中国国家副主席に韓正氏、香港紙 習近平氏後継置かず

中国国家副主席に韓正氏、香港紙 習近平氏後継置かず
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1956I0Z10C23A1000000/

『香港紙の星島日報は19日、中国共産党の最高指導部から外れた韓正(ハン・ジョン)氏が3月に国家副主席に就く見通しだと伝えた。国家副主席は本来、将来の最高指導者をうかがう立場。習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)は一線を退いた韓氏を任命し、後継候補を置かない姿勢を示すとみられる。

韓氏は3月5日に開幕する中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)で国家副主席に就く見込み。現職の王岐山(ワン…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM1956I0Z10C23A1000000&n_cid=DSPRM1AR07 』

『韓氏は3月5日に開幕する中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)で国家副主席に就く見込み。現職の王岐山(ワン・チーシャン)氏の後任になる。

韓氏は2022年10月の党大会を経て最高指導部である政治局常務委員会のメンバーから外れた。党幹部の退職年齢に該当したことなどが影響した。星島日報は「習氏の信任が厚い」ため国家副主席に起用されると解説した。

習氏や胡錦濤(フー・ジンタオ)前党総書記は国家副主席として外交などの経験を積んで党総書記と国家主席のポストに就いた。

習氏は2018年3月に最高指導部から引退した王岐山氏を国家副主席に配置した。今回は韓氏を充てることで、長期政権を敷く構えとみられる。(羽田野主)』