今度はイリスキーの石油精製施設が炎上、ウクライナ軍のドローン攻撃か

今度はイリスキーの石油精製施設が炎上、ウクライナ軍のドローン攻撃か
https://grandfleet.info/russia-related/ukrainian-military-drone-attack-suspects-oil-refinery-in-irisky-on-fire/#comment_headline

『セヴァストポリ、ヴォルナに続きクラスノダール地方イリスキーにある石油精製施設が炎上、ロシア側は「ウクライナ軍のドローン攻撃によって火災が引き起こされた」と主張している。

参考:На Кубани из-за попадания беспилотника загорелся нефтезавод – росСМИ

従来型の防空システムで「低空を低速で飛行する小型ドローン」に対処する難しさを浮き彫りにした恰好だ

4月29日にセヴァストポリのコザチャ湾にある燃料タンクが炎上、5月3日にクリミア大橋に近いクラスノダール地方ヴォルナの燃料タンクが炎上したが、今度はウクライナ支配地域から350km以上も離れたクラスノダール地方イリスキーにある石油精製施設が炎上、ロシア側は「ウクライナ軍のドローン攻撃によって火災が引き起こされた」と主張している。

#Eilmeldung — Ups 😬

Raffinerie in Kuban 🇷🇺 🔥🔥🔥
In der Nähe des Ortes wo die Ukraine 🇺🇦 gestern Nacht das Treibstoff Lager gegenüber der #Krim mit einer Drohne getroffen hat

pic.twitter.com/qfJNYnvAO7

— @BrennpunktUA 🇩🇪🇺🇦 (@BrennpunktUA) May 4, 2023

Another reported Ukrainian drone strike overnight, appears to have hit the Russian Il’skiy oil refinery in Krasnodar Krai. pic.twitter.com/H7XowkfhF1

— OSINTtechnical (@Osinttechnical) May 4, 2023

ウクライナのウクロボロンプロムは「最大1,000kmの作動範囲と75kgの弾頭重量をもつ無人航空機のテストを2022年末までに終え、2023年初頭に実戦投入が可能になる」と明かしていたので、一連の攻撃は国産無人機を使用したものだろう。

因みに米軍のマコンヴィル大将はウクライナでの結果を受けて「安価でシンプルな技術が戦場でインパクトを残せることを証明した。高度な防空システムを隙間のない壁のようにイメージして『脅威はこれをすり抜けることが出来ない』と考えるかもしれないが、実際にはこれを回避する方法もあるし突破する戦術もある」と述べており、従来型の防空システムで「低空を低速で飛行する小型ドローン」に対処する難しさを浮き彫りにした恰好だ。

関連記事:ウクライナ、1,000kmの作動範囲と75kgの弾頭重量を備えたUAVを開発
関連記事:ウクライナが開発中の自爆型の無人航空機、早ければ年明けにも実戦投入
関連記事:ウクライナ軍がロシアのクレムリン宮殿をドローン攻撃か、宮殿上空で爆発
関連記事:ウクライナ軍の攻撃? 今度はクリミア大橋に近いロシア領の燃料タンクが炎上
関連記事:ウクライナ軍がセヴァストポリを攻撃か、ロシア軍はバフムート市内で前進
関連記事:米国はウクライナ国防省情報総局を監視、ブダノフ少将の大胆な計画を警戒

※アイキャッチ画像の出典:Telegram経由
シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 ロシア関連 コメント: 22 』