ロシアのスパイとして射殺されたキレフ氏、実際はキーウ占領を阻止した功労者

ロシアのスパイとして射殺されたキレフ氏、実際はキーウ占領を阻止した功労者
https://grandfleet.info/european-region/kirev-who-was-shot-dead-as-a-russian-spy-was-actually-a-hero-who-prevented-the-occupation-of-kyiv/

 ※ 双方ともに、「二重スパイが、ウジャウジャ…」という状況なんだろう…。

 ※ 門外漢には、何が何やら…、という感じだ…。

『ロシア軍によるウクライナ侵攻初期の3月上旬、ウクライナ代表団の一員だったデニス・キレフ氏は防諜部門に拘束され遺体で発見されたため「スパイ容疑で殺害された」と関心を集めたが、この事件の真相を関係者が明かし波紋を呼んでいる。

参考:Плохая координация между СБУ и ГУР: Подоляк назвал причину убийства Киреева
参考:Застреленный СБУ Киреев предупредил Киев о планах РФ

任務でロシア側代表団の主要人物と連絡を取り合うキレフ氏をSBUはロシア側のスパイだと疑い、司法手続きを無視して射殺してしまった

ラトビアメディア「Delfi」の取材に応じたポドリャク大統領府顧問は事件について「キレフ氏はウクライナ侵攻計画に関する貴重な情報をもたらした人物で、彼が誤って殺害されたの保安庁と情報総局の間に統一された調整がなかったためだ」と明かし、米メディア「WSJ」の取材に応じたGBRのブダノフ准将も「もし彼がいなければ恐らくキーウは占領されていただろう」と述べている。

出典:President.gov.ua / CC BY 4.0

ブダノフ准将の説明によるとキレフ氏はウクライナ国防省情報総局(GBR)のエージェントで「彼がロシア側の情報を伝えてくれたお陰で23日にプーチンがウクライナ侵攻を命じたことも、攻撃の目標が何処なのかも全て事前に知ることができ、キーウ防衛のため軍を配備する貴重な時間を得ることができた」と述べており、24日朝にロシア軍空挺部隊がアントノフ空港を強襲するのを事前に把握して阻止できたのは「キレフ氏のお陰だ」と示唆。

さらに「彼はロシア側代表団の主要人物2人と親交があったため和平交渉団に参加するよう指示した」とも明かしており、ロシアとウクライナの双方で人脈を築いてきたキレフ氏が「ウクライナ代表団の一員」として表舞台に登場するのは非常にリスクが高く、ブダノフ准将は「彼が会場に現れればSBUに怪しまれるのは明白だったが、当時は危機的な状況だったのでリスクを覚悟した選択だった」と述べ、2回目の協議が決まると再びキレフ氏の参加をブダノフ准将をねじ込んだらしい。

出典:Головне управління розвідки Міністерства оборони України キリロ・ブダノフ准将

この時点でキレフ氏はウクライナ保安庁(SBU)はロシアのエージェントではないかと疑われていたためGBRに護衛されキーウ駅まで移動したが、身の危険を察知したキレフ氏は「逮捕されるかもしれないので邪魔しないでほしい」と伝えたのち遺体で発見され、ブダノフ准将は「スパイ容疑でSBUによって拘束されたキレフ氏はそのまま射殺された」と明かしている。

SBUは当初「電話の盗聴でキレフ氏がロシアと繋がっている証拠を持っている」と主張したが、GBRは「特別任務中にキレフ氏は死亡した」と発表、ゼレンスキー大統領も「国家に対する卓越した貢献」を評して勲章を贈り、バイコヴェ墓地に眠るウクライナ初代外相の隣に英雄として埋葬されたらしい。

出典:Служба безпеки України

つまりキレフ氏の存在をウクライナ保安庁にも明かしていなかったため、任務でロシア側代表団の主要人物と連絡を取り合うキレフ氏をSBUはロシア側のスパイだと疑い、拘束するまで良かったもののSBUが司法手続きを無視して射殺(頭を撃ったあと遺体を街中に放置しているため見せしめ的な側面を強い)してしまい「キーウ占領を阻止した影の立役者を無意味に失ってしまった」というのが事件の真相だ。

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain
シェアする
ツイートする
Twitter で Follow grandfleet_info

Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it 

投稿者: 航空万能論GF管理人 欧州関連 コメント: 17 』