森元首相発言 官房副長官“ロシアの侵攻に厳しい対応継続”

森元首相発言 官房副長官“ロシアの侵攻に厳しい対応継続”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230126/k10013961411000.html

『ロシアのプーチン大統領と親交があった森元総理大臣が、ウクライナ支援に力を入れる日本の外交姿勢に疑問を呈したことについて、木原官房副長官は、ロシアのウクライナ侵攻は暴挙だとして、G7などと結束して厳しい対応を継続する重要性を強調しました。

ウクライナ情勢をめぐり、森元総理大臣は25日、ウクライナ支援に力を入れる日本政府の外交姿勢に疑問を呈したうえで、「ロシアが負けることは考えられない」などと述べました。

これについて、木原官房副長官は記者会見で「ロシアのウクライナ侵略は国際社会が築き上げてきた国際秩序の根幹を脅かす暴挙で、G7=主要7か国をはじめとする国際社会が引き続き結束して断固たる決意で対応することが重要だ。国際社会と連携し、対ロ制裁とウクライナ支援を強力に推進していく」と強調しました。

一方、今後の日ロ関係については「大変厳しい状況にある今の時点では、平和条約交渉の展望を具体的に言える状況ではないが、北方領土問題を解決し平和条約を締結する対ロ外交の基本方針は不変だ」と述べました。』