【随時更新】北朝鮮弾道ミサイル 飛行距離これまでで最長か

【随時更新】北朝鮮弾道ミサイル 飛行距離これまでで最長か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221004/k10013847211000.html

 ※ 今日は、こんなところで…。

『防衛省によりますと、4日午前7時22分ごろ、北朝鮮から弾道ミサイル1発が発射されました。

ミサイルは、青森県の上空を通過しておよそ4600キロ飛行し、東北地方の東およそ3200キロの日本のEEZ=排他的経済水域の外側の太平洋に落下したとみられています。

北朝鮮が日本の上空を通過する形で弾道ミサイルを発射するのは5年前の9月以来で、飛行距離は、北朝鮮が発射したなかではこれまでで最も長いとみられていて、防衛省が情報の収集を進めるとともに、発射の意図について分析を進めています。

韓国国防省「ICBM発射または核実験強行の可能性」

韓国国防省は4日開かれた国会の委員会で、北朝鮮はICBM=大陸間弾道ミサイルやSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの技術を完成させるために発射の準備を進めているほか、核実験が可能な状態を維持しているという見方を示しました。
そして今後は韓国軍の抑止力強化の動きなどを口実に挑発の度合いを強めるとしたうえで「国際情勢の状況を判断してICBMの発射、または7回目の核実験を強行する可能性がある」という見解を明らかにしました。

岸田首相「断じて容認できない」

北朝鮮が4日朝に弾道ミサイルを発射したことについて、岸田総理大臣は、昼ごろから総理大臣官邸で開かれた政府与党連絡会議で「北朝鮮が本日、弾道ミサイルを発射し、わが国の上空を通過したことを受け、NSC=国家安全保障会議を開催した。わが国の安全保障にとって重大かつ差し迫った脅威であるとともに地域および国際社会の平和と安全を脅かすものであり、断じて容認できない」と述べました。

そのうで「情報収集・分析に全力をあげるとともに、関係国と緊密に連携し、国民の安全と安心の確保に万全を期していく」と述べました。

浜田防衛相とアメリカ軍司令官が会談 ミサイル発射を非難

浜田防衛大臣は4日午前、防衛省で、アメリカのインド太平洋軍のトップ、アキリーノ司令官と会談しました。
この中で浜田大臣は、北朝鮮が4日朝、発射した弾道ミサイルが日本の上空を通過したことについて「これまでの弾道ミサイルなどのたび重なる発射に続く暴挙だ」と述べ、改めて強く非難しました。
そのうえで「北朝鮮によるたび重なる弾道ミサイル発射、中国による力による一方的な現状変更やその試みの継続など、わが国を取り巻く安全保障環境は格段に厳しさを増しており、地域の平和と安定にとって日米同盟はかつてなく重要となっている」と述べました。
これに対しアキリーノ司令官は、北朝鮮の発射を強く非難したうえで「このような行動が地域の不安定化を及ぼし、さらには平和と安定を脅かす」と述べ、自由で開かれたインド太平洋の維持に取り組む考えを示しました。

「火星12型」とは 射程は約5000キロ

防衛省によると、中距離弾道ミサイル級の「火星12型」は液体燃料方式で、射程がおよそ5000キロに及び、北朝鮮はこれまでに4回発射しています。

このうち、2017年8月29日と9月15日には、北海道の渡島半島付近と襟裳岬付近の日本の上空を通過する形で1発ずつ発射されました。
また、2017年5月14日とことし1月30日には、通常より角度をつけて打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射され、飛行時間がいずれも30分程度に及んでいます。

防衛省は、これまでの発表を踏まえると、北朝鮮が「火星12型」の実用化を進めているとみられ、生産段階にある可能性も考えられるとしています。
『火星12型』と同型の可能性 飛行距離これまでで最長か

浜田防衛大臣が4日午前10時すぎ、防衛省で記者団に対して明らかにした内容です。

▽北朝鮮が4日午前7時22分ごろ、北朝鮮内陸部から1発の弾道ミサイルを東方向に向けて発射

▽最高高度はおよそ1000キロで、およそ4600キロ飛行

▽7時28分ごろから7時29分ごろにかけて青森県上空を通過

▽7時44分ごろ、日本の東およそ3200キロの日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと推定される

▽高度や飛行距離を踏まえるとIRBM=中距離弾道ミサイル級以上の射程を有するミサイルだと推定される

▽これまでに4回発射している中距離弾道ミサイル級の「火星12型」と同型の可能性がある

▽発射地点から着弾地点までの飛行距離、およそ4600キロは、これまでで最長だったと考えられる

▽現在までのところ、航空機や船舶からの被害報告などの情報は確認されていない

浜田大臣は、今回の発射について「わが国上空を通過させる形での弾道ミサイル発射は、航空機や船舶はもとより、上空を弾道ミサイルが通過したと判断される地域の住民の安全確保の観点からも極めて問題である行為だ。断じて容認できない」として、北朝鮮側に対し、北京の大使館ルートを通じて抗議したことを明らかにしました。

自民 高木国会対策委員長「国会で非難決議 採択の方向で調整」

自民党の高木国会対策委員長は、党の役員連絡会で「北朝鮮の弾道ミサイルがわが国の上空を通過した場合、これまでは国会で非難決議を行ってきた。今回どうするか早急に検討したい」と述べました。

また、茂木幹事長はこのあとの記者会見で「基本的には決議を採択する方向で調整したい」と述べました。

国会では2017年12月、衆参両院の本会議で北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことに厳重に抗議する決議を全会一致で可決しています。

防衛省 飛行距離はこれまでで最も長いとみられる

防衛省によりますと、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは午前7時28分ごろから7時29分ごろにかけて青森県の上空を通過し、日本の東およそ3200キロに落下したとみられるということです。

また、飛行距離はおよそ4600キロで、北朝鮮が発射した弾道ミサイルのなかでこれまでで最も長いとみられるということです。

日米韓の担当者がオンライン協議 “国連安保理で協議の必要”

北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、外務省の船越アジア大洋州局長は、アメリカ国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国外務省のキム・ゴン朝鮮半島平和交渉本部長と日本時間の午前9時ごろからおよそ20分、電話で協議しました。

この中で船越局長は「北朝鮮が2017年以来となる日本の上空を通過する弾道ミサイルの発射をしたことは極めて遺憾であり、断じて容認できない」と述べました。

そのうえで3者は、先週1週間で4回、弾道ミサイルを発射したのに続き、4日、日本の上空を通過する形で弾道ミサイルを発射したことを強く非難するとともに、こうした発射を含め、北朝鮮が核・ミサイル活動を強化していることは、国際社会に対する明白かつ深刻な挑戦だという認識を改めて共有しました。

そして、国連安全保障理事会でのさらなる対応や、日米韓3か国の安全保障協力を含む地域の抑止力の強化などについて、引き続き緊密に連携していくことを確認しました。

韓国軍 合同参謀本部 “飛行距離4500キロ 速度は音速の17倍”

韓国軍の合同参謀本部によりますと、北朝鮮がけさ発射した中距離弾道ミサイルは、飛行距離がおよそ4500キロ、高度は970キロで、速度は音速の17倍にあたるマッハ17に達したと発表しました。

松野官房長官「被害の情報は確認されず」

松野官房長官は、NSC=国家安全保障会議の閣僚会議のあと記者会見し、北朝鮮から発射された弾道ミサイルは1発であることを明らかにした上で、「青森県付近の我が国上空を通過した後、7時44分頃、太平洋上の我が国排他的経済水域外に落下したものと推定される。現時点で被害報告などの情報は確認をされていない。政府としては、引き続き、我が国の領域、およびその付近の落下物の有無などについて、関係機関を通じて確認作業を実施しているところだ」と述べました。

韓国 ユン大統領「飛行距離4000キロ程度の中距離弾道ミサイル」

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領は、北朝鮮が4日朝に発射した弾道ミサイルについて、報道陣に対し「飛行距離が4000キロ程度になる中距離弾道ミサイルが日本を越える形で発射された」と述べました。

そのうえで「北は、わが軍をはじめ、同盟国や国際社会のきぜんとした対応に直面することになる」と述べ、北朝鮮を強く非難するとともに、午前9時からみずからも出席してNSC=国家安全保障会議を開くことを明らかにしました。

国家安全保障会議の閣僚会合終わる(午前9時ごろ)

北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けたNSC=国家安全保障会議の閣僚会合が、午前9時ごろに終わりました。

岸田総理大臣や浜田防衛大臣、それに林外務大臣らが出席し、これまでに入っている情報の報告を受けたうえで、今後の対応などについて協議したものとみられます。

自民 小野寺安全保障調査会長「看過できない」(午前8時すぎ)

自民党は午前8時からおよそ2時間、国防部会などの合同会議を開きました。

冒頭、小野田防衛政務官は「弾道ミサイルの可能性があるものが発射された。北朝鮮による一連の行動は断じて容認できず、引き続き、情報収集と警戒監視に全力を挙げ、わが国の平和と安全の確保に万全を期していく」と述べました。

また、自民党の小野寺安全保障調査会長は「Jアラートが発出されたのは5年ぶりであり、わが国の上空を通過したとすれば、看過できない大変異常な状況だ。また、今後、核実験のさまざまな情報も持たらされることもあると思う」と指摘しました。

合同会議では防衛省の担当者が、相次ぐ北朝鮮による弾道ミサイルの発
射などについて説明を行いました。

会合のあと小野寺氏は、記者団に対し「Jアラートの対象地区が二転三転しており、初期対応に問題があかったか検証が必要だ。また、万が一のときは、堅ろうな施設で国民を保護する必要があり、しっかり議論すべきだ」と述べました。

ミサイル 日本列島の東3000キロ余の海域に落下か

松野官房長官は、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは、東北地方の上空を通過し、日本のEEZ=排他的経済水域の外側の太平洋上に落下したと推定されると明らかにしました。

また、政府関係者によりますと、北朝鮮から発射されたミサイルは東北地方の上空を通過したあと、日本のEEZ=排他的経済水域の外側の太平洋に落下したとみられています。

発射後、およそ20分間、4000キロ以上飛行し、日本列島の東3000キロ余りの海域に落下した可能性があるということです。

防衛省は情報の分析を詳しく進めています。

松野官房長官は午前8時10分ごろから緊急の記者会見を行いました。

この中で、松野官房長官は、北朝鮮が4日午前7時22分ごろ、北朝鮮内陸部から弾道ミサイル1発を東方向に発射し、東北地方の上空を通過したあと、7時44分ごろ、太平洋上の日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと推定されることを明らかにしました。

また、現時点で、被害報告などの情報は確認されていないとしています。

そして、ミサイルが日本の上空を通過したことを踏まえ「ミサイルが通過したと判断される地域に重点を置き、落下物などの被害がないか速やかに確認すること。北朝鮮の今後の動向を含め、情報収集・分析を徹底すること。アメリカや韓国などの関係諸国と連携し、必要な対応を適時適切に行うことの指示が岸田総理大臣からあった」と述べました。

そのうえで「一連の北朝鮮の行動はわが国、地域および国際社会の平和と安全を脅かすものであり、国際社会全体にとっての深刻な挑戦だ。関連する安保理決議に違反するもので、北朝鮮に対し厳重に抗議し、最も強い表現で非難した」と述べました。

そして「国連安保理の場を含めアメリカ、韓国をはじめ、国際社会と緊密に連携して対応するとともに、国民の生命・財産を守り抜くため、引き続き、情報の収集と分析、警戒監視に全力を挙げていく」と述べました。

岸田首相「暴挙で強く非難」

岸田総理大臣は午前8時過ぎに総理大臣官邸で記者団に対し「先ほど北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、我が国上空を通過し、太平洋上に落下したとみられる。最近の度重なる弾道ミサイルの発射に続く暴挙であり、強く非難する」と述べました。

そのうえで「私からはこの事態を受けて、落下物等による被害がないかの確認、そして情報収集分析の徹底、関係国との連携を指示したところだ。こののち、直ちにNSC=国家安全保障会議を開催し、情報の集約、分析に努めたい」と述べました。

外務省幹部「米韓共同訓練など行ったため 何かしら反応か」

外務省幹部は、午前8時半ごろ外務省で記者団に対し「現在、情報収集中だ。北朝鮮は、米韓が空母も参加した共同訓練などを行ったため、何かしら反応しなければいけなかったのだろう」と述べました。

「すでに落下したとみられる」海上保安庁

海上保安庁は防衛省からの情報として「弾道ミサイルの可能性があるものは、すでに落下したとみられる」と午前7時46分に発表しました。

航行中の船舶に対し、今後の情報に注意するよう呼びかけています。

政府 国家安全保障会議の閣僚会合開催

北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けたNSC=国家安全保障会議の閣僚会合が、午前8時45分ごろに始まりました。

岸田総理大臣や浜田防衛大臣、それに、林外務大臣らが出席していて、これまでに入っている情報の報告を受けたうえで、今後の対応などについて協議するものと見られます。

防衛省 幹部による会議開催

防衛省は北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のあるものが発射されたと午前7時27分に発表しました。

防衛省は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことから、午前8時半前から、井野防衛副大臣ら幹部による会議を開いていて、ミサイルの軌道や種類、飛しょうした距離などについて分析を急いでいます。

韓国軍の合同参謀本部「北部から1発を発射」

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が4日午前7時23分ごろに、北部のチャガン(慈江)道ムピョンリ(舞坪里)付近から、東に向けて発射し、中距離弾道ミサイルと推定される1発を発射したと発表しました。

韓国軍はアメリカ軍とともに飛行距離や高度などを詳しく分析しています。

北朝鮮 弾道ミサイルなどの発射 ことしに入って23回目

防衛省などによりますと、北朝鮮が弾道ミサイルなどを発射したのはことしに入って23回目です。

これまでに、1月に7回、2月に1回、3月に3回、4月に1回、5月に4回、6月は1回、8月に1回、先月に3回、今月に1回、それぞれ弾道ミサイルなどの発射を繰り返しています。

特に先月下旬から今月初めにかけてはわずか1週間の間に4回と相次いで発射しています。

これまでの22回のうち、19回は弾道ミサイルと推定されもう1回も弾道ミサイルの可能性が指摘されています。

残りの2回は長距離巡航ミサイルなどと推定されています。

このうち、直近の今月1日に発射された弾道ミサイルについて防衛省は、北朝鮮西岸付近から2発を東方向に向けて発射したことを明らかにしています。

変速軌道で飛行した可能性があり、いずれも落下したのは日本のEEZ=排他的経済水域の外側と推定されるとしています。

Jアラートやエムネットでの情報発信は2017年9月15日以来

北朝鮮による弾道ミサイルの発射について、政府がJアラート=全国瞬時警報システムや、エムネット=緊急情報ネットワークシステムで情報を発信したのは、5年前の2017年9月15日以来です。

このとき、弾道ミサイルは北海道の渡島半島や襟裳岬付近の上空を通過しておよそ3700キロ飛行し、太平洋上に落下したとみられ、政府は、ミサイルの発射と上空通過、それに、推定される落下地点についてJアラートやエムネットを通じて情報を発信しました。

JーALERTとは

JーALERT=全国瞬時警報システムは、防災や国民保護に関する情報を、人工衛星を通じて瞬時に自治体に送るものです。

国からの情報を自治体の装置が受信すると、防災行政無線が自動的に起動して放送が行われます。

また、一部の自治体では、登録すれば携帯電話のメールで情報を受け取ることができます。

システムが作動してから最短では数秒で、情報伝達が可能だということで、現在は、すべての自治体で導入されています。

政府によりますと、JーALERT=全国瞬時警報システムは、弾道ミサイルが日本の領土や領海に落下する可能性がある場合や領土や領海を通過する可能性がある場合に使用されます。
北朝鮮 日本海に向け短距離弾道ミサイルを相次いで発射

北朝鮮はこのところ、日本海に向けて短距離弾道ミサイルを相次いで発射していました。

先月25日に北西部ピョンアン(平安)北道のテチョン(泰川)付近から1発、
28日に首都ピョンヤン郊外の国際空港があるスナン(順安)付近から2発、
29日に西部ピョンアン南道のスンチョン(順川)付近から2発、
さらに今月1日には、ピョンヤン郊外のスナン付近から2発を発射していました。

ことしに入ってからの弾道ミサイルなどの発射はこれで23回と、過去にない異例の高い頻度で発射を繰り返しています。

北朝鮮は、去年1月に打ち出した「国防5か年計画」に基づいて局地的な攻撃に使う「戦術核」や、低空を変則軌道で飛ぶなど探知や迎撃が難しい多様なミサイルの開発を進めています。

北朝鮮ミサイル 過去には発射の約7~10分後に日本上空通過

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本の上空を通過した過去6回のケースでは、発射のおよそ7分後から10分後に日本の上空を通過しています。

このうち、2017年9月15日のケースでは、午前6時57分ごろ、北朝鮮西岸のスナンから弾道ミサイル1発が北東方向に向けて発射されました。

そして、発射のおよそ7分から9分後にかけて北海道の渡島半島や襟裳岬付近の上空を通過し、発射からおよそ19分後に襟裳岬の東、およそ2200キロの太平洋上に落下したとみられています。

ミサイルの飛行距離はおよそ3700キロと推定されています。

また、同じ年の8月29日のケースは、午前5時58分ごろ、スナンから弾道ミサイル1発が北東方向に向けて発射されました。

そして、およそ7分から9分後にかけて、北海道の渡島半島や襟裳岬の上空を通過し、発射からおよそ14分後に襟裳岬の東、およそ1180キロの太平洋上に落下したとみられています。

飛行距離はおよそ2700キロと推定されています。

このほか、2016年2月7日のケースでは、午前9時31分ごろ、北朝鮮北西部のトンチャンリから、事実上の弾道ミサイルが南へ発射されました。

そして、およそ8分から10分後にかけて沖縄県の先島諸島付近の上空を通過したと推定されています。

北朝鮮 日本上空通過の弾道ミサイル発射 今回で7回目

北朝鮮が日本の上空を通過する形で弾道ミサイルを発射するのは5年前の9月15日以来で、今回で7回目です。

このうち、前回、5年前の9月と、前々回、5年前の8月の発射は、いずれもミサイルが北海道の渡島半島や襟裳岬付近の上空を通過し、太平洋上に落下したとみられます。

防衛省は、いずれも最大射程およそ5000キロの中距離弾道ミサイル級の「火星12型」としています。

このほか北朝鮮は、1998年8月と2009年4月に東北地方の上空を、2012年12月と2016年2月には沖縄県の先島諸島付近の上空を通過させる形で弾道ミサイルを発射しています。

一方、北朝鮮が事前に予告なく日本の上空を通過する形で弾道ミサイルを発射したのは、今回で4回目です。

北朝鮮をめぐる最近の動き

核・ミサイル開発を加速する北朝鮮に対し、日米韓3か国は結束を示して強くけん制していました。

米韓両軍は、およそ4年ぶりとなった本格的な野外機動訓練を含む合同軍事演習のあと、先月29日までの4日間、日本海で共同訓練を実施しました。

また、先月30日には、アメリカの原子力空母も投入して日本を含めた3か国による共同訓練が、日本海で5年ぶりに行われました。

さらに、アメリカのハリス副大統領が先月29日、南北を隔てる非武装地帯を視察し「北朝鮮には残忍な独裁政権と人権侵害、非合法な兵器開発がある」と厳しく非難したほか、韓国のユン・ソンニョル大統領も今月1日、軍の創設記念日の演説で「アメリカとの合同演習をより強化し、北の挑発と脅威に対応する『行動する同盟』を具現化していく」と述べ、北朝鮮を強くけん制していました。

一方、北朝鮮は、先月の最高人民会議で、核兵器の使用条件などを定めた法令を採択し、キム・ジョンウン(金正恩)総書記が「絶対に核を放棄することはできない」と演説するなど、非核化に応じない姿勢を鮮明にしていました。
Jアラート=全国瞬時警報システムで、北朝鮮からミサイルが発射されたとみられると伝えられてから30分がたちましたが、NHKの映像からは、地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」が配備されている東京の防衛省の周辺で、特異な動きは確認できません。
北朝鮮が弾道ミサイルを発射した北部のチャガン(慈江)道ムピョンリ(舞坪里)付近からは、ことし1月30日にも日本海に向けて中距離弾道ミサイル1発が発射されていました。

このときの高度はおよそ2000キロに達し、飛行距離はおよそ800キロでした。

北朝鮮はその翌日、新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」の発射実験を、通常より角度をつけて高く打ち上げる「ロフテッド軌道」で行ったと発表していました。

これに関連して、韓国の通信社、連合ニュースは、このミサイルが「ロフテッド軌道」ではなく通常の角度で発射されていた場合、飛行距離は3500キロから4500キロ以上に達したと推定され、これはグアムにあるアメリカ軍基地を攻撃できる距離に当たると伝えています。

そのうえで、今回の発射は、ことし1月とは異なり、日本の上空を通過したことから、通常の角度で発射された可能性があるという見方を報じています。』

人命が大事なら、ロシアに妥協してはいけない理由。

人命が大事なら、ロシアに妥協してはいけない理由。 : 机上空間
http://blog.livedoor.jp/goldentail/archives/29802435.html

『戦況が不利になってきたので、ロシアのプーチン大統領から停戦に応じる事も、やぶさかではないみたいな話が出てきていますが、もし、ウクライナ側が、これ以上の犠牲者を出したくないなら、勝ち切るしか方法はありません。プーチン大統領の言う事に、1ミリでも耳を傾けたら、少なくても5年以内に、今の何倍ものウクライナ国民が意図的に殺されます。

この根拠になっているのは、チェチェン紛争です。第一次チェチェン紛争では、レジスタンスがロシアの介入を排除して、国土を守り抜きました。そして、一度は停戦したのです。しかし、停戦で時間を稼いだロシアは、チェチェン内の不満分子を取り入れたり、再軍備を整えたりして、戦争の準備を進め、第二次チェチェン紛争で、国土の大部分を瓦礫の山に変える猛攻で、チェチェン人を殺しまくり、その時にプーチン大統領の犬として活躍したのが、もとレジスタンスで裏切ったカディロフです。今は、その息子が首長としてチェチェンを治めています。

彼の私兵部隊であるカディロフツィは、裏仕事専門の軍事組織として、殺人・誘拐・拷問・占領地の制圧などに駆り出されるプーチン氏の別働隊です。さらに、私掠行為として、占領地での略奪、身代金目的の誘拐も行います。その悪辣ぶりは、ロシア国内でも鼻つまみ者扱いですが、自分の手を汚さないで済むので、とても便利な存在です。実際、国土を灰にした後の、プーチン大統領のチェチェン共和国に対する金銭的な援助は、破格の扱いで、現在では都市の中心部に高層ビルの立ち並ぶ、近代的な佇まいになっています。その一方で、逆らう人間には容赦なく、家に放火したり、襲撃したりしています。

停戦したとしても、準備を整えて次にロシアが戦争を仕掛けてくる場合、こうした連中を解き放ってウクライナ人を虐殺する事を最初から狙ってきます。なぜなら、プーチン大統領に恥をかかせて、ロシアの国威を失墜させたからです。その為、ウクライナ人は消滅させる対象になり、躊躇無く殺しまくるのは確実です。過去にチェチェンで、やってますからねぇ。過去の実績から想像するに、そうなるのは目に見えてます。ロシアに白旗を掲げて降伏するウクライナ人の存在は許してもよいが、そうでない存在は抹殺の対象です。おそらく、それくらいブーチン大統領は怒ってますねぇ。自分のライフワークであるスラブ人中心の優生社会。大ロシア主義の実現を、妨げたからです。

その時の犠牲者は、今の戦死者や民間の被害者が霞む数になるはずです。虐殺が目的ですから。そして、所有者のいなくなった土地は、ロシア人に分け与えれば、最終的には得をした彼らは、プーチン大統領を称えるはずです。何しろ、世界で一番優れたスラブ民族様の正当な権利を実行したに過ぎないからです。彼らは、スラブ人に生まれたからには、優遇された生活と、豊かな土地を与えられる権利があると信じています。それが、大ロシア主義であり、ロシア正教の主教も「戦闘で死んだ兵士の魂は、全ての罪を赦されて浄化される」と、大真面目にオフレを出しています。まぁ、囚人まで戦場に駆り出しているから、それを正当化する方便でしょうけどね。

ロシアがウクライナを武力で制圧すれば、何百万・何千万の難民が、EU各国に溢れ出て、それが西側諸国の国力を弱めます。おそらく、そこまでプーチン氏は計算しているでしょうね。いわゆる、「難民爆弾」です。そして、最終的に世界のルールを「優秀なスラブ民族が決める」のが、プーチン大統領の目的です。それゆえ、もし、一人でも国民の命を助けたければ、グウの音が出ないくらい、ロシアを打ち負かして、勝ち切るしかないのです。それが見えているので、本当はEU諸国もエネルギー不足やインフレで、ブウブウ言っている場合じゃないのですが、冬が目の前に迫ってきているので、呑気な事も言っていられないのですね。

今、ここでロシアを抑えないと、次々と併合される東欧から難民が押し寄せて、西側諸国の経済を破壊して、今どころの話じゃなくなります。もしくは、今の時点でウクライナを裏切って、額をこすりつけてロシアに侘びを入れて、ウクライナのロシアへの併合を認めるかですね。ロシア政府に都合の悪い事をすると、暗殺されて、それが社会のシステムとして仕方なく、生きているだけでもマシというなら、そういう選択もあります。ウクライナ人は死滅しますが、西欧諸国はエネルギーの供給も再開されるし、国土も荒らされずに済みます。状態から言えば、ロシアと完全敵対するより平和ですよ。

国際秩序を維持するのであれば、ロシアの横暴を許すべきではありませんし、今のロシア政府の嘘と欺瞞に溢れたやり口を我慢すべきではありませんが、格言には「命あっての物種」という言葉もあります。実際に失われる命がある以上、軽々しく正義を振りかざすわけにもいきません。第一次世界大戦が終結し、ベルサイユ条約が締結された時、「これは平和などではない。たかだか20年の停戦だ」とフランス軍の陸軍元帥であったフェルディナン・フォッシュは予言しましたが、その通りに、ほぼ20年後に第二次世界大戦が勃発します。

戦争による勝敗と評価は、完全に着けないと、必ずぶり返します。なので、ウクライナに勝ち切る以外の選択肢がないし、陰謀と不正が容認される社会で生きたくなければ、西側諸国は支援し続ける必要があります。』

ウクライナのNATO加盟申請とエスカレーション・ラダー

ウクライナのNATO加盟申請とエスカレーション・ラダー
https://kotobukibune.seesaa.net/article/2022-10-03.html

 ※ グラスルの「エスカレーション・ラダー」、知らんかった…。

 ※ 非常に、参考になった…。

 ※ 『グラスルは、1~3段階目迄は、WIN-WINの関係が成り立つものの、4~6段階目になると、一方が負け、もう一方が勝ち。7~9段階目では両方が負けになるとしています。
グラスルのエスカレーション・ラダー、今のロシアのウクライナ侵攻について、実にうまく説明できるように思います。』…。

 ※ 『筆者の見るところ、既にロシアは、核攻撃をちらつかせる6段階目の脅迫戦略、ウクライナはロシアのいうことは何一つ信用できないとする5段階目の面目失墜にあるように見えます。

最早当事者間で合意できる段階ではないように思えます。たとえ、停戦合意書に血判を押しても信用しないのではないかとさえ。』…。

 ※ 『グラスルは、自身のエスカレーション・ラダーの解除モデルとして、段階別に次の方法を挙げています。

レベル 1-3: 当事者間で解決可能

レベル 2-3: 友人、家族、または専門家による支援

レベル 3-5: 外部の専門的なプロセス サポートからの支援

レベル 4-6: 外部の社会療法プロセスのサポートによる支援

レベル 5-7: 外部の専門家の仲介による支援

レベル 6-8: 自発的または強制的な仲裁による支援

レベル 7-9: 上からの介入によってのみ支援が可能

もし、今のロシアとウクライナが5、ないし6段階目にあるとするならば、最早、当事者間での解決は不可能で、外部の専門家の仲介が必要な段階にあることになります。

外部の専門家が誰になるのかには色んな議論があるかと思います。現時点でアメリカやNATOは建前上は、当事者ではなく”外部”ということになるかと思いますけれども、先日のプーチン大統領の演説を聞く限り、ロシアはアメリカやNATOは外部の専門家とは見做さないのではないかと思います。

となると、それ以外に、ロシアが認める外部の専門家が必要になるのですけれども、果たして今の世界にそんな存在がいるのか。

それがないとなれば、更に深い段階である「自発的または強制的な仲裁」、あるいは「上からの介入」ということになりますけれども、世界でそんなことができるのは、おそらくアメリカくらいでしょう。けれども、アメリカはウクライナをがっつり支援する側ですから、ロシアは受け入れないでしょう。

もし、望みがあるとすれば、秋の中間選挙で民主党が負け、2024年の大統領選挙でロシアに中立的な大統領が出てくるしかないのかもしれませんね。』…。

『目次

別の機会に検討されるべきだ
ロシアに味方するものは制裁する
NATOは戦争の当事者にならない
エスカレーション・ラダー
紙の上に血を置いたものなど、何の証明になりましょう

2022-10-02 163202.jpg

1.別の機会に検討されるべきだ

9月30日、アメリカのサリバン大統領補佐官は記者会見で、ウクライナのNATO加盟手続きについて、「別の機会に検討されるべきだ」との認識を示しました。

その時の記者とのやり取りは次の通りです。

記者:ウクライナはNATOへの早期加盟を求めている。 それは可能なことなのか、あるいは真剣に検討することなのか?

サリバン補佐官:米国は数十年前から、NATOの門戸開放政策を支持することを明確にしてきた。 NATO加盟に関するいかなる決定も、30の同盟国と加盟を希望する国々との間で行われるものだ。今、我々が考えるに、ウクライナを支援する最善の方法は、ウクライナでの実際的な現場での支援であり、ブリュッセルでのプロセスは別の機会に取り上げるべきものだ。

実に素っ気ないというか、まるで相手にしていない感じすら受けます。

その他にも次のようなやり取りもありました。

記者:プーチンがウクライナに核兵器を使用した場合、アメリカは積極的に参戦するのか?

サリバン報道官:以前にも行ったが、私たちはロシアに対して、核兵器を使用した場合のさまざまな影響と、米国が取るであろう行動の種類を直接伝える機会があったのだ。 また、このようなことを公に開示するつもりはないと申し上げた。だから、私が言えることは、ロシアはこの問題で事態がどのような状況にあるのかを理解しているということだ。我々はこの問題で事態がどうなっているかを理解している。このくらいにしておこう。

記者:送られる武器や物資の内容に変化があるのか? 特に戦車を米国や米国の仲介でウクライナに提供すべきかどうかについて、あなたの考えを聞かせて欲しい。【以下略】

サリバン報道官:【前略】。戦車に関しては、東ヨーロッパのパートナーからウクライナに戦車を提供し、ウクライナ軍が訓練を受けて保有するソ連型戦車と同じタイプの戦車を提供することを実際に進めた。その他の兵器システムに関しては、今週大統領が発表したのは、以前にも提供したことのあるHIMARSのさらなる提供だ。 次のパッケージでは、ウクライナ側が効果的に動かしている能力の多くを再提供することになると期待している。 それ以上の新機能や追加機能については発表していない。

記者:NATO標準戦車(エイブラムス戦車、レオパルド戦車)についてはどうなのか? ウクライナ人あるいはその擁護者が求めているのはそれだ。 あなたがそれを排除しているのか? それともNATOが排除しているのか?

サリバン報道官:私は何も除外していない。 私は今日、アメリカの戦車について何の発表もないと言うだろう。 ドイツ軍の戦車については、ドイツ軍がウクライナ側と協議していることを伝えておく。

プーチン大統領が核兵器を使用した場合の対応について聞かれたサリバン報道官は、ロシアには伝えてあるが、公にするつもりはないといい、これくらいにしておこう(I will leave it at that.)と打ち切っています。

その一方で、ウクライナに送る武器や物資の中味が変わるのかと聞かれると、東欧からソ連型戦車と同じタイプの戦車を提供し、その他にはHIMARSをさらに提供するとして、アメリカ製戦車を提供するかには言及しませんでした。

もし、ロシアの核兵器に備えるならば、SLBM搭載の原潜や、核搭載の爆撃機を派遣するでしょうから、このあたりの動きはウォッチする必要があるのではないかと思います。

2.ロシアに味方するものは制裁する

もう一つ、この記者会見で、「ブルメンタール上院議員とグラハム上院議員が、プーチンのウクライナ併合を認めた国へのアメリカの軍事・経済援助を打ち切るという法案を提出したが、これを支持するか」という質問が出たのですけれども、これに対してサリバン報道官は「法案を読む機会がなかった。このような状況では、結局細部が問題になるが大枠では支持する」と答えています。

この法案は、9月29日に前述の両上院議員が提出したもので、文字通りロシアのウクライナ併合の試みを認める国への軍事的および経済的援助をすべて停止するよう求めるものです。

法案について、ブルーメンタール上院議員は「私たちが言いたいのは、この完全に違法な行動でウラジーミル・プーチンを支援し、教唆する国は、その共謀の責任を問われるべきだということだ。この併合を認める国への経済援助も軍事援助もない……土地の奪取だ。盗みだ……これは、ウラジーミル・プーチンによる、西側諸国のウクライナへの支援を試すための、もう一つの卑劣で図々しい戦術だ。我々はそんなことはしない」と語っています。

また、グラハム上院議員は、「国際刑事裁判所の捜査官が米国に来て、ロシア人がウクライナで犯した戦争犯罪に対して私たちが持っている証拠を求められるようにしたい。……私たちが監視していたことをロシア軍に知ってもらいたい。プーチン大統領の戦争犯罪の指示に従い続けるなら、代償を払うことになるだろう」とコメントしています。

これは要するに、ロシアに味方するものは制裁するということです。けれども、その一方で、アメリカ政府はウクライナのNATO加盟には及び腰になっています。

ロシアの味方は許さないが、ウクライナに味方して一緒に戦うという訳でもない。これでは、ロシア、ウクライナ双方が疲弊していく一方ではないかと思いますし、長期戦になればなるほど周辺国にも深刻な影響が出てくることになります。

3.NATOは戦争の当事者にならない

では欧州はウクライナのNATO加盟申請についてどう受け止めているかというと、こちらも慎重姿勢です。

昨日のエントリーでNATOのストルテンベルグ事務総長がNATO加盟国は「自国の道を選ぶ」ウクライナの権利を支持すると表明したものの、加盟に関する決定には全30ヶ国の関与が必要だと述べていることに触れましたけれども、ストルテンベルグ事務総長は「権利」は支持しても、「加入」を支持するとは言っていないのですね。

ウクライナがNATOに加入したら、ほぼ確実に対露戦争に巻き込まれることになりますから、流石に安易に支持するとはいえないでしょう。

これについて、ドイツはもっとはっきりしています。

9月30日、緑の党所属のアナレナ・ベアボック外相はドイツの公共放送連盟(ARD)の番組で次のように述べています。

私達は、この戦争の勃発、ロシアのウクライナ攻撃で、ウクライナの自衛権を支持することを明確にしました……命を救うために、ウクライナをどう支援し続けるか、全力で、責任をもって取り組んできた毎日です。しかし、私達は初日から、戦争が他の国々に広がらないように、またNATO自身が戦争の当事者にならないようにする責任があることも明らかにしてきました。そしてそれは、このウクライナへの残忍な攻撃から200日後の今日にも当てはまるのです。私達は、ウクライナの自衛権について、重火器による支援も続けています。しかし、他の国やNATOがこの戦争に巻き込まれないよう、できる限りのことをしているのです。

はっきりとNATOが当事者にならないようにしている、それは責任だ、とまで述べています。

これを見る限り、NATOは、少なくとも今のドイツはウクライナをNATOに加盟させる気はないように見えます。

逆にいえば、ウクライナがこのタイミングでNATO加盟申請したことは、NATO加盟国に対して、どこまで本気で支援する気があるのか、と踏み絵を迫っている側面があるのではないかという気もします。

4.エスカレーション・ラダー

そのウクライナ軍は、ロシアが4州の併合を宣言した後も進軍を続けています。

10月1日、ウクライナ軍はプーチン大統領が併合を宣言した東部ドネツク州リマンに突入しました。この日、ロシア国防省は「包囲される脅威があることからロシア軍は、リマンからより有利な場所へと撤退した」と部隊の撤退を発表しているところをみると、ウクライナ軍はリマン市内ほぼ掌握したものと思われます。

リマンは、鉄道など交通の重要拠点とされ、ロシア軍は今年5月に掌握したあと、ここを武器の補給地として、東部ドンバス地域への侵攻を続けてきました。

けれども、今回、要衝リマンを失ったことで、ドンバス地域の完全掌握は非常に難しくなったとの見方が出て来ています。

ロシアにしてみれば併合宣言した翌日にリマンを奪還された訳で、併合した街を守ることもできないことを晒された形です。

これから、プーチン大統領は、士気の低い動員兵をドンバス地域につぎ込んで人命を磨り潰しながら侵攻を続けるのか、それとも大規模破壊兵器を使って一気に戦局の打開を図るのか。

20世紀のアメリカの研究者で、軍事学における核戦略理論の発展に貢献したハーマン・カーンは、1965年に核戦争が実際に遂行される可能性について「エスカレーション・ラダー」という概念を提唱しました。

エスカレーション・ラダーとは、武力行使を伴わない脅しのレベルから双方が大都市その他の対価値攻撃そして全面核戦争に至る事態のエスカレートを、梯子を上っていくという概念によって表現したものです。

カーンはこのエスカレーション・ラダーとして44段の梯子を設定しました。

カーンのラダーでは、1~14段目までが通常戦力による脅迫あるいは紛争であり、15段目からが核兵器の使用を前提とした国家実行、そして20段目と 21段目の間に「核兵器不使用の閾値ライン」が引かれ、さらに「大量殺戮を伴う都市攻撃の閾値ライン」を経て最終的には 44段目の「痙攣し、無感覚となった戦争」、すなわち、核兵器戦争と定義しています。

このエスカレーション・ラダーについては国会でも議論されたことがあります。

2020年5月13日の外務委員会で、立憲民主の岡田克也議員からエスカレーション・ラダーについて説明を求められた、当時の茂木外相は次のように答えています。

茂木国務大臣 いわゆるラダーですから、はしごでありまして、はしごには当然段というのがあるわけであります。お互いの段が合っていれば、同じような形での抑止力が機能する。しかし、その段の例えば間隔がずれていた場合に、相手側がその中間の段階の段、そのレベルで何かのことをしたときに、こちら側がどちらの段で対応するかということによって、上の段でまさか対応することはないんであろうと。こういうことがあった場合に、これが中間の段での相手側の攻撃の余地があるのではないか、若しくはそれによってお互いがエスカレートしていく、ラダーがエスカレートしていく、こういう誤解、誤認を避けるために核攻撃の目的等々を明確にしている、このように考えております。

つまり、個々のラダーに応じた兵力・組織といった備えをしておくことで、不足の事態が発生した場合でも抑止力を働かせる。そして、相手に梯子を昇らなければならなくなった場合に背負う負担(コスト)が耐えられないものになると思わせることで、抑止とする考え方です。

カーンのエスカレーション・ラダーはもう50年以上も前の論説ですけれども、今でも十分通用する考え方だと思います。

5.紙の上に血を置いたものなど、何の証明になりましょう

エスカレーション・ラダーについては、その後も様々な研究が進められているのですけれども、紛争研究者のフリードリッヒ・グラスルは、9段階の紛争エスカレーションモデルを提唱しました。

グラスルのエスカレーションモデルは、エスカレーションのより高い段階への上昇としてではなく、ますます深く、より原始的で非人道的な紛争形態への下降として表されます。その9段階は次の通りです。

1)硬直化    :何らかの問題や不満をめぐる対立。

2)討論、論争  :相手に強い不信感が生じる。自分の立場を押し通すために、より強力な方法を探す。

3)言葉より行動 :口頭で言われたことが信用できなくなる。行動や非言語的なコミュニケーションが支配的になる

4)イメージ、連合:相手のイメージを拒絶し、自分のイメージを相手に認めさせようとする。それぞれ積極的に傍観者の支持を得ようとする

5)面目失墜   :建設的に見える相手の動きはすべて欺瞞として片付けられ、たった一つの否定的な出来事が相手の本性を示す決定的な証拠となる

6)脅迫戦略   :退かないことを示すために相互に脅しをかける。制裁の脅しをかけることで、相手に特定の要求や規範に従わせる。

7)限定的破壊攻撃:相手はもはや純粋な敵であり、人間性を持っていない。相手の火力を無力化して、自分の生存を確保する。真のコミュニケーションはない。

8)敵の断片化  :相手を無力な断片にしたり、相手の意思決定能力を破壊する

9)双方破滅   :敵を殲滅しようとする欲求があまりにも強く、自衛本能さえもおろそかになる。自分の存在意義を破壊してでも、敵を殲滅しなければならない

グラスルのエスカレーション・ラダーは、梯子を下りるに従って、どこか人間から話の通じない獣を相手にしていくような印象を受けてしまいます。

グラスルは、1~3段階目迄は、WIN-WINの関係が成り立つものの、4~6段階目になると、一方が負け、もう一方が勝ち。7~9段階目では両方が負けになるとしています。

グラスルのエスカレーション・ラダー、今のロシアのウクライナ侵攻について、実にうまく説明できるように思います。

2022-10-02 163203.jpg

筆者の見るところ、既にロシアは、核攻撃をちらつかせる6段階目の脅迫戦略、ウクライナはロシアのいうことは何一つ信用できないとする5段階目の面目失墜にあるように見えます。最早当事者間で合意できる段階ではないように思えます。たとえ、停戦合意書に血判を押しても信用しないのではないかとさえ。

グラスルは、自身のエスカレーション・ラダーの解除モデルとして、段階別に次の方法を挙げています。

レベル 1-3: 当事者間で解決可能

レベル 2-3: 友人、家族、または専門家による支援

レベル 3-5: 外部の専門的なプロセス サポートからの支援

レベル 4-6: 外部の社会療法プロセスのサポートによる支援

レベル 5-7: 外部の専門家の仲介による支援

レベル 6-8: 自発的または強制的な仲裁による支援

レベル 7-9: 上からの介入によってのみ支援が可能

もし、今のロシアとウクライナが5、ないし6段階目にあるとするならば、最早、当事者間での解決は不可能で、外部の専門家の仲介が必要な段階にあることになります。

外部の専門家が誰になるのかには色んな議論があるかと思います。現時点でアメリカやNATOは建前上は、当事者ではなく”外部”ということになるかと思いますけれども、先日のプーチン大統領の演説を聞く限り、ロシアはアメリカやNATOは外部の専門家とは見做さないのではないかと思います。

となると、それ以外に、ロシアが認める外部の専門家が必要になるのですけれども、果たして今の世界にそんな存在がいるのか。

それがないとなれば、更に深い段階である「自発的または強制的な仲裁」、あるいは「上からの介入」ということになりますけれども、世界でそんなことができるのは、おそらくアメリカくらいでしょう。けれども、アメリカはウクライナをがっつり支援する側ですから、ロシアは受け入れないでしょう。

もし、望みがあるとすれば、秋の中間選挙で民主党が負け、2024年の大統領選挙でロシアに中立的な大統領が出てくるしかないのかもしれませんね。』

サッカー暴動で死者125人、大統領がリーグ中断指示 インドネシア

サッカー暴動で死者125人、大統領がリーグ中断指示 インドネシア
https://www.epochtimes.jp/2022/10/119620.html

 ※ こういう状況下では、「腹をすかせて」「憤っている」大衆を、一か所に集めない方がいい…。

『[マラン(インドネシア) 2日 ロイター] – インドネシア東ジャワ州で1日夜行われたサッカーの試合終了後に暴動が発生し、地元保健当局によると125人が死亡、323人が負傷した。

警察によると、敗れた地元マランのチームのサポーターがピッチに乱入したことから、事態を収拾しようとした警官が催涙ガスを発射。この騒動が暴動に発展し、逃げようとした人が圧死するなどしたという。

当初は174人が死亡したと発表されたが、その後訂正された。

警察トップは「無政府状態になった。警官が攻撃を受け、車両が破壊された」とし、ファンが脱出しようと出口に殺到したと説明した。

国際サッカー連盟(FIFA)の安全規則では、スチュワード(警備員)や警察は銃器や「群衆を整理するためのガス」を携帯・使用してはならないと定められている。

東ジャワ州警察は、この規則を認識していたかどうかに関するコメント要請に応じなかった。

映像によると、ホームチームのマランFCがペルセバヤ・スラバヤに2─3で敗戦後、午後10時ごろにファンがピッチになだれ込み、催涙ガスとみられるものが使用されて乱闘になった。意識を失ったような人たちが運ばれていく様子も見られた。

病院関係者は地元テレビに対し、脳に損傷を受けた人もいるほか、死者には5歳の子どもも含まれていると語った。

関連記事

中国の研究論文受け付けず…臓器収奪の懸念で=国際心肺移植学会 
カンボジア臨海の町、驚くべき変貌に払った大きな代償

ジョコ大統領は、当局が警備体制を徹底的に調べる必要があるとし、調査が完了するまでサッカー1部リーグの全試合を停止するよう命じた。

FIFAのジャンニ・インファンティノ会長はロイターへの声明で、サッカー界は「インドネシアで起きた悲劇的な事件に衝撃を受けている」と述べた。

インドネシアサッカー協会当局者は記者団に対し、FIFAから事件の報告を要請されたとし、調査チームをマランに派遣したことを明らかにした。

関連記事
「第三次世界大戦が勃発するかも」トランプ氏、地政学的リスクに懸念

安保理、「併合」非難の決議案否決 ロシアが拒否権

日米韓、朝鮮半島東岸沖で5年ぶり対潜水艦訓練 北朝鮮脅威に対応

インドネシアの人権委員会も、催涙ガスの使用を含むグラウンドの警備について調査する予定という。

2日には多くの人がスタジアム前に集まり、犠牲者に花をささげた。

マフッド治安担当相はインスタグラムへの投稿で、スタジアムの観客数が定員を超えていたと指摘。収容人数3万8000人のスタジアムで、約4万2000枚のチケットが売られていたと述べた。

インドネシアではこれまでも試合でのトラブルがあり、クラブ間の激しい対立がサポーターの暴力につながることもあった。

今回の事故は、1964年にリマで行われたペルー対アルゼンチン戦で発生した暴動と圧死で328人が死亡した惨事以来、最悪の規模とみられる。

Reuters 』

カンボジア臨海の町、驚くべき変貌に払った大きな代償

カンボジア臨海の町、驚くべき変貌に払った大きな代償
https://www.epochtimes.jp/2022/10/119646.html

『近年まで、シアヌークヴィルはカンボジア国内のタイ湾にある、浜辺で過ごすひと時を求めて訪れる人々やバックパッカーが多く訪れる、のんびりしたリゾート地だった。 しかし、それは過去のことだ。 わずか10年足らずで、中国の資金がこの町を大きく変えた。 今では、ギャンブラー、ホワイトカラーの犯罪者、そして世界中の詐欺師の温床と化している。

かつてのどかな沿岸部の雰囲気が広がっていた町は、マカオや沿岸のラスベガスと呼ばれる場所へと姿を変え、高層カジノ、ネオンきらめく夜の歓楽街、テンポの速い国際的地域の特徴であるマネーロンダリング、違法薬物販売、武器取引、人身売買、野生生物売買が盛んに行われている。

大規模な変貌は、2010年代半ばにピークを迎えた中国人投資家や観光客の流入によるものであり、新型コロナウイルス感染症パンデミック(COVID -19)の流行が収束に向かう中、流入が再開される可能性がある。

この地域は、カンボジアで唯一の深水港があることでさらにその悪名が増幅されている。 近隣には国際空港もあり、 犯罪シンジケートは両方の拠点を利用して違法貨物の送付・受理を行っている。

シアヌークヴィルはカンボジアの多くの地域と同様に、中国の一帯一路政策と密接に関連している。 さらに、新しい高速道路がカンボジアの首都プノンペンとシアヌークヴィルを結んでいる。 「チャイナ・レイバー・ウォッチ(China Labor Watch)」の2022年8月の報告によると、中国政府は橋、水力発電ダム、競技場などの道路に資金を提供している。

多くの住民は当初中国の投資を歓迎した。 カジノは雇用をもたらした。 しかし、カジノは組織犯罪ももたらし、不動産需要はインフレに拍車をかけた。 その後、2019年にフン・セン首相がカンボジア国内のオンラインギャンブルを禁止し、新型コロナウイルスの世界的流行により、残っていた環境客の多くが立ち去った。 大衆(そのほとんどは中国人)が居なくなった後には、未完成の建物と対照的に、カジノのネオンがこうこうと輝いている。

「どこもゴミだらけだ。それに道路の状態も悪い」と、長年シアヌークヴィルで暮らすサンポー(Sampoah)氏が「ザ・アトランティック(The Atlantic)」誌に語り、 「以前のシアヌークヴィルはとても良いところだったが、今は最悪だ」と述べた。
シアヌークヴィルで中国出資の建設プロジェクトに囲まれて貧困生活を送るカンボジアの人々(Getty Images)

オンライン雑誌「ザ・ディプロマット( The Diplomat )」によると、多くのカンボジア人が、シアヌークヴィルがカジノブームによって破壊されたと述べている。 「犯罪が急増し、 地元の住人はビジネスを失った。 かつて週末の旅行先として人気だったシアヌークヴィルを訪れようとする人は少ない。 カジノはカンボジアの評判と合法的なビジネスの評判を汚している」と2022年8月下旬にザ・ディプロマット誌が報じた。

組織犯罪対策の方法を分析・提言するグローバル・イニシアティブ(Global Initiative)は2022年9月の報告書で、シアヌークヴィルを「多面的な犯罪活動の拠点」と呼んでいる。

関連記事

米上院議員15人、「中国大戦略委員会」設置提案…軍幹部も評価

中国の研究論文受け付けず…臓器収奪の懸念で=国際心肺移植学会 

違法伐採された木材が輸出されるなど、シアヌークヴィルは国際的な犯罪ネットワークの一部ともなっている。 犯罪者らは、さらに観光業や不動産業などのその他の儲かる分野にも進出している。 グローバル・イニシアティブによると、彼らは「規制・取締の優先事項や活動の変化に対応して活動を適応させたり、移転させながら」一般的に緩い法的取締りの中を縦横無尽に立ち回っている。

「ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)」紙によると、犯罪シンジケートの関係者の多くは中国人だという。 彼らはデジタル詐欺、オンラインギャンブル、麻薬や野生動物の取引など、多岐にわたる活動を行っている。

多くの取引には、組織犯罪運営者、詐欺師、好機に乗じようとする人々の間で人気のある仮想通貨が利用されている、とグローバル・イニシアティブは報告している。

犯罪活動がシアヌークヴィルに流入したことで、カンボジアの評判は損なわれた。 トランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International)によると、カンボジアは180の国と地域における公共部門の腐敗に関する2021年の評価で157位にランクされている。 公共部門の腐敗は人権侵害を生む格好の条件であり、「悪質でエスカレートする負のスパイラルを引き起こす」という。
関連記事
中国警察、欧米などに50超の「海外派出所」を設置 東京にも=人権団体

ディカプリオ、中国漁船の乱獲を批判 「20年間で数千隻に」

党大会控える北京市、天安門周辺の地下鉄駅を閉鎖 「迷惑」と不満の声

カンボジア政治の専門家がグローバル・イニシアティブに語ったところによると、シアヌークヴィルは「中国の組織犯罪が支配力を持ち、地元経済に深刻なひずみをもたらす、広範な違法性のパターン」が見られるという。

2020年1月にザ・アトランティック誌が報じたところによると、急増する中国の影響力は、物理的にも経済的にもシアヌークヴィルを変えてしまった。 「クレーンや足場が至る所にあり、丘や森林はブルドーザーで打ち壊され、かつては豪雨時の排水に不可欠だった湖が埋め尽くされ、洪水を引き起こしている。 … やみくもな開発が廃水処理やその他の重要なインフラ設備開発を遥かに凌ぎ、至る所にゴミの山があり、廃水はしばしば約4.8km(3マイル)にわたり広がる海岸線に排出されている。現在は、海岸もゴミで覆われている」という。

中国人投資家や観光客が町を去ったことで、低賃金に頼っていた住民は大きな打撃を受けた。 チャイナ・レイバー・ウォッチによると、犯罪者の裏社会は主な収入源をカジノや建設から 詐欺や人身売買へと切り替え、多くのアジア諸国の人々が被害に遭っている。

プノンペンで育ち、シアヌークヴィルを長年訪れていたヨーク・チャン(Youk Chhang)は、「カンボジア人のもの」であったタイ湾と果てしなく広がるビーチを覚えている。

「私が見たシアヌークヴィルは、もはや私がかつて知っていた場所ではなかった」と、町を訪れてから1か月後の2021年11月にザ・ディプロマット誌に語った。 「通りには高層ビルが立ち並び、その多くはホテルやカジノとして営業し、現在使われていなかったり、建設中のビルもあった。 … 到着したとき、とても虚しくなった。 息が苦しくなった。 かつてのシアヌークヴィルはもうなかった」

Indo-Pacific Defence Forum 』

商品9時30分 原油が続伸、OPECプラスの減産観測で 金は4日続伸

商品9時30分 原油が続伸、OPECプラスの減産観測で 金は4日続伸
https://www.nikkei.com/article/DGXZASQ7IAB01_U2A001C2000000/

 ※ 原油先物は、上げか…。

 ※ OPECプラスの「減産」が、一定の効果を生じ、需給関係は改善する…、という見立てのようだ…。

 ※ 金も、上げてるそうだ…。

 ※ こっちは、米長期金利は下げ予想で、「金利の付かない」金でも、人気になるかも…、という見立てらしい…。

 ※ まあ、こういう状況では、「金利(利息、キャピタルゲインなどの儲け)」よりも、「安定」志向は、一定の支持を集めるだろうな…。

『4日朝方の国内商品先物市場で、原油は続伸して取引を始めた。取引量が多い2023年2月物は1キロリットル7万740円と前日の清算値に比べ520円高い水準で寄り付いた。主要産油国による減産観測から原油先物に買いを集めている。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産出国から構成される「OPECプラス」は5日に控える閣僚会合で、日量100万バレル以上の減産を検討していると伝わった。原油需給の引き締まりを意識した買いが続いている。

金は4日続伸している。中心限月の23年8月物は1グラム7870円と同131円高い水準で寄り付いた。3日のニューヨーク市場で金先物が上昇した流れを引き継いだ。米長期金利が低下し、金利のつかない金先物の投資妙味が増すとみた買いが優勢だった。

4日早朝に北朝鮮から弾道ミサイルが発射されたと伝わったが、金相場への影響は今のところ限られている。市場では「ミサイル発射が連続するようなら国内金先物に買いが入りやすい」(国内証券の商品アナリスト)という声が聞かれた。

白金は反発。中心限月の23年8月物は1グラム4031円と同122円上回る水準で取引を始めた。4日の東京株式市場で日経平均株価が上昇し、投資家心理が改善したとして景気動向に左右されやすい白金先物には買いが優勢となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕』

【日刊 アジアのエネルギー最前線】 ラオス,昆明からの高速鉄道,借款に苦しみ,現地通貨が暴落していると言う

【日刊 アジアのエネルギー最前線】 ラオス,昆明からの高速鉄道,借款に苦しみ,現地通貨が暴落していると言う
http://blog.livedoor.jp/adachihayao/

『2022年10月4日 火曜日 晴れ

昨日は茨木国際参加で失礼,最近のラオスについて,朝香豊氏,経済評論家,度々YTでお見かけしている,昨夜もWILL増刊号を見ていて,ラオスの最近の経済実情を知った,私は,ラオスは中国の属国化にひたすら走っていると想像していた,私も一時,ラオスの水力開発に打ち込んだ懐かしい国,

朝香氏によると通貨キップが暴落しているという,世界のラオス経済の評価が格落ちしていて,国民の生活にも大きな影響が及んでいる,ミャンマーの北方の一部にあるように,経済は完全に属国化していて,人民元を自国通貨とするところまで主権を失っていると思っていたが,そうではないようだ

昆明からの弾丸列車がラオス首都まで伸びているが,タイのバンコクまで通じて初めて経済評価が出来るプロジェクト,しかし朝香氏によると,この中国の借款にラオス経済は苦しんでいるという,関西電力が国際契約で水力発電所を建設運営している,この経済苦境の中で,その実態が知りたい,

極東情勢

2022年10月3日20時03分

◆220904 ロイター https://is.gd/SzxI7P

中国の台湾侵攻「差し迫っていない」、米国防長官が見解
[ワシントン 2日 ロイター] – オースティン米国防長官は、中国による台湾侵攻が差し迫っているわけではないとしながらも、中国は台湾周辺での軍事活動を活発化させて…
.12時間前

◆220904 東洋経済オンライン https://is.gd/OeXqYE

ペロシの台湾訪問が中国を「やりにくく」させた訳
2022年8月、ナンシー・ペロシ米下院議長が台湾を訪問した。その直後、中国が台湾周辺で大規模軍事演習を行い台湾海峡情勢の緊張感が増している。ペロシの訪問が台湾に…
.12時間前

◆220904 JBpress https://is.gd/HOBcBc

日中国交半世紀の裏歴史、モンスター中国を育ててしまった日本の …
9月29日は50年前に日本と中国が国交を樹立した記念日だった。日中国交正常化という言葉が日本政府の公式用語して使われるが、1972年までは日本は台湾の中華民国を中国…
.13時間前

◆220904 日経ビジネス電子版 https://is.gd/4PWzZd

中国の「大国外交」と「ディスコースパワー」
日本は、この中国と東シナ海を介して向き合っている。 … 年の第19回中国共産党大会において、習近平(シー・ジンピン)国家主席が語った「中国は国際舞台の中心に…
.14時間前

◆220904 Yahoo!ニュース https://is.gd/a9yjTn

「これ以上ロシアをかばいきれない」プーチンの暴走に悩む …
ロシアがウクライナに侵攻してから8カ月が経つが、最近になって中国がロシアと距離を置く姿勢を見せている。9月中旬、プーチン大統領と習国家主席がウズベキスタンで約…
.1時間前

◆220904 ダイヤモンド・オンライン https://is.gd/JnfwmG

中国の「潜在成長力」が急低下、米中対立で高まる“テクノロジー・デカップリング”の脅威
こうした局面で、これまで常に救世主として存在感を示してきた中国経済の様子が … 中国の長期的な成長力の行方は、世界経済の今後の成長という点だけでなく、台湾を…
.15時間前

エネルギー

2022年10月3日20時09分

◆220904 九州大学 https://is.gd/XlyWja

国内初、洋上風力産学官連携コンソーシアムを発足 | トピックス
九州大学は、「九州大学洋上風力研究教育センター」を4月に開設しました。このたび、福田センター長がコンソ―シアム会長を務め35の企業・団体からなる「洋上風力産学…
.9時間前

◆220904 日経BPイベント&セミナー https://is.gd/MN6ylH

三菱商事系の企業連合、洋上風力発電を整備する海域はどこ?
三菱商事系の企業連合が3海域で進める着床式洋上風力発電事業があります。同企業連合は経済産業省と国土交通省が公募で示した売電価格の上限(29円/kWh)を大幅に…
.14時間前

◆220904 日本原子力産業協会 https://is.gd/7O6V5b

英EDFエナジー社、4 基の閉鎖延期を検討 | 原子力産業新聞
欧州を中心に発生しているエネルギー危機の重大性と、これらの発電所で使用されている黒鉛レンガ製燃料チャンネルの点検状況を踏まえた上で、同社はエネルギーコストの…
.2時間前

adachihayaoadachihayao 』

妄想を振りまき、虚構に走るプーチン 追うのは?

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:妄想を振りまき、虚構に走るプーチン 追うのは?
https://nappi11.livedoor.blog/archives/5376589.html

『2022年9月30日朝、ニューヨークにあるロシア総領事館の建物が、赤色のペンキで大きく落書きされているのが見つかった。建物は、アッパーイーストサイトのセントラルパーク近くの閑静な住宅街の一角にあり、近くにはグッゲンハイム美術館など有名施設が立ち並ぶ。

Consulate-General-of-the-Russian-Federation-NY3落書きは、一階の前面の壁全体におよんでおり、鉄製の扉や表札も赤色に覆われた。文字やサインのようなものは見当たらなかった。プロテスターによる犯行かどうかは、明らかになっていない。近くの住人だという男性は、犯罪だが、落書き程度で済んで、ましだったのではないかと話した。参照記事、、、国連でのお偉いさんの演説より、市民の怒りは、トイレの落書きや、こういう事で伝わってくる。乱暴な行為ではあるが、、。

FireShot Webpage Screenshot #2041 – ‘

【ライブ】ドネツク、ルプーチン大統領は9月30日、ウクライナの東部にあるドネツク人民共和国、ルハンスク人民共和国、ザポリージャ州、ヘルソン州を併合する文書の調印式に先駆けて行なった約30分におよぶ演説で、「西側は、ロシアを「攻撃、弱体化、分割」しようとしており、その背景にある動機は「新植民地主義システム」を維持し、そこから得られる利益を獲得し続けることと主張。

このシステムについて「西側が世界に寄生し、世界から略奪し、人類から年貢を集め、繁栄の主たる源を絞り取ることを可能にするもの」と説明し、「独立国家、伝統的な価値観、オーセンティック(正統)な文化」を攻撃するのはこのためだと語った。

続けて「西側諸国が、ロシアに対して繰り広げるハイブリッド(複合的)な戦争は、支配を維持するがための貪欲と決意に起因する」と言い換え、「彼らはわれわれが自由になることを望まず、植民地にしたいのだ。対等な協力を築きたいのではなく、略奪したいのだ。われわれを自由な社会ではなく、魂のない奴隷の集合体にしようと考えている」と非難した。参照記事

446c17c6、、、、

彼、プーチンにとっては、他国への資本投下も、コンビニのチェーン展開もすべて新植民地主義なのだろう。

妄想は勝手だが、こんな事をしそうなのは習近平Xi Jinpingしか見当たらず、実際にすべてを実行し、ネオ・ナチ征伐だと鎧で身を固め、時代錯誤な妄想で、見当違いな突撃にまで出たのはプーチンPutinしかいない。残念にも、彼をさとすサンチョ・パンサは見当たらない。

6026f48003dba86f18fdb1d20f24a016

「俺が先に行くぞ」と手綱(たづな)を取り、勝手にウクライナの鋼材を売り払い、穀物を略奪したのはどこの国のだれだった?法改正までして動員法で国民の自由を阻(はば)み、それを嫌って膨大な数の国民が逃げ出しているのはどこの国だ?

プーチンも習近平も、頭の中は、どこかの新興宗教の教祖と変わらないようだ。お互い向かう方向だけは違うようだが、、、。

死んでからも笑われる「裸の王様」とは、彼らのことだろう。 右下風刺画はMark Knight作 参照記事より。 YOUTUBE映像:戦死者数わかってますか? ロシア人にきいてみた。』

ノルドストリームを4箇所で爆破した爆薬の量は、1箇所あたり500kg以上である、と。

ノルドストリームを4箇所で爆破した爆薬の量は、1箇所あたり500kg以上である、と。
https://st2019.site/?p=20386

『AFP の2022-9-30記事「Nord Stream blasts equal to several hundred kilos of TNT: report」。
    デンマークとスウェーデンは共同で報告。ノルドストリームを4箇所で爆破した爆薬の量は、1箇所あたり500kg以上である、と。地震計の記録からそれが推定されるという。』

そして宣伝している。これでイスラエルを直接打撃できる、と。

そして宣伝している。これでイスラエルを直接打撃できる、と。
https://st2019.site/?p=20386

『ストラテジーペイジの2022-10-3記事。

    イランが新型の「アラシュ2」という長距離自爆無人機を完成させたと発表している。いちおうステルス外形だ。

 旧型の「アラシュ」は2021デビュー。そっちはレンジが1400kmだったが、新型は4000kmにも延びている。巡航ミサイル以上の長距離打撃が可能になった。

 そして宣伝している。これでイスラエルを直接打撃できる、と。

 従来でも、最短距離を飛行させれば、イランの無人特攻機でイスラエルまでちょくせつ到達させることは可能であった。というか、そもそも「1400km」という航続距離は、イラン本土の西端からイスラエルの中枢部を直線飛行によって片道攻撃するのに必要ギリギリなベンチマークの数値なのだ。

 問題は、中間地点の諸国がイランの味方とは限らぬこと。だから、途中で迎撃されたり、レーダー情報をイスラエルへ急報されてしまう可能性が高かった。無人機は低速だから、探知されたらそこでもうおしまいなのだ。

 だが、航続距離が4000kmもあるならば、アラビア半島内部のほぼ無人の砂漠上空を悠々と迂回的に飛行させることで、被発見をまぬがれるかもしれない。フーシによる対UAEや対サウジの無人機特攻が幾度も成功していることが、その有望性を証拠立てていよう。

 だとすれば「アラシュ2」は飛行途中での邀撃を回避できてしまう確率が高い。

 尤も、それをわざわざ事前宣伝するということは、実行をためらう要因が今のところ大なのだろう。

 なおイランはこれまで、レバノンやシリアに短距離の自爆無人機を持ち込んでそこから発進させる戦術も試してきた。が、イスラエルの情報機関にすべて事前に察知されて潰されている。』

【ウクライナ発】NATOが叩きたいクリミアの核貯蔵施設

【ウクライナ発】NATOが叩きたいクリミアの核貯蔵施設
https://tanakaryusaku.jp/2022/10/00027722

『ロシアの公式見解としてはクリミア半島に核はない。日本のナイーブな反米原理主義者ならともかく、ロシアの言い分を信じる人は、国際社会において圧倒的に少ない。

 核弾頭の貯蔵施設があるというのが通説だ。

 ロシアがウクライナに大量破壊兵器を使用すれば、NATOはクリミア半島の黒海艦隊司令部とロシア艦隊を完膚なきまでに叩く・・・米国が非公式ルートでロシアに警告しているようだ。

 ロシアは虎の子の黒海艦隊を失いたくない。2014年にクリミア半島を奪取した意味が薄れるからだ。

 だが、ニューズウィークによるとロシアは潜水艦をクリミア半島から避難させているようだ。

 ロシアはNATOの猛攻撃を覚悟のうえでウクライナに大量破壊兵器を使用するのだろうか。

 NATOが本当に叩きたいのは、黒海艦隊ではなく核弾頭貯蔵基地ではないのか。

黒海艦隊が本部を置くセバストポリ港。ドックにロシア国旗が描かれている。=2014年、クリミア半島 撮影:田中龍作=

 ~終わり~

  ◇
読者の皆様

プーチン大統領が30日、領有を宣言した直後に起こした事件がザポリージャ原発所長の拉致でした。これも核テロです。

これから何が起きても不思議ではありません。現地に滞在して、真実を発信して行かねばならないと考えています。

ご支援何とぞ御願い申し上げます。』

デジタルIDの導入で計算が狂ったが、パイプライン爆破でEUの植民地化は近づいた

デジタルIDの導入で計算が狂ったが、パイプライン爆破でEUの植民地化は近づいた | 《櫻井ジャーナル》 – 楽天ブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202210040000/

『ロシアからドイツへ天然ガスを運ぶパイプラインがバルト海の海底に敷設されている。ノード・ストリームとノード・ストリーム2だが、これらから天然ガスが流出していることが9月26日と27日に発見された。状況からみて爆破された可能性が高い。

 アメリカのアンソニー・ブリンケン国務長官は9月30日、カナダの外務大臣と共同で行った記者会見で、この出来事はEUをロシアから切り離す絶好の機会だと口にした。これまで見向きもされなかったアメリカのLPG(液化天然ガス)を売り込むチャンスだというだけでなく、戦略的な意味もある。潜在的ライバルのEUを破壊し、アメリカなしには存在できなくできるということ、さらにロシアを制圧するための拠点にできるということだ。

 ロシアを制圧して世界の覇者になるというプランは長期、中期、短期で考えることができる。短期的には2014年2月にアメリカ政府がキエフで実行したクーデター、中期的には1991年のソ連消滅にともなってネオコンが作成した世界制覇プロジェクト、そして長期的には19世紀に始まったプランである。

 その長期戦略をハルフォード・マッキンダーがまとめ、発表したのは1904年のこと。この戦略をアメリカが引き継ぐ。ジョージ・ケナンの「封じ込め政策」やズビグネフ・ブレジンスキーの「グランド・チェスボード」もマッキンダーの理論に基づいている。

 そして1991年12月にソ連が消滅して始まったのが中期戦略。ボリス・エリツィンの下でロシアはアメリカやイギリスを拠点にする巨大資本の属国になった結果、ロシアの富はそうした巨大資本に略奪され、その手先になったロシア人も巨万の富を築き、「オリガルヒ」と呼ばれるようになる。その中心にいたのがエリツィンの娘タチアナだ。

 その直後、アメリカの国防総省を掌握していたネオコンは世界制覇プランを「DPG草案」として作成した。ディック・チェイニー国防長官の下、ポール・ウォルフォウィッツ国防次官が中心になって書き上げられたことから「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」とも呼ばれている。

 そこでは、ライバルだったソ連が消滅したことでアメリカが「唯一の超大国」になったと認識、他国に配慮することなく独断で行動できる時代に入ったとされている。さらにアメリカへの従属度が低い国や体制を制圧、その一方で新たなライバルの出現を防ぐことも重要なテーマとして掲げられた。

 注目すべき国としてキューバ、朝鮮、韓国、イラク、パキスタン、インド、ロシア、またエネルギー資源の産出国が挙げられているが、それだけでなく、ヨーロッパが独自の安全保障計画を打ち出してNATOの仕組みを揺るがすこと、あるいはアメリカ軍が日本から撤退することで独自の動きをしてアメリカ中心の支配システムを揺るがすことも警戒している。

 それに対し、中国人は「カネ儲け」で操れると考え、若手エリートをアメリカへ留学させて「洗脳」しているのでコントロールできるとアメリカの支配層は信じていたようだ。「リベラル派」とされる日本人の中にもそうした考え方をする人がいた。

 日本は1990年代にスキャンダルで揺れ、95年2月にはジョセイフ・ナイが「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」が発表され、アメリカの戦争マシーンに組み込まれた。アメリカの対中国戦略が背後にあることは確かだろうが、それだけでなく、NATOと同じように日本を支配する仕組みを強固なものにすることも目的だった可能性が高い。いうまでもなく、ナイ・レポートはウォルフォウィッツ・ドクトリンに基づいている。

 第2次世界大戦でドイツ軍と戦い、勝利したのはソ連軍。全兵力の約4分の3をソ連への侵攻に投入したが、1943年1月にスターリングラードでドイツ軍は降伏した。この時点でドイツの敗北は決定的だったのだが、この時点でドイツが正式に降伏するとソ連が勝者ということになる。

 そこでイギリスやアメリカは「無条件降伏」を打ち出して戦争を長引かせ、アレン・ダレスたちはフランクリン・ルーズベルト大統領には無断でナチスの高官と善後策を協議している。アメリカ軍やイギリス軍がシチリア島へ上陸したのは1943年7月。そこから米英はヨーロッパへ軍隊を展開していく。アメリカ軍がドイツ軍を破ったという印象を世界に広めたのはハリウッド映画にほかならない。

 ソ連を消滅させた後、ネオコンはソ連が支配していた地域を自分たちに利益をもたらす新たな「縄張り」とする。それを宣言したのがウォルフォウィッツ・ドクトリンだ。言い換えると、アメリカは犯罪組織化を強めた。自分たちに従わないと「重い代償を払わねばならない」とアメリカ政府は盛んに言うが、「言うことを聞かないと、タダじゃおかないぞ」と凄むチンピラのようだ。

 ウォルフォウィッツ・ドクトリンに基づき、ネオコン系シンクタンクのPNACは2000年に「アメリカ国防の再構築」を発表、01年から始まるジョージ・W・ブッシュ政権はその報告書に基づいて政策を策定。その政策を打ち出す上で好都合な出来事が2001年9月11日に引き起こされたわけである。

 こうしたアメリカの計算を狂わせたのがウラジミル・プーチンにほかならない。西側の支配層はプーチンを権力者に忠実の人物だと判断、エリツィンの後継者と考えていたのだが、ロシアの大統領に就任する頃から別の顔を見せ始めたのだ。「詭道」をプーチンを中心とするグループは使ったと言えるかもしれない。

 この計算間違いを修正しようとアメリカやイギリスの支配層はもがいているのだが、ノード・ストリームの爆破はEUをアメリカに従属させる上で大きな意味を持つ。独立した存在として必要な術を失い、このまま進むと米英の植民地になり、住民は家畜化される。

 COVID-19騒動が起こる前から欧州委員会がEU市民向け「ワクチン・カード/パスポート」を2022年に実現することを予定していた。この予定は狂ったが、デジタル技術を使った管理システムの導入を欧州委員会が決めていたのは、EU市民の家畜化に彼らが協力していたことを示しているのかもしれない。

TWITTER

最終更新日 2022.10.04 00:46:54 』

「核使用すれば黒海艦隊を殲滅」とロシアに警告…プーチン大統領に「二の足」を踏ませるか?

「核使用すれば黒海艦隊を殲滅」とロシアに警告…プーチン大統領に「二の足」を踏ませるか?
https://news.yahoo.co.jp/articles/46984fa393aa551420875c9b0fb4ed8e5ed5011b

『編入でロシアの核攻撃に口実

FNNプライムオンライン

プーチン大統領がウクライナ4州のロシアへの編入を強行し、この地方の奪回を「ロシアに対する攻撃」と核兵器で反撃する口実を与えることになったが、米国を含む北大西洋条約機構(NATO)諸国は、その場合ロシアの黒海艦隊の殲滅など壊滅的な打撃を与えると警告しているようだ。

【画像】クリミア半島と黒海の位置関係を地図で確認する

米国を訪問していたポーランドの ズビグニェフ・ラウ外相は27日NBCテレビの報道番組「ミートザプレス」に出演し、ロシアのプーチン大統領が核兵器使用も辞さないという態度を示していることについて次のように語った。

「我々の知る限りプーチンは戦術核兵器をウクライナ国内で使用すると脅しており、NATOを攻撃するとは言っていないのでNATO諸国は通常兵器で反撃することになるだろう」

ラウ外相はこうも続けた。

「しかしその反撃は壊滅的なものでなければならない。そして、これはNATOの明確なメッセージとしてロシアに伝達している」

NATO側の壊滅的な反撃とは

これに先立ち、ホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安全保障問題担当補佐官は25日の「ミートザプレス」に出演し、ロシアが核兵器を使用した場合は「ロシアに破滅的な結果を与える」と言い、これはロシアの当局者との個人的なやりとりを通じてロシア側にはっきりと伝えてあると言明した。

その「壊滅的反撃」や「破滅的な結果」をもたらすものが具体的にどんな作戦なのかは不明だが、それを示唆するような記事が英紙「デイリー・メイル」電子版21日にあった。

「独自取材:プーチンがウクライナで核兵器使用に踏み切った場合、米国はロシアの黒海艦隊やクリミア半島の艦隊司令部に対して壊滅的な報復をするだろう、元米陸軍欧州司令官が警告」

2018年まで米陸軍欧州司令官をしていて、今はシンクタンク欧州政策分析センターの戦略研究の責任者をしているベン・ホッジス退役中将がその人で、「デイリー・メイル」紙のインタビューに次のように語っている。

「プーチンがウクライナで核攻撃を命令する可能性は非常に低いと思う。しかし、もし戦術的な大量破壊兵器が使われたならば、ジョー・バイデン大統領の素早く激しい反撃に見舞われることになるだろう」

その具体的な作戦についてホッジス中将はこうとも言う。

「米国の反撃は核兵器ではないかもしれない。しかしそうであっても極めて破壊的な攻撃になるだろう。例えばロシアの黒海艦隊を殲滅させるとか、クリミア半島のロシアの基地を破壊するようなことだ。だからプーチンや彼の取り巻きたちは米国をこの紛争に巻き込むようなことは避けたいと思うはずだ」

ホッジス中将が米国の作戦を承知していたとは思わないが、米軍の元司令官と現在の作戦立案者が考えることはそうは違わないはずだ。ロシア国内に被害を及ぼさない限りでロシア軍に壊滅的な打撃を与えるためには黒海艦隊を攻撃することは効果的だろう。

ロシアは既に黒海の潜水艦を移動

それを米国がロシア側に警告したかどうかも定かではないが、ロシア海軍は最近クリミア半島のセバストポル基地に駐在させていたキロ級攻撃潜水艦をロシア南部に移動させたと英国国防省が明らかにしていた。黒海艦隊の「虎の子」をまず逃したようにも見える。

プーチン大統領「これはハッタリではない」と豪語していたが、米国やNATOの警告は核兵器使用に二の足を踏ませることができるだろうか。

【執筆:ジャーナリスト 木村太郎】
【表紙デザイン:さいとうひさし】』

「犯罪の温床」比オンラインカジノ全面停止 中国人従業員4万人強制送還へ

 ※ 「統合型リゾート」(IR)の、負の側面だ…。

 ※ 「オンライン・カジノ」のようだが…。

 ※ それにしても、4万人とは凄い数だな…。

 ※ いずれにしろ、「その筋の人」が多かったんだろう…。

 ※ 「明日の日本の姿」、じゃ無いといいがな…。

 ※ 「賄賂」貰った国会議員も、いたんじゃなかったか…。

『「犯罪の温床」比オンラインカジノ全面停止 中国人従業員4万人強制送還へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf08668aa54a5d23b73e4211a974cec0c5e6f690

【バンコク稲田二郎】フィリピン司法省は、オンラインカジノ(POGO)を運営する175業者の営業を停止し、約4万人の中国人従業員を強制送還することを明らかにした。現地で中国人による犯罪が頻発するなど治安の悪化が主な理由という。

 カジノの規制が緩かったフィリピンには2016年ごろから、中国人の顧客を狙ったPOGOが進出。業界は急拡大する一方、現地では中国人同士による殺人や誘拐などの犯罪が起き、社会問題化していた。

 司法省が9月26日に行った発表によると、政府への手数料未払いで免許が取り消された業者などを同14日までに営業停止とした。在留期限が切れている中国人従業員約300人を拘束しており、10月上旬に強制送還する方針。POGO1業者当たり200人前後の従業員がいるとされ、強制送還される中国人は計約4万人に上ると推計している。

 地元メディアによると、在フィリピン中国大使館も、今回の国外追放とPOGO関連の犯罪取り締まりを支持する声明を出している。

 地元不動産コンサルタント会社は、POGOの撤退により住宅の賃料や所得税、公共料金、賃金など年1900億ペソ(約4655億円)の経済損失が見込まれるとしている。』

バイデン氏「イランに代償科す」 デモ弾圧を非難

バイデン氏「イランに代償科す」 デモ弾圧を非難
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN040AY0U2A001C2000000/

『【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は3日の声明で、イランの風紀警察に拘束された女性が死亡した事件に関連し「平和的なデモ参加者に対する暴力的な弾圧が激しくなっているとの報告を深く懸念している」と表明した。「米国は週内に暴力を振るう者にさらなる代償を科す」と断言した。

バイデン氏は「イランの政権は長年にわたって人々の基本的な自由を否定し、威嚇や脅迫、暴力で複数の世代にわたる切望を抑圧してきた」と糾弾した。「我々はイラン当局者に責任をとらせ、イラン市民が自由に抗議できる権利を支援していく」と唱えた。

イランでは9月13日、女性がスカーフで頭髪を十分に隠していなかったとして首都テヘランで拘束された。この女性は16日に死亡し、警察による暴行を疑う市民らが抗議デモを始めた。イランの最高指導者であるハメネイ師は今月3日、抗議デモについて「米国とシオニスト(イスラエル)政権が計画した」と主張していた。

バイデン政権は9月下旬、米企業がイランでインターネットサービスを提供しやすくするための指針を出した。イランは抗議デモを受けてネット規制を強化したとされ、米国がイラン市民の抗議デモを支援する対抗措置を打ち出したと受け取られている。

女性の死亡事件は、米国とイランの核合意の再建協議をいっそう難しくする。最近はイランがウクライナ侵攻を続けるロシアに無人機を提供したり、北大西洋条約機構(NATO)加盟国のアルバニアへサイバー攻撃を実行したりしたとして、米国が反発してきた。

核合意はイランの核開発を制限する国際的な取り決めで2015年にまとまった。米国のトランプ前政権は18年に一方的に破棄を表明し、バイデン政権は復帰に向けた協議を重ねてきたが突破口は見えていない。』

村上宗隆、広角打法磨き「王超え」56号と三冠王つかむ

村上宗隆、広角打法磨き「王超え」56号と三冠王つかむ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODH03BD80T01C22A0000000/

『バットを振り抜いた瞬間、ヤクルト・村上の表情に安堵の色が浮かんだ。七回、DeNA・入江が投じた内角への速球を捉えた大飛球が右翼席へ。日本選手のシーズン単独最多となる56号に観客が総立ちとなる中、重圧から解き放たれた22歳は「やっと打てた。長い一本だったな」。

【関連記事】

・3日のプロ野球 結果と戦評
・ヤクルト・村上宗隆が三冠王達成 「王超え」56号も放つ
・村上宗隆、中学時代から破格の飛距離 捕手経験も生きる
・村上宗隆、天井知らずの進化 弱点克服し三冠王へまい進

球界を席巻してきた若き大砲も、終盤戦は生みの苦しみを味わった。9月13日に55号を放って以来、60打席にわたって本塁打なし。三冠王が懸かる状況でもあり、前日の阪神戦を珍しく欠場させた高津監督は「彼も人の子。しっかり調整してあげないといけない」。
DeNA戦の七回、今季56号本塁打を放ち、記念のボードを掲げるヤクルトの村上=共同

打率2位の中日・大島に3厘差まで迫られて迎えたシーズン最終戦。三回にコンパクトな振りで左前へ適時打を放ち、18年ぶりの三冠王を決定付けた。これで本塁打だけに集中できたおかげか、最終打席で新たな勲章を手にした。「漫画でも描けない。今年のムネ(村上)を象徴している」と高津監督。

王貞治(巨人)の55号。1964年にシーズン最多本塁打として達成されて以降、その数字は日本球界において特別視されてきた。野村克也(南海=現ソフトバンク)、落合博満(ロッテ)、松井秀喜(巨人)――。球史を彩る日本人打者たちが挑んでは、あと一歩届かなかった「不滅」の大記録。半世紀以上の時を経て、その壁がついに破られた。

歴代の大打者たちと比較しても、村上が希少な存在といえる理由はグラウンドを90度使って広角に本塁打を打てる技術にある。今季の本塁打のうち、中堅から左方向への打球は全体の55%。同じ左打者の王さんや松井さんが右方向へ引っ張ることの多い「プルヒッター」だったのとは対照的といえる。

王さんの記録に並んだ55号はその真骨頂。巨人・大勢が投じた外角の直球を、コースに逆らわず左中間席へ運んだ。打者のデータ分析が進み、球種の幅も広がった現代において、引っ張るだけで50本を打つことは困難だ。「今の投手は分業制で、本塁打を量産するのは我々の時代より難しい。彼の技術がいかにずぬけているかということ」。現ソフトバンク球団会長の王さんも、その記録の価値を強調する。

「投高打低」が顕著なシーズンにこれだけの本数を重ねたことも意義深い。三冠王も最年少というだけでなく、歴代達成者の中でも56本塁打はトップ、134打点は2位タイの数字。球史でも傑出した成績でなし遂げた偉業は、長く語り継がれるだろう。

(木村祐太)
ドラフト歴代指名選手一覧はこちら
スポーツトップ
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

北川和徳のアバター
北川和徳
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

ひとこと解説

55号の後に本塁打の量産が止まったのは残念でしたが、最終打席で56号というドラマを見せてくれました。若き三冠王の誕生です。まだ数年は日本でやってくれると思うので、シーズン本塁打記録の更新は来季以降の楽しみと考えます。セリーグはしばらく、ヤクルトの時代が続くのでしょうか。
2022年10月4日 6:49 』

北朝鮮が弾道ミサイル、日本上空通過 政府「海に落下」

北朝鮮が弾道ミサイル、日本上空通過 政府「海に落下」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA040E90U2A001C2000000/

『政府は4日、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。全国瞬時警報システム(Jアラート)は弾道ミサイルが日本上空を通過したとみられると公表した。「不審な物を発見した場合には決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい」と言及した。北海道と青森県を対象地域に指定した。

【関連記事】Jアラートとは 災害やテロ情報、衛星で伝達

北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するのは2017年9月15日以来。防衛省は午前7時46分、ミサイルは既に落下したと説明した。』

フィリピンへレーダー輸出、1基目を納入へ 浜田防衛相

フィリピンへレーダー輸出、1基目を納入へ 浜田防衛相
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA031GX0T01C22A0000000/

『浜田靖一防衛相は3日の記者会見で、フィリピンに輸出する警戒管制レーダーの1基目の国内製造が完了したと発表した。11月中旬以降に輸送し、納入する。同レーダーは戦闘機などを探知する。政府が2014年に防衛装備移転三原則を決めてから完成装備品の輸出は初めてとなる。

記者会見する浜田防衛相(3日、防衛省)

三菱電機とフィリピン国防省は20年に4基を移転する契約を結んだ。固定式が3基、移動式が1基で、今回の1基目は固定式だ。防衛省は10月4日から航空自衛隊の教育課程にフィリピン空軍の6人を受け入れ、レーダーの使い方などを教える。

浜田氏は「フィリピンは共通の理念と目標を有する戦略的パートナーで、防衛装備協力の推進は日本、地域の平和と安定の確保において重要だ」と述べた。』

ダミバ大統領が辞任に同意、ブルキナファソのクーデター

ダミバ大統領が辞任に同意、ブルキナファソのクーデター
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB030IH0T01C22A0000000/

『【ワガドゥグAFP時事】9月30日に反乱軍がクーデターを起こした西アフリカ・ブルキナファソのダミバ大統領は2日、辞任に同意した。同氏とクーデター指導者トラオレ氏の調停に当たった宗教指導者らが明らかにした。

宗教指導者らによると、ダミバ氏は辞任に当たり、身の安全の保証や2年以内の民政復帰など「7項目の条件」を付け、トラオレ氏が受け入れた。外交筋によれば、ダミバ氏は2日、隣国トーゴの首都ロメに逃れた。

反乱軍側はクーデターの理由として、ダミバ氏がイスラム過激派による攻撃の鎮圧に失敗したことを挙げ、「テロとの戦いを支援する用意のある他のパートナー」と協力する意向を表明。具体的な国名は明示していないが、隣国マリなどアフリカのフランス語圏諸国で影響力を強めるロシアとの軍事協力を求める声が上がっている。

【関連記事】仏大使館前で数百人抗議 クーデターのブルキナファソ 』

「プーチン氏抑制利かず」 米長官、核使うなと警告

「プーチン氏抑制利かず」 米長官、核使うなと警告
https://nordot.app/949421991110590464?c=302675738515047521

『【ワシントン共同】オースティン米国防長官は2日放映の米CNNテレビの番組で、ウクライナ侵攻を巡り核兵器使用の可能性を示唆するロシアのプーチン大統領について「抑制が利いていない」と危機感を示した。

ロシアのショイグ国防相に対し、核使用に関して「無責任な行動をするな」と警告したことも明らかにした。

 ロシアが核を使用するかどうかはプーチン氏自身が決めるとの認識を示し「ウクライナに侵攻するという無責任な決断をしたように(核使用という)別の決断もし得るが、そのような兆候は見受けられない」と語った。

オースティン米国防長官(ゲッティ=共同)

© 一般社団法人共同通信社 』