インドネシア、南シナ海資源開発へ 中国と新たな緊張も

インドネシア、南シナ海資源開発へ 中国と新たな緊張も
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1173A0R10C23A1000000/

『【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアが南シナ海の南部で、権益確保の動きを強めている。自国領・ナトゥナ諸島周辺の排他的経済水域(EEZ)で石油と天然ガスの採掘を近く始める方針だ。ただ開発地域は、中国が一方的に主権を主張する「九段線」の内部と重なり、新たな緊張を生む可能性がある。

インドネシア政府内の担当部局は今月、ナトゥナ諸島の周辺のEEZにある「トゥナ・ブロック」と呼ばれる海域で、英石油・ガス開…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM1173A0R10C23A1000000&n_cid=DSPRM1AR07 』