欧州議会「特別法廷」要求 ロシア侵攻巡り

欧州議会「特別法廷」要求 ロシア侵攻巡り
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN19EFS0Z10C23A1000000/

『【ブリュッセル=共同】欧州連合(EU)欧州議会は19日、ウクライナに侵攻したロシアを裁くため「特別法廷」の設置を求める決議案を賛成多数で採択した。決議に法的拘束力はない。現存の国際刑事裁判所(ICC)によるプーチン大統領らの訴追は困難とみられることから、新たな法廷を求める動きが国際社会で広がっている。

欧州議会は、多数の民間人が犠牲になったウクライナ首都キーウ近郊ブチャなどでのロシア軍の行為によって、侵攻の残虐性が明らかになっていると指摘。プーチン氏らの責任を追及するため、EUはウクライナや国際社会と連携して直ちに特別法廷設置に向けた準備を始めるべきだとした。

特別法廷の設置を巡っては、EUのフォンデアライエン欧州委員長が昨年11月に正式に提案。ドイツのベーアボック外相も今月16日のオランダでの講演で訴えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN19EFS0Z10C23A1000000&n_cid=DSPRM1AR08 』