激しさを増すバフムートを巡る戦い、ウクライナ軍も毎日3桁台の兵士を失う

激しさを増すバフムートを巡る戦い、ウクライナ軍も毎日3桁台の兵士を失う
https://grandfleet.info/european-region/battle-over-bakhmut-heats-up-ukrainian-army-loses-triple-digits-daily/

『ドイツのSpiegel誌は20日「連邦情報局が安全保障関係の議員に対する極秘会議で『バフムート方面の戦いでウクライナ軍は毎日3桁台の兵士を失っている』と報告、ここを失えばドネツク州の奥深くに進めるため重大な結果をもたらすと警告している」と報じた。
参考:Bundesnachrichtendienst warnt vor hohen Verlusten der ukrainischen Armee
ウクライナ軍は砲兵同士の撃ち合いを制してロシア軍の戦術を無効化しなければならない
バフムート戦線で戦闘に従事しているチェコ人義勇兵は16日「もうクリシェイフカは我々のものではない」と、露ワグナーのプリゴジン氏も19日「クリシェイフカは我々の支配下にある」と明かしていたが、ロシア国防省も20日「クリシェイフカを解放した」と発表したためCNNなどの海外メディアもクリシェイフカ陥落を一斉に報じ始めた。

出典:GoogleMap バフムート周辺の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

バフムート周辺の状況は刻々と悪化しており、戦況マップの上から説明するとソレダルを制圧したロシア軍はシヴェルシク方面のウクライナ軍を包囲するため「ロズドリフカ」に向かっており、クラスノポリフカにもロシア軍部隊の先端が到達、さらにスラビャンスクとバフムートを結ぶM03ルートを遮断するためブラホダットネ、クラスナ・ホラ、パラスコヴィーフカも攻撃に晒されている。

バフムートも北東と南からじわじわとロシア軍が市街に侵入、ロシア軍は制圧したクリシェイフカからではなく「ウクライナ軍から奪取したクリシェイフカ南西の高台陣地を起点にイワニフスキー方面に向かっている」という報告が多数あり、ウクライナ軍は「バフムート包囲を試みるロシア軍の前進」と「シヴェルシク方面に向かうロシア軍の突破」を阻止しなければならない。

出典:GoogleMap ドネツク州の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

さらに興味深いのはドイツ連邦情報局が「バフムート方面の戦いでウクライナ軍は毎日3桁台の兵士を失っている」と言及している点で、西側当局がウクライナ軍の損失に触れるのはタブー視されているため貴重な情報だ。

ドイツのSpiegel誌は20日「連邦情報局が安全保障関係の議員に対する極秘会議で『バフムート方面の戦いでウクライナ軍は毎日3桁台の兵士を失っている』と報告、ここを失えばドネツク州の奥深くに進めるため重大な結果をもたらすと警告している」と報じており、連邦情報局は「バフムート方面で見せるロシア軍の戦術は兵士を大砲の餌にすることで、兵士の膨大な損失はロシア軍の作戦戦術において特に問題視されていない」と付け加えている。

出典:Сухопутн? в?йська ЗС Укра?ни

つまりロシア軍は「次から次へと補充される兵士」を戦場に投げ込み、応戦するウクライナ軍の位置や射点を特定、そこに砲弾を叩き込むことで「前進している」という意味になり、人間の命を重視する西側諸国から見れば「割の合わない戦術」と映っても、人間の命を軽視するロシアからすれば「減った兵士(大砲の餌要員)は補充すればいい」と考えているため、ロシア軍の前進を止めるには「大砲の餌」を倒すのではなく「砲兵戦力」を潰すしかないのだろう。

ロシア軍の出鱈目な消耗戦に付き合えばウクライナ軍は反攻のための人員と物資を消耗するだけなので、砲兵同士の撃ち合いを制してロシア軍の戦術を無効化しなければならない。

追記:ロシア軍がザポリージャ戦線で反撃に出たという報告がある。

関連記事:バフムートを巡る戦い、露ワグナーがクリシェイフカを支配したと発表
関連記事:バフムートは危機的状況、クリシェイフカがロシア軍に占領された可能性
関連記事:ウクライナ軍、ソレダル西郊外に保持していた拠点をロシア軍に奪われる
関連記事:ロシア軍がS-300でキーウを攻撃、ウクライナ軍には有効な対抗手段がない
関連記事:ロシア軍はソレダル占領を宣言、ウクライナ軍は市内中心部で戦闘中と反論

※アイキャッチ画像の出典:Сухопутн? в?йська ЗС Укра?ни
シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 欧州関連 コメント: 14  』