中国の劉鶴副首相「不動産業は経済の柱」 ダボス会議

中国の劉鶴副首相「不動産業は経済の柱」 ダボス会議
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM17CKD0X10C23A1000000/

『【北京=川手伊織】中国の劉鶴(リュウ・ハァ)副首相は17日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で講演し、政府の規制強化で低迷する不動産業界について「中国経済の重要産業だ」などと語った。開発企業の資金不足で工事が止まった未完成物件の早期完成を促すなど、不動産業向けの支援策を進めていく方針を示した。

劉氏は「不動産リスクの処理を誤るとシステムリスクを招く」と述べ、不動産市場の調整を注視していることを示唆した。

2023年の経済見通しについては「総じて好転し、成長率はかなりの確率で正常のレベルに戻るだろう」と自信を示した。

22年の失業率が5.6%と、政府の抑制目標である「5.5%以内」を実現できなかったことも明らかにした。新型コロナウイルスの封じ込めを狙った「ゼロコロナ」政策で景気が低迷したためだ。

【関連記事】

・ダボス会議運営幹部「対面の率直な議論に期待」
・ダボス会議始まる 気候対策へ新しい暮らしを議論

ニューズレター
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

青山瑠妙のアバター
青山瑠妙
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

「今年の最も重要な課題は経済の立て直しである」との中央レベルの号令が出された。これに伴い、習近平政権の経済政策はこれまでとは180度異なる大転換を迎えている。ダボスで劉鶴副首相が指摘したように、これまで厳しい規制を敷いてきた不動産政策も、私営企業への政策もすべて一時的に棚上げされることになる。今年、中国は何パーセントの経済成長率を成し遂げることができるのか、そしてポスト劉鶴時代の経済運営はどうなるかがいまの注目ポイントとなっている。
2023年1月18日 9:03

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ダボス会議

キッシンジャー氏、ウクライナのNATO加盟に理解(5:26)』