グローバルサウスは化石燃料の座礁資産化に震撼している

グローバルサウスは化石燃料の座礁資産化に震撼している
http://blog.livedoor.jp/adachihayao/archives/2028188.html

『【日刊 アジアのエネルギー最前線】 グローバルサウスは化石燃料の座礁資産化に震撼している,でも温暖化は避けられず
http://www.adachihayao.net

2023年1月23日 月曜日 外は雨

昨夜のNHKスペシャルを聞き込んでいた,半導体,大体の筋書きは私にとって既知だが,米国の退役老政治家の発言,今回の中国への制裁は,かって1980年代に日本に対して制裁し日本の半導体を潰した経験が生きている,と,当時の実感は,HDなどの価格が暴落,高度な経済化の日本は断念

1980年代の半導体戦争の影響を身近に経験した我々だが,半導体製作が当時ニーズと言われた台湾韓国のような新興国に流れていくのは当然,と言う意識であった,でも日米の激しい半導体戦争が生んだ日本の凋落であったのだ,今,世界は,化石燃料が座礁資産に化して行く現実に震撼している

リヤドのシンクタンクの事務局長,ダボス会議を終わって,「グローバルサウスが化石燃料の座礁資産化する現実を目の当たりにして震撼している」と,でもウクライナ以降,米中欧が自国の化石燃料確保に動いている姿は,正に先進国の利益優先の醜い姿,地球温暖化の進展を避けるすべはない,』