米カリフォルニアで相次ぐアジア系米国人の銃乱射事件

米カリフォルニアで相次ぐアジア系米国人の銃乱射事件
https://www.epochtimes.jp/2023/01/134125.html

 ※ その「アジア系」移民なるものの、「中身」が問題だろう…。

 ※ そして、そういう「ご高齢の移民(おそらく、移民第1世代)」の御仁が、「どういういきさつで」「何を思って」、そういう「ふるまい」に及んだのか…、ということこそ、解明されるべきだろう…。

『米カリフォルニア州でアジア系米国人が絡む銃乱射事件が相次ぎ2件発生した。犠牲者は少なくとも18人に及ぶ。中国国内のネット世論では痛ましい悲劇に同情する声もあれば、中国系移民に対する差別表現や銃社会問題に対する揶揄も見られる。

1件目は、モントレーパーク市のダンスホールで男が銃を乱射し11人が殺害された。2件目はハーフムーンベイの農場で起きた銃乱射事件で、7人が死亡した。カリフォルニアで数十年来最悪の銃乱射事件とされる。犯人はいずれも70歳前後のアジア系移民だった。』

(※ 無料は、ここまで。)