ウクライナの税関長だったパウロ・リヤビキンは、運輸副大臣、駐デンマーク大使を経て、戦略工業大臣となっていたが、それがまた解任された。

ウクライナの税関長だったパウロ・リヤビキンは、運輸副大臣、駐デンマーク大使を経て、戦略工業大臣となっていたが、それがまた解任された。
https://st2019.site/?p=21020

『Michal Bruszewski 記者による2023-3-24記事「Key Ukrainian Minister Losing His Position. Will He Become an Ambassador to China?」。

    ウクライナの税関長だったパウロ・リヤビキンは、運輸副大臣、駐デンマーク大使を経て、戦略工業大臣となっていたが、それがまた解任された。こんどは中共駐在大使にされるという。

 戦略工業省は「ウクロボロンプロム社」(改名して「ウクライナ防衛工業」)と一心同体。

 ※中共軍はウクライナ製の各種ガスタービンエンジンを輸入したいはず。なので、ウクライナ政府としては、それをどれだけ外交の梃子として利用ができるか、必死で考えているところだろう。』