ワグネル、10日にバフムト撤退表明 「弾薬不足で損失」

ワグネル、10日にバフムト撤退表明 「弾薬不足で損失」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR0528C0V00C23A5000000/

『【パリ=北松円香】ロシアの民間軍事会社ワグネルの創始者エフゲニー・プリゴジン氏は5日、激しい戦闘が続いているウクライナ東部の要衝バフムトから部隊を10日に引き揚げると表明した。弾薬不足が解消されず、部隊に重大な損失が生じているためとした。

プリゴジン氏は通信アプリ「テレグラム」で「弾薬不足で我々の損失は日々飛躍的に増大している」と撤退の理由を説明し、代わりにロシアの正規軍を投入するよう求めた。

撤退表明に先立ってワグネルの兵士だとする複数の遺体の前で撮影したビデオも投稿した。弾薬の補充が足りないと主張し、ゲラシモフ参謀総長やショイグ国防相を強く批判していた。

プリゴジン氏はこれまでも発言を撤回したことがあり、実際にバフムトから撤退するかは不透明だ。弾薬の供給を巡りロシア軍に圧力をかける狙いの可能性もある。

ロシアのペスコフ大統領報道官は5日、プリゴジン氏が主張した弾薬の供給不足の指摘について「コメントできない」と記者団に述べた。

【関連記事】

・ウクライナ軍、南部で攻撃 反転攻勢へ威力偵察か
・ウクライナ反攻準備、戦車230台到着 ロシアは防衛強化
・激戦地でロシア兵2万人死亡、半数がワグネル 米政府 』