GeForce RTX 3060は“ゲーマーに届く”。マイニング性能を半分に制限

※ ということで、GPUは、「ゲーマー」と「マイニングやる人」とで、取り合いになった…。

※ 「暗号資産」の「マイニング」の検証・演算やるにも、「ベクター型」の演算器である「GPU」が欲しいからな…。

※ しかも、「マイニング業者」みたいなことやってる人は、一人で何枚も「GPU」使うから、「ゲーマー」まで行き渡らない事態が生じた…。

※ それで、そういう「マイニング」に使っていることを「検知」すると、「ドライバ」側で「演算能力」を半分に制限する…、という仕組みを導入することにした…、という話しだ…。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1307428.html

『NVIDIAは18日(現地時間)、25日に発売予定のGeForce RTX 3060において、ドライバソフトウェアでEthereum暗号通貨マイニングアルゴリズムの特定の属性を検出し、ハッシュレートおよびマイニング効率を約50%に制限するよう設計したと発表した。』

『一方でマイニング用には別途、「NVIDIA CMP(Cryptocurrency Mining Processor)」という専用の製品ラインを用意。ディスプレイ出力を省くことでエアフローを改善できるほか、ピーク電圧と周波数を抑えてマイニングの電力効率を向上させるとしている。』

『世界的に半導体不足が続いているが、とくにGPUに関しては、在宅時間の増加に伴うゲーム需要増と、仮想通貨の高騰に伴うマイニング需要増で事態は深刻化。店頭に最新ビデオカードが並んでいても、ゲーマーとマイナーがそれを取り合うことになっている。

 ゲーマーは1人1枚で十分なのに対し、マイナーは1人で複数枚購入するため、不公平だという不満の声がゲーマー側から多く上がっている。より多くのゲーマーにGeForceを届けるために、NVIDIAはこのような策を打ち出したわけだ。』