「ゼロトラスト」ということ…。

米グーグルはテレワークでVPNを使わない、なぜなら「あれ」が危険だから
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00692/031000023/

※ コロナのお陰もあって、テレワークやリモート・ワークが進行していくと、もはや「境界防御」という考え方が、成立しなくなった…。

※ これまでは、「安全な接続体制」を「一元的」「中央管理的」に構築しておいて、そこの「境界で」不正な接続を防御する…、という思想だった…。

※ VPNも、その思想の延長線上にあり、「安全な接続体制の内部」に進入することを、「許可する」ための仕組みだった、と評価できる…。

※ しかし、それではもはや、間に合わなくなった…。というのは、「端末」自体もワーカーが「買い換える」ということや、「複数台保有する」ということが普通の状況になった…。また、接続して来る「場所」も、常に「自宅」からとは、限らない…。近所の「カフェ」かもしれないし、自宅の近所に借りた「ワーク・スペース」かもしれない…。そういう多種・多様な「接続形態」に対応することが、迫られるようになった…。

※ さらには、Emotet(エモテット)みたいな「マルウェア・プラットフォーム」と呼ぶべき「攻撃形態」も出現し、一旦「信頼できる接続」として「内部への進入を許した」が最後、「情報を根こそぎ持っていかれる」というようなものも出現した…。もはや、「内部からの接続」自体、「信頼できるもの」じゃ無い可能性があるんだ…。

※ そこで、発想を転換して、「全ては、信頼できないネットワーク、アクセスである、という前提で」、セキュリティ対策を考えるようになった…。それが、「ゼロトラスト」というものらしい…。

※ 実際には、「認証の発行の山」と、「認証サーバ」の設置で実行するようだ…。「認証ID」は、一回発行したら、ずっとそのまま…、というわけにいかない…。定期的に、その都度「認証ID」を発行し、「認証サーバ」と連携させて、一回一回、認証して行くわけだな…。

※ 実際、ネットバンキングなんか使うと、その都度端末に(オレは、まだガラケー…)、「ワンタイムパスワード」なるものが送信されて来る…。そういうものを、入力したりして「認証」するわけだな…。いわゆる、「二段階認証」というものか…。

『新型コロナウイルス対策として様々な企業で在宅勤務が推奨される中、VPNに関する発言を耳にする機会が増えた。「大勢が使い始めたので速度が落ちた」「社内からの利用申請が急増した」といった恨み言が中心だが、興味深いものもあった。なんでも「グーグルはテレワークにVPNを使っていない」のだという。』『米グーグルは従業員が在宅勤務をする際にVPNを一切使っていない。インターネット経由で利用できるSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)の「GSuite」などで業務が完結するから、といった単純な話ではない。開発システムや経理システムといったあらゆる種類の社内アプリケーションが全てインターネット経由で利用できるようになっているため、従業員はそもそもVPNを利用する必要がないのだという。』

※ 警告により、Xtechの記事の転載を削除しました。

※  Xtech 、ちょっとやりすぎなんじゃないか?

※ 修正するの、大変だ…。おまけに、WordPress.comのエディターが、投稿時は、classicタイプとかで、古いもののようで、操作のやり方なんか、とっくに忘れてしまっていた…。

※ いやいや、難儀した…。

※ ほぼ、別記事に差し替えた…。

VPNは危ない? テレワーク時代に急浮上、新しいセキュリティの考え方「ゼロトラスト」って何だ? https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2008/10/news007.html 

『テレワークで顕在化した、境界防御の限界 これまでのセキュリティ対策は、ITの世界を、信頼できる「内部」と、脅威がうようよしていて危険な「外部」とに分け、外側から侵入を試みる不正アクセスやマルウェア、悪意あるメールなどを、境界で検知してブロックするという境界防御の考え方に立脚してきた。

 パソコンやサーバ、業務アプリケーションがLAN内にあり、ゲートウェイを介してインターネットにアクセスすることが前提──といった、インターネット普及期から2000年代後半までのITシステムならば、それがコストパフォーマンスもいいし、セキュリティポリシーやガバナンスを適用させる一番いい方法だった。そして、どうしてもリモートからアクセスする必要がある場合にはVPNという技術を使って、自宅やリモート拠点などを実質的に「内部」と化すことで、同様のセキュリティを担保してきた。

 しかし、クラウドサービスやモバイルデバイスの普及といったここ十年の環境の変化が、境界型セキュリティの限界を徐々に明らかにさせてきた。

 従業員はもはや社内オフィスにいるとは限らない。重要なデータやアプリケーションも、オンプレミス環境に残っているものももちろんあるが、SaaS、IaaSなどさまざまな形でクラウドへの移行を進める企業が増えている。

 こうして境界があいまいになるにつれ、この数年、多くの人がこれまでのセキュリティ対策の在り方、境界型セキュリティの限界をうっすらと感じてきたのではないだろうか。その問題がいよいよ、新型コロナ対策として広がったテレワークにより多くの従業員が境界の外から業務をするようになって、とうとう顕在化したといえる。

 これまでのアーキテクチャでテレワークをする場合、従業員からの通信はVPNを利用していったん内部に集約される。しかし働き方改革の一環とか、管理者のメンテナンスという観点でごく一部が利用するのとは異なり、数百人、数千人という桁違いの利用者がVPNを利用した結果、帯域や機器の負荷が増大してパフォーマンスが低下し、「これでは使えない」と文句が出たり、時間を区切ってローテーションで利用したりするケースもあるという。

 特に顕著な影響が出ているのは、いったん企業のVPNゲートウェイを経由してクラウドサービスを利用する場合だろう。自宅からダイレクトにクラウドサービスを利用する場合に比べ、データセンターへの行ったり来たりが増えて帯域もセッション数も消費し、ボトルネックとなっている。

 既存の対策の限界をあぶり出した要因はもう1つある。サイバー攻撃の高度化だ。攻撃者は、被害者をだましてメールの添付ファイルやWebサイトをクリックさせたり、RDP(Remote Desktop Protocol)やVPNといったリモートアクセス環境で“弱いパスワード”が設定されているアカウントを乗っ取ったり、脆弱性を悪用したりと、さまざまな手段で信頼されている内部に侵入する。

 こうして一度内部に忍び込んで足掛かりを築いてしまえば、後は攻撃者のやりたい放題だ。信頼されているのだから、共有ファイルサーバやディレクトリサーバへのアクセスも可能になるが、境界型防御では、入り込まれた後のこうした振る舞いには手が出ない。

 このように、IT環境の変化とサイバー攻撃の高度化という2つの理由で徐々に明らかになっていた境界型セキュリティの限界が、新型コロナウイルスの到来に伴い、半ば強制的に突きつけられた状態だ。そして、これに代わるアプローチとして浮上している考え方がゼロトラストセキュリティだ。』
『内側も外側と等しく「常に信頼しない」
 ゼロトラストセキュリティとは、米国の調査会社フォレスター・リサーチのアナリストが提唱した考え方だ。内部に潜む脅威を前提に、またクラウドやモバイルなど外部にあるリソースの活用を念頭に置き「あらゆるものを信頼できない」という前提で、常に確認しながら扱おうという姿勢だ。

 ゼロトラストの考え方では、社員であろうと、一度認証を済ませたデバイスであろうと、内部ネットワークにあるリソースであろうと無条件では信頼しない。IDベースで認証を行い、機器のセキュリティ状態のチェックなどを継続的に行って常に状況を確認し、適切かつ必要最小限のリソースへのアクセスのみを許可するというアプローチだ。

  また、一度信頼できると判断した相手でも、5分後には信頼できない状態になっているかもしれない、という前提に立ち、継続的にチェックを行うこともゼロトラストのポイントだ。いつ、何が行われたかのログを収集して振る舞いや疑わしい動きなどを確認し、必要なアップデートなどが適用されているかもチェックする。

 ゼロトラストセキュリティを構成する要素を具体的に挙げてみると、

認証、認可、アクセス制御の仕組み
(境界に設置していた多層防御を補う)エンドポイントセキュリティの強化と検知・対処の仕組み
(境界に設置していたネットワークセキュリティを補う)クラウドベースのプロキシ、ファイアウォールなど
これらのログを統合管理する仕組み
 ──などが挙げられる。すでに何らかの形で導入済みの機能もあるだろうが、ゼロトラストセキュリティのポイントは、こうした機能をクラウド基盤で提供することで、オンプレミス環境では実現が難しかった拡張性、可用性を備えた形で、内と外との区別なくセキュリティ対策を実現することだ。

Googleの「BeyondCorp リモート アクセス」の例。ゼロトラストの考えに基づいたもので、VPNを使わなくても社内向けアプリにアクセスできる=Google Cloudのブログより
 考えてみれば、これまでの境界型セキュリティは、外部に対するゼロトラストを前提に、外部からのリクエストやアクセス、リソースは「信頼できないもの」として扱い、相手を確認(認証)したり、内容をチェックしたりしていた。ゼロトラストセキュリティではこれらを内部にも広げ、相手が何であろうと誰であろうと、同等のチェックを行うものといえるだろう。LANや企業内ネットワークという考え方を先にするのではなく、クラウドやインターネットという概念を第一に考えると、自ずとこうした考え方に行き着くのかもしれない。

 こうした合理的な考え方に基づき、海外ではGoogleやMicrosoftといったIT大手がゼロトラストセキュリティのアプローチを採用し、従業員が社内にいようと社外にいようと、またどんなデバイスを使っていても、セキュリティを担保する仕組みに移行してきた。この流れは日本国内でも徐々に広がっており、LIXILなどが“脱VPN”を進めている。

 ただ、ゼロトラストのアプローチを検討するには、いくつか留意すべきポイントがあるように思う。

まずは、ITアーキテクチャの整理やクラウド移行、テレワーク導入といったITの全体像を見据えながら検討することだ。「これからはゼロトラストだ」と張り切ってポイントソリューションを導入しても、境界型防御との整合性がとれなかったり、対策が抜け落ちた範囲が生じたりと、ちぐはぐな状態になる恐れがある。そうすると、これまでのセキュリティの歴史を繰り返すかのように、単なるバズワードで終わってしまうかもしれない。全体像を把握し、「このアクセスはどうやって保護するのか」「このユーザーはどういう状態にあるのか」を検討することが重要だ。

 また、何か1つソリューションを導入したらゼロトラストが実現できるかというと、そういうわけではない。これもセキュリティ製品の歴史でたびたび繰り返されてきたことだが、「これを買えばゼロトラスト」という宣伝があれば、むしろ疑いの目で見たほうがいい。

 もう1つ、文化や考え方を変えるには時間がかかる。境界型セキュリティは、戸口をしっかり閉めて泥棒が入り込まないようにするという、人間にとって直感的に分かりやすいイメージで捉えることができた。これに対し、ゼロトラストの考え方はちょっと抽象的だ。場所を問わないという意味で、自社の文化や働き方、労務規定などともすりあわせながら進めていく必要がある。

 予算や運用といった現実を考えても、段階を踏んで、できるところからゼロトラストを導入していくことがベターだろう。ただ、そうした移行期間こそ、捨て去るつもりで無防備な状態になった資産が実は生きていたり、境界防御で守る領域とゼロトラストベースで守る領域とでセキュリティギャップが生まれたり、試験的に動かし始めた環境が思った以上に多くのリソースにアクセスできる状態になっていたり──と、攻撃者にとっては狙い目になる恐れもある。あれもこれもとさまざまなタスクがある中では大変なのは重々承知だが、だからこそ常に慎重に、確認しながら取り組むのがいいだろう。』

グーグル、VPNを使わないゼロトラスト製品「BeyondCorp Enterprise」を販売
プロキシに加えてWebブラウザ「Chrome」に脅威対策を内蔵
https://it.impress.co.jp/articles/-/20992

NVIDIA、Armベースのデータセンター向けCPU「Grace」投入を表明

NVIDIA、Armベースのデータセンター向けCPU「Grace」投入を表明
現在のx86ベースのCPUと比較して10倍の性能を発揮

笠原 一輝2021年4月13日 02:00
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1318150.html

『半導体メーカーのNVIDIAは、4月12日午前8時(米国太平洋時間、日本時間4月12日午前0時)から同社の年次プライベートカンファレンス「GTC 2021」を開催しており、同社のAIに向けた各種ソリューションなどに関して多くの発表を行っている。

 そのGTC 2021の最初のセッションとして開催された同社 CEO ジェンスン・フアン氏の基調講演では、新しいデータセンター向けのCPUとして、開発コード名「Grace」(グレース)と呼ばれる製品を2023年に投入することを明らかにした。

NVIDIAのGrace(右)を搭載したマザーボード、左のもう1つのチップはGPU(提供:NVIDIA)

 NVIDIAによれば、GraceはArm社が開発する新しいデータセンター向けのCPUコアIPデザイン「次世代Neoverse(ネオバース)」が採用され、CPUコア1つあたりの処理能力がSPECrate2017_int_baseベンチマークで300を超える性能を発揮する。

 また、NVIDIAがサーバーなどでGPUとGPUを接続するインターコネクトとして導入しているNVLinkの次世代版が搭載されており、キャッシュコヒーレントに対応したNVLinkを利用した場合、CPUとGPU間の帯域幅は900GB/秒、キャッシュコヒーレントを使わない場合には600GB/秒の帯域を実現する。

 さらに、メモリコントローラはLPDDR5に対応。メモリ帯域は500GB/秒となり、現状の2倍の帯域幅を実現するという。

 なお、このGraceとNVIDIAのGPUを組み合わせることで、現在のx86 CPUとNVIDIA GPUの組み合わせでディープラーニング(深層学習)の大規模なモデル(1兆パラメータを持つモデル)を学習させた場合に1カ月かかる処理が、10分の1のわずか3日に短縮できるとのことだ。

x86 CPUベースの「DGX A100」と比べ性能が10倍となるArm CPU「Grace」

 NVIDIAが発表したGraceは、同社が「次世代Neoverse」と呼んでいるArmのデータセンター向けCPUデザインIPを採用している。Armは2018年の「Arm Techcon 2018」で、同社のデータセンター向けCPUのデザインIPとなる「Neoverse」を発表しており、既に同社の顧客などで採用されている。

 NVIDIAは現時点で、その次世代Neoverseがどういうものなのかは明らかにしていないが、Armが先日発表したばかりの新しい命令セット「Armv9」に対応した、新しいデザインであることは想定される。

 ただし今回、NVIDIAはその次世代Neoverseの性能は明らかにした。それによれば、CPUコア1つあたりで、SPECrate2017_int_baseにて300を超える性能を発揮するという。具体的にCPUコアがいくつになるのかなどは明らかにしていないが、当然、CPUコアは多くのコアが実装される形になるので、マルチコア時の性能はもっと大きな数字になることが想定される。

 なお、公開されたGraceのダイ写真を見る限りは、CPUダイはモノリシックダイで、AMDのEPYCなどで採用されているようなチップレットや、MCMと呼ばれる1つのパッケージの中に複数のダイが実装される形にはなっていないようだ。

NVIDIA Graceの概要(出典:NVIDIA)

 NVIDIAによれば、Graceの開発ターゲットは、CPUとメインメモリが、GPUやGPUメモリに比べて帯域幅が十分ではないことを克服することにあるという。というのも、現状ではCPUおよびCPUに接続されているメインメモリとGPUを接続するインターコネクトは、メモリやGPUと比較して低速なPCI Expressになるので、そこに引っ張られてしまい、GPUがメモリにアクセスするのに十分な帯域幅が確保されない現状がある。

現在のx86 CPUとGPUは、プロセッサに比べると遅いPCI Expressで接続されているため、CPUに接続されているメインメモリからGPUへの帯域幅は十分ではない(出典:NVIDIA)

 そこでGraceでは、NVIDIAのGPUがサポートしている高速なインターコネクトであるNVLinkに対応し、さらにNVLinkの帯域幅をCPUとGPUで600GB/秒、さらにキャッシュコヒーレント機能を有効にした場合には900GB/秒という帯域幅を実現する。

 また、CPUのメモリコントローラはLPDDR5に対応しており、メモリ帯域幅は500GB/秒を実現する。それにより、GPUとCPUが4つずつ搭載されているシステムの場合、メモリからGPUへの帯域幅は2000GB/秒となり、GPUがメインメモリにアクセスすることがボトルネックにならず、本来の性能を発揮できるようになる。

 NVIDIAによれば、1兆パラメータという非常に複雑で巨大なAIモデルを利用すると、学習にかかる時間は、x86 CPU(AMD 第2世代EPYC×2)とNVIDIA GPU(A100×8)の組み合わせとなる現行製品のDGX A100では約1カ月となるが、Grace(×8)+NVIDIA GPU(A100 ×8)の組み合わせの場合は、わずか3日間で終わるという。性能はざっと10倍に向上するという計算になる。

8xGrace+8xA100はDGX A100(2x x86 CPU+8xA100)に比べて10倍の性能を発揮(出典:NVIDIA)

 Graceの製造委託先は現時点では未公表だが、NVIDIAによれば5nmプロセスルールで製造され、2023年に市場に投入される計画になっているとのこと。現在、Swiss National Supercomputing Centre(CSCS)やLos Alamos National Laboratory(ロスアラモス国立研究所)が、Hewlett Packard Enterprise社が製造するGraceベースのスーパーコンピュータを導入する計画で、2023年より稼働する予定になっている。

CSCSやロスアラモス国立研究所などにHPCが製造したスーパーコンピュータが2023年に稼働する(出典:NVIDIA)

Arm CPU+NVIDIA GPUがAmazon EC2インスタンスで提供開始、新DPUのBlueField-3は2022年第1四半期に投入

 2020年、世の中をあっと言わせたArm買収を発表したNVIDIAは、GraceのようなArmベースのソリューションを加速している。すでにArm CPUに対応したCUDAをリリースしており、Arm CPUを利用したディープラーニングの学習ソリューションの充実などを進めている。

 今回のGTCではAWS(Amazon Web Services)との提携が発表され、AWSが提供しているGraviton2プロセッサ(64ビットのArm Neoverseコアを利用したカスタムプロセッサ)を利用したAmazon EC2インスタンスに、NVIDIA GPUを利用したものが提供されることが明らかにされた。

 また同時に、「Arm HPC Developer Kit」と呼ばれるArm CPUに対応した開発キットも提供され、ArmベースのCPUを利用したディープラーニングの学習がより利用しやすくする。Graviton2+NVIDIA GPUのAmazon EC2インスタンスは2021年後半から提供開始される予定だ。

Arm CPU+NVIDIA GPUがAmazon EC2インスタンスで提供開始(出典:NVIDIA)

 またNVIDIAは、2020年に発表した、DPU(Data Processing Units)と呼んでいるソフトウェア定義型のSmartNIC「BlueField-2 DPU」の後継として、「BlueField-3 DPU」を発表した。

 BlueField-3ではArm CPUが16コアに強化され(BlueField-2は8コア)、ネットワークの転送速度も200Gb/秒から400Gb/秒へと引き上げられる。従来のBlueField-2 DPU向けにソフトウェア開発キットDOCAで作成したソフトウェアは、そのまま実行可能だ。

BlueField-3(提供:NVIDIA)

BlueField-3の概要(出典:NVIDIA)

NVIDIA、データセンターのソフトウェア定義型ネットワークインフラを実現する「DPU」のロードマップを公開~DPU版CUDAといえる「DOCA」を提供へ
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1280964.html

 BlueField-3は、2022年第1四半期からの提供開始が予定されている。なお、2020年に発表されたBlueField-2は本日より一般提供が開始されている。BlueField DPUはDell Technologies、Inspur、Lenovo、Supermicroなどのシステムベンダーから提供されるとNVIDIAでは説明している。』

エヌビディアがCPU参入 アームと組みAI計算10倍速く

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN09EBS0Z00C21A4000000/

『【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手のエヌビディアは12日、CPU(中央演算処理装置)に参入すると発表した。英アームの基本設計を利用し、2023年に米欧のスーパーコンピューターに搭載する。人工知能(AI)計算を10倍速くできる見通しで、米インテルの主戦場に切り込む。AIの進化を左右する「頭脳」を巡り競争が激しくなる。

12日に開いたAIイベントでCPU「Grace(グレース)」を発表した。エヌビディアのGPU(画像処理半導体)と一緒に使うと、AIを学ばせるための計算速度が最大10倍になり、1カ月かけていた計算が3日で終わるという。他社製CPUとの組み合わせでは、計算量が膨大になると処理の「詰まり」が発生して速度を上げられなかった。

エヌビディアの「グレース」

米ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)がエヌビディアのCPUを組み込んでスパコンに仕上げ、米エネルギー省のロスアラモス国立研究所とスイスの国立スーパーコンピューターセンターに納める。ともに23年の稼働予定で、新材料や気象研究などに使う。

AIの「大きさ」、1年で100倍に

GPUが主力のエヌビディアがCPUまで手掛ける背景には、AIの進化がある。例えば自然な文章を書くと話題になった言語AI「GPT-3」には、計算結果を左右する評価軸(パラメーター)の数が1750億ある。19年に発表した1世代前の「GPT-2」の117倍で、パラメーターが増えてAIが大規模になるほど必要な処理も増える。

【関連記事】
AIが「人間並み」の文章 画像、音声に次ぐ革新迫る

エヌビディアの担当幹部、パレシュ・カーリャ氏は「数年以内に100兆のパラメーターを持つAIモデルが出てくる」と指摘する。今回のCPUは「最も複雑なAI計算のボトルネックを解消するために開発した」とし、米インテルや米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)などの汎用CPUとは「直接競合しない」というのが公式な見解だ。

インテル株、4%下落

ただ、AIの活用は文章の要約や自動のコード生成、チャットボットなど様々な分野に広がっている。エヌビディアがCPUの領域に踏み出したことで、今後各社が競争する場面は増える。発表に伴い、12日の米株式市場でインテルの株価は前日終値比で4%、AMDは5%下がった。

CPUへの参入は20年9月に買収を表明したアームとの協業の深化も示す。グレースではアームが3月に刷新した新しい設計技術を採用した。エヌビディアのジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は12日のイベントで「クラウドやスパコンでのアームの採用は始まったばかりだが、大きな成長のチャンスがある」と話した。両社は22年の買収成立を目指している。

一方でハイテク産業をめぐる米中対立は激しさを増しており、ソフトバンクグループからの買収が計画通り進むかは不透明だ。3月には米半導体装置大手アプライドマテリアルズによる旧日立製作所系KOKUSAI ELECTRICの買収が中国当局の承認を得られず破談になった。業界でも「アームの中立性が失われる」と反対の声が出ている。

【関連記事】
インテル超えのエヌビディア、革ジャンCEOが狙う盟主
インテル、「データの黒子」死守へ 自社ブランド構わず

半導体業界では需要見通しの誤りや天災、火事などにより、車向けを中心に需要に供給が追いつかない状態が続く。自動車各社が減産を迫られ、12日には米ホワイトハウスが供給網(サプライチェーン)の見直しについて議論する会議を開いた。こうした半導体の「量」の問題に加え、AI計算の頭脳をめぐる「質」の競争も激化している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

春割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM11C1B011032021000000&n_cid=DSPRM1AR08_promo

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

韓国LGがスマホ撤退発表 技術流出懸念で売却を断念

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM050YV0V00C21A4000000/

『【ソウル=細川幸太郎】韓国LG電子は5日、スマートフォン事業から撤退すると発表した。外部への技術流出を懸念して売却を断念した。約3700人いるスマホ部門の人材は業績好調の家電やテレビ部門に転籍し技術を生かす。かつて日本の電機を追い込んだ韓国勢も中国企業の追い上げを受け、撤退戦を強いられ始めている。

【関連記事】

LG、CEOがスマホ撤退示唆か 「あらゆる可能性検討」
LG電子は北米や中南米、韓国中心に世界でスマホを販売。2020年12月期の販売台数は約2500万台で、売上高は5兆2171億ウォン(約5100億円)、営業損益は8412億ウォンの赤字だった。赤字は15年から6期連続で、この期間の累積赤字は5000億円規模に膨らんでいた。

7月末をメドに自社スマホの販売を終了する。LG電子は「スマホの競争激化で事業不振が続いており、主力事業に集中する」と撤退の理由を説明した。権峰?(クォン・ボンソク)最高経営責任者(CEO)は1月に「あらゆる可能性を綿密に検討している」と事業撤退の可能性について言及していた。

これまで国内生産の撤退や外部委託の活用などでコスト削減を進めたが、黒字化の道筋が見えなかった。事業を売却すれば自社のスマホ関連の特許が外部企業に渡ってしまうという懸念もあり、事業停止を決めた。スマホ部門の人員は家電やテレビなど他事業部への異動を進めるほか、業績が急拡大している車載電池を手掛けるLG化学でも受け入れるという。

LGのスマホ事業の売上高ピークは14年。当時は韓国サムスン電子や米アップルに次ぐシェアを確保していたものの、華為技術(ファーウェイ)や小米(シャオミ)、OPPO(オッポ)など中国勢の躍進に押される形で後退を続けていた。

中価格帯のスマホ市場で劣勢だったLG電子は1月の米家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」でディスプレー画面を巻物のように伸縮可能な新型スマホを発表し、高価格帯にシフトする姿勢を示したばかりだった。

スマホ市場は上位5社のシェアが15年の55%から20年には70%となり、上位寡占が進む。技術革新の伸びしろが小さくなる汎用品(コモディティー)化が進むことで、シャープやソニーなど日本勢も含めて下位ブランドのシェア低下が続いている。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

鈴木一人のアバター
鈴木一人
東京大学 公共政策大学院 教授
コメントメニュー

分析・考察 スマホはアプリで製品が差異化されるデバイスになってしまったことで、付加価値を出すよりも価格競争が厳しくなった製品。サムソンのようなブランド力がないと、格安スマホと勝負するのはかなり難しくなる。LGは新しい技術を導入して差別化を図ったが、逆にそれが使いにくさにつながってしまったのではないだろうか。日本の携帯メーカーも技術に走ってガラパゴス化したが、韓国勢も同じ轍を踏んでいるような気がしてならない。製品のライフサイクルを考えると、こうなる運命なんだろうな…。

2021年4月5日 13:55いいね
21

石川温のアバター
石川温
スマホジャーナリスト
コメントメニュー

ひとこと解説 LGは、電池やディスプレイなど部材を独自に持っている中で、本来ならスマートフォンで他社と差別化できるはずだったが「ブランド」をうまく作れなかった点が敗因だったように思う。サムスン電子は「Galaxy」ブランドを作り、世界で売り、販売台数1位を誇る(もちろん、LGとサムスン電子と比べると販売力など企業の体力にはかなりの違いがある)。LGも数年前からブランドを立て直そうと動き出していたようだが、結局、名案が浮かばず、撤退に追い込まれてしまったようだ。

2021年4月5日 11:22いいね
71

村山恵一のアバター
村山恵一
日本経済新聞社 本社コメンテーター
コメントメニュー

別の視点 搭載するバッテリーなどキーコンポーネント進化の壁もあり、なかなか目新しさを打ち出せなくなったスマホ。一方で今年以降、テック大手などがAR(拡張現実)メガネを市場に投入すると注目されています。今後、スマホ事業とどう向き合っていくか。LG以外にも思案しているプレーヤーがいるのではないでしょうか。

2021年4月5日 12:24いいね
14

梶原誠のアバター
梶原誠
日本経済新聞社 本社コメンテーター
コメントメニュー

ひとこと解説 スマホというより、補助金など政府の力を背景とする中国勢と正面から競争することの厳しさを象徴するニュースです。家電で中国、韓国と競争を続けるパナソニックと、イメージセンサーなど独自市場の開拓に賭けたソニーの明暗もこうして分かれました。サムスンに対するLGのライバル心は激しく、LG幹部が展示会でサムスンの洗濯機を壊したとされる一件も話題になりました。でもそろそろ、違う道で勝負するときが来たと思います。

2021年4月5日 11:26いいね
60

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

春割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM11C1B011032021000000&n_cid=DSPRM1AR08_promo

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

スパコン富岳、世界一の計算力で革新的AI開発に挑む

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOHD163KW0W1A210C2000000/

『スーパーコンピューターで膨大なデータを学ばせ、創薬や材料開発、自動運転車などの画期となる人工知能(AI)を実現しようとする研究が進む。理化学研究所は世界最高峰のスパコン「富岳」の全計算能力を使って技術革新を目指す。欧米でも同様の動きは盛んで、計算力がAI競争の行方を握っている。

理研は2022年度にも富岳の全ての計算能力を使い、世界最大のAIを試作する。富岳は16万個のCPU(中央演算処理装置)を…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

春割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM11C1B011032021000000&n_cid=DSPRM1AR08_promo

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

富岳は16万個のCPU(中央演算処理装置)を持ち、例えばAIに使うと、1秒間に約2エクサ(エクサは100京)回の計算ができる。これを全て使い、創薬や材料開発、自動運転など分野ごとに画期的なAIの実現を目指す。

AIの開発は一般に、創薬や自動運転など目的ごとに関係するデータを大量に計算機に入力して学ばせる。データ量を増やしても性能が高まらなかったり、間違った判断をしたりする場合があった。だが近年、学習法の研究が進んで、データ量や計算機を増やせば性能を高められることが機械翻訳などでみえてきた。

現在では、スパコンの計算能力、学ばせるデータ量、計算結果を左右する項目「パラメーター」の数が重要と注目されている。パラメーターとは例えば病院の診断用のAIならば性別や年齢、既往歴といった項目だ。

スパコンを使うのは、大量のデータを学ばせる必要があるからだ。例えば自動運転車を開発する場合、1台が1年間走ると、カメラや光センサーから約2ペタ(ペタは1000兆)バイトものデータが集まるといわれる。

松岡聡・理研計算科学研究センター長は「創薬や自動運転、翻訳などでは、ペタバイト以上のデータを扱うことが普通になった。それだけのデータを使ってAIを作るには、優れたスパコンが不可欠だ」と話す。

理化学研究所のスパコン「富岳」(理研提供)

目指すのは画期的なAIの開発だ。米マイクロソフトの支援を受ける研究企業、オープンAIが20年6月に公開したAI「GPT-3」は、人に近い自然な文章を作れてイノベーションを起こしたといわれる。1750億ものパラメーターを扱う大規模な計算モデルを使って性能を高めた。

富岳は計算能力では現在世界1位だ。GPT-3が学習に使ったデータの約114倍にもなる5120テラ(テラは1兆)バイトのデータを学習したAIを動かせる。パラメーターの数も同等以上にはなる見込みだ。

松岡氏は「画像や化合物の構造データを大量に作ったり、高速でAIに覚えさせたりする。スパコンで作ったAIでないと画期的な創薬研究などはできない」と話す。足りないデータをAI自体に作らせ、効率的に学ばせる手法は今の主流だ。

理研は富岳で、病気に関わる体内のたんぱく質の構造を詳細に解析し、薬の候補物質を探す。コンピューター断層撮影装置(CT)などの医療画像を使い、がんの早期診断を目指す。30年代に実現が見込まれる「レベル5」と呼ばれる完全自動運転車を実現するAIの開発にも取り組む。

スパコンをAI開発に使う取り組みは、11年に米グーグルと米スタンフォード大学が始めた。現在は米中が先頭を走り、企業も目立つ。「米エヌビディアやマイクロソフトは世界トップ10に入るスパコンを持つ。中国の百度も取り組んでいる」(松岡氏)

欧州では、イタリアの約100の大学と公的機関が構成する研究者の組織「CINECA(シネカ)」が、世界最速のAI向けスパコン「レオナルド」を作る。1秒間に10エクサ回計算できる能力で、22年に運用を始める予定だ。サンツィオ・バッシーニ・ディレクターは「新型コロナウイルス感染症の治療に既存薬を転用する研究や、豪雨や地震などの予測に役立つ」と話す。

期待は大きい。米アルファベット傘下の英ディープマインドは20年11月、半世紀にわたる生物学の難題を解くAIを開発した。創薬につながるたんぱく質の立体構造を短時間で予測した。

今後も競争は続く見込みだ。オープンAIの試算によると、AIを作るのに必要な計算能力は約3.5カ月ごとに2倍になるという。産業技術総合研究所の小川宏高・人工知能クラウド研究チーム長は「今後もスパコンを使ったAIの開発競争は激しくなる」と言う。

勝ち抜くには、スパコンへの投資と人材育成が必要だ。産総研などは講習会を開き、人材育成に取り組んでいる。小川チーム長は「国内企業はスパコンにほとんど投資していない」と話す。大規模なAIを作る潮流に乗り遅れれば、日本の産業競争力をさらに落としかねない。(草塩拓郎)

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

山崎俊彦のアバター
山崎俊彦
東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授
コメントメニュー

ひとこと解説 スパコンがなぜ必要かという実例を1つご紹介します。記事でも言及があるGPT3の学習には”It was estimated to cost 355 GPU years and cost $4.6m.”とされています。約5億円のコストをかけねばならず、1枚のGPUだと355年もかかってしまう膨大な計算が必要です。

How GPT3 Works – Visualizations and Animations
https://jalammar.github.io/how-gpt3-works-visualizations-animations/

2021年4月2日 12:55いいね
0

竹内薫のアバター
竹内薫
サイエンスライター
コメントメニュー

別の視点 京は計算速度をウリにした結果、社会からあまり支持が得られませんでした。富岳は、その名のとおり、広い裾野を意識し、さまざまな分野で実際に活用してもらおうという姿勢が鮮明ですね。日本のAI開発はいまだ周回遅れと言われていますが、オールジャパン体制で巻き返しを図ってもらいたいです。

2021年4月2日 12:41いいね
1

慎泰俊のアバター
慎泰俊
五常・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役
コメントメニュー

別の視点 AIの構成要素はデータと演算性能とアルゴリズムであり、これらは相互補完的に強くなります。例えば、計算機の性能があがり、デジタル化されたデータが大量に集まったことで、アルゴリズムも進歩しているわけです。

ですので、演算性能が高いコンピューターがあるだけでは不十分で、大量のデータやアルゴリズムを開発する人材が必要なわけですが、この二点についてはすでに米中に大幅に遅れを取っており、現在のフェーズでのキャッチアップはもう難しいと思います。

ですので、次のフェーズで勝つために必要なものが何かを見極め、そこにリソースを割いていくべきではないでしょうか。

2021年4月2日 11:46いいね
6

中国シャオミへの投資禁止差し止め バイデン政権に司法の壁―米地裁

『【ワシントン時事】中国スマートフォン大手の小米科技(シャオミ)が、同社への証券投資を禁止する米政府の措置を不服として起こした訴訟で、首都ワシントンの連邦地裁は12日、実施予定の禁止措置を差し止める命令を下した。バイデン政権はトランプ前政権が打ち出した対中強硬策を外交カードに利用したい考えだが、司法の壁に阻まれた形だ。

中国スマホ大手が米政府提訴 シャオミ「投資禁止は違憲」

 米国防総省は前政権時の今年1月、中国人民解放軍の支配下にある中国企業のリストにシャオミを指定。大統領令に基づいて米国からの投資禁止対象にした。政権交代に伴い実施がいったん延期されたが、シャオミは一連の措置で「取り返しのつかない損害に直面する」と主張していた。

 地裁判事は判決文で、国防総省が中国軍関連企業のリストに指定した手続きに「深刻な欠陥がある」と指摘。同省は、シャオミが軍事転用可能な先端技術に経営資源を集中させたり、創業者が中国で国家に貢献した経営者として表彰されたりしたことを理由に挙げたが、判事は「説明や根拠が不十分」と断じた。』

カプコン、コロナ下で社員に事実上の出社強要か…

カプコン、コロナ下で社員に事実上の出社強要か…ゲーム業界、労働環境改善されない特殊事情
view-source:https://biz-journal.jp/2021/03/post_212504.html

 ※ 日本の(まあ、世界各国共通の話しなんだろうが…)ゲーム業界の「闇」の話しだ…。

 ※ 「クリエイティブ」とか、「やりがい」とかは、「労働搾取」と紙一重になりがちだ…。

『別の大手ゲームメーカー関係者は次のように語る。

「とにかくゲーム業界は狭いです。優秀な技術者はどこもほしいので、誰がどこに行ったのかはすぐ話題になるし、その逆もまたしかりです。また、誰がどんな発言したのかも社内だけではなく、同業他社にすぐ伝わります。『会社に労働条件で難癖をつけた』なんて話もすぐ伝わり、転職活動もうまくいかなくなります。だから長時間労働をさせられても、理不尽な要求をされても、みんな黙って仕事をしているんです。カプコンさんだけじゃなく、労働組合がない会社は多いですしね。『労組の成立は阻止しないけれど、そんなものを作ったら社内でどんな扱いをうけるかわからない』なんて話もよく聞きますよ。

 新聞やテレビ局などの大手メディアの社会部や経済部は、クールジャパンが注目を集め、アニメやゲーム業界が盛り上がる前はほとんど取材に来ませんでした。今ですらハレモノに触るような雰囲気ですよね。なにか事件が起こって、『容疑者がそのゲームにはまっていた』なんて状況になると記者が会社の玄関に殺到しますが、どんな人々が、どんな状況でゲームを作っているのか、関心がないんでしょう。

 いつも会社に出入りしているゲーム専門メディアもまた、よっぽどのことがない限り、ゲームメーカーの社内事情や労働状況には触れません。新作ゲームの開発情報や各媒体で使う画像の著作権を押さえられているからです。もし新作の開発情報が一切入らず、キャラクターの画像やプレイ動画が使用できなくなれば、メディアとして干上がってしまうからです。

 そんなこんなで外部からのメスが入りにくいこともあると思います。創業者の精神論を軸にした強引な経営や、体育会系上司によるパワハラやセクハラもたくさん聞きます。若い人の間でゲームクリエイターが花形の職業として認識され始めたのはうれしい限りですが、次の世代に失望されないよう、今のうちに職場環境の整備は必要だと思います」

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2021/03/post_212504_4.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.』

『作り手が伸び伸びと働くことのできる環境で、面白いコンテンツが生まれ続けることを多くのゲームファンは願っている。では、ゲームメーカーやゲームクリエイターが労働環境を改善するために、どのような法律的な視点を持つべきなのか。山岸純法律事務所の山岸純弁護士は次のように語る。

「私のような非生産的な職業と異なり、ゲームクリエイターや、ライター、イラストレーターのような、豊かな想像力をもって芸術や感性を具現化することを業としている方々は、きっと、“キリの良いところまで”、“まだ期限まで時間があるから”といったサボり・ゴマカシ感情では仕事をしていないのでしょうね。

 自分の感性を頼りに頭にイメージされた画像や映像を表現するために、時間をかけて、時には時間を忘れて仕事をしているのかもしれません。こういった、『クリエイター』と呼ばれる方々は、本来、会社に労働力を提供し賃金をもらうという労働契約(雇用契約)で管理するようなことはできないのではないかと考えます。

 しかし、実際は、いわゆるフリーで仕事ができるクリエイターはほとんどいないでしょうから、また、生活の安定を求めるため会社に所属するしかありません。

 このような特性、“弱み”があるため、会社側は、会社に所属したクリエイターの『豊かな想像力をもって芸術や感性を具現化する活動』を、『締め切り』、『クライアントからのダメ出し』、『会社の都合による白紙撤回』などをもって搾取してしまうのでしょう。

 最近ではこのような関係を『やりがい搾取』と呼んでいるようです。

 今回、カプコン社の内部告発が取り上げられていますが、正直なところ、内部告発で何かが変わるものではありませんし、会社が関連法規の遵守に努める云々をプレスリリースしたところで、上記の構造はなかなか変わらないでしょう。

 日本社会では、残念ながら会社内のことは、あたかも“治外法権”のようであり、『労働者の権利がぁ!』と叫んでもなかなかよくなりません。

 かつて、たかの友梨ビューティクリニックでも残業代などに関し似たような問題がおこっており(https://biz-journal.jp/2014/09/post_5920.html)、マスコミに騒いでもらうことによって、ようやくエステ業界の労働環境改善につながったわけです。

 会社内で労働に関するセミナーを開いたり、労働基準監督署の指導を受けたり、また、昨今の労働者の権利意識の高まりによる、多少の改善は感じられますが、結局のところ、マスコミに“ブラック認定”されて、大々的に世間の非難を浴びることが、その会社やその業界の労働環境改善には一番の近道だと考えます。

 また、たかの友梨ビューティクリニックのときにも書きましたが、『外部通報』は、正しく使うことにより“ブラック企業“の暗部を社会にさらし出す最高のカードです。

 残念ながら、素人が生半可な知識で外部通報をすると痛いしっぺ返しをくらいます。今は、私を含め多くの弁護士が外部通報の手助けをしていますので、今回、取り上げられたクリエイター以外の方々も、弁護士に相談した上でどんどん外部通報カードを適切に行使し、その業界の労働環境改善に努めることが大切だと思います」

(文=菅谷仁/編集部、協力=山岸純/山岸純法律事務所・弁護士)

●山岸純/山岸純法律事務所・弁護士

時事ネタや芸能ニュースを、法律という観点からわかりやすく解説することを目指し、日々研鑽を重ね、各種メディアで活躍している。芸能などのニュースに関して、テレビやラジオなど各種メディアに多数出演。また、企業向け労務問題、民泊ビジネス、PTA関連問題など、注目度の高いセミナーにて講師を務める。労務関連の書籍では、寄せられる質問に対する回答・解説を定期的に行っている。現在、神谷町にオフィスを構え、企業法務、交通事故問題、離婚、相続、刑事弁護など幅広い分野を扱い、特に訴訟等の紛争業務にて培った経験をさまざまな方面で活かしている。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2021/03/post_212504_4.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.』

鴻海、インドで「iPhone12」を初生産 脱中国加速

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM105W80Q1A310C2000000/

『【台北=中村裕】台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、米アップルの最新機種である「iPhone12」の生産をインドで予定していることが、10日分かった。中国以外では初めてとなる。中国生産の7~10%程度を移管するもよう。「世界の工場」とされた中国に大きく依存する生産体制の見直しが加速してきた。

生産は、インド南部でチェンナイを州都に持つタミルナド州の既存工場で予定する。iPhoneの旧モデルを生産して…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

iPhoneの旧モデルを生産しているが、近く最新機種の生産に踏み切る。10日、鴻海の広報責任者は「顧客の話についてはコメントを控える」とした。

アップルは現在、iPhoneの生産を鴻海のほか、和碩聯合科技(ペガトロン)、緯創資通(ウィストロン)の台湾3社に全量委託生産している。年間約2億台のうち、最も多い約6割を請け負うのが鴻海で、年間1億数千万台を生産する。大半は現在も中国生産だが、人件費の高騰や米中対立による影響の回避を狙い、アップルと協議を進め、脱中国の動きを急いでいる段階だ。

特に狙いはインドで、同国政府も米中対立が深まった昨年から、外資企業の脱中国生産の受け皿の役割が担えるように、政策整備を急いできた。特にスマホでは有力外資に対し毎年、売上高の増加分の4~6%にあたる補助金を今後5年間支払う手厚い優遇策を設けた。そのためペガトロンが昨夏、インド進出を決め、ウィストロンもインドでの生産拡大を打ち出すなど、iPhoneの生産が増える方向にある。

ベトナムでの動きも活発化する。鴻海が今年から、アップルのタブレット端末「iPad」を初めて中国以外のベトナムで生産することが明らかになり、ノートPC「MacBook(マックブック)」も同国での生産が予定される。ペガトロンも昨年3月にベトナムに進出したばかり。今後の脱中国生産の動きも、インドとベトナムの2カ国を中心に加速しそうだ。

新型コロナだけじゃない!本格稼働の「富岳」、今後の産業応用の課題を解説

https://newswitch.jp/p/26254

『感染症/災害/次世代メモリー 計算資源活用前倒し

世界最速のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」が9日に本格稼働する。当初2021年度の供用開始を目指していたが、新型コロナウイルス感染症対策などに利用するため稼働時期を早める。

計算資源の一部を使ってすでにいくつかの成果を挙げており、今後は一般に利用枠を広げて大学や産業界の積極的な活用を促す。新型コロナ研究のほか、新規感染症に向けた研究やゲリラ豪雨などの予測、次世代メモリーの開発といったテーマが選定されており、最新鋭スパコンの威力が試される。(藤木信穂、山谷逸平、冨井哲雄)

理化学研究所計算科学研究センター(神戸市中央区)に設置された富岳は、理研と富士通が14年度から共同で開発し、20年にスパコン性能ランキングの4部門で2期連続の世界一となった。

11年に世界首位の座についたスパコン「京」の後継機で、京の弱点を克服し、目標とした「省電力でアプリケーション性能に優れ、使い勝手の良いコンピューター」を実現した。

15万個を超える中央演算処理装置(CPU)を搭載し、毎秒44京2010兆回(京は1兆の1万倍)の計算が可能。京の最大100倍という性能は折り紙付きで、汎用性の高さを売りにする。

富岳は20年4月から一部の計算資源の利用を前倒し、新型コロナ研究に活用。さらに試験的な「成果創出加速プログラム」として、22年度までシミュレーションや人工知能(AI)、データサイエンス、災害領域などから19件のテーマを選び、研究を進めている。

9日にスタートするのは、富岳の計算資源の約50%を割り当てる、産業利用を含む「一般利用」枠で、21年度課題として2月中旬に81件の応募から74件のテーマが決まった。

感染症対策や次世代コンピューティング研究など重点分野に加え、災害リスク評価や量子シミュレーションなど大学や研究機関の目玉テーマが並ぶ。

産業課題では、日本自動車工業会の「自動車先端コンピューター利用解析(CAE)の開発」や、住友化学の「大規模量子化学計算による有機半導体材料設計」、富士フイルムの「酸化物アモルファス電解質のイオン伝導メカニズムの研究」など14件を選定。

このほか若手研究者向けや利用促進課題があり、選定した高度情報科学技術研究機構は「まずは早期に研究を立ち上げ、成果を出してほしい」と期待する。

スマート社会への道を拓く富岳

コロナ対策加速

新型コロナ対策に富岳を活用することで、研究の加速が期待される。理研は20年4月、新型コロナ対策に貢献する成果をいち早く創出するため、まだ開発・整備中だった富岳の計算資源を関連する研究開発に優先的に提供することを公表。新型コロナの治療薬候補や室内環境におけるウイルス飛沫(ひまつ)感染の予測によるマスクの効果検証、同11月に追加された「重症化に関するヒト遺伝子解析」など、六つの研究課題に使用されてきた。

医学的側面からの研究では、治療薬の候補特定に富岳を使用し、数十種類の薬剤候補が得られた。別の研究チームでは、新型コロナの表面にある「スパイクたんぱく質」の構造変化に糖鎖が重要な役割を果たしていることを突き止めた。

富岳で検証した飛沫抑制効果。左から不織布マスク(顔に密着)、不織布マスク(隙間あり)の上にウレタンマスク。黄色は隙間から漏れた飛沫、青はマスクを透過した飛沫。赤はマスクで捕捉された飛沫(理研提供)

社会的側面からの研究では、ウイルスの飛沫感染予測を行う研究チームが次々と成果を報告。湿度との関係や、タクシー、航空機などでのリスク低減策も公表した。直近ではマスクを2枚重ねる「二重マスク」着用と、不織布マスク1枚を正しく着用した場合とで飛沫拡散の抑制効果に大差がないことを明らかにしている。

超スマート社会の基盤

政府の研究開発の強化戦略「統合イノベーション戦略2020」では、富岳を「ソサエティー5・0」の計算基盤と位置付けている。文部科学省は大学や国立研究開発法人などの研究者だけでなく、産業界の利用を促す。萩生田光一文科相は「富岳は国民共有の財産。大学や研究機関だけでなく、民間や高校生など幅広い人々に使ってほしい」と呼びかける。

新型コロナの研究で注目されている富岳だが、活用の幅は広い。前回の京に比べ高解像や大規模なシミュレーションを利用した各分野での成果の創出が期待されている。

中でも材料やデバイスのマテリアル分野への活用が注目される。富岳を活用して、シミュレーションとAI・データ科学を融合させたマテリアル解析・開発が進むかもしれない。

政府はマテリアル分野の研究開発方針をまとめた「マテリアル戦略」を策定中。その中で富岳を日本の強みとなる研究基盤と位置付け、マテリアル領域でのデータの蓄積と利活用に貢献するとしている。

政府が閣議決定した21年度文科省予算案では富岳の整備・運営にかかる費用として153億円、20年度第3次補正予算案で325億円を計上。

さらに富岳を中核とし全国の国立大学や研究所などに設置されている主要なスパコンをネットワークで結び付ける「HPCI」の運営を通じ全国の研究者などに優れた計算環境を提供する。国内での研究基盤を強化し、新しい成果の創出が期待される。

インタビュー/理化学研究所計算科学研究センター長・松岡聡氏 困難が進歩につながる

理化学研究所計算科学研究センターの松岡聡センター長に、富岳の今後の活用の方向性について聞いた。

理化学研究所計算科学研究センター長・松岡聡氏

―京との違いは。

「京は演算性能を追い求めた。だが富岳は計算速度でなく、計算性能の高さと広がりを目指してきた。スマートフォンで使われているアプリケーション(応用ソフト)でも動くことから、汎用のITと広くつながった。スパコンの世界にとどまらず、ITの中心的な役割を担うのにふさわしい、ITの頂点となるマシンを作れたと言える」

―富岳を活用してもらう側として何を感じましたか。

「科学者は新型コロナという世界的な困難にどう対応すべきかという“挑戦状”を突きつけられた。チャレンジ精神を発揮し富岳を活用して困難に取り組むことが富岳の進歩にもつながり、結果的に本格運用の前倒しを成し得た」

―富岳の今後の活用の方向性は。

「新たに始まる『第6期科学技術・イノベーション基本計画』の観点では、超スマート社会『ソサエティー5.0』の社会実装が大きなテーマとなる。従来の物理的な世界のシミュレーションとITの世界のシミュレーションを同時に行う必要があり、そこで貢献することになるだろう」

*取材はオンラインで実施。写真は理研提供

日刊工業新聞2021年3月9日』

資金1200億円、株式で運用 コーエーテクモ襟川会長

経営してみたい会社に投資 祖母に学んだ長期目線の哲学
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFZ09BG60Z00C21A2000000/

 ※ スゲーな…。コーエーテクモ、「1200億円をも運用する機関投資家」だったのか…。知らんかった…。

 ※ 最近では、「大志 with PK」をSteam通して買ったぞ…。

 ※ ここは、「PK商法」で有名だったんだが、この「大志」からは、「PK+パスポート商法」になった…。

 ※ 「with PK」だけでは、昔のように「自在にデータ編集」できなくなった…。追加で、「パスポート」なるものも購入しないと、いけなくなった…。

 ※ えらく、評判は「悪い」…。まあ、当然か…。上記の、「資産運用」と、何か関係しているのか…。

 ※ 今は、「武田信玄」でやっている…。ちなみに、「信玄」とは、出家した後の「僧としての名前」だ…。それまでは、「武田晴信」と名乗っていた…。

 ※ なにしろ、「甲斐の国」は山がちで、耕作地が狭い…。「武装を強化」すると、必然的に「農民」への加重負担となり、国が疲弊する…。そこを無理すると、「苛斂誅求」になって、親父の信虎の二の舞になる…。晴信自身が、親父を「今川へと、追いやって」跡目を襲ったといういきさつだ…。

 ※ それで、晴信自身もその二の舞いになりかけたんだが、その先手を打って、「出家して、頭を丸め、僧形となり、名も”信玄”と改めた…。」というわけだ…。

 ※ 「この難局を乗り切るためなら、鬼にも仏にもなろうじゃないか…。」という有名な”決めゼリフ”、拝見した…。

 ※ 今、隣国は、「今川」と「北条」だ…。

 ※ 「今川」、凄いぞ…。いつの間にか、「織田」を滅ぼして、京都も併呑する勢いだ…。「織田信長」は、どうなったんだろうな…。ちっとも、「信長の野望」じゃないんだが…。

 ※ 「北条」も、凄い…。関東は、ほぼ制圧した…。今は、「越後」を征服にかかっている…。

 ※ 我が「武田」は、固く領地を守って、成り行きをじっと見ている…。どういうことになるのかな…。

『「三国志」や「信長の野望」などのゲームシリーズで知られるコーエーテクモホールディングス(3635)は、実は多額の手元資金を株式などで運用する機関投資家としての顔も併せもっている。1200億円もの運用資金を一手に引き受ける襟川恵子会長に、投資経験や運用哲学を聞いた。

――投資収益が業績を底上げしています。どのような運用を手掛けていますか。

「日米・香港の株や仕組み債を中心に投資しています。注目しているのは米国で、GAFA各社は昔…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料』

注目しているのは米国で、GAFA各社は昔から保有しています。人工知能(AI)やIoT、クラウド、セキュリティーなど先端分野にも注力しています」

「個人的に一番好きな銘柄はネットフリックスなのですが、これはどういうわけか乗り遅れました。買いのタイミングをつかめないうちに大きく上昇してしまい、悔しい思いをしています。今後はコロナ禍の終息を見据えて先端技術を駆使した旅行関連や、売られすぎた銘柄への投資も考えています」

――全て個別銘柄で運用しているのですか。

「IT(情報技術)関連などの公募ファンドを証券会社から勧められることもありますが、興味はありません。現物株を手掛ける方が性に合っています。債券に関しては、自分で銘柄を選んで仕組み債を組成しています。昔は200~300銘柄ほどに分散していましたが、多すぎると無駄があるので、今は保有銘柄を半分ほどにしています。グロース株が多いですね」

「当社の規模であれば、理想は中長期目線で20~30銘柄あれば十分だと考えています。分散しても相場全体が下げれば意味がありませんから」

――どのように銘柄を選んでいますか。

「投資をする基準は、『自分が入社したい、経営してみたい会社かどうか』です。特に創業者が率いる会社を好みます。頻繁に海外に出張に行くなど、世の中や自分の業界のことが分かっているからこそ、経営者目線で良い会社が見抜けるのです。株式投資に最も向いているのは経営者だと思っています。中国株にも魅力的なものが多いのですが、当局の規制などへの懸念があり思い切った投資はしにくいですね」

――普段はどのように運用されていますか。

「常にパソコンを持ち歩いて、移動中もずっと相場をチェックしています。朝4時ごろに起きて米株相場も確認していますし、日経CNBCも欠かさず見るようにしています。この前は自分が注目している企業の社長が出演されるのに、ちょうど出社の時間と重なって見逃してしまいました。こういうことがあると非常に悔しいので、できるだけ週に2日は出社せずに自宅にこもって取引に集中しています。会社では忙しくて投資業務はあまりできません」

――難しさはありますか。

「企業の運用で難しいのは、本業のゲーム開発で稼ぐ営業利益との兼ね合いを考えないといけないことです。相場が大きく上昇していても、すでに本業で利益が十分に出ていては売却できません。逆に下落時でも安定して利益を出し続けないといけないのがつらいところです。配当金重視のスタイルなら将来的な収益も読みやすいですが、グロース株は無配も多いので、見通しを立てるのに苦労しています」

「私は運用のほかにも、グラフィックやデザインの責任者を務め、採用面接にも必ず出ています。業界の社団法人の役員などの仕事もあり、あくまで兼業投資家なのです。先日も指し値注文が思ったように約定せず、指し直そうと思ったら経営会議が始まって結局買えなかったことがあります」

「個人的に親しいこともあり、よくソフトバンクグループの孫正義会長兼社長と業界で有名な投資のプロとして並べられることもありますが、あちらは専業ですからね。申し訳ないけどこちらは片手間でやってるのよ、とよく冗談を言っています(笑)」

――投資を始めたきっかけはなんですか。

「株との出会いは6歳の頃です。ある日祖母が古い革のアタッシェケースを取り出して『ここには昔、満鉄の株がいっぱい詰まっていたのに、戦争で全部なくなってしまったのよ』と話して聞かせてくれたのをよく覚えています。株がなくなるということの意味は分かりませんでしたが、とにかく大変なことなんだということだけは強く感じました」

「祖母からはよく『株で損をする人はバカよ』と言い聞かされたものです。『株は上がったり下がったりするもの。下がっているときは売らずに持っていればまた上がるからね』と。これがいまでも私の投資哲学を形作っています」

「自分で株を買ったのは18歳の頃で、それからずっと投資をしてきました。夫である襟川陽一(コーテクHD社長)と会社を興してからも、仕事の傍らで投資をしていました。当時はいまのような専用のオフィスもなく、夫の祖父母の別荘を自宅兼事務所にして仕事をしていました。事務室の近くの部屋で一日中ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)で相場を聞いていたものですから、夫にはうるさいとよく文句を言われたものです(笑)」

――投資の経験で本業に生きていることはありますか。

「好きが高じて、結婚してすぐの頃に夫に頼んで投資ゲームを作りました。為替の動きや海外のニュースに応じて株価がどう動くかなど、細かい設定を全て自分で考えました。当時の一般的なゲームソフトにあわせ3800円で売り出したのですが、その後どうしても気が済まず5千円に値上げしました。夫には世間のひんしゅくを買うと大反対されましたが、学習効果の高さには自信があったので断行しました。そうすると驚いたことに、販売店では在庫の価格を張り替えるだけで売れれば大幅な利益増になるので、進んで売ってくれるようになりました。値上げの話題も相まって増産が間に合わないほどの売れ行きに結びつきました」

襟川恵子会長が手掛けたパッケージには相場表もコラージュされている

「初の歴史シミュレーションゲーム『川中島の合戦』のパッケージにも実は私の投資好きが顔をのぞかせています。日経新聞の紙面からフォークランド紛争の写真を切り抜いてコラージュにしたものですが、そこにゲームとは直接関係のない、株式相場の欄も貼り付けているのです。株は自分の生活と切っても切り離せない存在なのです」

――日経平均株価は30年ぶりに3万円を回復しました。

「私の感覚からすると、3万円回復は遅かったと感じます。日本には国際的にも競争力の高い企業がいくつもあります。出遅れた日本株は上昇余地があると思います。懸念は、財政赤字が大幅に増えている点です。いまは各国が財政出動で相場を押し上げていますが、膨らんだ赤字処理や長期金利の上昇などの問題を抱えています」

「でも、中長期で見れば人間は常に向上するものなので、心配はしていません。株価もこれからも多少の上下はあるでしょうが、人類の進歩とともに高値を更新していくでしょう」

襟川恵子(えりかわ・けいこ)

1949年生まれ。多摩美術大学デザイン学部卒業後、襟川陽一氏と光栄(現コーエーテクモゲームス)を設立。世界初の女性向けゲームソフトや投資ゲームなどを手掛ける。現在は運用部門だけでなく、ゲームのグラフィックや人事、自社ビルのデザインの監修など幅広い業務を統括する。

聞き手から

 20年末時点で、コーテクHDの貸借対照表に計上された「投資有価証券」は1138億円。残存期間が1年未満の債券が含まれる「有価証券」は41億円。このほか投資目的の不動産などもあり「時価ベースでは運用残高は1200億円ほど」(浅野健二郎・最高財務責任者=CFO)だという。日米を中心とした株式が5割、デリバティブ(金融派生商品)を含む債券が3割弱、残りをCVCなどのベンチャー投資と不動産が占める。

 運用残高1200億円は、ファンドに例えればかなりの規模だ。三菱アセット・ブレインズのデータによると、国内で販売される投資信託5277本のうち、1月末時点で純資産残高が1200億円以上のものは100本しかない。毎期の税引き利益の中から投資に回し、本業のゲーム開発で稼いだ資金を運用で増やす好循環を作ってきた。

 抱える悩みは、巨大投信を運用するファンドマネジャーと同じだ。資金が巨額なため、自身の売買が株価を動かし、希望の価格で売買できない場合があるという。時価総額が小さく流動性の低い銘柄には投資しにくい。

 運用体制の継続性も課題となる。投資方針は取締役会で承認しているものの、売買する銘柄やタイミングなどの判断は基本的に襟川会長が担う。個人の技量に負うところの大きい運用業務をいかに引き継いでいくか、規模が大きいだけにかじ取りは難しい。

 エース経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは「株式などへの投資は本業のゲーム事業に比べると不確実性が高く株価には逆風となりやすいが、過去の運用成績をみれば正しい経営判断だったといえるだろう」と評価する。運用の今後については「将来的に、変動率の高い株式から収益性が安定した不動産などに軸足を移すのも手ではないか」と話した。

(井口耕佑、小池颯)
[日経ヴェリタス2021年3月7日号]

〔Edrawmax、再度DLした…。〕

 ※ こういうソフトも、あったんだな…。

 ※ タイムスタンプ見たら、去年の8月にDLしてた…。

 ※ その後、「お試し版」を試用中に、「旧機、起動せず」状態になったんだっけな…。

 ※ 「旧機改」、やっと安定稼働してきた…。

 ※ 結局、OSの再インストールとなり、常用するソフトの再インストールも迫られた…。

 ※ その過程で、ずいぶん「データ」も失った…。

 ※ 特に痛かったのは、「メール」を大分失ってしまったことだ…。

 ※ 割合的には、「標的メール」と「ゴミ・メール」が8割くらいだが、中には「惜しいメール」もある…。

 ※ 知人に送った「民主主義の基盤の考察」メールで、「送り返してくれ。」と頼んだものがある…。しかし、「Gmail」使いで、「もう、削除したから、残っていない。スマンな…。」と言われた…。

 ※ そういうものだ…。

 ※ 幸い、「旧起動ドライブ」は無傷で、アクセスできる…。「ダウンロード」フォルダには、どんなものをDLしたのか、残っている…。

 ※ まあ、ボチボチと確かめて、必要だったら、再DLして行こう…。

 ※ あとは、バックアップ体制の構築だな…。

 ※ 「未だ、構築せず。」なのに、「起動しません…。」だけは、カンベンしてもらいたい…。

GeForce RTX 3060は“ゲーマーに届く”。マイニング性能を半分に制限

※ ということで、GPUは、「ゲーマー」と「マイニングやる人」とで、取り合いになった…。

※ 「暗号資産」の「マイニング」の検証・演算やるにも、「ベクター型」の演算器である「GPU」が欲しいからな…。

※ しかも、「マイニング業者」みたいなことやってる人は、一人で何枚も「GPU」使うから、「ゲーマー」まで行き渡らない事態が生じた…。

※ それで、そういう「マイニング」に使っていることを「検知」すると、「ドライバ」側で「演算能力」を半分に制限する…、という仕組みを導入することにした…、という話しだ…。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1307428.html

『NVIDIAは18日(現地時間)、25日に発売予定のGeForce RTX 3060において、ドライバソフトウェアでEthereum暗号通貨マイニングアルゴリズムの特定の属性を検出し、ハッシュレートおよびマイニング効率を約50%に制限するよう設計したと発表した。』

『一方でマイニング用には別途、「NVIDIA CMP(Cryptocurrency Mining Processor)」という専用の製品ラインを用意。ディスプレイ出力を省くことでエアフローを改善できるほか、ピーク電圧と周波数を抑えてマイニングの電力効率を向上させるとしている。』

『世界的に半導体不足が続いているが、とくにGPUに関しては、在宅時間の増加に伴うゲーム需要増と、仮想通貨の高騰に伴うマイニング需要増で事態は深刻化。店頭に最新ビデオカードが並んでいても、ゲーマーとマイナーがそれを取り合うことになっている。

 ゲーマーは1人1枚で十分なのに対し、マイナーは1人で複数枚購入するため、不公平だという不満の声がゲーマー側から多く上がっている。より多くのゲーマーにGeForceを届けるために、NVIDIAはこのような策を打ち出したわけだ。』

〔エモテットの話し、再び…。〕

※ 再度、エモテットの話しを「おさらい」する…。

※ 全体像は、こんな感じ…。

※ ちょっと、分かりにくいので、部分を少しくわしく検討する…。

※ まず、発端は「メール」で送られてくる「wordのファイル」だ…。

※ 添付ファイルがあって、それを「クリック」して「開く」と、「マクロ」が実行される…。それが、「侵入」の始まりだ…。

※ だから、wordの添付ファイルは、「絶対、開いちゃ、ダメ!」だ…。

※ エモテットが活動を開始して、まずやることは「解析環境(マルウエア対策で、常時、システムやネットワークを解析している環境が、整っている)」にあるかどうかを、チェックすることだ…。

※ そのチェックも、「エモテット自身」がやるのでは無く、「C&Cサーバ」サイドで実行する…。

※ そして、「解析環境に無い」と判定した場合にだけ、活動して、「レジストリの書き換え・書き込み」を実行する…。

※ そして、このマルウエアの「巧妙なところ」は、盗んだデータを送信したり、いろいろ「悪さ」を実行する「モジュール」が、「システム・サイド」にファイルとして残らない・残さないように「設計」されている点だ…。

※ 「ファイル」では無く、「メモリ」に直接ロードされるように「設計」されているらしい…。

※ そして、「Outlook」がインストールされている場合は、Outlook自身に用意されている.exeを使用して、どんどん「メール関係のデータ」を収集して、C&Cサーバに送信する…。

※ しかもだ、その「Outlook自身に用意されている.exe」も、「中身がくり抜かれていて、ファイル名としては「正規」のものだが、実体は別物」という感じのものになっているそうだ…。

※ そういう「ヤレヤレ」な「マルウエア」で、世界中で「猛威を振るった」…。

※ それで、今般、ともかくも、その「C&Cサーバ」にアクセスしていた「実行犯」(の一部)のアジトを急襲して、とっ捕まえた…、というような話しだ…。

「エモテット」ネットワークを制圧 国際的合同捜査で

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210129/k10012838301000.html

※ これが、かの「C&Cサーバ」の実相か…。意外と、ショボいな…。

※ ああ、そうか…。「サーバ」自体は、「レンタルサーバ」で、どっかの「クラウド上」に置いてあるわけか…。

※ こいつは、そこに「アクセス」したり、ごく「軽い」仕事用なわけだな…。それにしても、ショボいな…。

※ いかにもな「システム」だ…。いずれ、そう大層なものじゃ無い…。

※ 押収された、HDDの山だ…。ぶっこ抜いた「違法データ」がタンマリ…、というわけか…。

※ これは、何だろう…。ちょっと、分からんな…。

※ これは、凄い…。大量の「金の延べ棒」だ…。

『世界中で猛威を振るっていたコンピューターウイルス、「エモテット」について、ユーロポール=ヨーロッパ刑事警察機構は国際的な合同捜査の結果、ウイルスのネットワークを制圧したと発表しました。

ユーロポールは27日、オランダやアメリカ、ウクライナなど8か国の治安当局などとの合同捜査の結果、コンピューターウイルス「エモテット」を拡散させるネットワークの情報基盤に侵入して制圧し、内部から停止させたと発表しました。

「エモテット」は添付ファイルなどを通して感染するウイルスで、一度感染すると個人情報が流出するだけでなく、他のウイルスの侵入も招くのが特徴で、日本など各国で被害が報告され、世界で最も危険なコンピューターウイルスとも言われています。

発表によりますと「エモテット」は世界中にある数百台のサーバーを経由する広範なネットワークによって拡散されていたということですが、今回、ネットワークの情報基盤自体を制圧したことで、「エモテット」によるサイバー犯罪は収束に向かうとみられています。

また合同捜査に参加したウクライナ警察はハッカー集団を支援していたとしてウクライナ人2人を拘束したと発表しました。

ウクライナ警察によりますと、「エモテット」によって欧米の金融機関などにこれまでにおよそ25億ドル、日本円にして2600億円余りに上る被害が出ていたということです。

ウクライナ警察 ハッカー集団の拠点を捜索

ウクライナの警察当局は、東部の町ハリコフで「エモテット」を拡散させていたとみられるハッカー集団の拠点の一つを26日、家宅捜索し、その映像を公開しました。

映像では捜査員らが集合住宅のドアを破って部屋に入り、中にいた男たちから事情を聴くとともに、複数のパソコンやハードディスクなどを押収しました。

また大量の紙幣や金塊も見つかり、ハッカー集団が潤沢な資金を得ていたことがうかがえます。

ウクライナ警察はこれまでに、ハッカー集団を支援していたとして2人のウクライナ人を拘束したほか、ハッカー集団のメンバーを特定し、捜査を続けているとしています。

ウクライナ警察によりますと、「エモテット」が欧米の金融機関などに与えた被害の総額は25億ドル、日本円にして2600億円余りに上り、犯行に加わったハッカー集団のメンバーには最高で12年の懲役刑が科されるということです。

世界中で猛威 200超の国と地域で感染確認

「Emotet(エモテット)」はおととしから本格的な流行が始まったコンピューターウイルスで、これまでに200を超える国と地域で感染が確認されるなど世界中で猛威を振るっていました。

エモテットは送られてきたメールの添付ファイルを開くなどして端末が感染すると連絡先やメールの内容が盗み取られ、知り合いや取引先などと過去に実際にやり取りした文書を引用して、さらに偽のメールを広げます。

また感染すると別のウイルスをダウンロードする機能もあり、クレジットカードの情報などを盗まれるおそれもあります。

調査を行った大手IT企業の「シスコシステムズ」によりますと、「エモテット」はおととしから世界中で本格的に流行し、多いときではウイルスを感染させるメールがひと月に数十万通拡散され、感染した端末が確認された国と地域はこれまでに200を超えているということです。

偽のメールの件名は「invoice(請求書)」が最も多く見られたということですが、日本語の「会議開催通知」もかなり多く見られ、日本も主な標的の一つになっていたと見られます。

情報セキュリティー会社の「トレンドマイクロ」によりますと、日本では去年9月に最も感染が広がり、9月の1か月間で「エモテット」を感染させるメールが届いた国内の端末の数は4万6012件と前の月の8倍になり、その後も減少傾向になっていたものの、感染の被害はことしにかけても続いていました。

今回の摘発によって「エモテット」については活動が収束すると見られますが、同様に巧妙な手口でメールを利用する新たなウイルスが今後も現れるおそれがあり、摘発したユーロポール=ヨーロッパ刑事警察機構はメールの添付ファイルの開封は特に気を使うよう呼びかけています。』

中国新興、量子コンピューターを開発

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ22BE50S1A120C2000000

『量子コンピューティングを手がける中国の「本源量子計算科技(Origin Quantum)」がシリーズAで資金調達を行った。主な出資者は政府系ファンドで、中国互聯網投資基金(CHINA INTERNET INVESTMENT FUND)がリードインベスター、国新基金(China Reform Fund)、建銀国際(CCB International)などがコ・インベスター。調達した資金は量子コンピュ…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

有料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

調達した資金は量子コンピューターや量子コンピューターチップなどの製品や、量子計測・制御などのコア技術を研究する資金に充てられる。本源量子は過去にもエンジェルラウンドで中科創星(CASSTAR)などから出資を受けている。

量子プロセッサーなども自社で開発した(本源量子計算科技提供)
本源量子は2017年に設立され、中国科学院量子情報重点実験室を母体とし、中国の量子計算分野のトップ研究者である郭光燦氏、郭国平氏が研究を主導している。研究開発チームのコアメンバーはいずれも中国科学院のコンピューターおよび物理分野の博士で、従業員全体に占める研究開発人員の割合は75%だ。1990年代生まれの若手を主体とし、本社を安徽省合肥市に構え、四川省成都市や広東省深セン市にも支社を置く。

同社は量子コンピューター、量子チップ、量子計測・制御、量子計算ソフトウエア、量子計算クラウドを幅広く手がけ、フルスタックの量子計算技術を開発することを目標としている。米Google、IBM、Rigetti Computingをライバルと見据える。

昨年は初の量子コンピューター「本源悟源」の開発に成功した。自主開発した6ビットの量子プロセッサー「夸父(KF C6-130)」を実装、超電導ソリューションを採用したもので、IBMが2017年に発表した製品をベンチマークとしている。チップ、計測・制御、ソフトウエア、クラウド、制御システムに至るまで独自に開発したものだ。現在は24ビットの量子コンピューターがデバッグ段階に入っており、旧正月(2月中旬)前後にもローンチされる予定で、今年末から来年初めにかけては64ビットの量子コンピューターをローンチする予定だという。

量子コンピューター「本源悟源」を開発した(本源量子計算科技提供)

現在の進展度合いからすると、本源量子は超電導技術では約3年分IBMから後れを取り、半導体技術では約2年分インテルから後れをとっている状況だ。

チップに関しては、第一世代の2ビット量子プロセッサー「玄微(XW B2-100)」や前出の夸父(KF C6-130)などを含む10種以上を発表済み。昨年11月には中国科学技術大学との共同研究チームが新しい半導体量子チップのアーキテクチャーの模索において重要な進展を果たした。

製品の商用化に関しては、昨年9月にローンチした本源悟源のクラウドプラットフォームを利用する企業がすでに100社を超えているうえ、量子コンピューター本体とソフトウエア、ハードウエアの販売契約もすでに多数結ばれている。

・「36Kr ジャパン」のサイトはこちら(https://36kr.jp/

・中国語原文はこちら(https://36kr.com/p/1052838030495369

日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。同社の発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語の記事を、日経電子版に週2回掲載します。
世界のスタートアップ・テクノロジー情報の一覧ページへ
https://www.nikkei.com/theme/?dw=19092665

漏れのある抽象化の法則

※ クロステックの「抽象化の破れ」の話し(「抽象化のやぶれ」というノーコード/ローコード開発の落とし穴 https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/010800705/ )を検索してたら、当たった…。

※ 「抽象化の破れ」も、「漏れのある抽象化」も、たぶん同じことを言っているんだろうと、思う…。

※ 非常に参考になったんで、貼っておく…。

『1. 漏れのある抽象化の 法則について

  1. 自己紹介● 名前 – 橘田 隼一● TwitterID – hayabusa333● 興味があること – カーネルとか言語開発とか● 現在のお仕事 – テストプログラマー● 信仰 – Joel教
  2. 漏れのある抽象化の法則
  3. 漏れのある抽象化の法則 ● Joel Spolsky提唱 ● Fog Creek Software 創 業者 ● 人気ブログ Joel on Software
  4. 抽象化一度に注目すべき概念を減らすことおよびその仕組み
  5. TCP/IPIP● 信頼性のない通信方式TCP● 信頼性のある通信方式
  6. TCPはIPの上に実装されている
  7. 信頼性のない通信方式で信頼性のある通信を行う
  8. TCPはIPを使って通信を行っているが詳しいことを 知らなくても通信できる
  9. TCPはIPを使って通信を行っているが詳しいことを 知らなくても通信できる
  10. TCPはIPを抽象化している
  11. しかしLANケーブルが切れていれば繋がらない回線が重ければ、TCPは信頼性を確保できない
  12. 抽象化には漏れがある
  13. これが漏れのある抽象化の法則
  14. 漏れのある抽象化の法則自明でない抽象化はすべて、程度の差こそあれ、漏れがある
  15. 抽象化は失敗する。あるときは小さく、あるときは 大きく、漏れがあるのだ。 物事は悪くなるものだ。この漏れは、抽象化が行われているあらゆる場所で起こる。
  16. Joel の出した例
  17. 大きな二次元配列の要素を順番にたどるという単純な事でも、水平方向か垂直方向かで、「芝目」に依存してパフォーマンス特性が劇的に異なるこ とがある
  18. C言語で記載for(i = 0; i < 30000; i++){ for(j = 0; j < 30000; j++){ array[i][j] = 0; }}for(i = 0; i < 30000; i++){ for(j = 0; j < 30000; j++){ array[j][i] = 1; }}
  19. デモ
  20. この性能差はプログラム言語に よって出たものではなくOSやCPUによって現れたものである
  21. C言語は簡単である。ただしOSの特殊な振る舞い に目をつむれば
  22. OSは簡単である。 OS ただしCPUの特殊な振る舞いに目をつむれば
  23. あなたが日常使うことの90%は 1週間で学習できるが、残りの10%を知るためには2、3年かか るかもしれない
  24. 先ほどの例の理由を知るためには、C言語だけではなく OSの特性、メモリ管理、仮想化、CPUの挙動についても知らない といけない
  25. 漏れのある抽象化の法則にうまく対処する唯一の方法は、その抽象化がどのように機能し、それが何を抽象化している のかを学ぶことだ。
  26. そういうわけで、抽象化は私たちが作業する時間を節約してくれるが、私たちが学ぶ時間までは節約してくれないのだ。
  27. ネットワーク・サーバはプログラム言語で実装されている
  28. プログラムはOSやCPUの上で動いている
  29. 抽象化されている先を 知らなければ 問題は解決できない
  30. 問題を解決できるエンジニアになるためには全てを勉強する必要がある
  31. 我々が目指すエンジニア像は 漏れのある抽象化の法則の漏れを解決できるエンジニアで あるべきである
  32. ぜひ、漏れのある抽象化に だまされないで 漏れを解決できる人に なってほしい
  33. 参考書籍
  34. ご清聴ありがとう ございました』  
  35. ※ こっちも、非常に参考になったんで、貼っておく…。  子どもは何にも知らないの
     https://blog.practical-scheme.net/shiro/20070912-machine-language

『shi3zの日記 – マシン語を知らない子ども達
マシン語読みの言語知らず
アルゴリズムを知らない子ども達
コンパイラの中身を知らない子ども達
オシロスコープを知らない子供たち
元のshi3zさんのエントリが断定調で、一般論と具体論が混ざってることもあって 異論反論パロディが続出したようで。つい黙ってられなくて あちこちにコメントしてしまったけど まとめとく。

解釈が割れた点は:

元の論の対象となる「プログラムが書ける人」は一般の職業プログラマや趣味プログラマまで 含むのか、それとも抽象化の破れにいつも直面してそれを何とかしてしまえるような 一部のタフな人材を指してるのか。
元の論の「マシン語を理解する」は80386アーキテクチャ特有のバッドノウハウまで 理解してばりばりアセンブラを書き下せることを指すのか、それともストアドプログラム アーキテクチャ、MMU、特権命令、割り込み、コンテキストスイッチなどの現代の 代表的なマシンアーキテクチャを理解するということを差し、80386を持ち出したのは 単なる代表例にすぎないのか。
あたりかな。私は両方とも後者と取ったけど、別に解釈すれば異論が出るのがわかる。

ただ、どういう解釈をしても次のような意見が出てくることには首をひねる。

「抽象化はレイヤの積み重ねで、論理回路の下にも半導体があり、電磁気学や 量子力学を知る必要があり、と続いてゆくから程度問題にすぎない。結局「自分は 論理回路から知っているよ」という優越感ゲームにすぎないのでは」

そう思う人にはDaniel HillisのThe Pattern on the Stone (翻訳: 思考する機械 コンピュータ) を勧めとく。翻訳は読んだことが無いが、原書の内容はとても平易なので、 内容だけなら中学生でも理解できるだろう。

第1章は論理回路。第2章で論理演算と状態機械。第3章でプログラミング言語。 第4章でチューリングマシン。第5章でアルゴリズム。以降、暗号や並列計算、 機械学習などを扱う。これを読んだからってプログラムがかけるようにはならないし 紹介された個々の概念を理解したことにはならないけれど、少なくとも現代のコンピュータが どういう概念の積み重ねで出来ているかという構造がわかるようになっている。

で、第1章の論理回路なんだけど、Danny Hillisはここで「スイッチとランプ」 「棒とばね」「パイプと弁」などで論理回路を作って見せる。つまりデバイスが 何であろうと、1と0が表現できてそれを伝達する仕組みさえあれば、残りの全ては その上に構築できるということだ。もちろん物理的に実現可能な規模で現代の CPUを作ろうとしたら半導体以外では非常に困難だろうけれど、今後全く新種の デバイスが出現して物理層がごっそり置き換わったとしても、上の層に 変化はない (ちなみに量子コンピューティングになったらどうなるの、という話は ちゃんと同書の中にも出てくる)。

私は高周波回路も量子力学も苦手だったし、数百MHzのバスクロックに乗るパルスの 波形や数GHzのチップクロックの中を走る電子の雲がどうなってるかなんて 考えたくも無いんだけれど、それらがデジタル回路の抽象化の壁を越えてくる確率と 「高級言語」で書かれたプログラムのSEGVに出会う確率にはあまりに大きな差がある。 抽象化力を指標とすれば、論理回路は非常に強力で成功した抽象化であり、 一方現代の高級言語の多くはまだその域に達していないとも言える。

このような抽象化の壁の厚さの違いに自覚的であることにより、次のようなメリットがある。

学ぶものごとに優先順位をつけられる。たくさんの層があっても、 壁が分厚くなっているいくつかの層を重点的に学べば安定した足場が得られる。
良い抽象化と悪い抽象化の区別がつけられる。自分で抽象化を設計する時に、 自覚的に壁の厚さを選択できる。
抽象化力の違いを無視して相対化してしまう危険は上のメリットの裏返しだ。

あまりにたくさんの層があって全部は学べないから、とりあえず目の前の層を学んどいて、 漏れが出てきたらすぐ下の層、というふうに広げてゆくしかない、と思う。 でも時間に限りがあるから安定した足場までなかなか到達せず、いつも不安を抱えている
自分の設計した抽象化が良いのか悪いのか、判断基準が良くわからない。 また、与えられた問題に必要とされる抽象化の程度を判断できない。
なんだかんだで、ネタにマジレスな野暮だけど、せっかく書いたから貼っておく。

Tags: Programming, Assembly, Hardware』

〔「あつ森」と「ヒトの脳」の働き〕

 ※ 注目した部分を、抜き出した…。

 ※ こういう記事を読んで、考えることは、「ヒトの脳」というものの働きだ…。

 ※ ある種の「情報処理器官」と、とらえることができると思う…。

 ※ 基本は、「刺激と反応」ということなんだろうが、「あらゆる刺激」に反応するのではなく、「一定の法則」に従って、「取捨選択」しているものなんだろう…。

 ※ 刺激→集約→【情報処理システム】→反応…、といった感じのものになっているんだろう…。

 ※ そして、最後にアウトプットされる「反応」には、「快」「不快」とか、「喜び」「悲しみ」「怒り」といった、「感情」も含まれるんだろう…。

 ※ 逆に言うと、「ある種の反応」を引き起こすためには、「どういう刺激」を与えたらよいのか…、ということも探ることが可能となる…。

 ※ この観点から、「個人」と「社会」「国家」というものの構造を考えてみる…。

 ※ 「個人の脳」→「その集合体である社会」→「さらなる集合体である国家」…、といったような構造になる…。

 ※ 逆に言うと、「社会」「国家」を操るためには、「個々人の脳」を操ればよい…、「個々人の脳」を操って、望みの「反応」を引き出せばよい…、という話しになる…。

 ※ この「刺激と反応」は、一昔前までは、「人間」がじっくり「観察」し、「洞察」する…といった「定性的な方法」しか採れなかった…。

 ※ しかし、「デジタル化」「見える化」が発達したんで、「定量的な方法」で、把握することが可能となった…。

 ※ さらには、AIを導入して、「ビッグデータ」を処理させる…、ということも可能となった…。

 ※ そうなって来ると、その「知見」に基づいて、「権力を握っている側」が、思いのままに「国民」個々人の「脳」を操って、望みの「反応」を引き出して行く…、といった「剣呑な未来社会」が待っている…ということにもなる…。

 ※ 別に「権力を握っている側」「政権を握っている側」、に限った話しじゃない…。

 ※ SNSは、ヒトの「承認欲求」を巧みに操って、「依存性」を高めるように「設計」されているという話しは、有名だ…。

 ※ プラットフォーマーは、そうやって「巨大企業」となった…。

 ※それで、「国家権力側」が危機感を抱いて、その間で「争闘」が展開されている光景を、オレらは、今、目の当たりにしている…。

『あつ森はシリーズではじめてHD画質を導入し、大幅に情報量が増えた。飛んでいる生き物、川には魚の影、実っている果実など様々な「遊びのきっかけ」を大量に埋め込み、ユーザーが気付けるようにした。一方で画面に登場する「遊びのきっかけ」は、プレーヤーを邪魔しすぎないように、かつちゃんと気分を盛り上げるように慎重に情報量をコントロールしている。』

『ユーザーが想像する余地を残す考え方はBGMや効果音(SE)の設計も共通する。

あつ森ではシリーズで初めて生楽器によるBGMを導入し、音色はリアルになっている。その分ピアノやベース、バスドラムの音などを意図的に抜いて情報量を下げる調整を慎重に行った。』

『SEとの関係にも気を使っている。例えばBGMは常にプレーヤー周辺で鳴り、手前にあるたき火の音はプレーヤーの前に、画面奥の滝の落ちる音が後ろから聞こえる。「聞こえるべき音が耳に入るように、音の空間を整理して没入感を妨げないように気を使った」とサウンドデザイナーの同社企画制作部、藤川浩光さんは説明する。』

『ゲーム全体のディレクターを務めた同社企画制作部の京極あやさんは「(あつ森は)新しい世代の『どうぶつの森』を目指した」と話す。

もともと「インターネットを使わないオンラインゲーム」だったどうぶつの森シリーズに、「ともだちの島」に遊びに行ける機能などネットを活用した遊び方を本格的に導入した。このため導入部で徐々に世界観や遊び方に慣れていくような構成を意図的に整え、初心者に遊び方を紹介する仕組みをさりげなく組み込んだ。

その1つが「たぬきマイレージ」。マイレージをためるという身近な行為を通じて、どうぶつの森の遊び方や遊びのきっかけをプレーヤーに紹介する狙いがある。』

『増えた要素は見つけられるように、でも目立ち過ぎないように配置する――。「なんでもできる」「なんにもしなくていい」というあつ森のゆるい世界観は、開発者チームの慎重な作業の積み重ねで作られている。世界的な大ヒットは「丁寧な仕事」の土台に、新規ユーザーを取り込む仕掛けを組み込んで得られた必然の成果と言えそうだ。

(日経クロステック副編集長)

[日経MJ2020年10月8日付]』

「あつ森」の緻密なゲーム設計 目立ちすぎず、でも見つけやすく

「あつ森」の緻密なゲーム設計 目立ちすぎず、でも見つけやすく
先読みウェブワールド (山田剛良氏)
日経MJ
2020年10月8日 4:30
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO6454094002102020H56A00

『大ヒットを続ける任天堂「あつまれ どうぶつの森」。東京ゲームショウ(主催・コンピュータエンターテインメント協会、CESA)に合わせて発表された日本ゲーム大賞 2020でも最優秀の大賞と経済産業大臣賞を受賞。早くも今年を代表するゲームタイトルになった感がある。

画面のあちこちに遊びのきっかけが主張しすぎないように埋め込まれている(CEDECの講演スライド)
ゲームらしからぬのんびりゆったりした雰囲気や、すき間の多い平和的な世界観。巣ごもりに合致したとされるこの世界観は、実はものすごく緻密に計算されている。

9月上旬に開かれたゲーム開発者向けイベント「CEDEC 2020」(主催・CESA)で任天堂の開発者らが講演で明かした「あつ森の秘密」を少し解説したい。

「歩いたり走ったりしているだけで遊びのきっかけに出会えるが、主張しすぎない」とゲーム画面設計の秘密を説明したのはアートディレクターの高橋幸嗣さん(任天堂企画制作部)だ。

あつ森はシリーズではじめてHD画質を導入し、大幅に情報量が増えた。飛んでいる生き物、川には魚の影、実っている果実など様々な「遊びのきっかけ」を大量に埋め込み、ユーザーが気付けるようにした。一方で画面に登場する「遊びのきっかけ」は、プレーヤーを邪魔しすぎないように、かつちゃんと気分を盛り上げるように慎重に情報量をコントロールしている。

ユーザーが想像する余地を残す考え方はBGMや効果音(SE)の設計も共通する。

あつ森ではシリーズで初めて生楽器によるBGMを導入し、音色はリアルになっている。その分ピアノやベース、バスドラムの音などを意図的に抜いて情報量を下げる調整を慎重に行った。

やまだ・たけよし 東工大工卒、同大院修士課程修了。92年日経BP社に入社、「日経エレクトロニクス」など技術系専門誌の記者、日本経済新聞記者を経て16年から日経テクノロジー・オンライン(現・日経 xTECH)副編集長。17年10月から日経ものづくり編集長も兼任。京都府出身

SEとの関係にも気を使っている。例えばBGMは常にプレーヤー周辺で鳴り、手前にあるたき火の音はプレーヤーの前に、画面奥の滝の落ちる音が後ろから聞こえる。「聞こえるべき音が耳に入るように、音の空間を整理して没入感を妨げないように気を使った」とサウンドデザイナーの同社企画制作部、藤川浩光さんは説明する。

ゲーム全体のディレクターを務めた同社企画制作部の京極あやさんは「(あつ森は)新しい世代の『どうぶつの森』を目指した」と話す。

もともと「インターネットを使わないオンラインゲーム」だったどうぶつの森シリーズに、「ともだちの島」に遊びに行ける機能などネットを活用した遊び方を本格的に導入した。このため導入部で徐々に世界観や遊び方に慣れていくような構成を意図的に整え、初心者に遊び方を紹介する仕組みをさりげなく組み込んだ。

その1つが「たぬきマイレージ」。マイレージをためるという身近な行為を通じて、どうぶつの森の遊び方や遊びのきっかけをプレーヤーに紹介する狙いがある。

増えた要素は見つけられるように、でも目立ち過ぎないように配置する――。「なんでもできる」「なんにもしなくていい」というあつ森のゆるい世界観は、開発者チームの慎重な作業の積み重ねで作られている。世界的な大ヒットは「丁寧な仕事」の土台に、新規ユーザーを取り込む仕掛けを組み込んで得られた必然の成果と言えそうだ。

(日経クロステック副編集長)

[日経MJ2020年10月8日付]
初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!』

英競争当局、エヌビディアのアーム買収の調査開始

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR06DL50W1A100C2000000

『【ロンドン=佐竹実】英国の競争当局である競争・市場庁(CMA)は6日、米半導体大手エヌビディアによるソフトバンクグループ(SBG)傘下の英半導体設計大手アーム買収について、調査を始めると発表した。最大400億ドル(約4兆1千億円)の大型買収はCMAのほか、米国や中国も含めた規制当局の承認が必要となる。CMAは「世界の当局と連携して買収による影響を精査し、消費者が高価な製品や質の悪い製品に直面しないようにする」としている。

エヌビディアとSBGは2020年9月、アームの買収で合意した。エヌビディアは自社株式を対価の一部とし、SBGはエヌビディアの大株主となる。エヌビディアはゲームの映像をなめらかに描くGPU(画像処理半導体)の技術で急成長してきた。アームの技術を手に入れることで、人工知能(AI)向け半導体の競争力を高める狙いがある。

SBGは16年、当時上場企業だったアームを約240億ポンド(約3兆3千億円)で買収した。携帯電話向けの半導体設計で世界シェアの9割を握るアームは世界のものづくりを陰で支え、英国ではハイテク業界の「クラウンジュエル(王冠の宝石)」と呼ばれる。4年で手放すことになったが、SBG関係者は「エヌビディアと統合した方が、さらなる成長を見込める」と話している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

有料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08

無料登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN16C7X016122020000000&n_cid=DSPRM1AR08#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

 ※ ははあ、そういうことか…。

Intel&AMD語からARM語へ
http://haruyama-shoka.blogspot.com/2020/12/intel.html

『PCの数量は少数だ。しかし、数では少数派だが、IT製品の全体世界に君臨してきたのがPCだった。

2020年は、そのPCの世界に地殻変動が起こった
アップルがスマホ、タブレット、PCの言語統一のために、Intel&AMD語のCPUからARM語のCPUに鞍替えしたのだ

その理由は明白だ。
スマホ、ダブレット、PCのシームレスな一体化を実現するには、全てのCPUの言語が統一されている方が安くて簡単に早く実現できるからだ。』

サーバーエンジニアぼく、やっと仕事納め : PCパーツまとめ

 ※ 保守・管理業務の人は、大変だ…。

 ※ 別に、コンピューター関係に限った話しじゃないが…。

 ※ 「パソコン」とは、そういう「管理仕事」も含めての「パーソナル」ということだ…。

 ※ トラブっても、誰も助けてはくれない…。

 ※ 自力で、解決する他は無いんだ…。