ペンタゴンの発表によると中共製バルーンの米本土領空侵入はもう何年も前からたびたびあった

ペンタゴンの発表によると中共製バルーンの米本土領空侵入はもう何年も前からたびたびあった
https://st2019.site/?p=20849

『Stephen Bryen and Shoshana Bryen 記者による2023-2-4記事「A Chinese balloon exposes a massive vulnerability」。

    ペンタゴンの発表によると中共製バルーンの米本土領空侵入はもう何年も前からたびたびあったのだと。

 そして今回もペンタゴンは黙っていたが、最初に民航機の乗客が窓からバルーンを発見して騒いだため、世間に隠せなくなったという。

 ペンタゴンは撃墜には反対だという。デブリが民間人を怪我させかねないからだという。だがモンタナ州は過疎州で有名なのだ。

 正確な高度は発表されていないが、7万5000フィートだとすると、2万2860m。F-35は2万m未満でしか飛行できないので、機関砲での撃墜は無理かも。』