「P5」にすがるプーチン氏 ロシアの苦境映す

※ 今日は、こんなところで…。

「P5」にすがるプーチン氏 ロシアの苦境映す
編集委員 坂井光
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60622080S0A620C2I00000/ 

『ロシアのプーチン大統領が6月中旬、国連安全保障理事会の常任理事国5カ国による首脳会議(サミット)を提案した。同氏がこのサミットを呼びかけるのは初めてではない。背景には国際社会におけるロシアの苦境が読み取れる。

第2次世界大戦の戦勝国のうち、米英仏中ロの5カ国からなる常任理事国(Permanent members)は「P5」と呼ばれる。安保理決議での拒否権を持ち、核保有も認められた特別な存在だ。

プーチン氏は米誌ナショナル・インタレスト(電子版)に18日付で掲載された論文で、P5サミットを呼びかけた。論文では国連の重要性を強調し、特別な地位を保持する5カ国こそが世界情勢を正常化させる責任があると主張した。』
『強気なプーチン氏が新たな枠組みを提唱する背景には、袋小路に入って久しいロシア外交を打開したいとの思いがありそうだ。

2014年のウクライナ領クリミア半島併合でロシアはG8から排除された。それでも核軍縮では米国と対等な立場で話ができると考えていた。しかしトランプ政権は中国にこだわった。ロシアは西側との関係改善のきっかけがないまま、経済制裁を科され続けている。』
『中国とは1996年に戦略的パートナーシップを表明し、関係を強化してきた。しかし国力の差は開く一方だ。米中新冷戦がささやかれるなかで、このままでは中国陣営に取り込まれてしまう。なんとかロシアを含む多極的な世界を構築できないか。そんな狙いが根底にありそうだ。』
『プーチン氏は、軍事的に他国に依存せず、自立した国が「真の主権国家」という世界観を持つとされる。北方領土交渉で米国による核の傘の下にいる日本を批判したのもその考えからだ。

そんな同氏にとってP5こそが世界をけん引すべきだという思いがある。しかも居心地がいいことにP5では米国や中国と立場は対等だ。』
『とはいえ、実現性は高くないだろう。プーチン提案に明確に拒否した首脳はいないが、開催に向けた動きはみられない。特にトランプ大統領は今年議長を務めるG7サミットにロシアや韓国などを招待する一方、中国を排除するなど別の枠組みを模索している。

東大先端科学技術研究センターの小泉悠・特任助教は指摘する。「プーチン氏の念頭にある国際秩序は、ソ連が大国だった冷戦時の国連を中心とするもの。一方、トランプ氏がめざすのは新たな時代の秩序づくり」。立場の違いは拭えない。』
『プーチン氏にとって、P5サミットが立ち消えになれば国際社会での存在感が一段と低下するリスクをはらむ。にもかかわらず、こだわるのは達成せねばならない外交課題があるからだ。

国際問題の専門家ウラジミル・フロロフ氏はロシア誌で「(P5サミットの)目的はプーチン氏が成し遂げた地政学的な成果を国際的に認めてもらうことだ」と指摘した。

具体的にはウクライナを含む旧ソ連圏での優先的な立場のほか、シリアをはじめとする中東での主導的な役割などで理解を得ること。それに並行して経済制裁を緩和してもらい、低迷する国内経済をてこ入れしたいというわけだ。』
『ロシアでは7月1日、憲法改正の是非を問う投票が実施される。承認されるのは確実で、プーチン氏は任期が切れる24年以降も大統領にとどまることが可能になる。

事実上2000年からトップに君臨する同氏が、ソ連時代のスターリンの29年に迫る長期政権を実現するにはフロロフ氏がいう成果を国民に示す必要がある。

逆にいえば、それが無理なら求心力は低下しかねない。それでなくとも人気の陰りが鮮明になっている。プーチン氏が最も心配するのは、自分というタガが外れたら、ロシアが再び混乱するということだろう。

ロシアは岐路を迎えている――。プーチン氏はそれを嗅ぎとっているのかもしれない。』

ロシアが急速に進めるガス供給ルート多様化の背景に迫る

※ リンクとして貼れないので、テキストとして貼っておく…。( https://oilgas-info.jogmec.go.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/812/201907_19a_new_02.pdf ) 適当にコピペして、飛んでくれ…。と、思ったが、「ブロック」使わないと、貼れたようだな…。コピペするとNGなんで、いちいち手打ちした…。

ロシアで、兵器関連の原子力関連事故が、続いているようなんだが…

ロ爆発、核ミサイル実験か 国営原子力企業が関与
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48482810R10C19A8FF8000/

ロシアの最新鋭兵器 原子力推進式巡航ミサイル 「ブレベスニク」Burevestnik
https://ameblo.jp/odamaki3/entry-12396510923.html

ロシアの原子力巡航ミサイル「ブレヴェストニク」、どのような兵器なのか
 ※ 『ブレヴェストニクについてその原理は明らかになっていないものの、これまで開発・設計されたものに同様の原子力巡航ミサイルが存在しており、簡単に説明すると高温に熱せられた原子炉に空気を送りこみ加熱することで膨張した空気を排出することで推進力を得るという装置になっているそうです。』と言うことらしい…。
http://zapzapjp.com/55697124.html

「プーチンの超兵器」の通称がオンライン投票で決まる
https://jp.rbth.com/science/79929-putin-choheiki-no-tsusho  ※ 例の、「RUSSIA BEYOND」だ。動画が載っているんで、見てくれ。キャプチャ画像を、少し貼っておく。
『「我々は新しいタイプの戦略兵器を開発し始めた。これは、目標に向かって飛行する際に弾道軌道を通らないから、MD(ミサイル防衛システム)は役に立たず、意味を失う」。このようにプーチン大統領は、ロシア国内と世界に新型巡航ミサイルをデモンストレーションしつつ説明した。このミサイルは原子力エンジンを搭載しており、地球を何周でもできる。』
『イズベスチヤ紙の元軍事問題評論家、ドミトリー・サフォノフ氏が、ロシア・ビヨンドに説明したところによると、この新型ミサイルは外見は、国産ミサイル「Kh-101」または、アメリカの周知の「トマホーク」に似ている。
 「しかし、ロシアが新たに開発したミサイルには、小型だが極めて強力な原子力エンジンが搭載されており、射程距離をはるかに伸ばすことができる(トマホークとKh-101の射程距離はそれぞれ2500kmと5000km)」。サフォノフ氏はこう指摘した。
 しかも、このロシアの新型ミサイルは、低空飛行するのでほとんど発見されない。 簡単に言うと、現代のミサイル防衛システムでは捕捉できな超音速で、地形を縫うようにしながら、目標に向かって飛んでいく。これがプーチン大統領が強調した点だった。』

※ しかし、どうなんだ…。地球を何周もしながら、放射性物質をまき散らしながら推進するのか…。兵器だから、当然、そういう方面での対策は、取られていないだろう…。

火災事故のロシア潜水艇は原子力型、プーチン大統領が表明(2019年7月5日)
https://jp.reuters.com/article/russia-submarine-fire-idJPKCN1TZ1NG

極秘作戦中だった? 火災の露潜水艇 地元メディア報道(2019.7.6) ※ 『ロシャリクは全長約60メートルで、2003年に配備された。25人が搭乗でき、深度6000メートルまで潜航可能とされる。ロシアの海底通信ケーブル防衛や通信傍受、敵対国のケーブル切断による通信妨害などを目的に建造されたという。露メディアは、ロシャリクが実際の通信傍受作戦に従事していたか、その訓練を行っていた可能性があると指摘した。』と言う話しだ…。
https://www.sankei.com/world/news/190706/wor1907060012-n1.html

※ 海底ケーブル(「光ファイバー・ケーブル網」)の周辺には、こういう特殊潜航艇みたいなものがウジャウジャたかっていて、全世界で「秘密作戦」が、遂行されているんだろうな…。

火災を起したロシアの小型原潜、謎が多いAS-12『ロシャリク』か
http://zapzapjp.com/55534595.html

ロシャリク (AS-12) https://ja.wikipedia.org/wiki/ロシャリク_%28AS-12%29

※ この人の情報によれば、母船であるデルタⅢ型原潜の船腹にセットされて、現場海域まで運搬され、それから切り離されて、任務を遂行する…、ということのようだ…。

セヴェロモルスク
https://ja.wikipedia.org/wiki/セヴェロモルスク

シーパワーとしてのロシアは、北極圏を目指すのか…

 ロシアが、北極圏で軍事活動を活発化させている…、という話しがある。
 例えば、こんな記事だ。

 『温暖化で北極圏の領土争いが過熱:カナダとロシアの小競り合いも』
https://wired.jp/2009/03/30/%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%A7%E5%8C%97%E6%A5%B5%E5%9C%8F%E3%81%AE%E9%A0%98%E5%9C%9F%E4%BA%89%E3%81%84%E3%81%8C%E9%81%8E%E7%86%B1%EF%BC%9A%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%80%E3%81%A8%E3%83%AD%E3%82%B7/

 一部を紹介すると、『『[2007年9月には、カナダの北岸に沿って、ヨーロッパからアジアへ直接向かう航路を遮る氷が有史以来初めて無くなった(日本語版記事)。この北西航路で、例えば欧州と日本を結ぶ距離は従来よりも40%も短くなるとされ、世界の海運や物流が大きく変わるとみられている。また北極圏には、世界の天然ガスや石油の未確認埋蔵量の約4分の1が眠っているとされ、ロシアの半官半民企業ガスプロムがガス田の開発を行なっている。ロシアは2007年8月、北極点海底にチタン製の国旗を立てるというパフォーマンスも行なった]』

 温暖化で、夏の間は北極圏の氷が無くなって、航路を開通することが可能となった。さらに、北極圏には、エネルギー資源も埋蔵している…、という話しだ。
 それで、その航路の権益と、エネルギー資源の権益を狙って、各国が争い始めていて、ロシアも積極的に参入している…、という話しだ。

 それで、こんな記事にも、お目にかかった。

 『〔ロシアが北極の軍事基地映像を公開 膨大な資源、権益確保に軍備強化〕』
 『 ロシア国防省は17日までに、北極海の島に新設した軍事基地の映像を公開した。兵士約150人が暮らす「北緯80度以北で世界唯一の大規模建築物」としており、ロシア国旗と同じ赤、白、青に塗られた“宇宙基地”のような外観が目を引く。
地球温暖化で海氷面積が減る中、ロシアは膨大な資源が眠る北極海で権益を確保しようと、軍備増強に力を入れている。』
https://www.sankei.com/world/news/170418/wor1704180017-n1.html

公開された軍事基地(※ 画像は、上記サイトからお借りした)

ロシア、北極圏、軍事基地_s

 そもそもの、ロシア海軍の配備状況は、こんな感じだ。

ロシア軍の配置_s

 NATOと対峙しているはずの、バルト艦隊は、カリーニングラードって場所を根拠地にしている。ここは、バルト三国の一つのリトアニアと、ポーランドに囲まれた、ロシアの飛び地だ。なんで、そんな飛び地になったのか…のいきさつについては、二次大戦末期の独ソ戦が関係している。詳しくは、Wikiを見といてくれ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89

 ここは、独ソ戦の前は、ドイツ帝国の領土だった。

ドイツ帝国のマップを、貼っておく。

ドイツ帝国、マップ_s

 東端が、現カリーニングラード(旧名:ケーニヒスベルグ)があった地域だ。

 次に、北極圏のロシア軍基地配置のマップを、貼っておく。

北極のロシア軍基地_s

 上記サンケイの写真は、フランツヨーゼフ島に置かれたもののようだ。

 次に、このサイトで、北極圏の軍事基地に配備された兵器について、載せているので、その一部を紹介しておこう(画像は、ここからお借りした)。
https://jp.rbth.com/science/79693-hokkyokuken-ni-haibi-suru-heiki

ロシアが北極圏に配備する兵器

北極圏、配備兵器1_s

北極圏、配備兵器2_s

北極圏、配備兵器3_s

北極圏、配備兵器4_s

北極圏、配備兵器5_s

北極圏、配備兵器6編_2_s

 しかし、こういう活発な軍事行動は、周辺諸国の疑心暗鬼を生じさせる…。

 例えば、次のような反応だ。
『〔北極海をロシアから守れ イギリス軍が部隊を派遣〕』
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/post-11047.php
 『イギリスのギャビン・ウィリアムソン国防相は9月30日、ロシアの脅威に対抗するために北極に800人の部隊を派遣すると発表した。
 同日から始まった与党・保守党の党大会に先立ち、ウィリアムソンは英海軍と陸軍が今後10年にわたって、冬の期間中、ノルウェーに特殊部隊を配備するという新たな北極戦略を明らかにした。
 北極については複数の国が領有権を主張しているが、ロシアはお構いなく、旧ソ連時代に北極海に建設した軍事基地を復活させ軍隊を常駐させている。
 イギリスから派遣される特殊部隊はノルウェー軍のほか、アメリカとオランダの海軍とも協力して、ロシアの動きに対抗する構えだ。イギリスは、北大西洋でのロシア潜水艦の活動は「冷戦終結以降で最も活発になっている」との危機感を示す。
 「氷が解けて新たな航路が出現するのに伴い、北極地方の重要性も増す」と、ウィリアムソンはバーミンガムの党大会で語った。「ロシアは北極海の氷の下でますます多くの潜水艦を活動させ、北極に100を超える施設を建設するという野望を掲げ、北極地域の領有権を主張し、軍事拠点化を進めている。こうした脅威に対処するための備えが必要だ」』

 こうして、一方の軍事行動の拡大は、他方の軍事行動の拡大を招き、NATOも大演習を行う(「トライデント・ジャンクチャー18」)、というような流れになるわけだ…。

ロシアが行った、「ボストーク2018」ってのがある

例によって、国内メディアは、ダンマリだ…(その一方で、NATOの軍事演習については、ガンガン報道するんだよな)。

まあ、またこのジジイが、紹介しておこう。

大体の状況は、ここのサイトが非常に詳しい。ただ、「The sun」なんで、非常に扇動的で、少し客観性には欠けている感じだ。ロシアが、宣伝したい方向に、モロに乗っかってる感じがする。
だから、動画を見てもいいが、そういうショッキングな衝撃を観る者に与える目的で作成されている…、と思って見てくれ。URLを、貼っておく。

https://www.thesun.co.uk/news/7248874/vladimir-putin-russian-chinese-tanks-moscow-war-games/

https://www.bing.com/images/search?q=%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF2018&FORM=HDRSC2
(画像元のサイトです)

オレの方は、例によってネットで収集した画像を、貼っておくことにする。

まず、日時と場所だ。

ボストーク2018、場所、マップ_s

日時は、9月11日から17日。場所は、陸がモンゴル国境近辺の草原で、海がカムチャツカ半島の東の海域でだ(北方領土の、ごく近辺でだぞ。なんで、報道しない?)。

レッドチームと、ブルーチームに分かれて、「戦争ゲーム」形式で戦闘演習を行った、ということらしい。

公称で、30万人の兵士が参加した、とある。戦車が、3万6千台。戦闘機が、1000機。戦艦が、80隻。中国軍が、3千200人参加。後で、画像が出てくるが、モンゴル軍も参加している。この画像には、人数は記入されてはいない、ようだな…。

戦車の隊列

ボストーク2018、戦車、隊列_s

なにせ、3万6千台の戦車だ。この地域に輸送するだけでも大変だし、それを6日間活動させるわけだから、とてつもない燃料を消費するだろう…(まさか、アメリカ及び西側の経済制裁で、売れ残った石油の処理を兼ねてる、ということは、無いよな…)。資源大国だから、できる芸当だな…。

ちゃんとコースを間違えないように、フラッグを立てているんだな…。操縦している人は、見えているんだろう…。

空には、ヘリも舞っている…。攻撃型戦闘ヘリか…。

火を吹く戦車

ボストーク2018、戦車_s

弾薬も相当消費しそうだな…。ただ、こういう弾薬にも保管期限ってのがあって、長期に保管しとくと、不発になる可能性が高まるそうだ。それで、期限切れが近くなると、大規模演習を行って、使い切って、新しいのと交換するという話しだ。日本の「富士火力演習」も派手に弾薬を消費するので有名だが、そういうカラクリがあるんだ…、と言う話しをネットで見たことがあるぞ…。

中国軍・モンゴル軍の参加の様子

ボストーク2018、中国軍、モンゴル軍_s

手前から、ロシア、中国、モンゴルの国旗のようだ。「ようだ」と言うのは、モンゴル国の国旗は、実は良く知らない…。モンゴル軍も参加した、とあるから、モンゴル国の国旗なんだと思う…。(ネットで、調べた。「赤色は勝利と歓喜を、青色は不変の空と忠誠と献身を表わす。黄色の部分はソヨンボ(蓮台)と呼ぶ伝統あるシンボルで、繁栄・神聖・主権・高潔・自由・団結などを意味するもの」だそうだ。「良く知らない」とか、言って、すまなかった。)

これは、戦車ではなく戦闘車両のようだ。4輪なんで、ごく軽便なタイプだな…。通常の4輪駆動車の装甲を、ちょっと厳重にした程度のものだろう…。それで、乗員が、ロケット・ランチャーを担いでいるのか…。まあ、実戦では、重火器なんか載せて、ヒョイヒョイと敵に近づいて攻撃する、という使い方を想定しているんだろう…。

悪路走破性能、登坂性能はどの程度のものなんだろうな…。ロシアは、未だに自動車のエンジンをロクに作れないとか、クサしている人もいるが、某T社の「ランクル」なんかに比較して、どの程度のものなのかな…。

こんな風に、ロシアとしては、「我々は、どんなに経済制裁されても決して屈しない。みずからの尊厳と国土を、最後まで守り抜く…。」という意思を、示しているわけだよ…。