米司法省がロシア人訴追、仮想通貨交換所創設者

米司法省がロシア人訴追、仮想通貨交換所創設者
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN190B80Z10C23A1000000/

『【ワシントン=共同】米司法省は18日、犯罪収益など7億ドル(約900億円)以上の違法送金に関わったとして、暗号資産(仮想通貨)交換所「ビッツラート」を創設したロシア人の男を訴追したと発表した。財務省も、マネーロンダリング(資金洗浄)の懸念があるとしてビッツラートが関わる金融取引を禁止したと明らかにした。

創設者のロシア人は中国在住で、17日に米南部フロリダ州マイアミで逮捕された。ビッツラートは香港を拠点とし、不正な送金額には身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」を使って得た犯罪収益も含まれるという。

摘発にはフランスも参加した。ビッツラートのホームページには「国際的な法執行によって差し押さえられた」と表示されている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料! https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGN190B80Z10C23A1000000&n_cid=DSPRM1AR08 』