「週休3日制」人事院が勧告へ 国家公務員のなり手不足懸念

「週休3日制」人事院が勧告へ 国家公務員のなり手不足懸念
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230414/k10014039121000.html

 ※ 『対象は、フレックスタイム制を使う職員で1日の勤務を長く設定するなどして、1週間の総労働時間は、週休2日の職員と変わらない仕組みとすることを想定しています。』、ということだ…。

 ※ まあ、「総労働時間」は、週休二日制の場合と、変わらないという話しのようだ…。

『国家公務員のなり手不足が課題となる中、人事院は、多様な人材を集めるため、希望するすべての職員が「週休3日制」を選択できるよう内閣に勧告する方向で検討しています。

国家公務員をめぐっては、いわゆる「キャリア官僚」となる「総合職」の来年春の採用に向けた試験の申し込み者数が、過去2番目に少なくなるなど、なり手不足が懸念されています。
こうした中、人事院は、2023年夏に行う人事院勧告で、育児や介護を行っている職員らに限定している「週休3日制」を、希望するすべての職員が取得できるよう内閣に求める方向で検討しています。

対象は、フレックスタイム制を使う職員で1日の勤務を長く設定するなどして、1週間の総労働時間は、週休2日の職員と変わらない仕組みとすることを想定しています。

人事院は、働き方改革を進めることで、多様な人材が国家公務員を目指す環境作りを進めたい考えです。』