ロシア海軍太平洋艦隊の中型偵察艦SSV-535カレリアはハワイ沖に居る

ロシア海軍太平洋艦隊の中型偵察艦SSV-535カレリアはハワイ沖に居る | ロシア海軍情報供給部
http://rybachii.blog84.fc2.com/blog-entry-7817.html

『21-0527c.jpeg

『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2023年1月20日12時45分配信
【ロシアの偵察艦は再びハワイ諸島の近くで発見された】

この数週間、アメリカ合衆国沿岸警備隊は、ハワイ沖の国際水域を航行するロシアの偵察艦を監視している。

『Navy Recognition』が伝えたように、これはおそらく、NATO分類「ヴィシュニャ」型のSSV-535「カレリア」についての話である。

アメリカ軍によると、ロシア艦は国際法規の枠組みで行動しており、船舶航行にとっての危険は示されていない。
しかし、それは自動識別システムの信号を送信していない事が示されている。

ロシア海軍の偵察艦は、アメリカ沿岸沖に出現する事が多いのは注目される。
特に2021年春には、同じSSV-535「カレリア」がハワイ諸島近くで行動していた事が報じられた。

アメリカのジャーナリストが示したように、ロシア軍は特に、カウアイ島の射爆場バーキング・サンズで行なわれている事に関するデータに関心を持っていたようである:アメリカ合衆国海軍と対ミサイル防衛局は、この施設で様々なミサイルの試験を行なっている。
21-0527j.jpg
21-0527k.jpg

SSV-535「カレリア」は、プロジェクト864(コード名「メリディアン」)中型偵察艦である。
ポーランドのグダニスク北方造船所で1986年に起工された。
1988年夏に太平洋艦隊へ加入した。
2014年から2017年まで艦船修理センター『ダーリザヴォード』で近代化が行なわれた。

1980年代にこのような艦は計7隻建造された。
それは無線交信を傍受し、ソナーの能力を調査し、様々な種類のセンサーの助力による情報収集の為に意図されている。

プロジェクト864艦の排水量は約3400トン、船体の長さ-94.4 メートル、幅-14.6メートル。
最大速力-16.5 ノット、航続距離-7900海里。乗組員-150名。
これに加えて70名まで乗艦できる。

自艦防護の為、「メリディアン」型偵察艦は30mm砲複合体AK-630Mと高射ミサイル複合体「オサー-M」を装備している。

プロジェクト864中型偵察艦SSV-535「カレリア」は、ポーランドのグダニスク造船所で1986年に起工され、1987年に進水、1988年8月9日にソヴィエト海軍へ就役しました。
1988年中にウラジオストクへ回航され、早速太平洋上で行動を開始しました。
21-0527h.jpg

西部大西洋でアメリカ海軍の原子力ミサイル巡洋艦「テキサス」を追尾するSSV-535
(1988年12月15~16日)
21-0527a.jpg

1989年10月~11月にハワイ諸島付近へ進出し、その後、韓国沖や日本付近へ行き、国際合同演習『チームスピリット』を監視しました。

1990年末から1991年初頭にもハワイ諸島付近へ進出しました。

1992年には沖縄付近へ進出しました。

2002年には予備役となり、翌2003年には艦上のアンテナなどが取り外され、同型艦SSV-208「クリルイ」へ移設されました。
21-0527d.jpg

2012年、SSV-535「カレリア」の近代化改装と現役復帰が決定され、2013年7月にウラジオストクの艦船修理工場『ダーリザヴォード』へ移動しました。
21-0527i.jpeg

2014年から近代化改装が始まり、2017年7月20日に第515独立偵察艦大隊へ復帰しました。
21-0527e.jpeg
21-0527g.jpg
21-0527f.jpeg
21-0527b.jpg

2021年5月21日には、アメリカ海軍の太平洋ミサイル試射場が在るハワイ諸島のカウアイ島西岸バーキング・サンズの西方21kmで確認されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の偵察艦カレリアはハワイ沖に出現した]

2023年1月中旬にもハワイ諸島沖で確認されました。
Tweet

関連記事

    ロシア海軍太平洋艦隊の中型偵察艦SSV-535カレリアはハワイ沖に居る
    ロシア海軍太平洋艦隊の大型揚陸艦ニコライ・ヴィルコフは沿海地方で海軍歩兵部隊の上陸演習を実施した
    ロシア海軍北方艦隊の小型対潜艦「スネシュノゴルスク」はバレンツ海で対潜演習を実施した
    ロシア海軍太平洋艦隊の大型揚陸艦アドミラル・ネヴェリスコイは沿海地方で海軍歩兵部隊の乗船訓練を実施した
    ロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーはキルディン島からの廃金属の撤去を完了した

スポンサーサイト』