ドンバスの傀儡軍がいちばんおそれている米国からの追加の供与兵器は、誘導155粍砲弾の「エクスカリバー」だそうだ。

ドンバスの傀儡軍がいちばんおそれている米国からの追加の供与兵器は、誘導155粍砲弾の「エクスカリバー」だそうだ。
https://st2019.site/?p=20793

『EurAsian Times の2023-1-15記事「Move Over HIMARS, Russian Fighters Call US GPS Guided Shell The ‘Most Dangerous’ Weapon For Ukraine」。

   ドンバスの傀儡軍がいちばんおそれている米国からの追加の供与兵器は、誘導155粍砲弾の「エクスカリバー」だそうだ。TASSがその正直な声を報道している。

 弾薬の前線補給処から、最前線の味方砲兵陣地まで、弾薬をトラックで推進補給することが、できなくされてしまう。宇軍にエクスカリバーが供給されると。

 補給処の開設そのものが、不可能になるので。

 米国内に無尽蔵にストックがあるわけではないが、1月6日の発表では、500発のエクスカリバー砲弾が追加供給される。

 155㎜砲弾は、至近弾であっても、ロシア戦車を破壊してしまえる。誘導方式は基本はGPS座標入力によるが、レーザー誘導できるものもあり。それを使えば移動目標も正確に狙える。

 げんざいドンバスでは、1日に2万発の砲弾を露軍が発射中。それに対して宇軍は6000発だという。』