反攻作戦を準備中のウクライナ軍、塹壕の突破方法をノルウェー陸軍から学ぶ

反攻作戦を準備中のウクライナ軍、塹壕の突破方法をノルウェー陸軍から学ぶ
https://grandfleet.info/european-region/ukrainian-army-prepares-counteroffensive-learns-from-norwegian-army-how-to-breach-trenches/

『ウクライナ軍が計画している反攻作戦は塹壕、防御陣地、龍の歯と呼ばれる障害物を何重にも張り巡らせているザポリージャ州で実施される可能性が高く、ノルウェー陸軍はウクライナ人に塹壕の突破方法と構築方法を教えている様子を公開した。

参考:Ukraina: Donasjoner er på plass – når starter våroffensiven?
ウクライナ軍の反攻作戦とロシア軍の防衛体勢に関する不安要素を上げればキリがないので、やってみないと結果は分からない

ウクライナ軍が計画している反攻作戦の目標は「ヘルソン州やザポリージャ州に展開するロシア軍とクリミアの分断=ヘルソン州とクリミアが陸続きで接続される陸橋の遮断」と言われており、これを実行するにはオレボボ方面からトクマクを経由してメリトポリを目指す必要がある。

出典:GoogleMap ザポリージャ周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ロシア軍もウクライナ軍の狙いを十分理解しているため、ザポリージャ州方面には塹壕、防御陣地、龍の歯と呼ばれる障害物を何重にも張り巡らせているのが確認されており、これを何度も突破しなければメリトポリやその先にある陸橋部分には到達できない仕組みで、もはやザポリージャ州のどこから攻めても重厚な防御ラインにぶち当たるのでハルキウ反撃の再現(電撃的な前進)は現実的ではなく、流出した機密文書も「さやかな領土の奪還しかもたらさない可能性がある」と警告しているのだ。

英国防省も12日「ロシア軍はメリトポリに向けた反攻を確信しており、ザポリージャ州に全長120kmの防御ゾーンを完成させた。これは最前線から連続した精巧な防御ゾーンで、ウクライナ軍の反攻作戦にとって大きな障害になる可能性がある」と警告しているが、この防御ゾーンが機能するかどうかは「十分な兵士と砲兵戦力の支援に依存している」とも指摘しており、この地区を管轄するロシア軍部隊がそれだけの戦力や物資を集積できているのかは不明らしい。

出典:Forsvaret

一方で反攻作戦を進めるウクライナ軍はノルウェー陸軍から訓練を受けており、その様子が12日に公開されて注目を集めている。

ノルウェーはウクライナにレオパルト2A4だけでなくレオパルト1ベースの回収車輌(Bergepanzer2)と工兵車輌(NM189 Ingeniørpanservogn)を提供、この車輌を使用してノルウェー陸軍はウクライナ人に塹壕の突破方法と構築方法を教えており、あからさまに「ザポリージャ州で反攻作戦を実施する」と示唆しているようなものだ。

出典:Forsvaret

仮にザポリージャ州で反攻作戦が実施された場合、塹壕、防御陣地、龍の歯と呼ばれる障害物の他にも「入念に準備された地雷原をどうやって突破するのか」という課題があり、ウクライナ軍には地雷原を処理する車輌が装備が不足しているという指摘もある。

この辺りの問題をどのように解決してくるのかが見どころだが、ロシア軍もザポリージャ州を守るための戦力や物資の集積が進んでいるか謎で、ここまで準備して「ハルキウの二の舞い」になれば流石にプーチン大統領も怒るかもしれない。

出典:Kremlin.ru/CC BY 4.0

結局、ウクライナ軍の反攻作戦とロシア軍の防衛体勢に関する不安要素を上げればキリがないので、やってみないと結果は分からない、、、のだろう。

追記:日本の鈴木財務相とウクライナのマルチェンコ財務相が米国で会談、この席で鈴木財務相は「2023年中に35億ドルの金融支援を行う意向」を表明したらしい。

参考:Україна отримає 3,5 млрд доларів США від Японії у 2023 році: Міністр фінансів Японії під час зустрічі з Сергієм Марченком

日本政府は2月21日「ウクライナへ55億ドル(約7370億円)の追加財政支援を行う」と発表したが、これはウクライナに資金を直接提供するのではなく「世界銀行を通じたウクライナへの融資(インフラの復旧など復興支援事業への融資)が返済不可能になった場合、日本が最大50億ドル分まで現金で債務を負担する(朝日新聞)」というものなので「実質的な直接支援は5億ドル」だったが、今回の35億ドルは全額が直接支援なので非常にインパクトのある数字と言える。

関連記事:ウクライナ軍の反攻時期、シュミハリ首相が春ではなく夏になると発言
関連記事:ウクライナ軍司令官が反撃を示唆、敵が力尽きようとしているので利用する
関連記事:チェコ大統領、ウクライナ軍の大規模な反攻は1度きりで失敗すれば次はない
関連記事:ウクライナ軍がバフムートに踏みとどまる理由、2ヶ月以内に反攻開始か
関連記事:ゼレンスキー大統領、ウクライナ軍の反攻時期は弾薬の到着に左右される

※アイキャッチ画像の出典:Forsvaret
シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 欧州関連 コメント: 8  』