロの生存者として、こんなコメントを軽々にはしない」とバーン氏は書簡で訴えた。

「サッカーの試合でこれほど非友好的な状況を私は本当に一度も見たことがない。まさにぞっする光景だった。催涙スプレーをかけられた人のなかには多くの高齢者、子ども、障害者、ぜんそく患者、思い出作りに出かけた家族がいた」

一部のファンからは競技場から出る途中で金品を脅し取られたとの報告や、警察が会場周辺の警備を怠ったと責任を追及する声も上がった。警察当局は29日、こうした報告に対するコメントを拒否した。

フランスは注目のイベントで面目を失っただけでなく、2023年のラグビー・ワールドカップおよび24年の夏季五輪の開催国として政治的にデリケートな問題を抱え込むことになった。

By Leila Abboud and Jim Pickard

(2022年5月31日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版 https://www.ft.com/)

(c) The Financial Times Limited 2022. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation. 』