米フィリピン、7年ぶり2プラス2調整 対中国へ防衛指針

米フィリピン、7年ぶり2プラス2調整 対中国へ防衛指針
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN140470U3A110C2000000/

『【ワシントン=中村亮】米国とフィリピン両政府は春までに外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を7年ぶりに開く調整に入った。複数の関係者が日本経済新聞の取材で明らかにした。南シナ海や台湾海峡での有事対応を念頭に置いた防衛指針の策定を急ぐ。米国は防衛協力をフィリピンに広げて中国への「統合抑止」を強化する。

フィリピンのホセ・マヌエル・ロムアルデス駐米大使は13日、米国とフィリピンが3月にワシントンで2…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1598文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN140470U3A110C2000000&n_cid=DSPRM1AR07 』

『2プラス2が実現すればオバマ米政権下の2016年1月以来で両国の関係修復を象徴する。16年6月に6年間の任期でフィリピン大統領に就任したドゥテルテ氏は政権末期を除いて米国と距離を置いていた。オースティン米国防長官はフィリピンを近く訪れる計画で両国の防衛協力が加速する。

防衛協力の柱と位置づけるのは、有事の際に米軍とフィリピン軍の役割や任務を規定する防衛指針の策定だ。指針案の内容を知る関係者は「中国への対応に重点を置くものだ」と断言する。中国が軍事衝突を回避しつつ、民兵や民間船を使って南シナ海の実効支配を進める「グレーゾーン戦略」への対処もカギだと触れた。

指針策定は2021年11月にまとめた「共同ビジョン」で決めており、オースティン氏のマニラ訪問を踏まえて最終調整に入る見込みだ。

ロムアルデス氏は「将来起こりうる全ての不測の事態に準備し、相互防衛条約に意味を持たせることを望んでいる」と語った。

中国は12年にフィリピンが領有権を主張する南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)を実効支配した。当時のオバマ米政権は有効な措置を講じられず、米国との同盟の意義に大きな疑念が生じた。ドゥテルテ氏が米国と距離を取る要因となった。

バイデン政権は指針の策定でフィリピン防衛に関与を強める意志を明確にする。代わりに台湾有事におけるフィリピンからの協力を引き出す狙いがある。

フィリピンが台湾有事で米軍とともに戦闘任務を実施する可能性は低いが、米軍にフィリピンの軍事基地の使用を認めたり、燃料や医療品など物資の補給で米軍を支援したりするシナリオが考えられる。新たな防衛指針は台湾有事への対応でも協力の土台になるとみられる。

米太平洋艦隊のサミュエル・パパロ司令官は22年11月、記者団にフィリピンをめぐり「南シナ海やルソン海峡、台湾周辺の海域のどこに対しても極めて重要な位置にある」と話した。米軍は台湾有事に対応するために西太平洋で拠点の拡大を目指しており、有事でフィリピンの基地を使えれば即応力が高まる。

米戦略国際問題研究所(CSIS)のグレゴリー・ポーリング上級研究員はフィリピンが米国と平等な同盟関係を志向していると指摘。「フィリピン国防当局は米国がフィリピン防衛のために血を流すのであればフィリピンも南シナ海以外の有事で役割を担う必要があると認識している。それが台湾有事であることは明白だ」と述べた。

米国とフィリピンは14年に結んだ防衛協力強化協定に基づき、米軍がアクセスできるフィリピンの軍事拠点を5カ所から10カ所に倍増させる方針だ。フィリピン軍高官は22年11月、記者団に新拠点には台湾に近いルソン島北部の基地を含むと明かした。オースティン氏のマニラ訪問を踏まえて正式決定する見通しだ。

両国は軍事情報を共有する軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結も進める。関係者によると既存の情報交換協定が春に失効するタイミングでGSOMIAを締結し、これまでに比べて高度な情報を共有できるようにするという。高度な軍事演習や兵器取引がしやすくなる見通しだ。

バイデン政権は22年12月にオーストラリア、23年1月に日本とそれぞれ2プラス2を開き、中国を念頭に置いた防衛協力を確認した。台湾海峡や南シナ海へ地理的に近いフィリピンと連携が強まるほど中国への抑止力が高まると判断し、関係修復を急いできた。フィリピンのマルコス政権は対米協調路線をとっている。

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は1月上旬、国賓として北京を訪れたマルコス氏と会談した。フィリピン政府は228億ドル(約3兆円)の投資を誘致したと説明した。中国が米国とフィリピン接近を抑えるには、経済支援を早期にどれだけ実行できるかが焦点の一つになる。

この記事の英文をNikkei Asiaで読む https://asia.nikkei.com/Politics/International-relations/U.S.-and-Philippines-eye-first-2-plus-2-meeting-in-7-years-by-spring?n_cid=DSBNNAR 』