日本の首相:東アジアが次のウクライナになる可能性がある

日本の首相:東アジアが次のウクライナになる可能性がある
2023 年 1 月 14 日 午前 11 時 35 分 アップデート 2023 年 1 月 14 日 15:00
https://www.voanews.com/a/kishida-says-g7-should-show-strong-will-on-russia-s-ukraine-invasion/6918474.html

『(※ 原文は、英文。翻訳は、Google翻訳)

ワシントン —
日本の岸田文雄首相は台頭する中国と好戦的な北朝鮮に対する統一戦線を促し、東アジアが次のウクライナになる可能性があると西側諸国に語った。

G7代表として日本の年をスタートさせた岸田氏は、ドイツを除くエリートクラブの全メンバーのリーダーを訪問した。ワシントンでの訪問を締めくくった岸田氏は土曜日、G7首脳と「東アジアの安全保障環境に関する強い危機感」を共有したと述べた。

岸田氏はジョー・バイデン米大統領との会談の翌日の記者会見で、「ウクライナは明日の東アジアになるかもしれない」と述べ、2つの地域の安全保障上の懸念は「不可分」だと述べた。

東シナ海や南シナ海で武力による一方的な現状変更の試みや、北朝鮮の核・ミサイル活動の活発化など、日本を取り巻く情勢はますます深刻化しています。

岸田氏は、北京が日本、フィリピン、ベトナムなどと多くの島嶼をめぐって争っている周辺海域で、中国の強硬姿勢が強まっていることに言及していた。

中国はまた、8月に日本の経済水域にある海域にミサイルを発射し、台湾周辺での主要な軍事演習の一環として行った.

岸田氏は、日本政府が今後 5 年間で防衛費を 2 倍にすることを発表した後、ワシントンに来ました。

岸田氏は、国防費を GDP の 2% に引き上げるために税金を使う必要があることを「国民に徹底的に説明する」ことに尽力すると述べた。これは、ロシアのウクライナ侵攻以来、より多くの国が受け入れている NATO によって別途設定された目標である。

増大する軍事力

新しい防衛戦略の下で取られる他の措置の中で、日本は脅威的な発射場を攻撃する「反撃」能力を開発し、数百のトマホーク巡航ミサイルを購入することを望んでいる.

岸田氏は、英国とイタリアのリシ・スナク首相とジョルジア・メローニ首相に、人工知能を使用した次世代戦闘機の三者間開発を進めることについて話したと語った.

岸田氏は、日本が米国に加盟するかどうかをまだ決定していないことを示唆した.特に中国をいらいらさせている.

岸田氏は「半導体は米国や同志国を含めた経済安全保障の一部だ。この問題をどのように扱うかを考えるために、より緊密なコミュニケーションを取りたい」と語った。

日本は G-7 の唯一のアジアのメンバーであることを誇りに思っており、岸田氏は、ウクライナに関する彼の反応は、ロシアの侵略に対する西側主導の反対を効果的に国際化したと述べた。

一方、岸田氏はワシントンでの演説で、日本は中国からのリスクについて「同盟国や志を同じくする国」に頼ることができる必要があると述べた。

「中国は、確立された国際ルールを遵守し、これらのルールに反する方法で国際秩序を変更することはできず、変更しないという戦略的決定を下す必要がある」 .

岸田氏は、日本は依然として「平和を愛する」国家であると考えており、最終的な核兵器の廃絶を推進するためにG-7を使用すると述べた.

英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国の G7 の首脳は、5 月に、世界初の核攻撃の現場であり、岸田議員の選挙区である日本の広島で首脳会談を行う。』