キッシンジャー氏、ウクライナのNATO加盟に理解

キッシンジャー氏、ウクライナのNATO加盟に理解
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR17DRO0X10C23A1000000/

 ※ 宗旨替えしたようだ…。

 ※ これで、「一刻も早く、停戦を!キッシンジャー氏も、そう言ってる!」というお題目が、使えなくなったな…。

 ※ ただ、まだ「38度線方式」は、捨てていないのかもしれないが…。

 ※ 『ロシアに「国際システムに復帰する機会を与えねばならない」』とは、具体的にどんなイメージなのかは、ちょっと不明だ…。

『【ブリュッセル=竹内康雄】キッシンジャー元米国務長官は17日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)にオンラインで登壇し、ロシアの侵攻を受けるウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟について「適切な結果になるだろう」と理解を示した。同氏はロシアの強い反発に配慮してウクライナの加盟に反対だったが、「(侵攻された状況下で)中立のウクライナという考えは意味がない」と立場を変えたことを明かした。

キッシンジャー氏は2022年5月、14年にロシアが一方的に併合したクリミア半島を、停戦のために事実上ロシア領として認める提言をして、ウクライナ側が強く反発した経緯がある。

同氏はダボス会議で、停戦のタイミングとして、22年2月の侵攻以降にロシアが支配した領土をウクライナが奪還すれば、戦いが終結に向かうとの見解を示した。クリミアの帰属については22年12月の英誌への寄稿で、停戦後の交渉の対象になり得るとした。

ロシアについては、対立激化を避けるために西側諸国に対話を続けるよう求めた。和平合意後のいずれかの時期に、ロシアに「国際システムに復帰する機会を与えねばならない」と述べた。

【関連記事】キッシンジャー氏「ウクライナ分割も」 大統領は猛反発
初割ですべての記事が読み放題 https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGR17DRO0X10C23A1000000&n_cid=DSPRM1AR08 
今なら2カ月無料!

関連トピック』